おおかみ の おしっこ。 狼尿100%本物の効果はウルフピーだけが効果検証されています

「オオカミ(ウルフ)尿 340g」オオカミの尿のニオイで、効果的な害獣対策! あっと解消 本店

おおかみ の おしっこ

挑戦!畑で野菜を作ります!(by花)イベント 成長の巻き 「土からやり直すんだ」 え〜っ! またまた、韮崎(偽)さんが、劇中同様のお言葉。 それは確かに、花かあさんも何度か失敗して、土からやり直してから成功したんですが。 え〜っ! でも、優しい(偽)韮崎さんは、花かあさん達が出かけている隙に、こっそり土からやり直してあげたのでした。 って、これで良いですか? コマツナ失敗して、トマト失敗して、三度目の正直だから、劇中と一緒で良いですか?! ええと、何年も使われていなかった田んぼを畑として使おうという事だったので、やはりどうにも、手を入れないとダメだろうとの事で、ジャガイモ達はさらに植え直されたのでした^^; 写真をクリックすると、秘密の作業の全てが見られます。 この動画を撮っていた秘密の装備がこちら 数々の秘密が追加される予定の、おおかみなハウスで、現在は畑を見渡すおおかみEYEが動作中です。 そして、そのおおかみEYEが捉えた秋ジャガイモ植え付けの様子。 こちらが8月13日。 土からやり直したのは14日でした。 きっと、劇中同様の大豊作ですよね! ねっ! そして、「ウネを作れ」「もっと高く」とお相手もなく、かあさん達もまだ寝床な夜明け前から、(偽)韮崎さんの作業です。 クリックすると動画が見られます。 8月17日 土をしばらく落ち着かせて、植え付け直していただきました。 お一人で、本当にありがとうございました。 そして、9月3日がこちら。 そして、おおかみなハウスの中にはお子様用のおもちゃ。 ソーラーおおかみが赤外線の動体を感知するとライトで威嚇、このおもちゃがゴトゴトと音を立てるのです。 じつはこちら輸入品。 クリックすると動画が見られます。 さて 9月5日の畑の様子。 夜に土から出て来て、茎の根本を食べるそう。 立山があるので、富山は滅多に台風被害は無いそうで。 クリックすると一日の様子が見られます。 9月17日 台風一過で、枯れた茎を掘り出してみたら、、、根腐れをおこしていました。 もともと、ここが田んぼだったので、まだまだ「土からやり直すんだ」が足りなかったのと、今年は、とっても雨の日ばかりだったので、ダメになってしまったのですね。 秋も深まって、赤とんぼがやって来て、、、と言いたいのですが今年はまだまだ、とっても暑いです。 地下の方、お芋の種は育って来ているのですが、、、 10月9日 台風24号がかすめて行きました。 あり合わせで風除けを作ってしのぎます。 クリックすると動画が見られます。 10月12日 台風も無事やり過ごして、雑草をむしります。 なにか大きなカメラもいますが、気にせず雑草抜きです。 10月13日 さて、ジャガイモも生長して来たので動物除けの、おおかみピ〜(おしっこ)も本気の体勢で3つに増やします。 まだ、動物被害無し。 写っているのは一頭だけですが、10頭程の群れで、お家から200m程下です。 秘策!おおかみおしっこも出し惜しみ無しで迎え撃ちます。

