終末 ギャグマンガ セリフ。 センスないギャグ漫画の共通点みつけたwwwww(画像あり)

おそ松さん【ギャグマンガ日和てがきパロ】終末 [ニコニコあっぷる]

終末 ギャグマンガ セリフ

物事が最後に行きつくところ。 おわり。 しまい。 - 終末についての思想• 『』第4話の。 本項ではこちらについて記載する。 『』でとあるエンの付いたを振るうことで稀に発生する特殊な状態。 のが吹き荒れ、周囲は火のと化し、多数の強敵に包囲されるという的な状況に陥る。 スピン作品の『oter』にも同名の状態がある。 - による。 『』のの一つ。 ストーリー に巨大が衝突するまであと間…。 人類滅亡を直前にして繰り広げられる劇場。 今、あの大やがこれまで打ち明けられなかった秘密を大暴露! ダラスな特ダネ連発に続出! じゃは救えない! 最期の全! 決して一人では見ないでください…。 ニコニコ動画における終末 の中ではやみちゃんに並ぶ作であり、他の作品のに差し替えた作品が多数存在する。 が前提ため、ほぼどんなでも対応できる非常に汎用性の高い作品となっている。 関連動画 関連項目•

次の

おそ松さん【ギャグマンガ日和てがきパロ】終末 [ニコニコあっぷる]

終末 ギャグマンガ セリフ

現在は『 ギャグマンガ日和GB』と改題し、『』にて連載中。 概要 [ ] 一話完結型の。 正式名称には「増田こうすけ劇場」というサブタイトルがついている。 『』()にて1月号(12月6日発売)から休刊号となる7月号(2007年6月6日発売)まで連載され、その後は後継誌『』にて2007年12月号(2007年11月2日発売)から連載中。 正式名称は「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」であるが、大体の場合は「ギャグマンガ日和」での表記となっている。 ジャンプスクエア2015年1月号より「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB」に改題された。 単行本の発行部数はシリーズ累計で600万部を突破している。 最初期は雑誌の最後の方に載るため「人気がないのではないか」、「終わるのではないか」という疑念を持っていたと作者は単行本で語っていたが、その後人気は急上昇、『月刊少年ジャンプ』の看板作品となり、付録まで付くようになった。 そしてにで製作されたが大きな反響を呼び、にはがで放送され、には第2弾、には第3弾が放送された。 また2008年の夏休みに全15回、冬休みに全3回のが配信された。 でも商品化される。 『』や『』などにも読み切りや短期集中連載として掲載されることがあり、2007年6月6日の『月刊少年ジャンプ』の休刊の際には『週刊少年ジャンプ』の2007年39号(2007年8月27日発売)から一時的に連載が行われた。 作者が三重県出身であるため、三重の名前がよく出る。 しかし特別三重県での物語は無い(しいて挙げれば「超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ」は三重県の平和を守るヒーローという設定)。 なお、2007年10月からでアニメが放送された時には、「原作者は三重県出身」と紹介されていた。 一話ごとの長さがまちまちであり、1話から2話が一回分として載ったり、一つの話が前後編となる場合もある。 題字はほとんどが作者の増田が手がける。 指で書いたり、筆を口にくわえて書くパターンもある。 また増田の母親、担当が書いたこともある。 単行本(巻の2以降)の目次の後に毎回前の巻のあらすじが載っているが、実際は本編とはまったく関係ない。 あらすじに出てくる天才ピアニスト銀河進や暗黒王ジョンの小説が公式ファンブックに掲載された。 特色 [ ]• 歴史的偉人や有名人をキャラクターとして起用。 名作の。 (主にツッコミにおいて)語彙の豊富な台詞を用いたりする。 安直なネーミングを用いる。 登場人物の多くは友達がいない。 主役のほとんどは下記の特色な人物像が原因で周囲からバカにされたり苛められるなどの理不尽な仕打ちを受ける。 卑屈な性格である。 社会的地位が低い。 奇妙な青春を過ごしている。 他の漫画では絶対に主人公になれないようなキャラクターを主人公に持ってくる。 ステレオタイプな設定。 天丼ネタが多い。 キャラクター [ ] ため、の要約をこの節に。 ) 書誌情報 [ ] 単行本 [ ] およそ1年に1冊ペースで発行されている。 なお、表紙のサブタイトルは本編の内容とは全く無関係となっている。 『ギャグマンガ日和』 〈〉、全15巻 巻数 サブタイトル 発売日 ISBN 1 ロサンゼルスのあばれ馬の巻 2000年9月4日 2 最後の投げキッスの巻 2001年9月4日 3 もう誰も信じないの巻 2002年7月4日 4 やきいも大作戦の巻 2003年5月1日 5 渚のハイソックスの巻 2004年3月4日 6 よろしく! もつ鍋先生の巻 2005年3月4日 7 屋根裏部屋のフランス人形の巻 2006年3月3日 8 土俵際の無い物ねだりの巻 2007年3月2日 9 パーマ忍法帳の巻 2008年4月4日 10 潜入! あわてんぼ渓谷の巻 2009年7月3日 11 訳あり行進曲の巻 2010年8月4日 12 見たか! ファイティングポーズの巻 2011年8月4日 13 チンパンジーの巻 2012年8月3日 14 アウチ! たんこぶ軍団の巻 2013年9月4日 15 松ぼっくりを集めろ! の巻 2014年10月8日 『ギャグマンガ日和GB』 〈ジャンプ・コミックスSQ. 〉、既刊4巻 巻数 発売日 ISBN 1 2015年12月4日 2 2017年2月3日 3 2018年5月2日 4 2019年8月2日 韓国ではから韓国語版が刊行されている。 ガイドブック [ ]• なお、映像はカラーではなく白黒になっている。 『さわやかショートギャグ』の一部、『寒サイン会』、『カミロボ 鋼鉄の激昂篇』と『カミロボ 解決篇』の一部、『サタン』をアニメ化。 スタッフ [ ]• 原作 - 増田こうすけ(集英社『月刊少年ジャンプ』連載)• 監督 -• 演出 -• 作画 - 、、、広江克己、、長濱博史• 効果 - 奥田維城()• 選曲 - 鈴木潤一郎• 撮影 - 久保博志• 編集 - 今井剛• 制作 -• 制作協力 - 、樹想社• 製作・著作 - 集英社 声優 [ ]• (マネージャー、カミロボ、宮原一)• (社長、先生)• (料理番組のアシスタント)• (牛山サキ、宮原の友達)• (園児)• (スミス)• (増田こうすけ)• 大地丙太郎(タイトルコール) テレビアニメ [ ] 2005年2月7日よりキッズステーションにてアニメ放送開始、から地上波のの一部での放送がスタート。 なお、地上波放送では規制により音声の修正などが行われている。 第3期より画面サイズが16:9になり同時にアニメ制作会社が変わり、一部キャラクターのキャストも変更された。 