ココット 使い方。 ココットダッチオーブン:素材本来の味わいを楽しむ - リンナイ

ストウブ ピコ・ココット ラウンド 20cm【使用感レポート】使い勝手、価格、容量を比較

ココット 使い方

Contents• 引用: 私はルクルーゼを日常的に使っています。 2つ持っていますが、サイズが違うので作る料理の量によって使い分けているという感です。 汁物と、煮込み、この2ジャンルにおいては、ほとんどルクルーゼの2つの鍋が登場します。 小さいココットロンドは、 お味噌汁や少量のスープを作るときや、甘酒を温めるとき、またはゆで卵を作る時にも使用します。 大きいココットオーバルの方は、 ほとんどが煮込み料理ですが、例えばカレー、野菜ポタージュ、豚の角煮、玄米を炊く時、…などなどたくさんの量を作りたい時にも重宝します。 気に入っているところは、やはりまずデザインとカラーなんです。 無類のフランス好きの私にとって、フランスの代表的な鍋で、しかも一生物といって良いルクルーゼですから、 購入するときは一生使う…ということを念頭に、本当に気に入った形とカラーを選びました。 そして、使ってみてわかるその良さですが、やはり、素朴な感じに料理がしっかりと仕上がるところでしょうか。 時間をかけて煮込んだりしますが、弱火で、しっかりとふたを閉めて、ルクルーゼの中で素材は自分たちのパワーや旨味をたっぷりと発揮して、料理へになっていくのがよく感じられるのです。 そして、料理の美味しさはもちろんですが、大きな鍋は重いということもあり、コンロの上に出しっぱなしに展示していることが多いのです。 それがまた キッチンにフランス風の花が咲いたように、シックでおしゃれな雰囲気を醸し出すのです。 ココットオーバルの25㎝ともなると「ちょっと重い」 私の場合は、肩や背中に痛みがあったりして、重い物を持つことには大変に気を遣っているのですが、ルクルーゼを持つ時は、 両脚をしっかりと踏みしめて、腰を入れて、腹筋を入れて、という感じでやっています。 小さいサイズのココットロンドはまだ軽いですが、お味噌汁などを最後まで鍋を傾けて入れてしまおう…というときは、雪平鍋と違って片手で傾けることは不可能なので、やはり重さを感じながら両手で傾けるので、 ちょっと大変ですね。 ルクルーゼをおすすめしたいのはフランス好きの方 そしてやっぱり、 新婚さんや、独り暮らしを始めた女性へプレゼントしたら、とっても喜ばれると思います。 それにはやはり、お料理好きの女性へというのが良いかもしれません。 高価な一生物を大事にライフスタイルに取り込んでくれる人へプレゼントできるなら本望です。 新婚の女性や独り暮らしを始める女性へルクルーゼをプレゼントする場合は、お好みのサイズやカラーを、予め聞いてもよいと思います。 そして気に入ってくれたらプレゼントする方が、ルクルーゼの価値をわかってもらえるからです。 カラーですが、 そのときの限定カラーが販売されていたら、それをプレゼントするのがとってもおすすめです。 限定カラーは、プレゼントするのも良いのですが、やっぱり自分ももう一つ…ときっと欲しくなってしまいますが!!.

次の

ココットとは?小さくても便利な人気調理器具の使い方とおすすめ料理をご紹介!

