霜鳥 まき子。 楽天ブックス: 洋服で得する人、損する人

気をつけたい!ヒールを履くときのダメな歩き方【世直しスタイリストのダメ出しおしゃれ塾】

霜鳥 まき子

こちらが霜鳥まき子さんのオフィスです。 そして、 「人生を変えるクローゼット整理」 「 洋服で得する人損する人の服の着方 など書籍も多数出版。 リンク 晩夏物が狙い目 霜鳥さんによると、 9月この時期ならではお買い物は、 晩夏物がおすすめ。 晩夏物とは、 8~9月にかけての新作、シーズン最初の秋冬物のことで、 メーカーによっては、 お試しのトライアル商品なので、秋物よりは少し安いのが特徴。 ラカグ シャツワンピース 11000円 このワンピースも本格的な秋冬モノよりは2~3割お安めなのだそう。 失敗しない試着室でのチェック方法とは? 失敗ケース1:試着室では膝下だったのに家では膝上? これは合わせる靴によって、着丈が若干変わるために起こる失敗例。 スカートを試着する場合は、 スカート用の靴を履いて行くのがポイント。 スカートを試着するのに、 パンツ用のフラットシューズだと長めになってしまうのです。 最近のスカートは、 くびれでは着こなすデザインが多いため、 腰穿きに慣れている40代以上の人は要注意。 スカートを試着するときは、 一番細いウエスト部分にスカートを合わせるのがポイント。 これを間違うと、 狭い試着室ではそれなりに見えても、実際には体型とデザインが合ってないということが起こり得るのです。 スマホで自撮りをして客観視してみると、 似合うかどうかが一目瞭然。 自撮りのポイントは、 試着室から出て全身が入るように撮ること。 このときスマホが前に傾くと足が短く写ってしまうので、水平になるように。 返品理由は、 ・サイズ間違い ・色のイメージが違った など。 通販でサイズ間違いを防ぐには? 大手の通販サイトでは実際の商品サイズ(実寸)が明記されているところが多く、 ウエスト、ヒップ、股下、前股上、わたり幅、裾幅などが把握できます。 一方お店で販売されているタグのサイズ表記は、 ヌードサイズがほとんど。 36号 ウエスト60 ヒップ84 など。 このヌードサイズと実寸を混同することで、サイズ間違いをしてしまうことが多いということ。 特に失敗しがちなのがパンツサイズ。 股上深めと浅めのローライズでは、ウエストの実寸が大きく異なります。 MAGASEEKさんおすすめのサイズチェックは、 自分に一番フィットしている服のサイズを測り、実寸表記と比べること。 パンツなら、ウエストと股上の長さ。 シャツなら、後ろ襟の中心から袖口までの長さ(裄丈)。 袖丈だけ測っても、 デザインによっては肩の幅が大きく異なるため、裄丈でチェックするのが正しい測り方だそうですよ。 同じ9号でも、 メーカーに寄ってサイズはまちまちなので、ひと手間が必要なんですね。 通販で色のイメージ違いが多いのはなぜ? 通販サイトでは、 実物の色に近くなるよう調整して掲載していても、見る側のブラウザの環境に寄って見え方は様々。 一番失敗しやすい色味は、 カーキ・ベージュ・パステルカラーなど。 なので買うときはある程度覚悟が必要だそうです。 あとネイビーもイメージ違いが起こりやすいですよね。 明るめネイビーだと思って購入したら、濃紺だったとか。 色選びはギャンブル的要素があるかも。 買ったのに着ないを防ぐには? 自分へのご褒美にと買った洋服の数々。 数回着ただけでクローゼットに眠っているってことも多いですよね。 洋服を買うときは、 テンションが上がっているため勢いで買ってしまいがち。 洋服を買うときは、 一回あたりのコストを計算すると冷静になれるそうです。 例えば6000円で購入したスカートを1度しかはいてない場合、 一回あたりのコストは6000円。 