本作の収録について台本は作成されず原作のコミックスをそのまま台本として使用し、で行われている。 なお、5分という尺に合わせるため収録した声は息継ぎや一部のシーンやセリフをカットするなどの編集がされた上で使用されており、話によってはセリフがかなり早口になっている、もしくは展開がスピーディーになることが多い。 基本的にコミックス化された作品が放送されているが、コミックス化前の作品が放送されることもある。 出血の描写があるが、ギャグマンガ日和2の『聖徳太子の楽しい木造建築』までは血の色が黒かった。 ギャグマンガ日和3の『平田の世界』で、血の色が今までどおりの黒に戻った。 うさみちゃん』では血が再び赤色になっていた。 第4期からが制作局となっている。 当期は16話まで偶数回が過去作の再放送、奇数回が新作であり、17話からは奇数回が再放送、偶数回が新作である(このため16話 - 17話は2連続で再放送)。 スタッフ(テレビ) [ ]• 監督 - 大地丙太郎• 音響監督 -• 音楽 -• 効果 - 奥田維城(スワラプロダクション)• 撮影 - 大山佳久(ゲルニカ)• OP演出 - 長濱博史• OP作画 -• OP男優 - 矢部雅史• 協力 - 林士平(『ジャンプスクエア』編集部)• アシスタントプロデューサー - 山中玲奈、渡辺大輔• 制作・音響制作 -• うえだゆうじ(代表キャラ…フィッシュ竹中他、オープニングテーマヴォーカル)• 矢部雅史(代表キャラ…ハリス、煬帝、伊能忠敬、さまざまな博士他)• 名塚佳織(代表キャラ…3期小野妹子、ニャン美ちゃん他)• (代表キャラ…聖徳太子、曽良、クマ吉くん、ヒュースケン、2期夢野カケラ、他)• (代表キャラ…1. 2期小野妹子他)• (代表キャラ…松尾芭蕉、猪八戒、3期夢野カケラ他)• (代表キャラ…ラーメンの精他)• (代表キャラ…フグ子、ダンサー他)• (代表キャラ…パオ美ちゃん、トオル君他)• (代表キャラ…うさみちゃん)• 長濱博史• 大地丙太郎• (代表キャラ…ナレーション)• 江口寿史(対談コーナーに出演) 各話リスト [ ] ギャグマンガ日和(2005年) 話数 サブタイトル 演出・作画 放送日 原作 第1話 シール シール2 2月7日 3巻32幕 4巻46幕 第2話 煬帝怒る(国書編) 2月14日 3巻41幕 第3話 煬帝怒る(洛陽編) 2月21日 第4話 終末 2月28日 6巻92幕 第5話 奥の細道 エピソードI 白井伸明 3月7日 3巻35幕・ページ66 第6話 ハリスインパクト 〜ビックリ大作戦〜 小関雅 3月14日 5巻66幕 第7話 ハリスインパクト(乗り込み編) 3月21日 第8話 どっこい! おむすび君 光速ライダー マッハ涼 和田高明 3月28日 5巻特別編 6巻102幕 第9話 魔法少女誕生 4月4日 4巻51幕 第10話 西遊記 〜旅の終わり〜 そ〜とめこういちろう 4月11日 5巻75幕 第11話 死んだ私は太陽にほえる アンラッキーフレンズ 4月18日 4巻特別編 5巻82幕 第12話 名探偵っスか! うさみちゃん 名探偵だもの! うさみちゃん 音地正行 4月25日 3巻44幕・特別編 4巻48幕 ギャグマンガ日和2(2006年) 話数 サブタイトル 演出 作画 放送日 原作 第1話 名探偵だぞえ! うさみちゃん かどともあき 8月5日 7巻129幕 第2話 来ないよ! 家庭教師 音地正行 8月12日 6巻特別編 第3話 聖徳太子の楽しい木造建築 小田嶋俊 8月26日 4巻49幕 第4話 ネコちゃんの腹筋 5つ子大家族 9月2日 7巻111幕 7巻116幕 第5話 がんばれ! 浦島太郎 そ〜とめこういちろう 薗部あい子、戸田真一 9月9日 5巻71幕 第6話 ソードマスターヤマト 金沢美愛、大下知之 山本浩代、後藤聡宏 長谷川一生 9月16日 5巻85幕 第7話 五月雨をあつめて早し最上川 よこた和 9月23日 5巻83幕 第8話 明男 〜この胸の中にまだ生きている〜 さよならおじいちゃん 音地正行 9月30日 5巻78幕 5巻88幕 第9話 眼帯 〜真桃太郎〜 一休さん 禁断のカナダジャレBEST5 かどともあき 10月7日 2巻28幕 5巻74幕 7巻ページ6 第10話 マンガ専門学校伝説 ハリケーン準 金子秀一 10月14日 8巻142幕 第11話 黒登山 馬越嘉彦 西位輝実、馬場充子 10月21日 2巻17幕 第12話 ラヴ江 10月28日 3巻36幕 ドラマCD 酒田にて - 12月8日 7巻特別篇 ギャグマンガ日和3(2008年) 話数 サブタイトル 演出 作画 放送日 原作 第1話 平田の世界 名探偵と言えば! うさみちゃん かどともあき 3月17日 5巻69幕 スーパードリル 第2話 アカトンボのふしぎ 名探偵だぞえ! うさみちゃん 和田高明 3月24日 2巻11幕 7巻129幕 第3話 聖徳1週間 小山和弘 3月31日 4巻62幕 第4話 すばらしきヨガ 名探偵かしら! うさみちゃん 南伸一郎 4月7日 6巻95幕 7巻特別編 第5話 伊能忠敬の歩み 小島正士 4月14日 8巻131幕 第6話 ララ美リアリティ 聖徳なぞなぞ傑作選 五月女有作 水谷麻美子 4月21日 9巻166幕 8巻ページ176 第7話 フォーエバーハンターMASUDA 超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ 臼田美夫 4月28日 6巻特別編 8巻150幕 第8話 恋の季節!! キューピッド君 5月5日 8巻147幕 第9話 心温まる東北の旅 〜ノンストップ松尾芭蕉〜 橋本英樹 5月12日 7巻125幕 第10話 決めろ!! キラメキシュート 〜涙の方向転換篇〜 よこた和 5月19日 8巻135幕 第11話 スケバン探偵(前編) 秋山由樹子 5月26日 10巻175幕 第12話 スケバン探偵(後編) 聖徳なぞなぞ傑作選2 廣川集一 金沢美愛 斎藤博子 6月2日 10巻175幕 主題歌集 ドラマCD ロック伝説 - 7月9日 9巻159幕 DVD特典 ギャグマンガ日和劇場版予告編!? 