ワンピース サボ コアラ。 【トレクル】サボ&コアラ(スゴフェス限定)の評価【ワンピース トレジャークルーズ】

サボ(ONE PIECE)

ワンピース サボ コアラ

革命軍メンバーとトランプ• テリー・ギルテオ(革命軍基地の情報管制官)• バニー・ジョー(テキーラウルフにてロビンを救出した革命軍兵士) 以上がこれまでに確認されている革命軍のメンバーであるが、幹部とされる者にはトランプのモチーフが使われている。 「トランプ」、そして「革命」といえば トランプゲームの「大富豪」が思い浮かぶだろう。 さらに、 革命が起こった際には、「3」のカードが最も強くなるという点も重要であろう。 革命軍の「革命」がトランプゲームの「革命」を表しているとすれば、まさしく 世界の権力をひっくり返すようなものとなるだろう。 以下では、 今後革命軍に加入するであろう人物について考察する。 サボは革命軍として生きている!? ワンピース革命軍とサボの伏線 革命軍に加入しているであろう人物として一番可能性が高いのは、ゴア王国回想にて登場したルフィの義兄弟サボである。 天竜人に撃たれ死亡したとされているが サボが革命軍となって生きているという伏線が多箇所に見られる。 以下、その伏線を追っていこう。 シモツキ村で革命軍ドラゴンが助けた人物はサボ!? サボが天竜人に撃たれた日の夜、ドラゴンはゾロの故郷シモツキ村に怪我人を運んでいる(60巻589話)。 そのシーンが以下である。 イワンコフ「遅いじゃないのよドラゴン いつまで待たせチャブルの!!? 」 ドラゴン「すまん」 革命軍「おい手当てを急げ!! これはひどいぞ…!! 」(中略) ドラゴン「出航しよう バルティゴへ帰還する」 ワンピース60巻586話 このシーンで救出された人物がサボであるとすれば、革命軍の手当を受けた後、革命軍の本拠地バルティゴにて革命軍に加入していることが考えられる。 革命軍ドラゴンとサボの伏線 シモツキ村の描写によりサボ生存の可能性を示した。 その人物がサボであると確証できるものは描かれてはいないが、ゴア王国にてサボとドラゴンは言葉を交わしている。 以下がその会話である。 サボ「おれは貴族に生まれて恥ずかしい」 ドラゴン(とうとう子供にコレを言わせるのか…!!! ゴア王国!! ) ドラゴン「わかるとも おれもこの国に生まれた……!! 」 ワンピース60巻586話 この会話から 政府に強い反感を持ったサボがドラゴン率いる革命軍の思想に共感するであろうことが想像できる。 さらに注目すべきは、このサボとドラゴンの会話によく似たシーンがゴア王国編以前に描かれているのである。 それが「アラバスタ編」である。 アラバスタ編といえば、国王への不信から国中を巻き込む反乱が起こり国王軍対反乱軍の戦いが印象的に描かれた。 以下はその反乱軍のリーダー コーザと国王コブラの回想シーンである。 コブラ「……この国は好きか?」 コーザ「…うん 生まれた国だ!! 」 コブラ「私もだ」 ワンピース18巻164話 「国が好きだ」と答えるコーザとコブラに対して、 生まれた国を愛せないサボとドラゴンが対比されている。 また、同じ回想で王女ビビとコーザがケンカし、コーザの父トトが泣きながらコブラに謝罪するシーンが描かれた(18巻163話)。 サボの回想シーンでも王族とケンカをしたサボの母親が泣きながら謝罪するシーンがあり(60巻585話)、 やはりサボとコーザの対応は意図的に描かれているのである。 