インフェルノ 歌詞 付き。 インフェルノ 歌詞「Mrs. Green Apple」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

沙律的翻譯歌詞庫: 不滅のインフェルノ——HE★VENS [歌詞]

インフェルノ 歌詞 付き

照らすは闇 僕らは歩き慣れてきた日々も淘汰 夢は安泰な暮らしだが 刺激不足ゆえにタラタラ 照らすは熄み 僕らの歩き慣れていた道はどこだ 時はたまに積だが 温もりに包まれ只 炎が立つ 導の方へ 思い出すは優しいメロディー 永遠は無いんだと 無いんだと云フ それもまたイイねと笑ってみる 輝けばいつかは光も絶える 僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく ところで何故 僕らは思考を急に辞めているんだ 夢は安泰な暮らしだが 知識不足故にハラハラ 食せば Yummy ヨスガに絶り付いたまま朽ちて行くんだ ここは業火の中だが 傷跡がヒリつき只 水面が立つ 光の方へ 手を取るは新しいメモリー 夜空が分かつ導の方へ 遮るは堅苦しいセオリー 永遠は無いんだと 無いんだと云フ やっぱ苦しいねと泣いてみる 風船もいつかは萎むか割れる 僕らは命の泉を護り続けて繋いでゆく 学びきれずに卒業 伝えきれずに失恋 遊びきれずに決別 面倒臭いが 地獄じゃあるまいし 音が出る玩具も 痛みを飛ばす魔法も 全部僕にとっての宝物 永遠は無いんだと 無いんだと云フ 僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」歌詞の意味考察 Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」は、現状維持などせず、進化し続けようと言った曲です。 歌詞考察歴2年の私がMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」の歌詞の意味を考察していきます。 でもまだまだ問題はあるのです。 それらを解決することが必要なのかもしれません。 焔 ほむら が立つ 導 しるべ の方へ 思い出すは優しいメロディー 焔とは、ほのおのことです。 やりたいと思うことをする方がいいと言っている気がします。 優しい母親の優しさを心に留めながら、危険な道を歩いていくのです。 僕らは少しくらい冒険してもいいのかもしれません。 傷ついたら帰る家があるのですから。 永遠は無いんだと 無いんだと言う それもまた良いなと 笑ってみる 輝けばいつかは光も絶える 僕らは命の火が 消えるその日まで歩いてゆく 安定的な暮らしなどないのではないでしょうか。 安定したと思っていても、人生は続いていきます。 もうこれでいいんだと思ったら、終わりなんです。 そうじゃなく 「いつ終わってしまうかわからない」と思いながら、成長し続けるのです。 そうすれば、命絶える時まで安定して暮らせるのではないでしょうか。 音が出る玩具 がんぐ も 痛みを飛ばす魔法も 全部僕にとっての宝物 文明の機器はすべて使いこなせばいいです。 生活はこんなに簡単に便利になったのです。 それならば、安定など目指してはいけないのかもしれません。 昔の人ができなかった便利な暮らしは誰でも簡単にできるのです。 だとすれば、この文明を活かして、僕らは次の一歩を踏み出すべきなのかもしれません。 永遠は無いんだと 無いんだと言う 僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく 僕らはいつまでも歩いていきます。 いつ何があるかわかりません。 常に進化し続けなければならないのです。 もう大丈夫だと思ってはいけません。 毎日成長、進歩するために日々歩いていくんです。 Mrs. GREEN APPLEの大森元貴さんは、「インフェルノ」について下記のようにコメントしています。 大森元貴(Vo. )コメント 炎炎ノ消防隊、アニメ化おめでとうございます。 3年ほど前でしょうか、本屋に立ち寄った時に僕はこの漫画が放つ不思議な力に惹かれまして、 単行本1巻目を購入しました。 それ以来いちファンとしていつもワクワクさせてもらってました。 