次の

オオカミ(ウルフ)尿で害獣対策

おおかみ の おしっこ

イノシシ対策に使われているオオカミ尿には忌避効果がない 要約 イノシシの圃場侵入防止を目的に現場で使われているオオカミ尿の忌避効果を、オオカミが排泄した尿を吸収させた稲ワラを用いて試験したところ、忌避効果は皆無であり、オオカミ尿をイノシシ被害対策として使っても効果は期待できない。 キーワード:イノシシ、オオカミ、尿、忌避、鳥獣害• 担当:基盤的地域資源管理・鳥獣害管理• 代表連絡先:電話0854-82-0144• 研究所名:近畿中国四国農業研究センター・畜産草地・鳥獣害研究領域• 分類:普及成果情報 背景・ねらい 深刻化する獣害対策の一環として、かつてイノシシの天敵であったオオカミの尿を用いて、圃場への侵入を防ぐための対策が各地で行われている。 効果のない対策に投資することは農家にとって損失となるため、対策の効果を検証することが必要である。 そこで、オオカミが排泄した尿を吸収させた稲ワラを用いてオオカミ尿に対するイノシシの反応試験を行い、忌避効果の有無を検証する。 成果の内容・特徴• オオカミの尿を吸収させたワラ 以後、尿ワラ とサツマイモを同時に提示すると、供試した9頭の成イノシシ 雄5頭・メス4頭 のうち、8頭は尿ワラに対して警戒を全く示さない。 また、残りの1頭は試験開始直後に、尿ワラから離れたところで数秒間警戒を示した後、すぐに尿ワラを体に擦り付ける 図1、図2。 尿ワラの先にイノシシにとって嗜好性の高いサツマイモを提示すると、イノシシはサツマイモよりも先に尿ワラを摂食する 図3、図4。 オオカミの尿を用いてイノシシの警戒および忌避行動を発現させることは困難であり、本能的にオオカミの尿を忌避する可能性はきわめて低い。 そのため、オオカミの尿を被害対策に用いるべきではない。 普及のための参考情報• 普及対象:生産者、都道府県・市町村鳥獣害および畜産担当• 普及予定地域:イノシシによる農作物被害の発生地域および、これから発生すると予想される地域• 本研究はタイリクオオカミの尿を使用した。 その他:オオカミ尿の代わりに糞の利用が考えられるが、猛獣糞 ライオン、トラ、ヒョウ も効果がないことが分かっているので期待できない 成果情報名「匂い及び猛獣糞などに対するイノシシの行動」2003年度農研機構・近中四農研成果情報URL: 具体的データ その他• 中課題名:野生鳥獣の行動等の解明による鳥獣害の回避技術の開発• 中課題番号:420d0• 予算区分:交付金、委託プロ 動物行動• 研究期間:2003~2012年度• 研究担当者:江口祐輔、上田弘則• 発表論文等: 1 上田、江口ら 2005 Proc. Int. Congr. Appl. Ethol. 2 上田、江口ら 2008 NIAS No. 4 動物・昆虫の行動メカニズムを解明する:46-48.

次の

犬の糞とオシッコよけ対策、迷惑・被害を防止する方法

おおかみ の おしっこ

おおかみこどもの雨と雪について、分からないとことがあります。 教えてください! はなの畑だけが荒らされなかった、と森の人が言っている場面がありましたよね? なぜ荒らされなかったのでしょうか? 雪が動物たちから守ってくれたと思ったのですが、そんな簡単な理由じゃないよな、と思い質問させていただきました。 また、はなが、怖そうな顔のおじさんに、「おじさんが畑を広く持てといった意味が分かりました!」といっていましたよね? 「」の部分、正確でなくて申し訳ありません。 おじさんが、畑を広く持てとはなに言ったこの言葉の意味はどういう意味だったのでしょうか? 乱文で申し訳ございません。 お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください! ハナの畑だけ無事だったのは、単純にそこが雨と雪 おおかみ の縄張りだった為、他の動物は近寄れなかったからだと思います。 畑を広くする理由…そこは私も何故あのタイミングで「わかりました」なのか全く理解出来なかったんです… 他サイトのレビュー等見てみたら、先の回答者さんの言うようにどうやらおすそわけ、ご近所とのふれあいの為らしいのですけど… でも…じゃがいも作ってるお宅にじゃがいも持っていっても、普通は喜ばれませんから! その年はたまたま、雨と雪がいるせいでハナの畑だけが豊作だったみたいですけど、 そんな事はおじいさんが知る由もないし、他のお宅でもじゃがいもは作っていたみたいだったし… ワイワイ喧嘩しながら、アレとコレを植えろ!いやコレとソレだ!とか言っていたお爺さん二人組が居ましたよね。 私は最初、そこが理由なんだと思ってました。 一年通して作物を育てるなら、季節に合わせて同時進行で様々な物を作らなければなりませんから。 「じゃがいもが終わってから次のを作り始めたんじゃ遅いんだ、もっといろいろ作れ、他の物は他の得意な奴らに聞け。 ずっとこの土地で暮らしていくんだろう?」みたいな… でもあれ?何でこのタイミングで「わかりました」なの?と。 でも…話的にあの流れでならやはりご近所との交流の為なんですかね。 長々と失礼しました。 農家の子より。

次の