尾田 栄一郎「ONE PIECE」63巻622話/集英社 さらに、コアラは「フィッシャー・タイガー」と接点を持ち、「魚+虎=鯱(しゃちほこ)」で名古屋、名古屋とコアラの連想から中日ドラゴンズのマスコットドアラ、ドラゴンといえば革命軍という連想からくる伏線も敷かれている。 この中日ドラゴンズ登場の理由は尾田先生の尊敬する「ドラゴンボール」作者鳥山先生が名古屋出身の中日ドラゴンズファンであるためであり、 革命軍には鳥山先生を連想させるモチーフが多用されていると考察した。 追記:シャンディアの少女アイサと革命軍 過去の記事「【伏線検証】コアラは革命軍として再登場する?コアラに隠された伏線を探る!!」にてコアラの故郷にサボテンがあることからサボ革命軍加入の考察を取り上げたが、ドレスローザ編にてサボ、コアラが革命軍として登場したため、以下の考察を追加しておく。 コアラの故郷の島にあった「サボテン」からサボとの関係を考察したが、実はこの回想編にはもう一つのヒントが隠されている。 それはコアラを故郷まで送るよう頼んだ人物の描写である。 その人物はインディアン風の羽の飾りを頭につけており、インディアンをモデルとしたシャンディアを暗示しているのではないか。 つまり、 シャンディアからも革命軍に加入する人物がいるという伏線である。 シャンディアで可能性のある人物といえば「アイサ」が思い浮かぶが、そのアイサは44巻424話扉絵でダイヤ模様の入ったワンピースを着ている。 魚人島編の回想ではコアラもダイヤのような模様のワンピースを着ていた。 コアラのワンピースのダイヤが革命軍ドラゴンの顔のタトゥーを暗示していたとすると、このアイサのワンピースもまたアイサの革命軍加入の伏線なのではないだろうか。 トラファルガー・ローに隠された革命軍加入の伏線 トラファルガー・ローと革命軍メンバーの接点 トラファルガー・ローはパンクハザード編突入以前に2人の革命軍メンバーと接触している。 1人はシャボンディ諸島にて対峙したバーソロミュー・くま(実際にはパシフィスタ)であったが、トラファルガー・ローはくまと面識がない様子であった。 また、頂上戦争後のルフィ救出の際、革命軍イワンコフとも会話しているが顔見知りであるような描写は見られない。 しかし、トラファルガー・ローと革命軍には多数の伏線が張られているのである。 この時点でトラファルガー・ローが革命軍メンバーでないとすれば、 今後、革命軍に加入するという可能性がある。 その伏線を読み解いて行こう。 革命軍トラファルガー・ローと「鳥山先生」のイメージ 鳥山先生と革命軍との関連はコアラの伏線で見た通りである。 実はトラファルガー・ローにもこの伏線が見られるのである。 トラファルガー・ロー率いる「ハートの海賊団」のうち名前が分かっているのはロー以外に4人であり、喋る白クマの航海士ベポ、シャボンディ諸島で奴隷から解放されたジャンパール、62巻SBSで明かされた「シャチ」と「ペンギン」である。 SBSでさらりと明かされた 「シャチ」と「ペンギン」の名が重要である。 「シャチ」とは漢字で「鯱」であり、先ほどのコアラと同様に鳥山先生の出身地名古屋と関係し、「ペンギン」とは鳥山先生の代表作「Dr. スランプ」の舞台「ペンギン村」と関係している。 コアラと同様に トラファルガー・ローもまた革命軍と深い関係があると予想される。 そう考えるとシャボンディ諸島で天竜人の奴隷であったジャンパールを解放するといった謎の行動も奴隷解放に関わる革命軍との関係をにおわせる描写であるかもしれない。 