それから時が経ち、今回、炎炎ノ消防隊チームの皆さんが僕らを希望してくださった話を頂き、 とても光栄で感慨深く、とても純粋に感動しています。 そのご期待に応えたい一心で一番最初に炎炎ノ消防隊から感じた不思議な力を僕らは音楽として昇華できるよう「インフェルノ」という楽曲を産み落としました。 疾走感ある楽曲になったと思います!とにかく今からアニメが楽しみで仕方ありません。 そしてOP、僕らMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」にも耳を傾けて頂けると嬉しいです。 出典: 「インフェルノ」とは、「極度の熱や破壊が生じた場所」という意味もあります。 この曲に疾走感を感じさせるよう努力したと言いますが、Mrs. GREEN APPLEは、地獄のような場所から逃げるには、疾走するしかないんだと伝えたかったのかもしれません。 Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」とは? Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」は、2019. 02 水 にReleaseが決定した、アルバム『Attitude』に収録される予定です。

次の

Mrs. GREEN APPLE インフェルノ

インフェルノ 歌詞 付き

Mrs. GREEN APPLEが、MBS/TBS系全国28局ネット"スーパーアニメイズム"枠にて2019年7月5日より放送スタートするTVアニメ"炎炎ノ消防隊"のオープニング主題歌を担当することが決定した。 同作は大久保篤によるダーク・バトル・ファンタジー漫画"炎炎ノ消防隊"(講談社"週刊少年マガジン"連載)のTVアニメ。 人が突如燃え出し、炎の怪物"焰ビト"となって、破壊の限りを尽くす"人体発火現象"。 その脅威に立ち向かう特殊消防隊たちを描くストーリーで、"ジョジョの奇妙な冒険"、"はたらく細胞"など様々な人気作品を手掛けるdavid productionがアニメーション制作を務めている。 Mrs. GREEN APPLEは、オープニング主題歌決定にあたり新曲「インフェルノ」を書き下ろし提供。 炎炎ノ消防隊、アニメ化おめでとうございます。 3年ほど前でしょうか、本屋に立ち寄った時に僕はこの漫画が放つ不思議な力に惹かれまして、 単行本1巻目を購入しました。 それ以来いちファンとしていつもワクワクさせてもらってました。 それから時が経ち、今回、炎炎ノ消防隊チームの皆さんが僕らを希望してくださった話を頂き、とても光栄で感慨深く、とても純粋に感動しています。 そのご期待に応えたい一心で一番最初に炎炎ノ消防隊から感じた不思議な力を僕らは音楽として昇華できるよう「インフェルノ」という楽曲を産み落としました。 疾走感ある楽曲になったと思います! とにかく今からアニメが楽しみで仕方ありません。 そしてOP、僕らMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」にも耳を傾けて頂けると嬉しいです。 GREEN APPLE「ロマンチシズム」 エアアジア 新CM"まってろ、アジア。 "篇 テーマ・ソング:Mrs. ギター・ロック成分に驚いた「インフェルノ」やエクストリームな「Ke-Mo Sah-Bee」、より素直なギター・ロック「嘘じゃないよ」、ロマ風の弦のアレンジと日本語に聴こえないAメロがユニークな「Viking」、ヴォードヴィル的な華やかさの中にQUEENを想起させる大仰な転調が盛り込まれた「lovin'」。 展開の多さでは「ロマンチシズム」も共通するニュアンスが。 また、大森元貴の歌と藤澤涼架のピアノのみで展開する「Circle」のシンプル故の個性。 そして、ありのままを定着させた理由は楽曲「Attitude」で確かめてほしい。 (石角 友香) 2019年第2弾シングルは資生堂"SEA BREEZE"のCMへの書き下ろし。 が、CMで流れるパンキッシュなブロックの次にキモになる"愛を愛し"という威風堂々としたサビが登場する。 そのあともめくるめく展開を見せるあたりが『ENSEMBLE』以降の曲構成といった印象。 「How-to」はアグレッシヴなエレクトロとエッジの効いたギター・リフ、トリガー的なドラム・フレーズが拮抗する仕上がりが痛快だ。 