コロナ イタリア。 【新型コロナウイルス】なぜイタリアでこれほど感染が広がったのか?

玄関で靴を脱ぐように…コロナから再起、イタリアの「新しい生活様式」(田島 麻美)

コロナ イタリア

特にイタリアでの死亡者は発生源の中国を上回るほどのひどい状況となっている。 なぜ、イタリアではこれほど死亡者が増えてしまったのか。 将来的に日本はイタリアのような状態になりうるのか。 医師(日本内科学会総合内科専門医)であり、かつビジネススクールで医療経営を教えているという立場の筆者が各種データに基づき、「日本の今後」を予想してみた。 (中央大学大学院戦略経営研究科教授、医師 真野俊樹) イタリアで新型コロナの 死亡者が増えた原因 なぜ、イタリアがこんなことになったのだろうか。 そもそもイタリア北部では1990年代以降、中国人の移民が急増していた。 運悪く年末から、1月下旬に始まる中国の旧正月である春節休みの時期に、中国系の移民が中国とイタリアとを行き来し、感染の引き金を引いたという説が有力視されている。 筆者はその説を正しいと考える。 ただ、それは「感染が広まった理由」の大きな要因なのかもしれないが、重要な指標である「死亡者数」や「死亡率」の説明にはならない。 イタリアについては、他にも、日本に次いで「世界2位の高齢化国」であるという事実もある。

次の

イタリア、入国者隔離を一部廃止へ 国内移動も解禁予定 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ イタリア

イタリアは特に甚大な被害を受けており、その要因には不運と呼ぶべきものもあるが、指導者たちの判断ミスも否めない。 本稿では、未曾有の危機を正しく認識して適切に対処するために、イタリアの経験から学ぶべきいくつかの教訓を示す。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応に追われる世界の政策当局者たちは、未知の領域に身を置いている。 中国、韓国、シンガポール、台湾などが感染拡大を食い止めるためにどのような対策を実行してきたかは、たびたび紹介されてきた。 しかし残念ながら、欧米の多くの国では、初期の封じ込めにはすでに失敗しており、対応が後手に回っている。 欧米諸国は、新型コロナウイルス感染症の流行が大惨事に至ったイタリアと同じ失敗を繰り返しているケースが多い。 本稿では、米国と欧州の中央政府と自治体の政策当局者が、イタリアの過ちから学ぶべき点を紹介したい。 これらの教訓は、猛烈な勢いで広がり続ける未曾有の危機を正しく認識し、適切に対処するうえで役に立つだろう。 イタリアで最初の感染者が確認されたのは、2月21日。 その約1ヵ月後の3月22日には、政府が人の移動を全土でほぼ禁止し、必要不可欠な産業以外の生産活動も停止された。 きわめて短い期間に、前例のない災厄の直撃を受け、途方もない数の人命を失い続けたのだ。 これは、イタリアにとって第二次世界大戦後で最大の危機と言ってよいだろう。 感染の流行が始まったタイミングなど、イタリアが経験した危機のいくつかの側面は、「不運」以外の何物でもない。 政策当局者たちに、それをすべてコントロールしろと言うのは無理がある。 だが、指導者たちが脅威の深刻さを正しく認識できず、一貫した対策を立案し、初期の成功、そしてそれ以上に失敗から学べなかった面があったことも否定できない。 見落とせないのは、自国とは異なる感染封じ込め策が中国などで功を奏していることが明らかになったあとも、このような状況が変わらなかったことだ。 つまり、どのような措置を講じるべきかが不明だったわけではない。 すでにある情報を素早く吸収して、それに基づいて行動できなかったこと、それがイタリアの問題だったようだ。

次の

新型コロナウイルスによる死亡率 イタリアが世界で最高に

コロナ イタリア

新型コロナウイルスの感染で死者が3万人を超えるなど深刻な影響を受けたイタリアが、同国に入国する人に義務づけている14日間の隔離措置を6月3日から一部に限って撤廃する。 国内の移動も全面的に解禁する予定で、欧州の多くの国から観光客の受け入れが可能になる。 各州内の移動は今月18日から自由にする。 コンテ首相が16日、会見で発表した。 イタリア政府は3月中旬から観光目的の移動を禁止し、入国者についても14日間の自己隔離を義務づけてきた。 コンテ氏はこの措置について、欧州連合(EU)加盟国と、人の自由な移動を認める「シェンゲン協定」参加国からの入国者を対象に、6月3日から撤廃するとした。 コンテ氏は今回の措置が「観光業の再開を後押しするものだ」と述べた。 夏のバカンスシーズンを前に、ドイツなど欧州各国からの観光客を呼び込み、経済復興につなげたい考えだ。 国内の移動についても、6月3日から全面的に解禁する方針。 それに先立ち、今月18日からは州内の移動を自由にし、小売店や博物館、サッカー1部リーグ(セリエA)の練習などについても再開を認める。 こうした規制緩和は、州ごとの感染拡大状況などをもとに判断される。 コンテ氏は、感染が最も集中した北部ロンバルディア州でも「感染拡大は落ち着いている」としつつ、「再び感染スピードが上がれば再開はできなくなる」と述べ、感染拡大の状況によっては州の判断で規制の継続もできると指摘した。 人の密集を避けたりマスクを着けたりする感染防止策も、引き続き取るように呼びかけた。

次の