フェイス シールド 学校。 学校にフェイスシールド 「清水誠装具店」が1千個

学校でフェイスシールド、必要か、過剰か? 感染症対策のプロに聞いてみた

フェイス シールド 学校

新型コロナウイルスの感染防止に欠かせないマスクだが、聴覚に障がいがある人たちは、このマスクで意思疎通が困難になる。 聴覚に障がいがある人たちにとって、口の動きや顔の表情というのは言葉を読み取るためにとても重要。 そこで今、聴覚支援学校の先生たちが子どもたちのためフェイスシールドを作っている。 宮城・仙台市太白区にある県立聴覚支援学校。 先生自らフェイスシールドを製作 機械システム科の実習助手・板垣昌悦さん: 実際作れそうなもので使えそうなもの、その折衷案を探して、これだったらみんなが納得してもらえるかなと 機械システム科の実習助手、板垣昌悦さん。 6月からの学校再開に向け新型コロナウイルスの飛沫感染から子どもたちを守るため、フェイスシールドを製作している。 機械システム科の実習助手・板垣昌悦さん: 子どもたちが一番。 子どもたちのために大人が何ができますか、わたしはこれを作ることができます。 それで何かしら貢献できれば ベースとなるヒノキの角材に、ラミネートフィルムを張りつけ、首にかけるフックには折り曲げが可能な配線用のケーブルを使用。 身長や体格の違う人でも使えるように工夫がされている。 口が見えないと会話が難しい 製作のきっかけは、高等部の主任を務める伊藤朝子先生の一言だった。 伊藤朝子先生: 聞き取りの授業見ていても、普段は普通に手話だけで話している生徒も口を隠しただけで、会話が成り立たなくなるのだと驚いた。 口元が見えないというのは、聞こえないみんなにとって、壁になるんだなと感じていました 聴覚に障がいがある人たちにとって、手話や筆談のほか、口の動きや顔の表情は、コミュニケーションをとるうえでとても大事なこと。 自身も聴覚に障がいがある中等部担任の羽生薫先生もマスクにより口や顔が見えないことが、生徒との意思の疎通を難しくしていると感じている。 羽生薫先生: 手話も1人ひとり個性があり、表し方が違うので、子どもたちがそこまで覚えてコミュニケーションをとることがとても難しい。 顔の表情が丸見えでコミュニケーション取ることが大きなポイント 座っている生徒のことも考え試行錯誤 初めは、一般的な頭に付ける形のフェイスシールドを製作した板垣さん。 しかし、「飛沫が座っている生徒に飛ぶのでは」という意見から試行錯誤の末、首に掛けて下への飛沫を防ぐ形に改良した。 これまでに製作されたフェイスシールドは教職員用の約70個。 生徒が安心できる安全な学校にしたい 学校が再開となる6月1日には子どもたちに安心して笑顔で登校してもらいたいと話す。 機械システム科の実習助手・板垣昌悦さん: 早くみんな一緒に集まって勉強したい。 みんなに会いたいその気持ちが一番だと思うんです。 それをサポートしてあげるのが、これ(フェイスシールド)ならいいなと思う 伊藤朝子先生: 学校は楽しくて安心できる場所と思ってほしい。 先生たちは顔が丸見えですよ、大丈夫ですよと見せたい 仙台放送.

次の

【新型コロナ】フェイスシールドどんな時に付けてる?改善点は?