大地丙太郎 かどともあき 小島正士 7月25日 4巻59幕 8巻146幕 5巻64幕の一部 ギャグマンガ日和+(2010年) 話数 サブタイトル 演出・作画 放送日 原作 第1話 ルノワールVSセザンヌ かどともあき 1月4日 3巻31幕 第3話 銭湯に行こう 小島正士 1月18日 10巻184幕 第5話 新撰組 〜池田屋事件〜 奥の細道 旅途中(ショートストーリー) 音地正行 2月1日 9巻155幕・1巻・3巻 4巻・5巻・6巻・8巻 第7話 巨重戦士メンタリオン つちだこういち 2月15日 10巻192幕 第9話 親友は狼男 よこた和 3月1日 9巻特別編 第11話 メカマツオ 小島正士 3月15日 2巻29幕 第15話 恋のラブソングを君に 小山和弘 4月12日 11巻195幕 第18話 なめられペリー よこた和 5月3日 1巻1幕 第20話 狂暴エイリアン 小島正士 5月17日 10巻180幕 第22話 富士山 かどともあき 5月31日 10巻191幕 第24話 名探偵なので! うさみちゃん 小島正士 6月14日 10巻181幕 第26話 陰陽師物語 小山和弘 6月28日 4巻58幕 DVD特典 聖徳太子ショート 音地正行 赤城博昭 わたなべひろし 7月23日 1巻・4巻・5巻 6巻・7巻・8巻 ドラマCD バッドニュース2 - 8月11日 6巻91幕 アンラッキーエンジェル 5巻第67幕 松尾芭蕉の紙 2巻20幕 冷たくておいしい! アイスクリーム日和 7巻128幕 飛鳥時代の子守歌 8巻141幕 ギャグマンガ日和+(2010年)再放送 話数 サブタイトル 放送日 原作 第2話 聖徳1週間 1月11日 4巻62幕 第4話 奥の細道 エピソードI 1月25日 3巻35幕・ページ66 第6話 名探偵っスか! うさみちゃん 名探偵だもの! うさみちゃん 2月8日 3巻44幕・特別編 4巻48幕 第8話 西遊記 〜旅の終わり〜 2月22日 5巻75幕 第10話 終末 3月8日 6巻92幕 第12話 五月雨をあつめて早し最上川 3月22日 5巻83幕 第13話 心温まる東北の旅 〜ノンストップ松尾芭蕉〜 3月29日 7巻125幕 第14話 名探偵だぞえ! うさみちゃん 4月5日 7巻129幕 第16話 がんばれ! 浦島太郎 4月19日 5巻71幕 第17話 ソードマスターヤマト 4月26日 5巻85幕 第19話 ラヴ江 5月10日 3巻36幕 第21話 伊能忠敬の歩み 5月24日 8巻131幕 第23話 ララ美リアリティ 聖徳なぞなぞ傑作選 6月7日 9巻166幕 8巻ページ176 第25話 恋の季節!! キューピッド君 6月21日 8巻147幕 主題歌 [ ] オープニング曲• 「 アタック! 1番の前半では漫画ではないのにバレーを扱い、後半では一転して誰にでも共通することを歌詞にしている。 また、2番前半では相撲力士の気持ちを、後半は根暗のことを歌詞にしているなど、脈絡がなくシュールである。 OPアニメは4巻第57幕の「」をそのまま使用。 ラストで急に実写になりやチーターが出るシーンは「」をイメージしている。 なお名塚佳織やクマ吉(前田剛)が歌うバージョンも存在する。 「 オアフ! 6話からOPアニメが2巻第18幕の「」をそのまま使用する形に変更。 前作同様、ラストで急に実写となる。 OPの最後は「がんばれ浦島太郎(第5話)」に登場する乙姫の「バカかアンタ! 」のセリフで締める。 「増田こうすけ作詞」となっているが、彼の原案を微妙に変えて使用し、セリフの付け加えも行われている。 尚、今まで通りOPでは実写とアニメの融合を行っているが、アニメの絵が最初と最後以外、実写の背景の上に線のみで描かれている。 第6話までは、字幕がなかった。 歌詞とスタッフのクレジットは手書きのような書体となっている。 「~の」を連呼して、うえだも最後の方は息が切れそうになる。 OPアニメは6巻第91幕の「」を使用している。 だが原作と違い、ゴッホの絵がないゴッホ展のネタの中に、「バッドニュース2」で登場したラーメンを食べている男(ノリさん)が左の絵が一瞬拡大したときのみ登場している。 原作では吹き出しで見えなくなっていた「」で登場したニャンコさんの絵(右の絵)が見えるようになっている。 旧作か新作かによっての歌い方が2パターン存在する。 歌詞は今まではひらがなで表記されていたが、今作では漢字での表記もされている。 また、OP終盤はののパロディとなっている。 登場している実写の男性は、本作に出演している声優の矢部雅史である。 エンディング曲• 「 ハッピーエンディング」(第1期 - 第3期)• また原作のみのキャラも登場。 名塚佳織の連続写真などキャストが出演することもあり、第2期の最終回では本編に直結してテロップを表示したこともあった。 なお山本の「作詞」となっているが、実際はである。 サウンドトラック [ ] 『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 サウンドコレクション』がに発売され、放送では聞くことの出来なかった曲が収録されている。 さらに増田こうすけ書き下ろしのオープニング・フルバージョンも追加された。 また『TVアニメ ギャグマンガ日和3 主題歌集』がに発売、『ギャグマンガ日和3 スーパーサウンド全集』がに発売されている。 放送局 [ ] 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 第1期 - 月曜 23:00 - 23:06 リピート放送あり - 土曜 6:40 - 6:45 独立UHF局 日本全域 2006年 - 金曜 24:55 - 25:00 CS放送 エンディングはカットして放送 2006年 - 水曜 21:45 - 22:00 独立UHF局 2話ずつ放送 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 2007年10月3日 - 水曜 23:10 - 23:25 2話ずつ放送 2007年 - 日曜 18:15 - 18:30 第2期 日本全域 キッズステーション 2006年 - 土曜 22:30 - 22:36 CS放送 製作局 リピート放送あり 埼玉県 テレ玉 2006年 - 水曜 21:45 - 22:00 独立UHF局 2話ずつ放送 三重県 三重テレビ 2007年 - 水曜 23:10 - 23:25 千葉県 チバテレビ 2007年 - 2008年 日曜 18:15 - 18:30 2話ずつ放送 リピート放送あり 京都府 KBS京都 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 神奈川県 tvk 2008年 - 水曜 24:00 - 24:07 傑作選 第3期 日本全域 キッズステーション 2008年 - 月曜 23:00 - 23:06 CS放送 製作局 三重県 三重テレビ 2008年 - 水曜 23:17 - 23:25 独立UHF局 千葉県 チバテレビ 2008年 - 土曜 18:22 - 18:29 神奈川県 tvk 2008年 - 日曜 18:20 - 18:25 リピート放送あり 京都府 KBS京都 2008年 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 第4期 日本全域 キッズステーション 2010年 - 土曜 24:54 - 25:00 CS放送 製作局 2010年 - 月曜 26:14 - 26:20 2010年 - 火曜 25:29 - 25:36 神奈川県 tvk 2010年 - 2010年 - 金曜 24:35 - 24:40 火曜 25:10 - 25:15 独立UHF局 埼玉県 テレ玉 2010年 - 日曜 17:45 - 18:00 2話ずつ放送 千葉県 チバテレビ 2010年 - 土曜 24:15 - 24:30 DVD [ ] DVDはより、2005年7月22日から2010年8月27日にかけて発売された。 