ホームラン カレー。 カレーの市民アルバ

【最新】ホームランカレーのクーポン&ポイント還元キャンペーンでお得に注文する方法まとめ

ホームラン カレー

最近評判の金沢カレーの店の一つです。 実は金沢カレーは金沢で田中さんいう方が経営していた喫茶店のカレーが初代で、その店からのれん分けのように広がっていったカレーです。 現在では野々市が本店のチャンピオンが有名ですが、金沢のターバンや白山市のキッチンユキ等と並んで初代のところで修行していた方が開いた店がアルバです。 知名度で有名なゴーゴーカレーはターバンで修行した後発点ですが、松井秀喜を表に出したマーケティングが功を奏しました。 他の金沢カレーと比較して色が黒くとろみが少ないことが特徴ですが、(キッチンユキはこの店に近い)ステンレスの皿やキャベツを添えるなど金沢カレーを踏襲しています。 本店は小松駅から徒歩10分程の小松グランドホテルの前にありますが、最近小松駅に支店を出店したので駅構内で食べることが出来ます。 ここの売りは何と言っても満塁ホームランカレーでトンカツ・ハンバーグ・ウインナー・コロッケがのったボリューム満点のカレーで普通の人なら十分おなかがふくれます。 小食の人ならご飯が少ないレディース満塁ホームランカレーもあります。 4つの中ではコロッケがクリームコロッケで絶品です。 コロッケカレーでコロッケを食べる価値はありますので、一度このクリームコロッケを食べてみてください。 能美市のウルトラマンスタジアムのある手取フィッシュランド内にも出店していますが、残念ながらこの店では絶品のクリームコロッケは提供していませんが、カレー自体は本店の味なので、ウルトラマンに興味のある方はご一緒にどうぞ。 値段もリーズナブル(店によって違うようですが満塁ホームランカレーでも900円~950円程度)なのでぜひ一度お試しください。 なお、県内にはもちろん東京等県外にも支店があるようなので興味のある方はホームページでご確認ください。

次の

ホームランカレー(大和市大和東)|エキテン

ホームラン カレー

金沢市民のソウルフード『金沢カレー』。 特徴はドロ。 ドロッドロ。 流度感を完全無視したドロドロルーが最大の特徴です。 そんな金沢カレー、市内いろんなお店が提供しているのですが、中でも最もメジャーなのが「チャンピオンカレー」と「ゴーゴーカレー」の二強。 チャンピオンカレーについてはしています。 ゴーゴーカレーはまたいずれ。 今回はその二強を追従するお店のひとつ、「カレーの市民アルバ」をレポートします。 アルバのルーツは洋風料理。 創業者の今度忠さんは、ヨーロッパで2年の料理修行をした経歴を持ちます。 その修行経験を生かして開発されたのが、現在提供されているアルバカレーなのです。 シチューをベースとし野菜と肉のコク味で構成された、まろやかなスタイルです。 店舗は県内外数店舗あるのですが、今回はその中から鳴和店を訪問。 ここは元メジャーリーガーの松井秀喜が通ったと言われているお店です。 彼の母校である星稜高校まではここから車で数分、チャリでも5分くらいですかね? 野球の練習でぺこぺこになったお腹を、ここのカレーを食べて満たしたのでしょう。 ライス大盛りにして。 食べたおします。 ルーはどろんどろん。 もっそりごっそりまったり。 を読むと「やや粘度が低い」なんて書いてあるけど、あんなのウソ!ウソ! どろどろのんめ~り、です。 味も重々。 ずしーーずしーーと沈み込んでくるような重度感。 スパイスでビシビシと動的に攻めてくるタイプではなく、厚みでごってりと力任せに押し込んでくるタイプ。 マッチョムキムキ!です。 辛さはさほどでもなく、まろやかさが主体。 ド濃いうま味が白いごはんにずし~んと乗っかって、そのまま胃袋にずんずんと積み上がっていく。 そんな食味です。 トッピングはトンカツ、ハンバーグ、ソーセージ、コロッケ。 なんでもこの4つを野球の4つのベースに見立てているから「満塁」ホームランカレー、なんだそうで。 ちょっと順を追って食ってみましょう。 一塁(なのか?)のソーセージはザ・昭和な真っ赤っかソーセージ。 熱くて凝縮した肉の味がどばっと滴る。 二塁(なのか?)のコロッケはクリームコロッケ。 サクサク衣の中からとろ~り甘いクリームが流れ出し、ルーの重度感をソフトに包む。 三塁(なのか?)のハンバーグは香ばしさ満点。 じゅんわり湧き出す重厚な肉のうま味が、どどろんどどろんルーのヘビー感をさらに盛り上げる。 ホームベース(なのか?)のトンカツは厚み薄々、だけど肉の味は豊潤。 豚らしい脂べっちゃりなエキスをジューシーにしみ出し、ぎっとりと口の中を埋める。 ガッツンガッツン食べ進んで。 お腹もりもりに膨らませて。 カキーン!と一発ぶっぱなした、迫力満点の豪快カレーでした。 これでわたしも。 [参考] ・満塁ホームランカレー:980円 ・ライス大盛:120円.

次の

【石川グルメ】デッカイ! 松井秀喜さんが足繁く通ったカレー屋さんで「満塁ホームランカレー」を食べてみた!! 金沢市『カレーの市民 アルバ』金沢鳴和店

ホームラン カレー

最近評判の金沢カレーの店の一つです。 実は金沢カレーは金沢で田中さんいう方が経営していた喫茶店のカレーが初代で、その店からのれん分けのように広がっていったカレーです。 現在では野々市が本店のチャンピオンが有名ですが、金沢のターバンや白山市のキッチンユキ等と並んで初代のところで修行していた方が開いた店がアルバです。 知名度で有名なゴーゴーカレーはターバンで修行した後発点ですが、松井秀喜を表に出したマーケティングが功を奏しました。 他の金沢カレーと比較して色が黒くとろみが少ないことが特徴ですが、(キッチンユキはこの店に近い)ステンレスの皿やキャベツを添えるなど金沢カレーを踏襲しています。 本店は小松駅から徒歩10分程の小松グランドホテルの前にありますが、最近小松駅に支店を出店したので駅構内で食べることが出来ます。 ここの売りは何と言っても満塁ホームランカレーでトンカツ・ハンバーグ・ウインナー・コロッケがのったボリューム満点のカレーで普通の人なら十分おなかがふくれます。 小食の人ならご飯が少ないレディース満塁ホームランカレーもあります。 4つの中ではコロッケがクリームコロッケで絶品です。 コロッケカレーでコロッケを食べる価値はありますので、一度このクリームコロッケを食べてみてください。 能美市のウルトラマンスタジアムのある手取フィッシュランド内にも出店していますが、残念ながらこの店では絶品のクリームコロッケは提供していませんが、カレー自体は本店の味なので、ウルトラマンに興味のある方はご一緒にどうぞ。 値段もリーズナブル(店によって違うようですが満塁ホームランカレーでも900円~950円程度)なのでぜひ一度お試しください。 なお、県内にはもちろん東京等県外にも支店があるようなので興味のある方はホームページでご確認ください。

次の