ココット 使い方

具材を入れてオーブンで加熱調理をしたり、スイーツ作りにも役立つ ココット皿。 ディップソースやドレッシングを入れて食器として使うこともでき、ご家庭にいくつか揃えておくと、とても便利ですよね。 そんな便利なココット皿ですが、現在ではさまざまなデザインや素材・大きさの商品が多数発売されています。 選択肢がかなり多いことから、欲しくなっていざ購入しようと思った際に、どのような基準で選んだらいいのか迷ってしまいますよね。 食器やキッチン用品好きの方は要チェック!です。 あると便利!加熱調理もできる「ココット皿」の選び方 オーブンなどで加熱してそのままテーブルにサーブし、熱々をいただくことができる ココット皿。 一般的に「ココット皿」というと、 小さな耐熱性の陶器製焼き型を指すようですが、最近では陶器製以外の素材のココット皿も、かなりの数見受けられるようになりました。 さまざまな素材、形のココット皿が増えると同時に、購入の際の選択肢が増えたため、選ぶ際にはどれを購入するか、とても迷ってしまいますよね。 実は、購入の際に抑えるべきポイントは、とてもシンプルなんです。 それは、 ご自身の好みや使用用途を基準にして選ぶこと。 あまり難しく考えず、よく作る料理や使用用途、お好みの色・形で選んでしまって大丈夫なんです! 以下で、現在販売されているココット皿の形や素材など、選ぶ際のポイントとなるさまざまな特徴をご紹介していきます。 バリエーションが多く、よく見かける「フタ無しココット」 ココット皿の中でも一番よく見かけるのは、下の写真のようなフタが無いタイプ。 一見すると普通の食器のような見た目ですが、耐熱性があるため加熱調理に使用することができます。 雑貨店だけでなく100円ショップでも購入することができ、お値段も比較的安価。 毎日気軽に使うことができるのでとてもおすすめです。 色や形もさまざまなバリエーションがあるため、お好みのものを選ぶのにも適しているんですよ! よくみかける丸いタイプのものは、シンプルなデザインで毎日ご家庭で使うのに適していますし、ハートや星型・お花の形をしたものは、お誕生日会やクリスマスなどホームパーティーにもぴったりです。 取っ手付きココットは熱々でも扱いやすい! 最近よく見かける取っ手付きのココット皿。 この取っ手付きココット皿、実は見た目がかわいらしいだけではないんです! 加熱調理をする際、この取っ手の有る無しで、ココット皿の扱いやすさに大きな違いが出てきます。 電子レンジやトースターで加熱をし、庫内から熱々のココット皿を取り出す際、 取っ手が付いているととても取り出しやすく、つるっと落としてしまう心配がありません。 加熱調理後の扱いやすさという点では、取っ手無しのタイプよりもおすすめと言えます。 一方、収納する際にはこの 取っ手部分が出っ張り場所を取る、というデメリットも。 購入の際には、収納のことも考えて検討してみてくださいね。 フタ付きココットはかわいらしいフォルム そのおしゃれなデザイン&きれいな色でバリエーションも豊富な フタ付き両手鍋タイプのココット皿。 日本ではこちらのタイプも ココット皿と呼ばれていますが、アメリカでは キャセロール鍋と呼ばれているんですよ! フタがついていることで使い勝手もアップしますが、そのデザイン性の高さから、うつわ好きの方からの人気も高いようです。 ココットの選び方のポイント「大きさで選ぶ」 ココット皿は他の器や調理器具と比べると、比較的小さめのサイズの商品が多く見受けられます。 小さめといっても3〜4センチほどのミニサイズから、10センチを少し超えるサイズのものまでバリエーションは豊富。 料理や使用用途に合わせてチョイスすることが可能となっています。 ミニサイズのココットならソース類などをいれて料理に添えることもできますし、大きめならスープやグラタン、スイーツなどを作るのに適しています。 ココットの選び方のポイント「素材別の特徴」 ココットにはさまざまな素材のものがあります。 一般的によく見かけるのは、 陶器や 磁器製のココット皿。 雑貨店だけでなく100円ショップなどで購入できる商品が多く、量も多数販売されていることから、一番身近なココット皿と言えるのではないでしょうか。 また陶器や磁器製のココット皿は、軽くて壊れにくく、お手入れも簡単。 扱いやすさという点で、自信を持っておすすめできる素材と言えます。 最近ではその他にも、 ガラス製や 炻器 せっき(ストーンウエア)製のココット皿も増えてきており、選択肢は幅広くなってきています。 特に重くずっしりとしたイメージのある 炻器 せっき(ストーンウエア)製は、他の商品より価格帯は少し上がりますが、その分丈夫で壊れにくい材質となっており、長く愛用するのにぴったりです。 電子レンジのみで加熱するか、オーブンも使用したいか ココット皿は加熱調理に使えるというイメージが強いと思いますが、「耐熱素材」といっても、 商品によって使える熱源に違いがあることがあります。 電子レンジのみ使用可能の商品やオーブンのみ使用可能な商品、電子レンジ・オーブンの両方で使用できる商品とさまざまな種類のココット皿が販売されています。 そのため、 作る予定の料理などを明確にし、使用用途をはっきりとさせておくのは、ココット皿を選ぶ上とても重要となってきます。 一部ですが、加熱調理に使用できないタイプの商品も、ココット皿として販売されていることがあるようです。 ネットショップなら商品の詳細欄、店舗ならココット皿の底などについているシールを見ると、「電子レンジ使用可」や「オーブン使用不可」などの表記を確認することができます。 こちらは必ずチェックしてから購入をしてくださいね! ココットの選び方のポイント「デザイン」 スタッキングできるものは場所を取らず収納が可能! ココット皿はスタッキング(重ね置き)できる商品が多く販売されています。 スタッキングできる商品を選べば、収納する際にスペースを取らず、多数保管しておけるという利点があるため、収納スペースがあまり取れない、という方におすすめです。 またスタッキングできる商品でも、取っ手のある商品は取っ手部分が場所を取るため、取っ手無しのココット皿よりスペースを多く取ります。 いずれにしても、ココット皿を購入する際には事前に収納スペースなどをチェックし、決まったスペースにきちんと収まるサイズ&デザインのココット皿を選ぶことが大切と言えます。 ル・クルーゼなど海外ブランドのココット皿には特別感が 最近、特に人気の高い ル・クルーゼや ストウブといった海外ブランドのココット皿。 他のココット皿に比べて価格帯はぐんとアップしますが、質が良くデザイン性も高いため、料理・うつわ好きの方に特に人気が高くなっています。 使った際にテーブルの上をとても華やかな印象に仕上げてくれることも魅力のひとつです。 フタ無しのデザインだけでなく、フタ付き、フタと取っ手の付いた鍋タイプ、ハート型や花型など、こちらもさまざまな形状・色のココット皿が発売されています。 記念日やホームパーティーはもちろん、普段使いにもおすすめ!自分へのプレゼントとしても最適な、ちょっと特別感のあるココット皿です。 ココットの使い方アイデア【1】朝食でたまご料理 ここからは、ココット皿を使った料理のアイデアをいくつかご紹介します。 まず最初にご紹介するのは、ココット料理の定番、卵料理。 溶いた卵に野菜など具材を入れてトースターや電子レンジで加熱すれば、ココットキッシュが簡単に作れますし、ココット皿に卵を割り入れて焼くだけでも十分美味しくいただくことができます。 トースターで焼いている時間、別のおかずを作ったり、他の家事を済ませることができるため朝食にぴったり。 忙しい朝には、ココット皿を使った簡単で栄養価の高い卵料理がおすすめです。 今回フタ付きのココット皿で作ってみたのは、手軽に作れてとってもおいしいパンプティング。 焼き色をつけるまでトースターで焼いたら、熱々のままいただいても、冷蔵庫で冷やしていただいてもどちらもおいしい! おいしいパンが手に入ったら、ぜひ作っていただきたいひと品です。 ココット皿で調理を手軽&おしゃれに! 今回は、ご自宅にあると便利な ココット皿の選び方と使い方アイデアをいくつかご紹介しました。 毎日の料理やスイーツ作りにも使え、見た目もかわいいココット皿。 普段よく使う料理や用途に合わせて選び、いくつか数を揃えておけば、家族みんなで使うことができ、調理の手間を省くことも可能です。 ぜひご自身の好みや用途に合わせてぴったりのものをチョイスし、ご家庭の食卓で使用してみてくださいね!.