そして「月とアネモネ」は2014年にすでにあった曲を今回完成させたもの。 キメの複雑なポスト・ロック的なパートや大森と山中綾華(Dr)のAOR的なデュエットも聴きどころだ。 そのタイトルが"僕のこと"なのは、自分がどう生きているかを歌うことでしか、エールを送ることができないという意味なのではないだろうか。 静かな歌い出しから、ストリングスやホーンも加わったスケールの大きなサウンドが立ち上がるアレンジは、顔を上げると仲間やライバルのいるスタジアムを想起させ、ラストは静かに閉じる。 見事な構成だ。 アッパーななかに切なさが溢れるミセス節と言えそうな「灯火」、サンプリング的な感覚を生で演奏し、ピアノが存在感を示す「Folktale」も新章を示唆している。 (石角 友香) ミセスが3rdアルバム『ENSEMBLE』からわずか3ヶ月半でニュー・シングルをリリース。 本作では、久々にバンド・サウンドに回帰している。 映画"青夏 きみに恋した30日"の主題歌として書き下ろした表題曲は、疾走感溢れるアッパー・チューンで、同映画の挿入歌「点描の唄(feat. 井上苑子)」は、しっとりとしたデュエット・ソング。 尖った曲だけでなく、多くの人に対して開かれた曲の中でここまで彼らが裸になれたのは、今回が初めてではないだろうか。 (蜂須賀 ちなみ) 音楽そのもので夢や希望や理想を表現すること、それがMrs. GREEN APPLEの指標だったと、そもそもの彼らの志向が実現したことに快哉を叫びたくなる。 キヨサク from MONGOL800」など、多彩を超えて1曲ごとの強度が凄まじい。 そこにこれまでのミセス節が残るシングル群やEDMナンバーも加わり、さながら音楽のアミューズメント・パークが出現。 なんとも体験的だ。 (石角 友香) 前作『WanteD! WanteD! 』、そしてデジタル・シングル「WHOO WHOO WHOO」でバンドが表現するEDMの究極まで振り切ったミセス。 2018年第1弾はまた異なるベクトルに振り切ってきた。 まず表題曲の「Love me, Love you」はホーンが煌びやかで、ダイナミックに展開するミュージカルのようなビッグ・バンド・サウンドに驚く。 早くライヴで自由にリアクションしたい曲だ。 2曲目の「Log feat. 坂口有望 」はドラマ"僕たちがやりました"のサントラも作曲している注目のキーボーディスト/プロデューサー Kan Sanoとシンガー・ソングライター 坂口有望が参加。 また「春愁」も初音源化して収録。 (石角 友香) メジャー・デビュー2年で早くも5枚目のシングルとなる本作。 タイトル・チューンの「WanteD! WanteD! 」はコミック原作のドラマ・テーマならではの荒唐無稽さもありつつ、"このままでいいのか?"という10代の焦燥感はドラマ"僕たちがやりました"と自然とリンクする内容。 「On My MiND」は随所にデビュー当時からの代表曲「StaRt」をアップデートしたような仕上がりで、過去と今の対比が最もわかるナンバー。 (石角 友香) ツアー真っ只中のミセスから早くも4作目のシングルが到着。 売れない女漫才師が主役の映画"笑う招き猫"主題歌としてもしっくりくる仕上がりだ。 打って変わってアッパーで踊れる「スマイロブドリーマ」は、生音とエレクトロニックのいずれもがソリッド且つポップで突き抜けた仕上がり。 ビートのアプローチがユニークな「SwitCh」も含め、バンドがどんどんタフになっていく過程を体感できるシングル。 (石角 友香) これまでの10代の壊れやすくて柔らかい心を誰よりも理解し、並走してきたミセスのエモーショナルな部分はもちろん残しながら、より日本のロック・シーンのトレンドに拘泥することなく、純粋にポップ・ミュージックとしての完成度を圧倒的に上げてきた2ndアルバム。 プログレッシヴな展開を持つ「絶世生物」での楽器隊の成長、ストリングス・アレンジも決して大仰に聞こえない歌と演奏のダイナミズムが堪能できる「鯨の唄」や「umbrella」、エレクトロ・サウンドでヴォーカルも全編オートチューンのダンサブルな「うブ」、どこか海外ドラマのワンシーンを思わせる「Just a Friend」など、アルバムの中でピーク・ポイントが何度も訪れる。 