インスタフォロー中ユーザー読み込めない。 【2020年版】最大効果のインスタグラムのフォロワー増やし方はコレだ!!

【Instagram】アクティビティとは?表示期間はいつまで?

インスタフォロー中ユーザー読み込めない

ブラウザ版だと表示される 公式アプリではフォローしている人を確認することができなくても、 ブラウザ版のインスタにログインをすることで確認ができるようです。 早急に確認をする必要がある場合は、ブラウザ版にログインをしてみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では、アプリ版同様に投稿やプロフィールの確認や編集が行えます。 エフェクトなどの一部の機能は、アプリ版でないと利用できません。 フォローの確認は、右下の 「プロフィール」タブに切り替え、 「フォロー中」からアクセスできます。 アプリで確認できなくても、ご覧のように何事もなく確認が行えるようになっています。 ただし、インスタ全体でシステムエラー等のトラブルが発生している場合は、確認ができない場合があります。 システムエラー発生時は復旧するまで待機し、復旧後に再度お試しください。 アプリ版での対処法 すべての対処法を試しても改善しない場合は、運営による修正アップデートを待機しましょう。 アプリの再起動 アプリで不具合が確認される場合は、再起動を試してみましょう。 再起動によって解消されることがあります。 「設定」経由で確認してみる 通常、「プロフィール」ページからフォローを確認しますが、 「設定」にも同様にフォローリストを表示させることができます。 プロフィールページで確認することができない場合は、アプリ内の「設定」から確認してみてください。 「プライバシー設定」に進みましょう。 最下部に 「フォロー中のアカウント」項目が設けてあります。 この項目からプロフィール画面同様にフォローしているユーザーの確認が行えます。 アカウントの再ログイン アカウントに何らかの問題が生じていることも懸念されますので、一時的にアカウントのログアウトと再ログインを試しましょう。 下書き投稿がある場合は、ログアウト時に消失してしまいますので、先に投稿を済ませるか控えておきましょう。 「設定」を開きます。 設定画面最下部にログアウトボタンが設置されています。 「〇〇をログアウト」をタップしましょう。 ポップアップの 「ログアウト」をタップし、ログイン画面が表示されるため、再度ログインをしましょう。 ログイン後にフォローリストの確認が行えるかチェックしてください。 検索履歴をすべて消す アプリ内に蓄積された検索履歴などのデータが多く残っていると、アプリの動作に影響が出る可能性があります。 検索履歴を消去し、アプリ内の機能が正常に動作するか再度確認してみましょう。 「設定」を開きます。 「セキュリティ」にアクセスします。 項目内最下部の 「検索履歴をクリア」に進みます。 これまでの検索履歴がすべて表示されます。 右上の 「すべてクリア」をタップします。 ポップアップの 「すべてクリア」をタップすることで、すべての検索履歴が消去されます。 アプリのアップデート インスタでは、高頻度でアプリのアップデートが行われています。 アプリストアでインスタアプリのアップデートチェックを行い、 最新バージョンが配信されている場合はアップデートを実行しましょう。 アプリの再インストール インスタアプリを一時的に削除し、再インストールします。 再インストールにより、アプリ内に蓄積されたキャッシュデータも削除されるため、様々な不具合が解消するケースが多いです。 再インストール後にログインをすることで復元されます。 フォローチェックアプリを利用する インスタ向けのフォローチェックアプリなどの外部サービスを利用してフォローを確認する方法があります。 フォローチェックアプリが原因 フォローチェックアプリを利用していると、フォローしているユーザーを読み込めなくなることがあるようです。 そのため、 フォローチェックアプリを特別利用していないという場合は、インスタとの連携を辞め、アプリをアンインストールするのが良いでしょう。 フォローチェックアプリを利用したい場合は、フォローチェックアプリで確認し、特に利用していない場合は、アプリを消してください。 いずれかの方法でユーザーを確認できるようになります。 運営に問題をフィードバックする インスタでは、機能の不具合をユーザーが報告することができます。 報告により、不具合の修正が行われる可能性があります。 続いて 「ヘルプ」にアクセスします。 「問題を報告」をタップします。 続いて 「機能の問題」を選択します。 不具合内容を記入し、右上の 「投稿」をタップしましょう。

次の

Followers Insight for Instagramでフォロバが0のまま反映されない場合の対処法!