次の

[mixi]ミニ・ココットの使い方

ココット 使い方

ココットを使ってお菓子を作ろう! 今回は、小さなココットを使って作るスイーツレシピをご紹介します。 温冷どちらも楽しめるミックスベリーのクラフティとチョコがとろけるフォンダンショコラ風チョコケーキ、2種類のスイーツをお楽しみください。 ココットとは ココットとは、耐熱性の器のこと。 陶製やガラス製のものが多く、スフレを焼くときに使うことから「スフレ型」と呼ばれることも。 プリンや卵料理などを作る際にも使うことができます。 また、陶器や鋳物でできた厚手の両手鍋のことも「ココット」といい、こちらは煮込み料理などを作るときにおすすめ。 この鍋は、「キャセロール」という名前で呼ばれることもあります。 おすすめのアイテム 下準備• 卵は溶きほぐしておく。 牛乳と生クリームは合わせて、人肌程度に温めておく。 バターはレンジで溶かしておく。 ミックスベリーはキッチンペーパーの上で解凍しておく。 型に分量外のバターを塗っておく。 作り方• 薄力粉・上白糖・塩をボウルに入れ、ホイッパーで混ぜる。 卵を少しずつ加え混ぜる。 牛乳と生クリーム・溶かしバター・バニラペーストを順に加え、その都度混ぜる。 目の細かい網でこす。 *計量カップなど注ぎ口のある容器にこしておくと、型に流しやすい。 型に卵液を均等に注ぎ入れ、解凍して水分を取ったミックスベリーを入れる。 粉糖を振って出来上がり。 冷たいままでも、レンジで温めてもおいしいですよ。 ビターチョコ…50g• 生クリーム…30ml 作り方• チョコは細かく刻みボウルに入れ、600Wのレンジで20秒間温めた生クリームを注ぎ入れて手早く混ぜる。 1をラップで包み、冷凍庫で冷やす。 固まったら4等分にカットし、再び冷凍しておく。 チョコケーキを作る 材料 スフレM 4個分• 卵…Lサイズ1個• 上白糖…20g• ビターチョコ…50g• 無塩バター…30g• サラダ油…20g• ココアパウダー…5g• 薄力粉…20g• ベーキングパウダー…2g• 粉糖 お好みで …適量 おすすめのアイテム 下準備• 卵をほぐし、砂糖と合わせておく。 チョコレート・バター・サラダ油・ココアパウダーを湯せんにかけて混ぜ溶かす。 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 型に分量外の溶かしバターを塗っておく。 作り方• ほぐした卵と砂糖をハンドミキサーの高速で1分間、低速で2分間混ぜる。 溶かしておいたチョコレート・バター・サラダ油・ココアパウダーを回し入れる。 その上からふるっておいた薄力粉・ベーキングパウダーを加え、ゴムベラで底から返すように混ぜ合わせる。 お好みで粉糖を振って出来上がり。

次の