共同通信社杯プレミアムカップ 賞金。 オートレース、青山周平が初優勝 共同通信社杯

プレミアムカップオートレース

共同通信社杯プレミアムカップ 賞金

共同通信社杯ヤングダービー 優勝戦 6名 各準優勝戦上位2名 準優勝戦 得点上位18名 予選 4日間 出場資格 30歳未満の選手のうち 勝率上位選手・トライアル優勝者。 ただし事故率は0. 40未満。 出場選手の性別は問わない。 主催者 各市町村、組合 開催地 持ち回り 開催時期 9月中旬 - 下旬 第1回執行日 次回開催予定 開催期間 第6回大会 9月17日 - 22日 開催地 ヤングダービー競走(ヤングダービーきょうそう)(英語名称: KYODO NEWS CUP YOUNG DERBY) は、30歳未満の若手レーサーを対象としたのである。 末期のからの流れで、が後援し、優勝杯を提供している。 CM・広告では「新鋭王座決定戦」が使われている。 本項ではヤングダービー競走に関連するイースタンヤング競走、ウエスタンヤング競走、ルーキーシリーズ競走についても記述する。 概要 [ ] 本競走の前身としてが30年余り開催されていたが、30歳未満の選手による若手選手育成と迫力のあるレースの提供をめざし、新鋭王座決定戦競走を2014年からリニューアル。 デビュー6年目未満の選手のみから、30歳未満の選手のみに出場条件を変更し、最大16回出場できるようになった (新設競走が加えられるのはの以来、2年ぶり13レース目。 なお、本競走と同じプレミアムGI競走となるが2019年より新設されるため、本競走は最新のプレミアムGI競走ではなくなっている)。 なお、2017年からルーキーシリーズに設定されたオーバーエイジ枠は、6年目以上の選手であっても30歳未満であれば参戦可能であるヤングダービーでは設置する必要性がないため設定されていない。 ほぼ男子選手のみが出場していた新鋭王座決定戦競走とは異なり、ヤングダービーでは30歳未満であれば女子選手にも出場の機会を与えており、第1回より毎年少数ながらも女子選手が出場している(過去にや、らと言った数人のA級トップクラスの女子選手が出場。 1985年7月生まれの平山は第1回のみ参加資格を有していたが、1988年2月生まれの遠藤は第4回まで、同年10月生まれの小野は第5回までの参加資格があった)。 なお、このうち2018年の第5回では7人の女子選手が参加し、その中でが女子で初のヤングダービー優勝戦進出を果たした(結果は6着)。 大山は1996年2月生まれであり、現行の規定では2025年開催の第12回までの参加資格を有している。 出走ファンファーレはルーキーシリーズと同じものを使用している。 出場資格 [ ] 開催年の9月1日現在で30歳未満(性別問わず)の選手が対象である。 よって、20代後半でデビューした選手は例え若手であっても出場することは難しいか、あるいはできない競走である(などがこれに該当したため、ヤングダービーの出場が適わなかった選手もいる)。 選考期間は開催前年の7月1日から開催年の6月30日まで。 優先出場権獲得者• 前年度優勝者• イースタン・ウエスタンヤングの優勝者(各1名、重複の場合は予備から繰り上がり)• 選考期間内における勝率が上位の選手。 選出除外• フライング休みが当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合。 選考期間内の出走回数140回未満の選手。 選考期間内の0. 40以上の選手。 による選出除外となるプレミアムGI、GI、GIIの罰則期間が当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合 (女子戦除外は当競走の斡旋には影響ないが、番組編成でオール女子のレースが組めなくなる)• イースタン・ウエスタンヤングの優勝戦でスタート事故を起こした場合(この場合は斡旋が決まっていても取消になり、取消があった人数分の予備選手を繰り上げる)• 負傷・病気・出産等により出場を辞退した選手。 褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手。 賞金 [ ] 優勝賞金は1000万円(副賞金含む) の罰則 [ ] フライングや出遅れをした選手には厳しい罰則が課せられている。 