女性が元を取れたと感じるのは、 一回あたりのコストが1000円以下が多いそう。 具体的数字にしてみると、 1回1000円でも高い気がしますが、 買うときには、 この服を何回着るのかを考えるがポイント。 すごく不思議ですよね。 私の日常ですが、 同じような方いますよね。 Sponsored Links 悩まない&なりたい自分になれるクローゼット あさイチのテーマは 「失敗しない服の買い方」ですが、 服を買う前に必要なのは、 自分が持っている服を把握すること。 霜鳥まき子さんのクローゼット整理術は、 すべての服をクローゼットから出すことから始まります。 なので体力のある時以外は出来ないかも。 クローゼットから服をすべて出す(スカーフなどの小物も) 2. アイテム別に分ける 3. それぞれのアイテムの量を把握する この段階で、 何が多くて何が少ないのかを把握します。 多いアイテムは、 ついつい買ってしまう傾向にあるなど、ショッピングの偏りも見えてきます。 「よく着る」「あまり着ない」「今は着られない」の3つのカテゴリに分ける。 「今は着られない」は、 太ってしまってサイズが小さいなど。 「あまり着ない」「今は着られない」のカテゴリから処分する服をチョイスする。 これが難しいという人は多いと思いますが、 ・痩せたら着る予定(何年後?) ・着心地が悪い、デザインが似合わない、もっさり見える などの理由をつけて思い切ることが大事。 一着ずつ着て、スマホで撮影する これがメチャメチャ疲れる作業だと思いますが、 着て鏡に写すだけじゃダメ。 写真に撮ることで、 自分の目線ではなく、第三者の目線で似合うかどうかを判断出来るからなのです。 なので、あまり近距離よりも、 少し離れて撮れるならそのほうが良いかも。 できれば誰かに撮ってもらうのが良いのでしょうが、 すべての服を着て撮影するのに付き合ってくれる人いる? 5着しかやってませんが、 これやってみてわかったのは、 自分では無難だと思っていた組み合わせが、激しくおばちゃんに見えたこと。 (ショック!) ところが、部屋に新聞紙を重ねて敷いて、 靴も組み合わせて撮影してみると、 合わせる靴によってはそうでもなかったり。 ともかくヒップを隠せば無難と思っていたのが、逆にもっさり見えていたり、 足が太く見えるスカート丈、パンツ丈がわかったり、 バッグなんかも、 お気に入りの大きめバッグがだらしなく見えるなど、色々発見がありました。 必要な服の量って? クローゼットの着ない服を処分するといっても、 余計に着る服が無くなりそうで心配ですよね。 いったいどのくらいあればファッション難民にならずに済むのかというと、 春夏秋冬、それぞれの季節に20着あれば十分なのだそうです。 靴も8足のなかに、 ブーツ、パンプス、サンダルなど含まれ、 バッグ5~6個の中には、 冠婚葬祭のバッグも含まれます。 これらは、人それぞれ必要な量があると思うので、絶対この数ってことはないとは思いますが。 かなり少ないですよね~。 何だかすごく心細い数ですね。 でも気に入らない&着ない服が無くなるってことは、 お気に入りの服&似合う服ばかりになるってこと。 考えてみると、 スタイリングがしやすくなりそうですよね。 霜鳥まき子さんにスタイリングしてもらえる? 実際に霜鳥まき子さんにスタイリングをしてもらうには、 または、 マンツーマン・プロフェッショナルマッチングサービスから、スタイリングチケットを購入できます。 気になるスタイリングサービスの料金ですが、 こちらにサービスごとの料金が明示されてます。 サービスメニューを見てみると、 美容院同行、 メイクレッスンなどもあるんですね。 トータルでスタイリングしてもらいたいな~。 出来れば、恥ずかしいけどクローゼットの中も全部見せてスタイリングしてほしいくらい。

