ぱぷりか コード。 [ウクレレコード紹介]パプリカ / 米津玄師・Foorin

Foorin パプリカ 歌詞

ぱぷりか コード

ようやく、流行りの人気の曲で、 僕自身も大好きで、 歌いながら泣けてきちゃう曲。 「パプリカ」を 3コードだけで弾いてしまう動画 をyoutubeにupしました。 米津さんが込めた想いと 世に起きている現象を想うと 胸が熱くなってしまうのですが、 そこをここで語るのは控えておきます 笑 そもそも去年の夏に、 「子どももお客さんに多いのでパプリカでも」 と言われて、それが流行りの曲を指している ってこともわからなかった僕です 笑 そしてコード進行やら、 曲を読み解くにしたがって、 「解り易いんだけど、かなり入り組んだ展開だなぁ」 と思いました。 それをなんとか、 意味するであろう和音の原型 「CFGの3コード」に落とし込みました。 この曲を、 いくつかある「定理」も知らずに コード進行丸覚えで覚えても、 覚えるコード数の名前だけが増えて、 全然身にならないだろうな。 仮に「パプリカ」だけ弾けるようになっても、 同じような巧みな編曲を 何度も1から丸覚えして・・・ なんとな〜く法則が解ってくる。 ・・・僕もそうだったし、 それでも良いんだけどね。 ウクレレ教室や、ワークショップ、 こうして動画を上げたりして、 僕としても、 なんでこんなことをしているのかな。 生きていて、「音」ってのが在って 音楽を味わう道すじ、気付きを すぅーって通して行けるような感じを 整理出来てきたんです。 そんなに「定理 法則 」は多くないです。 知らなくても描けるんだもの。 でもその定理がいくつか交じり合うだけでも とてもカラフルに音楽を描けるように なれるんですよね。 youtube動画では伝えきれず、 語ると交錯してしまっているけど 「定理 法則 」を一つひとつ、 もし興味ある方がいたら お伝えできるかな・・・。 というのが、 今、zoomとかで生徒さんを募集しようと 働きかけている所以です。 __________ 1. Cの1コードでウクレレを弾いてみる。 Cの3コードにして、好きな曲を 簡単アレンジで弾いてみる。 自分の歌い易いキーにして、 3コードで弾いて歌ってみる。 マイナーコードも含め、 プラス3つのコードを覚え、 関わり方も覚える。 コード進行の法則 「ドミナントモーション」を 知識として覚える。 ウクレレという簡単な楽器で それを伝えるというのは とても向いていると思っています。 もちろん、日々繰り返し練習して 触れてあげないと、 腕もあがらないでしょうけど、 ギターやピアノみたいに 出来ることが多すぎて、 弾けるようになるための筋力は そんなに要らないと思います。 まぁまずは、自分の音色にうっとりしちゃう ウクレレで倍音共鳴を感じるお手伝いから。 月に1回か2回で、 1年も要らないと思います。 もちろん生徒さんの要望に応えるのが 第一とわかっています。 こちらの「パプリカ」聴いて 試してみて、 ウクレレ教室にも興味出ましたら コメント、メッセージ等で 連絡いただけたら幸いです。