トラファルガー・ローと元革命軍バーソロミュー・くま また、先に見たバーソロミュー・くまとトラファルガー・ローには外見的な共通点が数多く見られることは重要であろう。 帽子とズボンの柄が似ていることは有名であるが、バーソロミュー・くまが手に持つ聖書とローの刀の鞘に描かれた十字架もキリスト教繋がりと言えるだろう。 このことは、コアラとロビンの例のようにバーソロミュー・くまとトラファルガー・ローが後々関わりを持つことの伏線であると考えられる。 ベガパンクの改造によって「人格」を失ったバーソロミュー・くまと、パンクハザードで見せた「人格」を入れ替える能力を持つトラファルガー・ロー。 キーワードはこの「人格」であるだろうか。 追記:コラソンとトラファルガー・ローと革命軍(2014. 30) コラソンと革命軍の関係 ドレスローザ編に入り、新たな革命軍との繋がりが予想される人物が登場した。 それがトラファルガー・ローの回想に登場したコラソンである。 最新話にてドンキホーテファミリーの幹部であるコラソンが実は海兵であったことが明かされ、センゴクとの電伝虫による会話が描かれているのだが、ここに気になるワードが登場しているのである。 センゴク「『お・か・き』〜!! 」 コラソン「『あられ』おれです」 センゴク「ロシナンテ!! 久しぶりだな心配したぞ おいガープ貴様ちょっと出てけ!! 」 ガープ「何じゃ今せんべい持って来たトコじゃろ茶を出せ」 ワンピース765話 「あられ」「せんべい」とくれば、トラファルガー・ローの「ハートの海賊団」とも関係する「Dr. スランプ」のアラレちゃんとせんべい博士を意識していることは明らかであろう。 この「革命軍と鳥山先生モチーフ説」が正しいとすれば、 コラソンもまた革命軍と何らかの関わりがあると考えられる。 コラソンのメイクがが革命軍イワンコフと似ていることとも合わせて、トラファルガー・ローとコラソンと革命軍の関係から目が離せない展開である。 青雉クザンと革命軍の関係 さらに765話にてガープが「おおクザン せんべえ一緒に食わんか!! 」と青雉にまでも話を振っているのも気になるところである。 青キジといえば海軍を辞めて以降の動向が不明であり、革命軍と関係している可能性は十分にある。 なぜなら海軍を辞めてから お供につけているのは超ペンギンの「キャメル」。 ローの考察で見た通りDr. スランプとの関係が見られるのである。 革命軍と扉絵の考察は移動しました。 名前が動物ですし、ガープが革命軍ならばコングの可能性も上がってくるんじゃないでしょうか。 コングが革命軍、または革命軍の考えに同調しているならば革命軍リーダーの父であるガープが海軍から追放されないのも納得できますし、青キジはその二人のツテで革命軍に入るのも容易でしょう 二人目は、女帝ボア・ハンコックです。 同じく名前に ボア=大蛇 動物の名がはいってます 七武海動物の名前説より ハンコックはフィッシャー・タイガーに大恩があるというコアラとの共通点もありますしなにより革命軍リーダーは大好きなルフィの父にあたります 白ひげ海賊団の残党が全員で革命軍に集団加入している可能性もありますね 船長もナワバリも失い、海賊を辞めてもおかしくないですし、海軍に入るわけもありませんし、そうなると革命軍に入ってもおかしくありません。 もしかしたらエースの意志を継いでいる、サボの方から、彼らに手を差し伸べたのかもしれません。 サボはエースを失った彼らの悲しみの一番 ルフィと並んで の理解者ですし… 青キジがもし革命軍なら青キジのツテで入った可能性もあります。 