次の

霜鳥 まき子

霜鳥 まき子

同行ショッピングで使った金額のまとめ 霜鳥さんにお支払いした金額 カウンセリング+カラー診断 21,600円 同行ショッピング 24,300円 合計 45,900円 買い物 洋服が8点 71,022円(バーゲン品含む) 靴が2足 19,548円(バーゲン品) 合計 90,570円 総合計 136,470円 同行ショッピングで得られたこと 同行ショッピングはあくまでもサービスを購入しています。 そのサービスから得られたことをまとめました。 私のクローゼットが幸せ服が増えたこと いままでのも幸せ服でしたが、40歳になり、体形・ライフスタイルの変化に伴い、すこしズレを感じていました。 服自体もボロボロになってきたので、買い替えたいけど、どんな服がいいか困っていたので、今回の洋服たちを購入できてほっとしています。 自分のこだわりや好きが再確認できたこと 提案してくれた服の中には正直言って、「うむむ。 これはないかな」というものがありました。 それは生地の素材だったり柄だったり。 細かいことですが、いままであえて選ばなかったのは私の中の何かが拒否していたんだと思います。 いくら似合うといわれても私自身が落ち着かないのであればやめたほうがいいというのが今の私の気持ちです。 鞄にしても、そう。 私がそれを身に付けた時に自分がどう見られたいのか、具体的なイメージがあったと再確認。 今まで無難服ばかりでそういう具体的イメージがあったとは思ってもみませんでした。 ショッピング同行で具体的イメージが認識できたことで、次の買い物にもつながってくるのだと思います。 自分では選ばないものを買うことができた いままで靴はなんにでも合うように黒一色でした。 今回、選んでいただいたのはグレーとベージュ。 すごく可愛くて、手持ちはもちろんですが買った洋服にも似合うなと思えた靴に出会えたのは最高の収穫でした! 同行ショッピング前に気を付けておきたいこと 自分の芯がないと提案してもらっても洋服が選べない たくさんの提案の中から、すべて買うというのもアリだけど、予算の中でというのがありますよね。 自分から、「こういうときに着たい」「こう見られたい」というのを霜鳥さんに伝えてはいますが、自分もしっかりとそこは抑えたおく必要があります。 提案されたから違和感があって買うことはせず、自分の意志を持つ。 私の場合はカバンがそうでしたが、いくら提案してもらってもゴメンナサイの勇気を持つことが大事だなと思いました。 やっぱりいつもと違う洋服を提案されるので、それを受け入れる勇気といや違うと断る勇気。 自分の中で「変わりたいと願う自分」と「自分とはチト違うんじゃないだろうか」というせめぎあい。 柔軟性とはまた少し違いますが、自分自身の芯は大事にしておきたいです。 今後の洋服選びをさてどうするか?という不安 今回はホント、素敵な洋服を選んでもらいましたが、さて、今後は?めっちゃ不安ですわ・・ ずっと、このサービスを受けるのか。 ポイントを絞って、多少は自分でも買うようにしていこうかなと思っています。 あとは財布と相談ですね。 最後のまとめ・今後について の「ノーナレジブン着せ替え」に出演されてから多忙でなかなか予約が取りずらいかもしれない。。 でも、評判がよくてリピーターさんも多いですし、人気の理由は受けてみるとわかると思います。 私自身、洋服は最小限の枚数に抑えたいと思っているので、お気に入りで着回しの可能な洋服たちが我が家に来てもらって本当にうれしいです。 たくさんの洋服があっても出番がほとんどないというのは悲しい。 ミニマリストほどではないですが、常にレギュラーの洋服ばかりになって、補欠ゼロ!笑 本当にクローゼットをみて、一安心しています。 サービスの値段だけみると高い・・・と思いましたが、実際に利用してみると、費用対効果は高いです。 払っただけの価値はありました。

次の

「地味な黒コーデ」を素敵に着こなすワザ教えます♡【世直しスタイリスト・霜鳥まき子が教える!得する黒・損する黒】

霜鳥 まき子

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 高級なのにみすぼらしく見える。 トレンドなのに老けて見える。 買ったばかりなのにだらしなく見える。 ブランド品なのに太って見える…「なぜか、うまくいかない」のはその「不幸服」のせい! 【目次】(「BOOK」データベースより) 1 「不幸服」を手放すと得をする(1年は365日しかありません/手放すことで、クローゼットは潤う ほか)/2 「幸せ服」が引き寄せるお得な10のこと(笑顔に自信が持てる/身のこなしが美しくなる ほか)/3 「幸せ服」だけを着る生き方(戦略的に1週間をコーディネイトする/おしゃれは前日の夜、決まる ほか)/4 洋服のメンテナンスは自分のメンテナンス(「おしゃれ心」は思いやり/おしゃれな人はクローゼットも美しい ほか)/5 究極のお得な買い物(「買い替え」で自分スタイルを進化させる/「買い足し」の勝負は準備で決まる ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 霜鳥まき子(シモトリマキコ) パーソナルスタイリスト。 株式会社シモトリパーソナルスタイリングオフィス代表。 青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間勤める。 政近準子に師事。 2011年独立。 コーディネイトだけにとどまらず、クローゼットチェックからショッピング同行、美容院同行でトータルプロデュースを行っている。 雑誌などでも活躍。 プロのスタイリストがアドバイスするアプリ「STYLING ME」のサービスも。 ショップチャンネル内でオリジナルブランド「BLESS U(ブレスユー)」を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の