インスタフォロー中ユーザー読み込めない

この章の目次• フォローリクエストって何? フォローリクエストの例 フォローリクエストとは、非公開モードに設定しているあなたに対して、第三者から送られた、「私をあなたのフォロワーにしてくれませんか?」というリクエストのことです。 勝手にフォロワーになられたら、非公開モードの意味がありませんよね? 第三者があなたのフォロワーになるには、あなたの許可が必要なわけです。 リクエストがあるとどうなるの? あなたがフォローリクエストを受け取った時、主に2つの方法で知ることができます。 プッシュ通知 プッシュ通知 フォローリクエストを受け取ったタイミングで、お使いのスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 通知設定で無効にしてない限りは、これで知ることができます。 アクティビティ アクティビティ プッシュ通知に気付かなくても、「アクティビティ」の画面に移動すれば、フォローリクエストがあった場合は上部に表示されます。 リクエストが消えてしまったのは何故? 何もしていないのに、相手からのフォローリクエストが、「アクティビティ」の画面から消えてしまうことがあります。 これは、相手があなたへのフォローリクエストをキャンセルしたことが原因です。 理由は不明ですが、「間違えてフォローリクエストを送ってしまったのでキャンセルした」ということも多いです。 あまり気にしないようにしましょう。 来たはずのリクエストがない場合は!? 画面を下に引っ張る 例えば、「友達から『フォローリクエスト送ったから承認してね〜』などと連絡があったから見たんだけど、リクエストが届いてない」なんてことがあります。 それは、画面が古い情報を映している可能性が高いです。 「アクティビティ」の画面で、図のように、指を滑らせて画面全体を下に引っ張ってみて下さい。 リフレッシュ更新が始まり、新しい画面が映されます。 間違えて拒否してしまったらどうするの? フォロワーとして迎え入れてあげたかったんだけど、間違えて「拒否」を選択してしまうことがあります。 もしくは、「拒否」したんだけど、やっぱり「承認」してあげたいな〜と思い直す時など。 その場合はやり直すことができません。 もう一度、相手にフォローリクエストを送ってもらう必要があります。 間違えて許可してしまったらどうするの? 逆に、「拒否」をしようと思ったけど、間違えて「承認」をしてしまい、フォロワーに迎え入れてしまうケースもあります。 本当は写真や動画を見せたくないのにどうしよう…。 そんな時は、ブロック機能を利用することで、相手をフォロワーから外すことができます。 フォロワーから外せば、相手はあなたの投稿を見れなくなります。 拒否するとバレる? バレます。 「相手にはどう映るの?」の章をご参考下さい。 しつこくリクエストを送ってくるユーザーに困ってる… フォローリクエストは、あなたが一度、「拒否」をしたり、または相手が「キャンセル」をした場合、もう一度送ることができます。 拒否してるのに何度も何度もフォローリクエストを送ってくる馬鹿者がいたら、前項で紹介したブロック機能を利用しましょう。 ブロックをしたユーザーに対して、ブロックされたユーザーは、フォローリクエストを送ることができなくなります。 リクエストが面倒な時はどうすればいい? 一番楽なのは、「承認」も「拒否」もしないで、「放置」をすることです。 そうすれば、ずーっと保留中の状態になり、相手がキャンセルしない限り、もう一度、そのユーザーからフォローリクエストを送られることがありません。 放置しておいて、しつこくリクエストが送られる時は、そのことを「正当な理由」にしてブロックしてしまいましょう。 相手をどうやって判断すればいいの? フォローリクエストを送る時に、メッセージを送るシステムはありません。 そのため、基本的にあなたは、相手のプロフィール画面や投稿、そのコメントなどを見て、相手を信頼できるかどうかを判断する必要があります。 