次の

パプリカ フーリン(米津玄師) コード進行

ぱぷりか コード

2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人に贈る応援ソング! このプロジェクトは「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」によって認証された「東京2020公認プログラム」です。 とてもとても素敵な曲ですね。 歌詞も素晴らしいです。 この曲は数年後には音楽の教科書に掲載されるのは間違いないでしょうね。 それほど歌詞も深いし楽曲も洗練されています。 コード進行はそんなに捻っていないストレートなものですが、後ろで鳴っているリズム ベースが醸し出している はとてもカッコ良いです。 使い古されたパターンですが嫌味な感じがしないのはメロディと編曲がとてもうまいからなのでしょう。 サビは、パターンを少しだけ変えて2パターン用意されています。 この似てるようで違うサビがこれでもかと続くところが上手い!! サビ1 パブリーカ~ の最後の2小節ですが、この記事では D m・G ・ B C F ・ と記載していますが、 原曲のストリングスが醸し出すイメージが欲しい場合は、 今回の記事、Foorinバージョンは「元気が出る応援歌」ですが、自ら歌ったVersionはもっともっと奥が深い曲になっています。 歌詞とメロディは同じですがコード進行が違います。 そしてこの曲の「本当の意味」が動画に込められています。 米津玄師バージョンのコード進行は以下にupいたしました。 Chord: Aメロ まがりくねり A・E・ F m・E・ D・E・ A・・・ A・E・ F m・E・ D・E・ A・・・ Bメロ なつがくる F m・C m・ D・A・ D・E・ C ・F m・ F m・C m・ D・A・ D・C ・ F ・・・ サビ1 パプリカ花が B・C ・ C ・D m・ B・F ・ A ・D m・ B・C ・ C ・F C onF D m・G ・ B C F ・ Aメロ あめにくゆる A・E・ F m・E・ D・E・ A・・・ A・E・ F m・E・ D・E・ A・・・ Bメロ よろこびを F m・C m・ D・A・ D・E・ C ・F m・ F m・C m・ D・A・ D・C ・ F ・・・ サビ1 パプリカ花が B・C ・ C ・D m・ B・F ・ A ・D m・ B・C ・ C ・F C onF D m・G ・ B C F ・ サビ2 あいにいくよ B・C ・ C ・D m・ B・C ・ D m・・・ B・C ・ C ・D m・ B・C ・ F ・・・ サビ2 あいにゆくよ B・C ・ C ・D m・ B・C ・ D m・・・ B・C ・ C ・D m・ B・C ・ F ・・・ サビ1 パプリカ花が B・C ・ C ・D m・ B・F ・ A ・D m・ B・C ・ C ・F C onF D m・G ・ B C F ・ D m・G ・ B C F ・.

次の

【米津玄師・作詞作曲】パプリカのコード進行を中心とした楽曲分析 ”懐かしさを紐解く”|けんばんプレイヤーズ

ぱぷりか コード

キーを変えることで雰囲気をガラリと変えているのです。 この手法を リハーモナイズといいます。 全体的な曲の雰囲気としては、米津版は 哀愁、 一方、Foorin版では子供向けの曲とういうこともあり、 楽しさを感じさせます。 そして、どちらともサビでは 転調があります。 メロディ メロディには、 ヨナ抜き音階が使われています。 ヨナ抜き音階とは、読んで字のごとく、 4度と 7度の音を抜かした音階のことです。 とても安定感のあるスケールです。 ぺンタトニックスケールとも呼ばれます。 基本的にはどちらとも、このヨナ抜き音階が使われています。 しかし、Aメロを見てみると、 米津版では 7度の ミが使われているところがあります。 本来は抜くべき、7度の音をあえて使うことで、 不安定感、哀愁を感じさせます。 コード進行 次はコード進行を見ていきます。 まずは、Aメロの一部を聴いてみましょう。 米津版 Foorin版 いかがだったでしょうか? だいぶ雰囲気が違いますよね。 2曲の雰囲気の違いを大きく決定づけているのは、 コード進行の違いです。 大きな違いは2つです。 米津版はコード変化があまりないのに対して、Foorin版はコード変化が多いですよね。 しかし、4小節目は、Foorin版では1小節まるまる A 主和音 で終わっています。 主和音で終わることで、終止感、あるいはどん詰まり感がでます。 これにより、幼稚な印象を聴き手に与えるのです。 また、 不安定なセブンスコードやディミニッシュコードもみられます。 一方、Foorin版には 三和音の安定したコードが多く使われています。 リズム パーカッションのリズムにも大きな違いがあります。 それは アクセントです。 米津版では、アクセントが一拍目の表、3拍目の 裏にあります。 これにより、リズムは 変則的になります。 それに対し、Foorin版では、1拍目、3拍目どちらも 表にアクセントがきています。 これにより、リズムは ストレートに進行していきます。 考察 ここまで読んでいただけたらわかるように、 このパプリカという曲には、 表と裏とか、 光と闇というような、 2面性があります。 また、この曲にはさらに壮大なテーマが隠されていました。 それは 原爆と平和というテーマです。 米津版のMVには、彼岸花や千羽鶴が多く登場しており、 登場する少女は原爆で亡くなった子であると言われています。 そして、パプリカの花言葉は 「君を忘れない」だそうです。 さらに詳しい話は、つぎの記事で紹介されていましたのでご覧ください。 まとめ ・リハーモナイズによって、1つの曲でありながら、表と裏のような全く異なる2面性を持たせている ・ヨナ抜き音階からあえて音を外すことで、米津版では不安定感、哀愁を表現 ・コードの割り当て方、安定と不安定なコードで、幼稚さや大人な雰囲気を演出 ・リズムアクセントの違いで、変則的かストレートか ・曲のテーマは原爆と平和.

次の