フェイス シールド 学校

緊急事態宣言が解除されて、登校が再開し始めた。 そんな中、感染予防策として、透明なフィルムで顔全体を覆ってつばなどの飛沫が飛ぶのを防ぐフェイスシールドを児童・生徒につけさせる学校が増えている 福岡県粕屋町の小中学校では全ての児童・生徒にマスクとフェイスシールドを着用させ、大阪市の松井一郎市長は、市立小中学校の全児童・生徒と教員に、フェイスシールドを着用させる考えを明らかにしている。 感染対策の最前線にいる医療者たちからは、「過剰だ」などと批判の声も相次いでいる。 その一方で、耳が聞こえづらかったり発達障害がある子どもは、口元や表情を覆ってしまうマスクではコミュニケーションを取るのが難しくなってしまう。 学校でのフェイスシールドは必要なのか、過剰なのか。 何をどこまで配慮して、どう話し合うべきなのか? BuzzFeed Japan Medicalは、医療者や障害者差別解消法に詳しい弁護士など、様々な角度から、学校のフェイスシールド問題を考えてみた。 「明らかに過剰です」 「エビデンスに基づかない過剰な取り組み」 「こどもたちに要らぬ負担を強いる」 埼玉県立小児医療センター救急診療科長の植田育也さんは、「これは過剰だと思います。 かえってこどもたちに要らぬ負担を強いることになると思います」とツイートした後、こう見解を述べた。 フェイスシールドは、私たちみたいな、目の前でコロナ陽性の患者さんがゴンゴン咳をする様な状況で必要になるものです。 学校では、登校前の検温・症状チェック、手洗い、密な学習を避ける、+飛沫飛散防止の(予防でない)マスク着用、くらいで十分ではないでしょうか? 植田さんは産科で新生児にもフェイスシールドを導入する動きが広がっているという報道を見て、それにも疑問を投げかける。 「産婦さんの不安、産科の先生の気持ちはわかるのですが、予防効果はないと思います。 むしろ、 外れてしまってシールドが顔にかかって窒息したり、紐で首が締まったりしないか。 学校と同様、実害が出ないか心配です」.

次の

学校でフェイスシールド必要なのか? 「明らかに過剰」「障害ある子どもに配慮を」【#コロナとどう暮らす】(BuzzFeed Japan)

フェイス シールド 学校

口元が見えるオリジナルマスクで授業をする教員(左)=いずれも水戸市の県立水戸聾学校で 茨城県内各地から80人 22日に通常登校再開 聴覚に障害がある子どもたちが通う水戸市の茨城県立水戸聾(ろう)学校では、幼児から高等部までの80人が通う。 3月上旬から休校していたが、5月25日から、3つのグループごとに週1回、午前中のみ登校する分散登校を開始。 徐々に登校日を増やして、6月22日から通常登校を再開する。 この学校は、茨城県内で唯一の高等部があり、県内各地から子どもたちを受け入れている。 遠方に自宅がある生徒のために、敷地内には寄宿舎も設置されている。 新型コロナの感染防止のために、休校に合わせて閉鎖しているが、こちらも22日から再開する。 校長「障害者の生活のしづらさが浮き彫りに」 聴覚障害者は、手話のほかに相手の口の動きも、会話を把握する情報源にすることから、奥岡智博校長は「マスクをしていると、相手の言っていることが分からないなど、今回の感染拡大で障害者の生活のしづらさが一層浮き彫りになった」と語る。 感染予防をしながら、生徒らに授業内容を伝えるために、教員たちは、顔全体を透明のシートで覆い、飛沫(ひまつ)感染を防ぐ「フェイスシールド」を着用しながら授業に臨む。 そのほか、口元の部分に透明のビニールを貼り付け、口の動きが分かるようにしたオリジナルのマスクを作製した教員もおり、生徒らに寄り添った工夫を凝らしている。 また、寄宿舎が閉鎖されていることから、遠方の自宅から登校日に通うことができない生徒のために、高等部ではオンライン授業も取り入れ、自宅にいても授業が受けられるようにしている。 高等部の新入生歓迎会、7人を除きオンライン 5日は、高等部で新入生歓迎会があった。 例年は、教室に1〜3年生全員が集まるが、この日は分散登校のために、1年生6人と専攻科1人の計7人しか登校しておらず、残りの2、3年生はオンラインで参加した。 オンラインで開催された新入生歓迎会 全員が画面越しに自己紹介をし、「学校が再開したら、皆さんと会えるのを楽しみにしている」「早く落ち着いて、毎日学校に行けるようになってほしい」などと手話で語り合った。 奥岡校長は「マスク着用や寄宿舎を毎日消毒するなど、しっかりと対策をして再開したい」と話した。 はり・きゅう実習ある盲学校、洗濯や消毒徹底 一方、視覚障害者が通う県立盲学校(水戸市)では、はり・きゅうの実習でマスクを着用し、使用したタオルや用具を毎回洗濯する予定。 生徒らが教員の腕や肩を持って進む手引きも、移動前後の手洗いを徹底する。 御子柴和之教頭は「人の体に触れないわけにはいかない場合もあるので、きちんと消毒をするなど対策をしていきたい」と語った。

次の