もしかしたら、ダイレクトメッセージという機能を使って、別途、メッセージを送ってくるかもしれません。 その時は、メッセージも読んでみましょう。 非公開のユーザーからリクエストが来るのはなんで? フォローリクエストが来たから、「どんな人がリクエストを送ってきたんだろう?」と思って相手のプロフィールを見たら、その人が自分と同じく非公開ユーザーだった、ということがあります。 「これってどういうこと?」って、不審に思うかもしれませんが、システム上、おかしいことではないんです。 あなたがこのユーザーのフォローリクエストを承認したとしましょう。 そうすると、フォロワーである相手は、あなたの投稿を見ることができるようになります。 ですが、あなたの方は、非公開にしている相手の投稿を見ることができないという、ちょっと不思議な関係になります。 あなたも相手の投稿を見たいのなら、逆に、相手にフォローリクエストを送って承認してもらう必要があります。 …まあ、そもそも、非公開にしている人からフォローリクエストが来ても、どんな相手だか分からないので、普通は承認しにくいですよね。 それどころか、「なんで送ってきたんだろう…」と心配になってしまいませんか? そういう場合はこう考えて下さい。 Instagram上には「とりあえずプロフィールを非公開にしておいて、自分が把握できるフォロワーにだけ投稿を公開し、リクエストがあるならとりあえず全部受け付けるようにしている」という、いわば、"半"非公開的な運用をするユーザーも多くいます。 そういったユーザーをフォローするノリで、自分が非公開でも相手にフォローリクエストを送るユーザーもいるということです。 そこまで奇妙だと心配することではありませんが、得体の知れない相手を無理に承認する必要はないので、「相手がどんな人か分からない」という理由で拒否するのも、正当で立派な選択肢です。 リクエストを確認する手順 この章では、あなたに届いたフォローリクエストを確認する方法を説明します。 iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。 アクティビティのアイコンをタップする Instagramにログイン後、下にあるメインメニューの内、「アクティビティ」のアイコンをタップして下さい。 「フォローリクエスト」をタップする 「アクティビティ」の画面に移動します。 1つ以上、フォローリクエストがある場合は、一番上に、「フォローリクエスト」という項目があります。 これをタップして下さい。 フォローリクエストを確認する 「フォローリクエスト」の画面に移動します。 ここに、現在、あなたに届いているフォローリクエストの一覧が表示されます。 リクエストを承認 許可 する方法 この章の目次• 「承認」をした場合 プッシュ通知 フォローリクエストを承認すると、図のように、相手のスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 これで、相手は気付きます。 「拒否」をした場合 拒否をした場合、相手にはプッシュ通知などのお知らせは届きません。 相手はあなたのプロフィール画面を見て、拒否されたのを確認することができます。 「リクエスト済み」の状態 例えば、あなたが、画面の「あらゆ」というユーザーにフォローリクエストを送ると、図の部分が「リクエスト済み」という状態になります。 これを見て、「ああ、あらゆさんは私のフォローリクエストを拒否したんだな…」と知ることができるというわけです。 スポンサーリンク スポンサーリンク サイトマップ• プロフィール あらゆ Yuta Arai 足立区 竹ノ塚在住の 男。 1982年生まれ。 ウェブとラーメンが大好きです。 このブログについて SYNCER シンカーは SYNC 同期 と ER する者 で「知識や感動を同期するブログ」という意味の造語です。 みなさんと共に進化 しんか していきたいという思いも込めてます。 また来たくなったら、 SYNCERで検索してね!•