シングル曲「サママ・フェスティバル!」、「In the Morning」も絶妙な流れで配置されている。 (石角 友香) シンセ・ポップの手法を勢いのあるアレンジで消化したサマー・チューン「サママ・フェスティバル!」の明るさから、硬派なメッセージを歌うバンドとしてのMrs. GREEN APPLEの第2章、そんな胸騒ぎがするのが今回の表題曲「In the Morning」だ。 よりピアノ・ロック感が増した印象は、他の楽器の音数も曲に必要なものかどうかを吟味したからだろう。 楽しいばかりじゃない、むしろちょっとしんどい朝の始まりに、無理矢理笑顔になることなく心を強く前向きに持てる、そんな1曲だ。 Track. Track. 3の「Oz」は寓話的な展開を様々な楽器の打ち込みで膨らませた音像もまさにマジカル。 (石角 友香) 白飛びするような夏の光と解像度の高い情景が、"サママママ・フェスティバル!"という若干突拍子もない歌い出しとともに、すごいスピードで描き出されるミセス流の夏曲が登場。 シンセ・ポップ寄りのアレンジだが、スピード感は加速した印象。 加えて、シングルでは各々独立した濃い意味合いを持つ楽曲を収録するというスタンスから、ピアノや弦楽四重奏が効果的に配置された「umbrella」は、大森がいつかのライヴで話していた"音楽を作らずにはいられないが、作ることによって苦しみもする"という心情がうかがえる。 もう1曲はライヴでも場面転換的な曲として人気の「ノニサクウタ」が音源化。 ミセスの特徴のひとつである"音楽隊"としての魅力を表現した、オーガニックなアンサンブルが楽しめる。 (石角 友香) テクニカル且つ踊れるビートのTrack. 1「愛情と矛先」や先行シングルのTrack. 2「Speaking」で鮮やかに聴き手を受容。 そしてライヴのラストなど重要な位置で演奏してきたTrack. 3「パブリック」もついに音源化したことから、今のミセスの覚悟が窺える。 また、スローなピアノ・バラードに明確に舵を切ったTrack. 6「私」の新鮮さ、ミセス流のグランジとも言えるTrack. 8「ミスカサズ」のヘヴィネスとソリッドさなど、美しさも黒い感情も振り切ったサウンド・プロダクションで表現。 明るくスタートし、徐々に内面に潜り、終盤では未来を見据えるような前向きなニュアンスが訪れるという"体験型"のアルバム構成だ。 テン年代ロックの未来を19歳の大森元貴という才能が描いたという意味でも記念碑的。 (石角 友香) 空気を読めるようになるとか、SNS上で尖った言葉にも傷つかないように殻を作ることは本当の強さだろうか。 メジャー1stシングルとしてもミセスの声明としても最強だ。 Track. 2「恋と吟(うた)」は曲作りを始めたころの楽曲で、思いの吐き出し先が音楽にしかない苦しさと表現者の宿命すら感じさせる切実さも。 Track. 3「えほん」は絵本を通じて無償の愛に包まれたころの記憶と自分もそれを持ち得る微かな光が見える。 (石角 友香) 遊園地もしくは高速チェンバー・ポップなTrack. 1「StaRt」は些細なことでも幸せと気づけないんならスタートに戻ろうという、ミセスの所信表明。 続く「リスキーゲーム」は最も古い曲ながら3度目のRECで最新型に。 深い海の底に沈むようなイントロが孤独という本質と"Love Person"の存在を示唆する「L. "鈍感vs繊細"という単純な図式に回収できない自分の命の濃さに翻弄されるような「VIP」、ボロボロになった気持ちにそっと毛布をかけてくれるような「ゼンマイ」、そして"こんな世界を未だ憎めないのは何故か"という歌詞の一節をリスナー自身で見つけるようにラストに用意されている「道徳と皿」の平熱のポジティヴィティ。 避けては通れないリアルな心情を変幻自在なポップ・ソングに結晶させた新たな世代の1枚。 (石角 友香) 家族、恋人、友人、同僚、クラスメイト、その他数え切れないほどの人、人、人。 不特定多数の人との繋がりの中で傷つき、転がり、そして救われていくことで自分がやっと見えてくる。 感情を共有するから喜怒哀楽が生まれる。 Mrs. GREEN APPLEは、初の全国流通盤となる今作でそういった大切なことを歌った。 作詞/作曲/編曲すべてを手がける18歳のフロントマン大森元貴の鋭いアンテナでキャッチされた混沌とした不安や孤独、敏感な心で感じる大切な人への願いは、5人の眩しい衝動によってすべて音に刷り込まれている。 「WaLL FloWeR」で歌われる"素晴らしいと思えるように醜いと思ってみよう"という言葉の通り、肯定する強さを持った彼らの音は燦々と眩しく光っている。 GREEN APPLE『Variety』リリース! ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