罰則適用のレース名 出場資格 罰則の内容 優勝戦 各準優勝戦上位2名 フライング休み終了後、当該事故1回につき 6ヶ月間プレミアムGI・GI・GII競走の選出除外 準優勝戦 予選1位-18位 フライング休み終了後、当該事故1回につき 3ヶ月間プレミアムGI・GI・GII競走の選出除外 エピソード [ ]• 第1回 - 優勝戦は1号艇・2号艇・5号艇の3人が(フライング)。 総発売額の97. 歴代優勝者 [ ] 出典はボートレースオフィシャルウェブサイトにあるの各回ページより。 回数 開催年 優勝戦日 開催場 優勝者 選手名 登録番号 年齢 所属支部 枠番 コース 決まり手 1 (平成26年) 4444 27 4 5 恵まれ 2 (平成27年) 4391 29 1 1 逃げ 3 (平成28年) 4544 28 1 1 逃げ 4 (平成29年) 4547 29 1 1 逃げ 5 (平成30年) 4851 23 1 1 逃げ 6 (令和元年) 4688 26 1 1 逃げ 開催予定 [ ] ヤングダービー [ ]• 第7回大会 (令和2年)9月17日 - 22日• 第8回大会 (令和3年)9月21日 - 26日 ボートレース徳山 イースタンヤング競走 [ ]• 第8回大会 (令和3年)6月12日 - 17日 ボートレース戸田 ウエスタンヤング競走 [ ]• 第8回大会 (令和3年)6月13日 - 18日 ボートレース宮島 イースタンヤング・ウエスタンヤング [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年8月) ヤングダービー競走のプレシリーズとして「 イースタンヤング」と「 ウエスタンヤング」の2競走が行われる。 共にGIII競走である。 優勝者のみがヤングダービーへの優先出場権を得る。 2014年にヤングダービーの新設とあわせて新設された。 イースタンヤングはボートレース桐生からボートレース住之江まで の区分に属するレーサーによって、ウエスタンヤングはボートレース尼崎からボートレース大村まで の区分に属するレーサーによって行われる。 出場できるのはそれぞれの地区毎に30歳未満 でかつ過去半年間の級別審査期間勝率上位者(出走回数70走以上・褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手およびヤングダービーの歴代優勝者 は除外)とし、女子選手も出場可能である。 第7回大会(2020年)は、イースタンヤング・ウエスタンヤングの前年度優勝者とルーキーシリーズ優勝者に優先出場権が与えられるとともに、ヤングダービーの歴代優勝者が選出除外にならなくなった。 過去、両大会からヤングダービーの優先出走権を手にしたのは第4回大会(2017年)のイースタンヤングを制したのみだが、片橋は本戦のヤングダービーでも優勝戦に進出した。 (4号艇・妨害失格) 出走ファンファーレはこの競走もルーキーシリーズと同じものを使用している。 歴代優勝者 [ ] イースタンヤング [ ] 回数 開催年 優勝戦日 開催場 優勝者 選手名 登番 年齢 級 支部 枠番 コース 決まり手 1 (平成26年) 4444 27 A1 埼玉 4 4 差し 2 (平成27年) 4397 28 A1 大阪 4 4 まくり 3 (平成28年) 4470 29 B1 三重 1 1 逃げ 4 (平成29年) 4677 29 B1 滋賀 4 4 抜き 5 (平成30年) 4532 29 A2 埼玉 4 4 まくり 6 (令和元年) 4659 28 A1 大阪 2 2 まくり ウエスタンヤング [ ] 回数 開催年 優勝戦日 開催場 優勝者 選手名 登番 年齢 級 支部 枠番 コース 決まり手 1 (平成26年) 4477 26 A1 福岡 1 1 逃げ 2 (平成27年) 篠崎仁志 4477 27 A1 福岡 2 2 抜き 3 (平成28年) 4451 28 A1 福岡 1 1 逃げ 4 (平成29年) 4504 29 A1 福岡 4 4 まくり差し 5 (平成30年) 下関 4848 23 A1 福岡 1 1 逃げ 6 (令和元年) 丸亀 4739 27 A1 香川 3 3 まくり差し 7 (令和2年) 児島 4885 24 A1 福岡 1 1 逃げ ルーキーシリーズ [ ] ルーキーシリーズ 優勝戦 6名 各準優勝戦上位2名 準優勝戦 得点上位18名 予選 4日間 出場資格 デビュー6年目未満である選手 またはオーバーエイジ枠で6年目以上 30歳未満の選手の一部 主催者 県市町・組合・企業団 開催地 各競艇場 次回開催予定 ルーキーシリーズとは、若手選手を対象としたのとして長らく開催されたが、2014年度からの番組改正 の実施に伴い、一般競走に変更された。 