革命軍が海軍と海賊に並ぶ第三勢力であるなら、海賊と海軍に比べその力の差は歴然としていますし、頂上戦争のあと海賊は、黒ひげが勢力拡大してたりレベル6の囚人が大量脱獄したり これは戦争前ですが 七武海が海賊に戻ったりして、海軍は世界徴兵で新体制を作り、その差は圧倒的にひらいています。 革命軍幹部が猛者ぞろいだとしても… 海軍と海賊に並ぶほどになるためには、青キジやガープ、ハンコックに白ひげ海賊団を引き入れるくらいはしないと対抗できないのでは… やはり革命を成功させるためには、「思想」だけでなく「力」が必要になってくると思いますし この二年のあいだ、ロビンは革命軍にいたわけですし、青キジが革命軍に入ってる可能性は確かに高いと思います。 青キジはロビン大好きストーカー男なのでw 青キジなら、革命軍幹部だったくまが革命軍のもとにロビンを飛ばしたことは容易に想像がついたでしょうし。 そしてこの二年のあいだに青キジや白ひげ海賊団やほかに有名人が革命軍に入っているなら、ロビンはそのことを知っていることになりますね。 バージェスと黒ひげの会話から、おそらく青キジは黒ひげ海賊団に入ったと思われるので、革命軍のスパイとして潜入したのでしょうか。 コラソンももし革命軍だったのなら、コラソンもドフラミンゴファミリーに革命軍のスパイとしていたわけなので、似たものを感じますね コラソンも青キジもおそらく革命軍でしょう。 何回もすいませんw コラソンが革命軍なら、 ローが何度も言っている「コラソンの本懐」というのは、革命軍の本懐になってきますね ローはおそらくコラソンの本懐はドレスローザを救うことだと思って今ドフラミンゴに立ち向かってるのでしょうが、コラソンはドレスローザを救うためだけに革命軍に入ったわけじゃないと思いますし、コラソンの本懐は、やはり革命軍の本懐である、世界をひっくりかえす、革命だと思います。 サボとコアラが革命軍に入ったのは12年前 コアラは12年前とは限らないがそれよりも前ではないのは確定なので 、コラソンが殺されたのは13年前なので、残念ながらサボとコアラはコラソンとの直接のつながりはありません。 でも、ハックはコラソンと同じ時期に革命軍にいた可能性があります。 もしかしたらそのハックの口から、ローに、コラソンが革命軍だった事実が伝えられるのではないでしょうか。 そのために今回ハックがいるような気がします。 やはりガープ、そしておつるもそしてサウロも!実は革命軍だった、というパターンじゃないでしょうか。 0話からわかるとおりガープとおつると青キジとサウロは20年以上前からの親しい仲であることがわかってます。 もともと彼らは革命軍とかかわりがあったんじゃないでしょうか。 だとしたら、コラソンが革命軍のスパイでドンキホーテファミリーに潜入していたのも知ってたと思いますし、だから黒ひげのもとに革命軍のスパイとして潜入したというのもうなずけます。 そしてサウロですが、彼はあのバスターコール以降、革命軍のもとにおり、この二年のあいだにロビンとの再会も果たしてるんじゃないでしょうか。 そうあってほしいです。 なぜ大業物21工のひとつである和道一文字のようなレアな代物がこの一心道場にあったのか 2. やはりゾロの才能を見抜き鍛え上げた腕は生半可なものじゃない 3. 