ガラケー女 デマ。 「“ガラケー女”と誤認」名誉毀損罪は成立するか? ネットでのデマや中傷は犯罪だ あおり運転事件、その後の被害

「“ガラケー女”と誤認」名誉毀損罪は成立するか? ネットでのデマや中傷は犯罪だ あおり運転事件、その後の被害

ガラケー女 デマ

茨城県守谷市の高速道路で起きたあおり運転事件で、車に同乗していた女性被疑者と似ているとして、デマを流され、誹謗中傷を受けた都内在住の女性Aさんが8月23日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。 8月16日に男性が指名手配され、氏名が明らかになった後から、Aさんのインスタグラムには「さっさと自首した方が身の為」「ガラケーババア!」など罵詈雑言が書き込まれ、Aさんが代表を務める会社には8月17日だけで280件の電話が殺到した。 Aさんは「いつ誰の身に起きてもおかしくない。 そうなった時にどう対応するのが正しいのかという知識をあらかじめ持っていないといけないなと思った」と振り返り、「拡散の恐ろしさを感じた。 軽い気持ちでリツイートしただけだから関係ないではなく、しっかり考えてほしい」と話した。 Aさんは17日朝、起床後に友人から連絡があり、自身の名前や顔写真がインターネット上に出ていると知った。 まさか自分のことだと思えず、「なんで?という思いが、まず一番最初にあった」。 状況が読み込めず、どうしてこうなっているか、また今後どうなるのか分からず、パニック状態だったという。 「(誹謗中傷の書き込みで)悪質な表現をする方が多くて、精神的ダメージも大きかった」。 インスタグラムが男性被疑者からフォローされていたことについては「本当に知らない方ですので、なんでフォローされたのかは分かりません」と話した。 類似事案の発生を抑止するため、いずれについても法的責任を追及し、「先例となる裁判例を取得したい」としている。 刑事告訴については検討中だという。 小沢弁護士は「リツイートだけしている人は、相対的には法的責任は軽い方だが、被害を拡大させた一番の要因は、リツイートした人がたくさんいることだと思っている」と指摘した。 加害者が分からないことから断られる 昼ごろ〜夕方 ネットで「Aさんが同乗女性という情報はデマ」という意見が増えていく 18日0時半 Aさんが経営する会社のHPで声明文を公開 18日午前 男性被疑者の逮捕報道 18日夜 女性被疑者の逮捕報道.

次の

「ガラケー女」デマを流された女性と弁護士の戦い 「叩きたい」安易な拡散に警鐘

ガラケー女 デマ

ガラケー女のデマを流された女性が市議を提訴!? どうやら市議の原田隆司さんが全く違う女性(「女社長さん」と言う噂も…)を「ガラケー女」だとデマを流した事により提訴されていると言うのです…。 茨城県の常磐道であおり運転をしたとして摘発された車に乗っていた「ガラケー女」とのデマをネット上で流されたとして、愛知県豊田市議を訴えた東京の会社経営の女性の代理人弁護士が31日、都内で会見した。 市議が和解の意向を示していることを明らかにした上で、「応じるつもりはない」と話した。 市議は原田隆司氏(57)。 女性の提訴後、原田氏は29日に自らのフェイスブック上で女性に謝罪する動画を投稿。 30日には豊田市役所で会見を開き、提訴されたことで批判や無言電話を相次いで受けたとし、「(女性の気持ちを)身に染みて感じた」などと陳謝した。 だが、女性は「過失があって非難が殺到するのと、いわれもない中傷をされた私とは全く質が違う」と憤っているという。 原田氏は会見で、女性が提訴するまでの間に「(代理人弁護士に)繰り返し電話したがつながらなかった」などとしたが、弁護士は「そうした事実はない」と反論。 女性は不信感を強めているといい、「気持ちが高ぶってしまう」としてこの日の会見には出席しなかった。 弁護士によると、これまでにツイッターの投稿者などと7件の和解が成立している。 今後も発信者が特定できれば、提訴する方針。 訴状などによると、原田氏は自らのフェイスブックに、事件とは無関係の会社経営の女性を加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 女性は名誉を毀損(きそん)されたとして、慰謝料100万円を求めている。 yahoo.

次の

「ガラケー女」に間違われた女性、デマ拡散の人たちに損害賠償請求 「死ね」「自首しろ」と10万件: J

ガラケー女 デマ

オオシバくん: あおり運転殴打事件で、『宮崎文夫容疑者と同乗していた女』とのデマ情報を流された女性が記者会見を行ったね。 平松デスク: そうだね。 ネットでの名誉毀損モノでは、泣き寝入りになってしまうケースが多いと思うんだけど、この女性が、記者会見まで開いたのは、ネットのデマ情報に対する危機感があったからだよね。 その決断に敬意を表したいと思う。 「朝起きたら、犯罪者扱いをされていた」というのは、本当に怖い話だ。 提訴だけではなく、刑事告訴も検討しているようだけど、実は名誉毀損罪が成立するのはなかなか困難なんだ。 オオシバくん: なぜ難しいの? 平松デスク: 今回のようなケースだと、デマ情報を流した人がどれぐらいの『悪意』を持っていたかを証明しなければならないんだけど、これが難しいのさ。 いかに、相手をおとしめよう、社会的評価を下げよう、名誉をないがしろにしようという認識を持っていたかを明らかにしなければならないんだ。 過去にも、ネット被害や中傷が事件になったことがある。 例えば、2017年東名高速であおり運転の末に、夫婦が死亡した事故。 あの時も、運転していた男についてデマの情報を流したとして、11人が名誉毀損容疑で書類送検された。 デマを流された人はかなり大きな被害を受けた訳だけど、結局11人全員が不起訴になったよね。 他にも書類送検された事件があるけど、おそらく不起訴になっているケースが多いはず。 検察としても、『悪意』の立証が困難な上、『軽い気持ち』での書き込みが多いので、刑罰を与えるのを躊躇せざるを得ないのだと思う。 オオシバくん: それは、ちょっと甘すぎじゃないの? 平松デスク: それは同感だね。 ネットでの中傷やデマでは、民事裁判にはなっても刑事事件にはならない、という印象が定着しちゃうと良くない。 だから、ちょっと極端な言い方をさせてもらうと、検察官は起訴して裁判までは持って行かないまでも、略式起訴してバンバン罰金刑にするべき。 『かるい気持ち』でも犯罪者になる、というメッセージを送る必要があると思うよ。 【イラスト:さいとうひさし】.

次の