巻数 発売日 収録話 第1期 上巻 2005年7月22日 第1話 - 第6話 下巻 2005年8月26日 第7話 - 第12話 第2期 上巻 2006年12月22日 第1話 - 第6話 下巻 2007年1月26日 第7話 - 第12話 第3期 上巻 2008年6月25日 第1話 - 第6話 下巻 2008年7月25日 第7話 - 第12話 第4期 上巻 2010年7月23日 第1話 - 第14話 下巻 2010年8月27日 第15話 - 第26話 DVD初回封入特典• 第一弾上巻「ぐったりマーフィー君人形」(以前応募者プレゼントでも賞品になった)• 第一弾下巻「うさみちゃんアイピロー」• 第二弾上巻「クマ吉君ミ〜ニミニ座布団」• 第二弾下巻「ラヴ江愛の暴走マスコット」• 第三弾上巻「太子のアレ ペットボトルホルダー」• 第三弾下巻「クマ吉くんめざまし時計」• 第四弾上巻「口の周りがなんだか甘い!? 第四弾下巻「PERRY COME BACK! ギャグマンガ日和』を配信。 当初は配信期間は3週間の限定であったが、好評に付10月6日まで延長となっている。 キャラクターとしてのパーソナリティは週代わりだが、演じる声優としては前田剛は全回に出演している。 また、2008年12月には『冬休みだよ! ギャグマンガ日和』が配信。 2009年2月27日にラジオCD発売。 夏休みだよ! ギャグマンガ日和パーソナリティ• 聖徳太子・小野妹子(4日 - 8日)• ハリス・ヒュースケン(11日 - 15日)• 芭蕉・曽良(18日 - 22日)• うさみ・クマ吉(随時) 冬休みだよ! ギャグマンガ日和パーソナリティ• うえだゆうじ• 矢部雅史• 前田剛• 内藤玲 舞台 [ ] 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 [ ]• 劇場:• 公演期間:2015年9月16日 - 21日• 原作の登場人物の一部の名前を変更し、舞台版向けにリニューアルしている。 2015年9月19日14時公演は、「「土曜昼の主役争奪戦マッチ」発表公演」と題された特別公演、19時公演は全国19ヵ所の映画館でのを実施。 キャスト• 普通田ふつお(原作モデル・平田平男)-• テンテン(原作モデル・牛山サキ)- ()• 聖徳太子 -• 小野妹子 - 橋本祥平• 普通田父之介(原作モデル・ヨガ教室のお父さん(大野大))-• うさみ -• 普通田ふつこ(原作モデル・魔法少女(里子))- (東京女子流)• アマンダ -• クマ吉 - ()• 男子トイレの精 -• 鶴 -• 式神ニャンコ - 岡田地平• ラヴェ - 小野由香• チンピラ - 服部ひろとし• 女王 - 佐藤蕗子 (mizhen)• 煬帝 - ナカムラアツシ• フィッシュ竹中 -• 死神 - 市川刺身 ()• 大林一郎 - シカトホクト (ギャンブルグルーヴ)• ラーメンの精 - 山本成美 スタッフ• 脚本・演出:• 制作:オフィスインベーダー• 主催:「舞台 増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和」製作委員会 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味 [ ]• 劇場:• 公演期間:2016年4月6日 - 10日 キャスト• 普通田ふつお(原作モデル・平田平男)- 鎌苅健太• テンテン(原作モデル・牛山サキ)- ()• 聖徳太子 - 西山丈也• 小野妹子 -• 普通田父之介(原作モデル・ヨガ教室のお父さん(大野大))- 宮下雄也• うさみ - 真凛• アマンダ - 磯貝龍虎• クマ吉 - ボン溝黒 (カナリア)• 鶴 - 飯山裕太• 煬帝 - 岡田地平• ラヴ江 - 小野由香• ラーメンの精 -• チンピラ - 服部ひろとし• 普通田和美 - 若狭ひろみ• 主人公の敵 - 松川のりすけ• 式神ニャンコ - 市川刺身 ()• ダブルスカート平井 - こうせい (ハラペコパンジー)• パオ美 - かなで (ハラペコパンジー)• ネコビッチ - 平尾健蔵• 楊夏妃 - 三澤宥奈• 松尾芭蕉 -• 河合曽良 - 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜 [ ]• 劇場:• 公演期間:2017年2月15日 - 21日• 松尾芭蕉と河合曽良が主役。 キャスト• 松尾芭蕉 -• 河合曽良 -• マチ子 - ()• 堀部安兵衛 -• 鬼男 -• 伊能忠敬 -• 大石内蔵助 -• 三蔵法師 -• 浅野内匠頭 -• 閻魔大王役 - 岡田地平• 商館長スチュルレル - 服部ひろとし• セザンヌ -• 妖怪 雨すすり -• ろくろ首 -• 孫悟空 - 市川刺身 ()• 猪八戒 - かなで• グラハム・ベル:池田直人 (レインボー)• マッチの精 - モウジーン兼史• ナッツ桜井 - いーま 脚注 [ ]• ギャグマンガ日和2公式サイト. 2013年10月10日閲覧。 『終末』、『マンガ専門学校伝説 ハリケーン準』、『スケバン探偵』、『恋のラブソングを君に』。 原作では前後編になっているが、アニメ化されたのは前編である。 そのため、男子トイレの精のその後はアニメ化されなかった。 予告編の一環としてアニメ化されている3巻41幕・8巻131幕・5巻特別編・5巻69幕・5巻75幕も一部使用している。 コミックナタリー 2015年6月16日. 2015年9月17日閲覧。 2015年9月17日閲覧。 コミックナタリー 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 コミックナタリー. 2016年2月19日. 2016年10月5日閲覧。 コミックナタリー. 2016年10月4日. 2016年10月5日閲覧。 ステージナタリー. 2016年11月14日. 2016年11月14日閲覧。 ステージナタリー. 2016年10月26日. 2016年10月26日閲覧。 外部リンク [ ]• (ジャンプスクエア内公式サイト)• - (2018年6月26日アーカイブ分)• - (2017年10月12日アーカイブ分)• - (2018年6月26日アーカイブ分)• - (2017年10月12日アーカイブ分)• (バンダイビジュアル公式サイト)• 5,12• シリーズ 6,13• シリーズ 5,13• シリーズ 5,13• 6,12• 6,13• 5,8,13• 5,12• 5,12• シリーズ 5,12• 5,7,13,21• 5,12• 5,12• 5,13• 5,12• 5,12• 5,13• 5,13,15• 5,13• 5,13• 5,13• 5,7,13• 5,7,15,19,20• 5,12• 5,11,15,18,19• 5,7,13• シリーズ 5,11,12,15,16,18• 2,5,22• 5,7,13• 5,7,12,15,18,23 関連人物• 1:より移動。 2:共同製作。 3:YTE共同製作。 4:共同製作。 5:YTE製作。 6:YTE協力。 7:共同製作。 8:共同製作。 9:・・・・共同製作。 10:共同製作。 11:共同製作。 12:読売テレビ含む近畿圏では未放送。 13:近畿圏ではで放送。 14:『』レーベル作品。 15:共同製作。 16:共同製作。 17:共同製作。 18:共同製作。 19:共同製作。 近畿圏ではで放送。 20:共同製作。 21:メ~テレ企画協力。 22:共同製作。 近畿圏ではで放送。 23:共同製作。