Mrs. GREEN APPLE インフェルノ 歌詞&動画視聴

インフェルノ 歌詞 付き

Mrs. GREEN APPLEが、MBS/TBS系全国28局ネット"スーパーアニメイズム"枠にて2019年7月5日より放送スタートするTVアニメ"炎炎ノ消防隊"のオープニング主題歌を担当することが決定した。 同作は大久保篤によるダーク・バトル・ファンタジー漫画"炎炎ノ消防隊"(講談社"週刊少年マガジン"連載)のTVアニメ。 人が突如燃え出し、炎の怪物"焰ビト"となって、破壊の限りを尽くす"人体発火現象"。 その脅威に立ち向かう特殊消防隊たちを描くストーリーで、"ジョジョの奇妙な冒険"、"はたらく細胞"など様々な人気作品を手掛けるdavid productionがアニメーション制作を務めている。 Mrs. GREEN APPLEは、オープニング主題歌決定にあたり新曲「インフェルノ」を書き下ろし提供。 炎炎ノ消防隊、アニメ化おめでとうございます。 3年ほど前でしょうか、本屋に立ち寄った時に僕はこの漫画が放つ不思議な力に惹かれまして、 単行本1巻目を購入しました。 それ以来いちファンとしていつもワクワクさせてもらってました。 それから時が経ち、今回、炎炎ノ消防隊チームの皆さんが僕らを希望してくださった話を頂き、とても光栄で感慨深く、とても純粋に感動しています。 そのご期待に応えたい一心で一番最初に炎炎ノ消防隊から感じた不思議な力を僕らは音楽として昇華できるよう「インフェルノ」という楽曲を産み落としました。 疾走感ある楽曲になったと思います! とにかく今からアニメが楽しみで仕方ありません。 そしてOP、僕らMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」にも耳を傾けて頂けると嬉しいです。 GREEN APPLE「ロマンチシズム」 エアアジア 新CM"まってろ、アジア。 "篇 テーマ・ソング:Mrs. ギター・ロック成分に驚いた「インフェルノ」やエクストリームな「Ke-Mo Sah-Bee」、より素直なギター・ロック「嘘じゃないよ」、ロマ風の弦のアレンジと日本語に聴こえないAメロがユニークな「Viking」、ヴォードヴィル的な華やかさの中にQUEENを想起させる大仰な転調が盛り込まれた「lovin'」。 展開の多さでは「ロマンチシズム」も共通するニュアンスが。 また、大森元貴の歌と藤澤涼架のピアノのみで展開する「Circle」のシンプル故の個性。 そして、ありのままを定着させた理由は楽曲「Attitude」で確かめてほしい。 (石角 友香) 2019年第2弾シングルは資生堂"SEA BREEZE"のCMへの書き下ろし。 が、CMで流れるパンキッシュなブロックの次にキモになる"愛を愛し"という威風堂々としたサビが登場する。 そのあともめくるめく展開を見せるあたりが『ENSEMBLE』以降の曲構成といった印象。 「How-to」はアグレッシヴなエレクトロとエッジの効いたギター・リフ、トリガー的なドラム・フレーズが拮抗する仕上がりが痛快だ。 そして「月とアネモネ」は2014年にすでにあった曲を今回完成させたもの。 キメの複雑なポスト・ロック的なパートや大森と山中綾華(Dr)のAOR的なデュエットも聴きどころだ。 そのタイトルが"僕のこと"なのは、自分がどう生きているかを歌うことでしか、エールを送ることができないという意味なのではないだろうか。 静かな歌い出しから、ストリングスやホーンも加わったスケールの大きなサウンドが立ち上がるアレンジは、顔を上げると仲間やライバルのいるスタジアムを想起させ、ラストは静かに閉じる。 