12年前ドラゴンたちがサボを拾いバルティゴへ出航するとき、道場の描写、こどもの頃のゾロでほぼ間違いないと見られる少年が岩を「580…581…」と持ち上げ鍛えてる描写 なのでこの道場は一心道場でほぼ間違いない 、革命軍部下の 食糧を「村の道場で恵んで貰いました」という会話 つまりこの時点ではコウシロウは革命軍ではないということになるが、このとき革命軍と縁ができこの12年の間に革命軍入りしたのではないかということ 4. これはただルフィの次に強いから、ということではなく同じ幹部のコウシロウの愛弟子だからその腕を見たかったんじゃないだろうか… やけにゾロの言うことを受け入れるし、最後に「いい仲間を持ってる さすがは…あんたの息子だな…ドラゴン」というのはそういう意味も含まれているんじゃなかろうか そしてなぜくまがゾロがコウシロウの愛弟子と分かったかというとゾロがコウシロウがもってたはずの和道一文字をもっていたからだろう 5. 可能性も出てくる。 というかその可能性がかなり高く私は思えてくる。 つまり! くまは、和道一文字でゾロが革命軍幹部であるコウシロウの弟子であることに気づきはしたが、実はサンジも、同じく革命軍幹部であるゼフの弟子だとまでは気づかなかった、というパターンではなかろうか。 とは言うものの、やはり、もしこの二人が革命軍幹部なら、のんびりと何やってんだ、という話である。 なので、革命軍とコウシロウ、ゼフの関係は、ロジャー海賊団とクロッカスのような関係ではなかろうか。 つまり、一時期だけ革命軍と行動をともにしたことがある、ということである。 そしてコウシロウとゼフは顔見知りなのではなかろうか。 個人的にはこの二人が革命軍幹部であってほしい。 しかしまあ確かに、実はこの人も革命軍?!みたいなことを考えるのは楽しいですが誰でもかれでも革命軍に入っちゃうのはいやですよね サボとコアラの希少価値が下がるというかなんというか、この二人の革命軍入りまでの流れがあまりに出来がよすぎるだけに… わたしが言っているのもあくまで可能性を言っているだけで願望じゃないですからね…ぶっちゃけ白ひげ海賊団残党や青キジやガープは革命軍とは無関係であってほしいです。 でも逆にコラソンとサウロとコウシロウは革命軍であってほしいです。 そしてアイサとハンコックは革命軍入りしてほしいです。 というのが本音ですw コウシロウの革命軍もあり得ると思いますよ ワンピース総集編の最後には3ページ程のショートストーリー(オリジナルストーリー)が載っています 総集編THE 14TH LOGのショートストーリーは「江戸サリバンショー」 あらすじは サリバン合衆国の黒船が江戸に来航、司令官は江戸の将軍の好物がお肉である事を知り、肉を餌に開国を迫る しかしその肉は貧しい農民達に分け与えようとする大盗賊によって盗まれてしまう この大盗賊は江戸の侍によって捕まってしまう 貧しい農民達は厳しい年貢への抗議とこの弱者の味方である大盗賊を助けるため一揆を起こす が、途中で大盗賊の落とした大量の肉を発見、同時期に情報を得た将軍や侍と入り乱れ、肉を食べながら宴会を繰り広げる というもの ここで「貧しい農民達」は革命軍の対応として描かれています そしてそのリーダーはゾロです 後ろにはコーザ、ドラゴン、イワンコフ、イナズマが描かれています ですので、ゾロが革命軍と何かしらの関わりがあるいう推測ができます 和道一文字はもともとドラゴンのものであったという可能性はないですか? このショートストーリーではゾロとドラゴンが同じ「竹ヤリ」を武器として持っています つまり二人は同じものを手にしたと ちなみに侍はフランキーです フランキーは貧しい農民達(革命軍)のものである「お肉」を食べました これは革命軍くまの ニキュニキュの実を食べるという伏線ではないでしょうか.