次の

ギャグマンガビルド 終末 [ニコニコあっぷる]

終末 ギャグマンガ セリフ

現在は『 ギャグマンガ日和GB』と改題し、『』にて連載中。 概要 [ ] 一話完結型の。 正式名称には「増田こうすけ劇場」というサブタイトルがついている。 『』()にて1月号(12月6日発売)から休刊号となる7月号(2007年6月6日発売)まで連載され、その後は後継誌『』にて2007年12月号(2007年11月2日発売)から連載中。 正式名称は「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」であるが、大体の場合は「ギャグマンガ日和」での表記となっている。 ジャンプスクエア2015年1月号より「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB」に改題された。 単行本の発行部数はシリーズ累計で600万部を突破している。 最初期は雑誌の最後の方に載るため「人気がないのではないか」、「終わるのではないか」という疑念を持っていたと作者は単行本で語っていたが、その後人気は急上昇、『月刊少年ジャンプ』の看板作品となり、付録まで付くようになった。 そしてにで製作されたが大きな反響を呼び、にはがで放送され、には第2弾、には第3弾が放送された。 また2008年の夏休みに全15回、冬休みに全3回のが配信された。 でも商品化される。 『』や『』などにも読み切りや短期集中連載として掲載されることがあり、2007年6月6日の『月刊少年ジャンプ』の休刊の際には『週刊少年ジャンプ』の2007年39号(2007年8月27日発売)から一時的に連載が行われた。 作者が三重県出身であるため、三重の名前がよく出る。 しかし特別三重県での物語は無い(しいて挙げれば「超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ」は三重県の平和を守るヒーローという設定)。 なお、2007年10月からでアニメが放送された時には、「原作者は三重県出身」と紹介されていた。 一話ごとの長さがまちまちであり、1話から2話が一回分として載ったり、一つの話が前後編となる場合もある。 題字はほとんどが作者の増田が手がける。 指で書いたり、筆を口にくわえて書くパターンもある。 また増田の母親、担当が書いたこともある。 単行本(巻の2以降)の目次の後に毎回前の巻のあらすじが載っているが、実際は本編とはまったく関係ない。 あらすじに出てくる天才ピアニスト銀河進や暗黒王ジョンの小説が公式ファンブックに掲載された。 特色 [ ]• 歴史的偉人や有名人をキャラクターとして起用。 名作の。 (主にツッコミにおいて)語彙の豊富な台詞を用いたりする。 安直なネーミングを用いる。 登場人物の多くは友達がいない。 主役のほとんどは下記の特色な人物像が原因で周囲からバカにされたり苛められるなどの理不尽な仕打ちを受ける。 卑屈な性格である。 社会的地位が低い。 奇妙な青春を過ごしている。 他の漫画では絶対に主人公になれないようなキャラクターを主人公に持ってくる。 ステレオタイプな設定。 天丼ネタが多い。 キャラクター [ ] ため、の要約をこの節に。 ) 書誌情報 [ ] 単行本 [ ] およそ1年に1冊ペースで発行されている。 なお、表紙のサブタイトルは本編の内容とは全く無関係となっている。 『ギャグマンガ日和』 〈〉、全15巻 巻数 サブタイトル 発売日 ISBN 1 ロサンゼルスのあばれ馬の巻 2000年9月4日 2 最後の投げキッスの巻 2001年9月4日 3 もう誰も信じないの巻 2002年7月4日 4 やきいも大作戦の巻 2003年5月1日 5 渚のハイソックスの巻 2004年3月4日 6 よろしく! もつ鍋先生の巻 2005年3月4日 7 屋根裏部屋のフランス人形の巻 2006年3月3日 8 土俵際の無い物ねだりの巻 2007年3月2日 9 パーマ忍法帳の巻 2008年4月4日 10 潜入! あわてんぼ渓谷の巻 2009年7月3日 11 訳あり行進曲の巻 2010年8月4日 12 見たか! ファイティングポーズの巻 2011年8月4日 13 チンパンジーの巻 2012年8月3日 14 アウチ! たんこぶ軍団の巻 2013年9月4日 15 松ぼっくりを集めろ! の巻 2014年10月8日 『ギャグマンガ日和GB』 〈ジャンプ・コミックスSQ. 〉、既刊4巻 巻数 発売日 ISBN 1 2015年12月4日 2 2017年2月3日 3 2018年5月2日 4 2019年8月2日 韓国ではから韓国語版が刊行されている。 ガイドブック [ ]• なお、映像はカラーではなく白黒になっている。 『さわやかショートギャグ』の一部、『寒サイン会』、『カミロボ 鋼鉄の激昂篇』と『カミロボ 解決篇』の一部、『サタン』をアニメ化。 スタッフ [ ]• 原作 - 増田こうすけ(集英社『月刊少年ジャンプ』連載)• 監督 -• 演出 -• 作画 - 、、、広江克己、、長濱博史• 効果 - 奥田維城()• 選曲 - 鈴木潤一郎• 撮影 - 久保博志• 編集 - 今井剛• 制作 -• 制作協力 - 、樹想社• 製作・著作 - 集英社 声優 [ ]• (マネージャー、カミロボ、宮原一)• (社長、先生)• (料理番組のアシスタント)• (牛山サキ、宮原の友達)• (園児)• (スミス)• (増田こうすけ)• 大地丙太郎(タイトルコール) テレビアニメ [ ] 2005年2月7日よりキッズステーションにてアニメ放送開始、から地上波のの一部での放送がスタート。 なお、地上波放送では規制により音声の修正などが行われている。 第3期より画面サイズが16:9になり同時にアニメ制作会社が変わり、一部キャラクターのキャストも変更された。 本作の収録について台本は作成されず原作のコミックスをそのまま台本として使用し、で行われている。 なお、5分という尺に合わせるため収録した声は息継ぎや一部のシーンやセリフをカットするなどの編集がされた上で使用されており、話によってはセリフがかなり早口になっている、もしくは展開がスピーディーになることが多い。 基本的にコミックス化された作品が放送されているが、コミックス化前の作品が放送されることもある。 出血の描写があるが、ギャグマンガ日和2の『聖徳太子の楽しい木造建築』までは血の色が黒かった。 