見事な構成だ。 アッパーななかに切なさが溢れるミセス節と言えそうな「灯火」、サンプリング的な感覚を生で演奏し、ピアノが存在感を示す「Folktale」も新章を示唆している。 (石角 友香) ミセスが3rdアルバム『ENSEMBLE』からわずか3ヶ月半でニュー・シングルをリリース。 本作では、久々にバンド・サウンドに回帰している。 映画"青夏 きみに恋した30日"の主題歌として書き下ろした表題曲は、疾走感溢れるアッパー・チューンで、同映画の挿入歌「点描の唄(feat. 井上苑子)」は、しっとりとしたデュエット・ソング。 尖った曲だけでなく、多くの人に対して開かれた曲の中でここまで彼らが裸になれたのは、今回が初めてではないだろうか。 (蜂須賀 ちなみ) 音楽そのもので夢や希望や理想を表現すること、それがMrs. GREEN APPLEの指標だったと、そもそもの彼らの志向が実現したことに快哉を叫びたくなる。 キヨサク from MONGOL800」など、多彩を超えて1曲ごとの強度が凄まじい。 そこにこれまでのミセス節が残るシングル群やEDMナンバーも加わり、さながら音楽のアミューズメント・パークが出現。 なんとも体験的だ。 (石角 友香) 前作『WanteD! WanteD! 』、そしてデジタル・シングル「WHOO WHOO WHOO」でバンドが表現するEDMの究極まで振り切ったミセス。 2018年第1弾はまた異なるベクトルに振り切ってきた。 まず表題曲の「Love me, Love you」はホーンが煌びやかで、ダイナミックに展開するミュージカルのようなビッグ・バンド・サウンドに驚く。 早くライヴで自由にリアクションしたい曲だ。 2曲目の「Log feat. 坂口有望 」はドラマ"僕たちがやりました"のサントラも作曲している注目のキーボーディスト/プロデューサー Kan Sanoとシンガー・ソングライター 坂口有望が参加。 また「春愁」も初音源化して収録。 (石角 友香) メジャー・デビュー2年で早くも5枚目のシングルとなる本作。 タイトル・チューンの「WanteD! WanteD! 」はコミック原作のドラマ・テーマならではの荒唐無稽さもありつつ、"このままでいいのか?"という10代の焦燥感はドラマ"僕たちがやりました"と自然とリンクする内容。 「On My MiND」は随所にデビュー当時からの代表曲「StaRt」をアップデートしたような仕上がりで、過去と今の対比が最もわかるナンバー。 (石角 友香) ツアー真っ只中のミセスから早くも4作目のシングルが到着。 売れない女漫才師が主役の映画"笑う招き猫"主題歌としてもしっくりくる仕上がりだ。 打って変わってアッパーで踊れる「スマイロブドリーマ」は、生音とエレクトロニックのいずれもがソリッド且つポップで突き抜けた仕上がり。 ビートのアプローチがユニークな「SwitCh」も含め、バンドがどんどんタフになっていく過程を体感できるシングル。 (石角 友香) これまでの10代の壊れやすくて柔らかい心を誰よりも理解し、並走してきたミセスのエモーショナルな部分はもちろん残しながら、より日本のロック・シーンのトレンドに拘泥することなく、純粋にポップ・ミュージックとしての完成度を圧倒的に上げてきた2ndアルバム。 プログレッシヴな展開を持つ「絶世生物」での楽器隊の成長、ストリングス・アレンジも決して大仰に聞こえない歌と演奏のダイナミズムが堪能できる「鯨の唄」や「umbrella」、エレクトロ・サウンドでヴォーカルも全編オートチューンのダンサブルな「うブ」、どこか海外ドラマのワンシーンを思わせる「Just a Friend」など、アルバムの中でピーク・ポイントが何度も訪れる。 シングル曲「サママ・フェスティバル!」、「In the Morning」も絶妙な流れで配置されている。 (石角 友香) シンセ・ポップの手法を勢いのあるアレンジで消化したサマー・チューン「サママ・フェスティバル!」の明るさから、硬派なメッセージを歌うバンドとしてのMrs. GREEN APPLEの第2章、そんな胸騒ぎがするのが今回の表題曲「In the Morning」だ。 よりピアノ・ロック感が増した印象は、他の楽器の音数も曲に必要なものかどうかを吟味したからだろう。 