次の

【ワンピース】サボを考察!メラメラの強さやコアラとの今後まで詳しく

ワンピース サボ コアラ

作中では、ドンキホーテ海賊団の下っ端たちを一蹴する姿が描写されているほど、実力はあるようです。 そんなコアラの声を演じる声優は、 ゆきのさつきさん。 お姉さんキャラに定評があるゆきのさつきさんが演じているからこそ、コアラもかわいいと愛されるキャラクターになったのですね。 2.ワンピース「コアラ」と「サボ」が仲良しでほっこり!今後の二人の関係は? コアラと言えばサボ! と結び付けてもおかしくないくらい、コアラとサボは仲良しです。 作中では、 お揃いの洋服を着用していたり、電伝虫で頻繁に連絡を取っていたりと、仲良しっぷりが描かれています。 そんなコアラとサボの関係が気になるという方も少なくないはず。 結論から言うと、 コアラとサボが夫婦や恋人である可能性は低いです。 ワンピースでは恋愛が描かれませんし、今までも仲間同士が恋人になったり夫婦になったりという展開は描かれていません。 この過去の共通点が、二人の心を固く結びつけているのかもしれません。 きっと同じ境遇の相手と一緒にいることで、苦しみを分かち合っているのでしょう。 ワンピースでは恋愛物が描かれないとは言え、 新世界編ではサンジとプリンの微妙な関係性 結婚するのかしないのかの関係性 が描かれた経緯があります。 なので、今後コアラとサボが結婚するというのも否定できません。 ただ、尾田栄一郎先生が スポンサーリンク と実際に言っているので、コアラとサボが結婚するとしても細かくは描写されないでしょう。 あるとしたら、 何年後かにコロっと結婚していて子供もできていた、みたいな流れだと予想しています。 3.ワンピース「コアラ」と「ロビン」ってどんな関係? コアラとサボが仲良しなのは、同じ革命軍ということもあり分かるのですが、コアラには他にも仲良しなキャラクターがいます。 ワンピースの745話では、コアラがロビンに 「ロビンさーん!!」と言って抱き着いているシーンが公開されていました。 この一コマを見てびっくりした方も多いのではないでしょうか? コアラとロビンは一体どんな関係なのか…深掘りしていきます。 ここで麦わら海賊団の一味たちがバーソロミュー・くまによってバラバラの地へ飛ばされてしまったのは皆さんの記憶にも新しいはず。 テキーラウルフでは奴隷として働かされていたロビンでしたが、 革命軍に救われ、拠点であるバルティゴで2年間を過ごしていた経緯があります。 ここで、コアラと出会い、2年間の月日を共にしたのです。 そんなロビンがコアラに対して凄くフレンドリーに接していたので、驚いた方も少なくないのではないでしょうか? ロビンもコアラに対して心を許しているような描写でしたしね。 コアラは天竜人の元奴隷として幼い頃から働かされていた過去があり、ロビンは幼い頃から世界政府に追われ続け悲しい過去を過ごしてきた人物です。 同じ過去や痛みを持つからこそ、2年という短い期間でも心を許せる存在になれたのでしょう。 4.ワンピース「コアラ」の過去が壮絶すぎる! 上記でもお伝えした通り、コアラには 壮絶な過去があります。 ワンピースには、幼い頃に可哀想な過去を経験しているようなキャラクターがたくさんいますが、中でもコアラには壮絶な過去があるのです。 実はコアラが初登場したのは魚人島編におけるフィッシャー・タイガーの12年前の過去編で、当時11歳の幼さで奴隷として働かされていたのです。 上記の画像を見て分かる通り、天竜人からはかなり酷い扱いを受けていたのが伺えます。 「何があっても 泣きませんから 殺さないでください」 と言っているので、泣いたら怒られたり殴られたりするような仕打ちを受けていたのでしょう。 泣いた奴隷が目の前で殺されたのを見てきた…というのも考えられますね。 上記の画像はコアラとタイガーの名シーンと言っても過言ではありませんね。 コアラにとって、魚人たちとの出会いはこの後の人生を前向きに変える分岐点となったでしょう。 そして、タイガー率いるタイヨウ海賊団によってコアラは故郷へと送り届けられました。 コアラが現在も「魚人空手師範代」としての肩書を背負って生きているのは、魚人に対する様々な思いがあるからなのでしょう。 5.まとめ 今回は、 コアラの壮絶すぎる過去や、 サボやロビンとの関係について深堀りしていきました。 革命軍の一員ということもあり、今後再登場の可能性は高いでしょう。 尾田先生も 「コアラはとても意味のあるキャラクターです」と語っているので、これらの活躍も期待できそうです!.