ギャグマンガ日和3の『平田の世界』で、血の色が今までどおりの黒に戻った。 うさみちゃん』では血が再び赤色になっていた。 第4期からが制作局となっている。 当期は16話まで偶数回が過去作の再放送、奇数回が新作であり、17話からは奇数回が再放送、偶数回が新作である(このため16話 - 17話は2連続で再放送)。 スタッフ(テレビ) [ ]• 監督 - 大地丙太郎• 音響監督 -• 音楽 -• 効果 - 奥田維城(スワラプロダクション)• 撮影 - 大山佳久(ゲルニカ)• OP演出 - 長濱博史• OP作画 -• OP男優 - 矢部雅史• 協力 - 林士平(『ジャンプスクエア』編集部)• アシスタントプロデューサー - 山中玲奈、渡辺大輔• 制作・音響制作 -• うえだゆうじ(代表キャラ…フィッシュ竹中他、オープニングテーマヴォーカル)• 矢部雅史(代表キャラ…ハリス、煬帝、伊能忠敬、さまざまな博士他)• 名塚佳織(代表キャラ…3期小野妹子、ニャン美ちゃん他)• (代表キャラ…聖徳太子、曽良、クマ吉くん、ヒュースケン、2期夢野カケラ、他)• (代表キャラ…1. 2期小野妹子他)• (代表キャラ…松尾芭蕉、猪八戒、3期夢野カケラ他)• (代表キャラ…ラーメンの精他)• (代表キャラ…フグ子、ダンサー他)• (代表キャラ…パオ美ちゃん、トオル君他)• (代表キャラ…うさみちゃん)• 長濱博史• 大地丙太郎• (代表キャラ…ナレーション)• 江口寿史(対談コーナーに出演) 各話リスト [ ] ギャグマンガ日和(2005年) 話数 サブタイトル 演出・作画 放送日 原作 第1話 シール シール2 2月7日 3巻32幕 4巻46幕 第2話 煬帝怒る(国書編) 2月14日 3巻41幕 第3話 煬帝怒る(洛陽編) 2月21日 第4話 終末 2月28日 6巻92幕 第5話 奥の細道 エピソードI 白井伸明 3月7日 3巻35幕・ページ66 第6話 ハリスインパクト 〜ビックリ大作戦〜 小関雅 3月14日 5巻66幕 第7話 ハリスインパクト(乗り込み編) 3月21日 第8話 どっこい! おむすび君 光速ライダー マッハ涼 和田高明 3月28日 5巻特別編 6巻102幕 第9話 魔法少女誕生 4月4日 4巻51幕 第10話 西遊記 〜旅の終わり〜 そ〜とめこういちろう 4月11日 5巻75幕 第11話 死んだ私は太陽にほえる アンラッキーフレンズ 4月18日 4巻特別編 5巻82幕 第12話 名探偵っスか! うさみちゃん 名探偵だもの! うさみちゃん 音地正行 4月25日 3巻44幕・特別編 4巻48幕 ギャグマンガ日和2(2006年) 話数 サブタイトル 演出 作画 放送日 原作 第1話 名探偵だぞえ! うさみちゃん かどともあき 8月5日 7巻129幕 第2話 来ないよ! 家庭教師 音地正行 8月12日 6巻特別編 第3話 聖徳太子の楽しい木造建築 小田嶋俊 8月26日 4巻49幕 第4話 ネコちゃんの腹筋 5つ子大家族 9月2日 7巻111幕 7巻116幕 第5話 がんばれ! 浦島太郎 そ〜とめこういちろう 薗部あい子、戸田真一 9月9日 5巻71幕 第6話 ソードマスターヤマト 金沢美愛、大下知之 山本浩代、後藤聡宏 長谷川一生 9月16日 5巻85幕 第7話 五月雨をあつめて早し最上川 よこた和 9月23日 5巻83幕 第8話 明男 〜この胸の中にまだ生きている〜 さよならおじいちゃん 音地正行 9月30日 5巻78幕 5巻88幕 第9話 眼帯 〜真桃太郎〜 一休さん 禁断のカナダジャレBEST5 かどともあき 10月7日 2巻28幕 5巻74幕 7巻ページ6 第10話 マンガ専門学校伝説 ハリケーン準 金子秀一 10月14日 8巻142幕 第11話 黒登山 馬越嘉彦 西位輝実、馬場充子 10月21日 2巻17幕 第12話 ラヴ江 10月28日 3巻36幕 ドラマCD 酒田にて - 12月8日 7巻特別篇 ギャグマンガ日和3(2008年) 話数 サブタイトル 演出 作画 放送日 原作 第1話 平田の世界 名探偵と言えば! うさみちゃん かどともあき 3月17日 5巻69幕 スーパードリル 第2話 アカトンボのふしぎ 名探偵だぞえ! うさみちゃん 和田高明 3月24日 2巻11幕 7巻129幕 第3話 聖徳1週間 小山和弘 3月31日 4巻62幕 第4話 すばらしきヨガ 名探偵かしら! うさみちゃん 南伸一郎 4月7日 6巻95幕 7巻特別編 第5話 伊能忠敬の歩み 小島正士 4月14日 8巻131幕 第6話 ララ美リアリティ 聖徳なぞなぞ傑作選 五月女有作 水谷麻美子 4月21日 9巻166幕 8巻ページ176 第7話 フォーエバーハンターMASUDA 超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ 臼田美夫 4月28日 6巻特別編 8巻150幕 第8話 恋の季節!! キューピッド君 5月5日 8巻147幕 第9話 心温まる東北の旅 〜ノンストップ松尾芭蕉〜 橋本英樹 5月12日 7巻125幕 第10話 決めろ!! キラメキシュート 〜涙の方向転換篇〜 よこた和 5月19日 8巻135幕 第11話 スケバン探偵(前編) 秋山由樹子 5月26日 10巻175幕 第12話 スケバン探偵(後編) 聖徳なぞなぞ傑作選2 廣川集一 金沢美愛 斎藤博子 6月2日 10巻175幕 主題歌集 ドラマCD ロック伝説 - 7月9日 9巻159幕 DVD特典 ギャグマンガ日和劇場版予告編!? 大地丙太郎 かどともあき 小島正士 7月25日 4巻59幕 8巻146幕 5巻64幕の一部 ギャグマンガ日和+(2010年) 話数 サブタイトル 演出・作画 放送日 原作 第1話 ルノワールVSセザンヌ かどともあき 1月4日 3巻31幕 第3話 銭湯に行こう 小島正士 1月18日 10巻184幕 第5話 新撰組 〜池田屋事件〜 奥の細道 旅途中(ショートストーリー) 音地正行 2月1日 9巻155幕・1巻・3巻 4巻・5巻・6巻・8巻 第7話 巨重戦士メンタリオン つちだこういち 2月15日 10巻192幕 第9話 親友は狼男 よこた和 3月1日 9巻特別編 第11話 メカマツオ 小島正士 3月15日 2巻29幕 第15話 恋のラブソングを君に 小山和弘 4月12日 11巻195幕 第18話 なめられペリー よこた和 5月3日 1巻1幕 第20話 狂暴エイリアン 小島正士 5月17日 10巻180幕 第22話 富士山 かどともあき 5月31日 10巻191幕 第24話 名探偵なので! うさみちゃん 小島正士 6月14日 10巻181幕 第26話 陰陽師物語 小山和弘 6月28日 4巻58幕 DVD特典 聖徳太子ショート 音地正行 赤城博昭 わたなべひろし 7月23日 1巻・4巻・5巻 6巻・7巻・8巻 ドラマCD バッドニュース2 - 8月11日 6巻91幕 アンラッキーエンジェル 5巻第67幕 松尾芭蕉の紙 2巻20幕 冷たくておいしい! アイスクリーム日和 7巻128幕 飛鳥時代の子守歌 8巻141幕 ギャグマンガ日和+(2010年)再放送 話数 サブタイトル 放送日 原作 第2話 聖徳1週間 1月11日 4巻62幕 第4話 奥の細道 エピソードI 1月25日 3巻35幕・ページ66 第6話 名探偵っスか! うさみちゃん 名探偵だもの! うさみちゃん 2月8日 3巻44幕・特別編 4巻48幕 第8話 西遊記 〜旅の終わり〜 2月22日 5巻75幕 第10話 終末 3月8日 6巻92幕 第12話 五月雨をあつめて早し最上川 3月22日 5巻83幕 第13話 心温まる東北の旅 〜ノンストップ松尾芭蕉〜 3月29日 7巻125幕 第14話 名探偵だぞえ! うさみちゃん 4月5日 7巻129幕 第16話 がんばれ! 