楽しいばかりじゃない、むしろちょっとしんどい朝の始まりに、無理矢理笑顔になることなく心を強く前向きに持てる、そんな1曲だ。 Track. Track. 3の「Oz」は寓話的な展開を様々な楽器の打ち込みで膨らませた音像もまさにマジカル。 (石角 友香) 白飛びするような夏の光と解像度の高い情景が、"サママママ・フェスティバル!"という若干突拍子もない歌い出しとともに、すごいスピードで描き出されるミセス流の夏曲が登場。 シンセ・ポップ寄りのアレンジだが、スピード感は加速した印象。 加えて、シングルでは各々独立した濃い意味合いを持つ楽曲を収録するというスタンスから、ピアノや弦楽四重奏が効果的に配置された「umbrella」は、大森がいつかのライヴで話していた"音楽を作らずにはいられないが、作ることによって苦しみもする"という心情がうかがえる。 もう1曲はライヴでも場面転換的な曲として人気の「ノニサクウタ」が音源化。 ミセスの特徴のひとつである"音楽隊"としての魅力を表現した、オーガニックなアンサンブルが楽しめる。 (石角 友香) テクニカル且つ踊れるビートのTrack. 1「愛情と矛先」や先行シングルのTrack. 2「Speaking」で鮮やかに聴き手を受容。 そしてライヴのラストなど重要な位置で演奏してきたTrack. 3「パブリック」もついに音源化したことから、今のミセスの覚悟が窺える。 また、スローなピアノ・バラードに明確に舵を切ったTrack. 6「私」の新鮮さ、ミセス流のグランジとも言えるTrack. 8「ミスカサズ」のヘヴィネスとソリッドさなど、美しさも黒い感情も振り切ったサウンド・プロダクションで表現。 明るくスタートし、徐々に内面に潜り、終盤では未来を見据えるような前向きなニュアンスが訪れるという"体験型"のアルバム構成だ。 テン年代ロックの未来を19歳の大森元貴という才能が描いたという意味でも記念碑的。 (石角 友香) 空気を読めるようになるとか、SNS上で尖った言葉にも傷つかないように殻を作ることは本当の強さだろうか。 メジャー1stシングルとしてもミセスの声明としても最強だ。 Track. 2「恋と吟(うた)」は曲作りを始めたころの楽曲で、思いの吐き出し先が音楽にしかない苦しさと表現者の宿命すら感じさせる切実さも。 Track. 3「えほん」は絵本を通じて無償の愛に包まれたころの記憶と自分もそれを持ち得る微かな光が見える。 (石角 友香) 遊園地もしくは高速チェンバー・ポップなTrack. 1「StaRt」は些細なことでも幸せと気づけないんならスタートに戻ろうという、ミセスの所信表明。 続く「リスキーゲーム」は最も古い曲ながら3度目のRECで最新型に。 深い海の底に沈むようなイントロが孤独という本質と"Love Person"の存在を示唆する「L. "鈍感vs繊細"という単純な図式に回収できない自分の命の濃さに翻弄されるような「VIP」、ボロボロになった気持ちにそっと毛布をかけてくれるような「ゼンマイ」、そして"こんな世界を未だ憎めないのは何故か"という歌詞の一節をリスナー自身で見つけるようにラストに用意されている「道徳と皿」の平熱のポジティヴィティ。 避けては通れないリアルな心情を変幻自在なポップ・ソングに結晶させた新たな世代の1枚。 (石角 友香) 家族、恋人、友人、同僚、クラスメイト、その他数え切れないほどの人、人、人。 不特定多数の人との繋がりの中で傷つき、転がり、そして救われていくことで自分がやっと見えてくる。 感情を共有するから喜怒哀楽が生まれる。 Mrs. GREEN APPLEは、初の全国流通盤となる今作でそういった大切なことを歌った。 作詞/作曲/編曲すべてを手がける18歳のフロントマン大森元貴の鋭いアンテナでキャッチされた混沌とした不安や孤独、敏感な心で感じる大切な人への願いは、5人の眩しい衝動によってすべて音に刷り込まれている。 「WaLL FloWeR」で歌われる"素晴らしいと思えるように醜いと思ってみよう"という言葉の通り、肯定する強さを持った彼らの音は燦々と眩しく光っている。 GREEN APPLE『Variety』リリース! ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の