次の

インスタでフォローしている人「ユーザーを読み込めませんでした」不具合の詳細と対処法を徹底解説

インスタフォロー中ユーザー読み込めない

世界中から利用されているSNSアプリのTwitter。 写真や動画のツイート、つぶやきツイートなどを共有してコミュニケーションを楽しむために、Twitterを利用している方も多いかと思います。 ですが、Twitterを利用していてある日、「ツイートを読み込めません」など、 Twitterに投稿されたツイートや自分が投稿したツイートが読み込めない状態になり、ツイートが表示されない不具合に遭遇したことはありませんか? 今回は、Twitterのスマホ版で起こる「ツイートを読み込めません」などの、Twitterで自分が投稿したツイートや他のアカウントのツイートが読み込めない表示の不具合の原因と、対処法をご紹介します。 自宅や外出先でWi-Fiの通信環境を利用してTwitterのツイートを楽しんでいる方もいらっしゃるかと思います。 モバイルWi-Fiも、1か月に使えるデータ通信量が決められていることが多いので、動画を観過ぎると通信量オーバーになり、Twitterでツイートを読み込めません。 Wi-Fi通信にしているのに、Twitterのツイートが読み込めないときは、Wi-Fi環境を確認しましょう。 ネットに繋がらない状況でしたら、1度スマホやPCの本体を再起動させると、Twitterに投稿されているツイートが読み込めない不具合が改善されることがあります。 本体を再起動後、Twitterにログインして「ツイートを読み込めません」のツイートの表示が出なくなったか確認してみましょう。 通信環境は特に問題ないのに、Twitterにログインしても「ツイートを読み込めません」の表示が出たり、表示が出なくてもツイートを読み込めない場合は、 Twitter側に起こっていてツイートが表示されない不具合の可能性があります。 2018年の4月にツイートが読み込めないTwitter側の不具合が発生していました。 ツイートを読み込める人と読み込めない人と別れたり、スマホのiPhoneを中心にツイートが読み込めない不具合が起こったりしていました。 自分で作成した別のTwitterアカウントでは、ログインもできてツイートも表示されたり、又はどちらも「ツイートを読み込めません」の表示が出たり、ツイートの不具合の症状が様々です。 Twitterには、アカウントをブロックする機能があります。 例えば、攻撃的な内容のツイートを投稿しているアカウントや、不愉快なツイートやDMを送ってくるアカウントを一切自分自身で見ることができなくなる機能です。 ブロックされたアカウントのツイートは実質読み込めない状態になります。 ブロックされたアカウントは、一定数ブロックされるとTwitter側から有害なアカウントだと認識され、凍結されます。 凍結されていると「ツイートを読み込めません」の表示がでる場合があります。 短期間でフォローやフォロー数が一気に増えると、有害なサイトに誘導しているとみなされて凍結させられます。 つまり、誰かにとって迷惑行為をしているアカウントは凍結させられます。 Twitterのアプリもアップデートをしているのに、Twitterにログインしても「ツイートを読み込めません」とツイートの不具合が改善されない原因は、スマホやPCにあるかもしれません。 TwitterなどのSNSのアップデートがあると、そのアップデートが求めるOSが最新のOSでなければ、Twitterに投稿されたツイートや、自分が投稿したツイートが読み込めないことがあります。 スマホやPCを使うと、最新のOSへアップデートできますなどの表示が出る方が多いと思います。 スマホやPC本体のOSの更新は、ネット環境などでアップデート時間に差が出ます。 中には、スマホやPCのOSの更新を後回しにしている方もいらっしゃるかと思います。 TwitterなどのSNSアプリを頻繁に利用している方は、しっかり スマホやPCのOSのアップデートも忘れないように確認しましょう。 スマホやPCのOSをアップデートには、データ通信量はかなり使います。 OSのアップデートには、Wi-Fiに切り替えて更新することをおすすめします。 更新できても、残りのデータ通信量が少なく、1か月に使えるデータ通信量を超えてしまっては、Twitterで「ツイートを読み込めません」の表示が出てツイートが見れません。 データ通信量を温存させたい場合の対処法としては、Wi-Fiに切り替えることをおすすめします。 ですが、外出先に必ずしも備えてあるわけではありませんし、自分でWi-Fiを持つにもネット環境を整えるには、費用がかかります。 Twitterのアプリの再起動も、「ツイートを読み込めません」の表示を改善させるために有効な対処法です。 Twitterのアプリを再起動してもツイートが読み込めない場合は、スマホやPCの本体を再起動させてみて、Twitterにログインして、「ツイートを読み込めません」の表示が出なくなったか確認しましょう。 Twitterから凍結されていないかも確認しましょう。 「ツイートを読み込めません」の表示が出て、再ログインしようとしたら、ログインできないなど、Twitterにログインできないときは、アカウントを凍結されているかもしれないことを覚えておきましょう。 アカウント凍結はTwitterへと問い合わせで改善されます。

次の