浦島太郎 4月19日 5巻71幕 第17話 ソードマスターヤマト 4月26日 5巻85幕 第19話 ラヴ江 5月10日 3巻36幕 第21話 伊能忠敬の歩み 5月24日 8巻131幕 第23話 ララ美リアリティ 聖徳なぞなぞ傑作選 6月7日 9巻166幕 8巻ページ176 第25話 恋の季節!! キューピッド君 6月21日 8巻147幕 主題歌 [ ] オープニング曲• 「 アタック! 1番の前半では漫画ではないのにバレーを扱い、後半では一転して誰にでも共通することを歌詞にしている。 また、2番前半では相撲力士の気持ちを、後半は根暗のことを歌詞にしているなど、脈絡がなくシュールである。 OPアニメは4巻第57幕の「」をそのまま使用。 ラストで急に実写になりやチーターが出るシーンは「」をイメージしている。 なお名塚佳織やクマ吉(前田剛)が歌うバージョンも存在する。 「 オアフ! 6話からOPアニメが2巻第18幕の「」をそのまま使用する形に変更。 前作同様、ラストで急に実写となる。 OPの最後は「がんばれ浦島太郎(第5話)」に登場する乙姫の「バカかアンタ! 」のセリフで締める。 「増田こうすけ作詞」となっているが、彼の原案を微妙に変えて使用し、セリフの付け加えも行われている。 尚、今まで通りOPでは実写とアニメの融合を行っているが、アニメの絵が最初と最後以外、実写の背景の上に線のみで描かれている。 第6話までは、字幕がなかった。 歌詞とスタッフのクレジットは手書きのような書体となっている。 「~の」を連呼して、うえだも最後の方は息が切れそうになる。 OPアニメは6巻第91幕の「」を使用している。 だが原作と違い、ゴッホの絵がないゴッホ展のネタの中に、「バッドニュース2」で登場したラーメンを食べている男(ノリさん)が左の絵が一瞬拡大したときのみ登場している。 原作では吹き出しで見えなくなっていた「」で登場したニャンコさんの絵(右の絵)が見えるようになっている。 旧作か新作かによっての歌い方が2パターン存在する。 歌詞は今まではひらがなで表記されていたが、今作では漢字での表記もされている。 また、OP終盤はののパロディとなっている。 登場している実写の男性は、本作に出演している声優の矢部雅史である。 エンディング曲• 「 ハッピーエンディング」(第1期 - 第3期)• また原作のみのキャラも登場。 名塚佳織の連続写真などキャストが出演することもあり、第2期の最終回では本編に直結してテロップを表示したこともあった。 なお山本の「作詞」となっているが、実際はである。 サウンドトラック [ ] 『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 サウンドコレクション』がに発売され、放送では聞くことの出来なかった曲が収録されている。 さらに増田こうすけ書き下ろしのオープニング・フルバージョンも追加された。 また『TVアニメ ギャグマンガ日和3 主題歌集』がに発売、『ギャグマンガ日和3 スーパーサウンド全集』がに発売されている。 放送局 [ ] 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 第1期 - 月曜 23:00 - 23:06 リピート放送あり - 土曜 6:40 - 6:45 独立UHF局 日本全域 2006年 - 金曜 24:55 - 25:00 CS放送 エンディングはカットして放送 2006年 - 水曜 21:45 - 22:00 独立UHF局 2話ずつ放送 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 2007年10月3日 - 水曜 23:10 - 23:25 2話ずつ放送 2007年 - 日曜 18:15 - 18:30 第2期 日本全域 キッズステーション 2006年 - 土曜 22:30 - 22:36 CS放送 製作局 リピート放送あり 埼玉県 テレ玉 2006年 - 水曜 21:45 - 22:00 独立UHF局 2話ずつ放送 三重県 三重テレビ 2007年 - 水曜 23:10 - 23:25 千葉県 チバテレビ 2007年 - 2008年 日曜 18:15 - 18:30 2話ずつ放送 リピート放送あり 京都府 KBS京都 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 神奈川県 tvk 2008年 - 水曜 24:00 - 24:07 傑作選 第3期 日本全域 キッズステーション 2008年 - 月曜 23:00 - 23:06 CS放送 製作局 三重県 三重テレビ 2008年 - 水曜 23:17 - 23:25 独立UHF局 千葉県 チバテレビ 2008年 - 土曜 18:22 - 18:29 神奈川県 tvk 2008年 - 日曜 18:20 - 18:25 リピート放送あり 京都府 KBS京都 2008年 - 水曜 22:54 - 22:59 地上デジタルでは16:9サイズでの放送 第4期 日本全域 キッズステーション 2010年 - 土曜 24:54 - 25:00 CS放送 製作局 2010年 - 月曜 26:14 - 26:20 2010年 - 火曜 25:29 - 25:36 神奈川県 tvk 2010年 - 2010年 - 金曜 24:35 - 24:40 火曜 25:10 - 25:15 独立UHF局 埼玉県 テレ玉 2010年 - 日曜 17:45 - 18:00 2話ずつ放送 千葉県 チバテレビ 2010年 - 土曜 24:15 - 24:30 DVD [ ] DVDはより、2005年7月22日から2010年8月27日にかけて発売された。 巻数 発売日 収録話 第1期 上巻 2005年7月22日 第1話 - 第6話 下巻 2005年8月26日 第7話 - 第12話 第2期 上巻 2006年12月22日 第1話 - 第6話 下巻 2007年1月26日 第7話 - 第12話 第3期 上巻 2008年6月25日 第1話 - 第6話 下巻 2008年7月25日 第7話 - 第12話 第4期 上巻 2010年7月23日 第1話 - 第14話 下巻 2010年8月27日 第15話 - 第26話 DVD初回封入特典• 第一弾上巻「ぐったりマーフィー君人形」(以前応募者プレゼントでも賞品になった)• 第一弾下巻「うさみちゃんアイピロー」• 第二弾上巻「クマ吉君ミ〜ニミニ座布団」• 第二弾下巻「ラヴ江愛の暴走マスコット」• 第三弾上巻「太子のアレ ペットボトルホルダー」• 第三弾下巻「クマ吉くんめざまし時計」• 第四弾上巻「口の周りがなんだか甘い!? 