次の

【トレクル】サボ&コアラ(スゴフェス限定)の評価【ワンピース トレジャークルーズ】

ワンピース サボ コアラ

ワンピースに革命軍?のサボが登場!今後の展開は? いやー、この段階でサボ(らしき人物)が登場してくるとは、 予想していなかっただけにビックリです。 でも、今にして思えば、このドレスローザ編で サボが登場しそうな伏線もあったんですね。 まずは、サボについて、これまでの情報をおさらい。 サボ 出身:ゴア王国(貴族の長男)• 貴族として生きることを嫌い、家出してグレー・ターミナルに住み着く• そこで、親友エースと共に、海賊になるための資金を貯める• ダダンに預けられたルフィと出会う• エース・サボ・ルフィで義兄弟の盃をかわす• 父親に無理やり家に戻された時に、グレー・ターミナルの火事事件が起きる• 腐り切った社会に怒り、ルフィの父・ドラゴンに涙ながらに訴える• 天竜人がゴア王国に視察に来る日、海賊としての船出を決意• しかし、天竜人に砲撃され撃沈 天竜人の一件を伝え聞いたエースとルフィは、 サボが死んだと思い、悲しみに暮れていました。 しかし、第589話では、革命軍のドラゴンが、船に乗り込む時に。 「おい、手当てを急げ!!」「これはひどいぞ…!!」 というシーンが描かれ、サボは生きているのではないか、と噂されるように。 そのことを裏付ける大きな伏線が、 白ひげとエースの死後、二人の墓が扉絵に出てきた時に描かれました。 (68巻668話) それが、731話のラストカットで描かれた、 エースの墓に供えられた3つの盃。 義兄弟の契りを交わしたことは、 エースとサボとルフィの3人しか知りません。 エースが死に、ルフィはレイリーと無人島で2年間修行していたため、 あとは、サボしかいない。 その後は、サボが今、どうなったのか、色々と憶測が飛びました。 トラファルガー・ローがサボではないか? という説も盛り上がりましたね。 そうした中、革命軍のドラゴンに助けれた可能性が高いので、 やはり革命軍の幹部ではないか? という説が有力視されていました。 ただ、サボは海賊になることを決意していたので、 本当に革命軍だろうか?という懐疑的な声もあったんです。 サボが革命軍の魚人空手師範代「コアラ」と共に再登場 そうした中、今回、ドレスローザ編で再登場したサボですが、 同じく再登場した革命軍のコアラと会話をしているところを見ると、 やはり革命軍として生きてきたということになりますね。 この コアラという人物。 覚えてますか? 私も最初は、スルーしかけたんですが、あれ?ちょっと待てよと。 コアラは、魚人島編で「 タイヨウの海賊団」の過去編(63巻)で出てきた少女です。 タイヨウの海賊団の船長フィッシャー・タイガーが マリージョアを襲い、奴隷を解放した時に逃げた少女で、 その後、タイガーの船に乗ることなり、一緒に旅をしました。 コアラは天竜人の奴隷として暮らす中で、 生きるために、終始、顔だけ笑っている心に傷を負った少女でした。 コアラは、タイヨウの海賊団によって、 無事、故郷に届られましたが、 タイガーは、そこで待ち構えていた海軍の襲撃にあい瀕死に。 輸血が必要でしたが、タイガーの血は特殊な型で、船員には同じ型がいない。 この話は詳しくすると、長くなるので、ここでは簡単に済ませます。 その後、タイガーたちタイヨウの海賊団が助けたコアラが成長し、 革命軍として、さらに魚人空手の師範代として再登場した、という訳なんです。 サボの今後は?メラメラの実は誰の手に? さて、ルフィと感動の再開を果たしたサボですが、 ローの救出に向かったルフィーに変わり、 コロシアムでの大会に出場する方向になりましたね。 エースのメラメラの実は、義兄弟であるサボが勝ち取るのでしょうか? 決勝には、黒ひげ海賊団の一番船船長のジーザス・バージェスもいるし、 ドフラミンゴが信頼するファミリーの幹部・ディアマンテも控えています。 果たして、サボの戦闘シーンは描かれるんでしょうか? 次回、サボがどんな成長をしているのか想像してみます。

次の