第四弾下巻「PERRY COME BACK! ギャグマンガ日和』を配信。 当初は配信期間は3週間の限定であったが、好評に付10月6日まで延長となっている。 キャラクターとしてのパーソナリティは週代わりだが、演じる声優としては前田剛は全回に出演している。 また、2008年12月には『冬休みだよ! ギャグマンガ日和』が配信。 2009年2月27日にラジオCD発売。 夏休みだよ! ギャグマンガ日和パーソナリティ• 聖徳太子・小野妹子(4日 - 8日)• ハリス・ヒュースケン(11日 - 15日)• 芭蕉・曽良(18日 - 22日)• うさみ・クマ吉(随時) 冬休みだよ! ギャグマンガ日和パーソナリティ• うえだゆうじ• 矢部雅史• 前田剛• 内藤玲 舞台 [ ] 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 [ ]• 劇場:• 公演期間:2015年9月16日 - 21日• 原作の登場人物の一部の名前を変更し、舞台版向けにリニューアルしている。 2015年9月19日14時公演は、「「土曜昼の主役争奪戦マッチ」発表公演」と題された特別公演、19時公演は全国19ヵ所の映画館でのを実施。 キャスト• 普通田ふつお(原作モデル・平田平男)-• テンテン(原作モデル・牛山サキ)- ()• 聖徳太子 -• 小野妹子 - 橋本祥平• 普通田父之介(原作モデル・ヨガ教室のお父さん(大野大))-• うさみ -• 普通田ふつこ(原作モデル・魔法少女(里子))- (東京女子流)• アマンダ -• クマ吉 - ()• 男子トイレの精 -• 鶴 -• 式神ニャンコ - 岡田地平• ラヴェ - 小野由香• チンピラ - 服部ひろとし• 女王 - 佐藤蕗子 (mizhen)• 煬帝 - ナカムラアツシ• フィッシュ竹中 -• 死神 - 市川刺身 ()• 大林一郎 - シカトホクト (ギャンブルグルーヴ)• ラーメンの精 - 山本成美 スタッフ• 脚本・演出:• 制作:オフィスインベーダー• 主催:「舞台 増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和」製作委員会 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味 [ ]• 劇場:• 公演期間:2016年4月6日 - 10日 キャスト• 普通田ふつお(原作モデル・平田平男)- 鎌苅健太• テンテン(原作モデル・牛山サキ)- ()• 聖徳太子 - 西山丈也• 小野妹子 -• 普通田父之介(原作モデル・ヨガ教室のお父さん(大野大))- 宮下雄也• うさみ - 真凛• アマンダ - 磯貝龍虎• クマ吉 - ボン溝黒 (カナリア)• 鶴 - 飯山裕太• 煬帝 - 岡田地平• ラヴ江 - 小野由香• ラーメンの精 -• チンピラ - 服部ひろとし• 普通田和美 - 若狭ひろみ• 主人公の敵 - 松川のりすけ• 式神ニャンコ - 市川刺身 ()• ダブルスカート平井 - こうせい (ハラペコパンジー)• パオ美 - かなで (ハラペコパンジー)• ネコビッチ - 平尾健蔵• 楊夏妃 - 三澤宥奈• 松尾芭蕉 -• 河合曽良 - 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜 [ ]• 劇場:• 公演期間:2017年2月15日 - 21日• 松尾芭蕉と河合曽良が主役。 キャスト• 松尾芭蕉 -• 河合曽良 -• マチ子 - ()• 堀部安兵衛 -• 鬼男 -• 伊能忠敬 -• 大石内蔵助 -• 三蔵法師 -• 浅野内匠頭 -• 閻魔大王役 - 岡田地平• 商館長スチュルレル - 服部ひろとし• セザンヌ -• 妖怪 雨すすり -• ろくろ首 -• 孫悟空 - 市川刺身 ()• 猪八戒 - かなで• グラハム・ベル:池田直人 (レインボー)• マッチの精 - モウジーン兼史• ナッツ桜井 - いーま 脚注 [ ]• ギャグマンガ日和2公式サイト. 2013年10月10日閲覧。 『終末』、『マンガ専門学校伝説 ハリケーン準』、『スケバン探偵』、『恋のラブソングを君に』。 原作では前後編になっているが、アニメ化されたのは前編である。 そのため、男子トイレの精のその後はアニメ化されなかった。 予告編の一環としてアニメ化されている3巻41幕・8巻131幕・5巻特別編・5巻69幕・5巻75幕も一部使用している。 コミックナタリー 2015年6月16日. 2015年9月17日閲覧。 2015年9月17日閲覧。 コミックナタリー 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 コミックナタリー. 2016年2月19日. 2016年10月5日閲覧。 コミックナタリー. 2016年10月4日. 2016年10月5日閲覧。 ステージナタリー. 2016年11月14日. 2016年11月14日閲覧。 ステージナタリー. 2016年10月26日. 2016年10月26日閲覧。 外部リンク [ ]• (ジャンプスクエア内公式サイト)• - (2018年6月26日アーカイブ分)• - (2017年10月12日アーカイブ分)• - (2018年6月26日アーカイブ分)• - (2017年10月12日アーカイブ分)• (バンダイビジュアル公式サイト)• 5,12• シリーズ 6,13• シリーズ 5,13• シリーズ 5,13• 6,12• 6,13• 5,8,13• 5,12• 5,12• シリーズ 5,12• 5,7,13,21• 5,12• 5,12• 5,13• 5,12• 5,12• 5,13• 5,13,15• 5,13• 5,13• 5,13• 5,7,13• 5,7,15,19,20• 5,12• 5,11,15,18,19• 5,7,13• シリーズ 5,11,12,15,16,18• 2,5,22• 5,7,13• 5,7,12,15,18,23 関連人物• 1:より移動。 2:共同製作。 3:YTE共同製作。 4:共同製作。 5:YTE製作。 6:YTE協力。 7:共同製作。 8:共同製作。 9:・・・・共同製作。 10:共同製作。 11:共同製作。 12:読売テレビ含む近畿圏では未放送。 13:近畿圏ではで放送。 14:『』レーベル作品。 15:共同製作。 16:共同製作。 17:共同製作。 18:共同製作。 19:共同製作。 近畿圏ではで放送。 20:共同製作。 21:メ~テレ企画協力。 22:共同製作。 近畿圏ではで放送。 23:共同製作。

次の