これに伴い2014年に「新鋭リーグ戦」から名称変更されている。 出場資格 [ ] 年齢関係なく、当該年の1月1日現在でデビュー6年未満かつ過去にあった新鋭王座決定戦競走に優勝していない選手のみである。 ただし、2017年度(同年4月開催)からデビュー6年目以上であっても30歳未満かつSG競走で優勝戦に進出していない選手であれば参戦可能な枠が最大で6人までの条件で設定されている。 過去のルーキーシリーズ競走ではオーバーエイジ枠に入った選手ではが1着となった 他、が1着のみを記録すると言う完全優勝を果たしている。 性別の制約はないが、女子選手は基本的に一般戦のヴィーナスシリーズおよびG3競走のオールレディース競走に参加するため出場していない。 ルーキーシリーズには専用の出走ファンファーレが用意されている。 このファンファーレは2010年4月に採用を開始した新鋭リーグ戦時代末期のものを引き継いでいる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 本競走の前進である新鋭王座決定戦競走の最後の優勝者であるについては、本競走が「新設大会と同じ扱い」となるため優先出場権は与えられず、新制度下における新鋭リーグ戦優勝者に対する優先出場権もなかった。 このため第1回の競走のみ前年度優勝者の優先出場権獲得者の設定がなかった。 GIは「GI競走開催要綱第10条第1項に基づく出場資格の喪失期間と重複するため」である。 群馬の桐生、埼玉の戸田、東京の江戸川・平和島・多摩川、静岡の浜名湖、愛知の蒲郡・常滑、三重の津、福井の三国、滋賀のびわこ、大阪の住之江の以上12場• 兵庫の尼崎、香川の丸亀、徳島の鳴門、岡山の児島、広島の宮島、山口の徳山・下関、福岡の若松・芦屋・福岡、佐賀の唐津、長崎の大村の以上12場• オーバーエイジ枠は、この両レースでも30歳未満であれば参戦可能であることから、設置する必要性がないため設定されていない• 第1回ヤングダービー優勝者のは、第2回イースタンヤングだけでなく第3回イースタンヤングも、「第1回ヤングダービー優勝者」として選出除外されている。 出典 [ ]• BOAT RACE official web 2013年10月22日. 2013年10月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年10月27日閲覧。 - ボートレース公式ホームページ。 2018年9月24日発信、同日閲覧。 - 西日本スポーツ。 2018年9月24日6時発信、同年同月27日閲覧。 2013年7月20日, at the. - スポーツ報知 2014年9月29日• - SANSPO. COM 2014年9月29日• www. boatrace. 2019年3月27日閲覧。 www. boatrace. 2019年3月27日閲覧。 - Sanspo. com「ZBAT! ボート」。 2017年3月8日3時45分発信、2018年10月29日閲覧。 - マクールオフィシャルサイト。 2018年10月29日閲覧。 - 日刊スポーツ。 2018年6月21日18時39分発信、同年10月29日閲覧。 - 中日スポーツ。 2018年5月18日発信、同年10月29日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

プレミアムカップ2019

共同通信社杯プレミアムカップ 賞金

プレミアムカップ初Vを果たした青山周平 飯塚オートの『特別GI共同通信社杯プレミアムカップ』(優勝賞金600万円)は22日、第12Rで優勝戦が行われ、トップスタートを決めた青山周平(35)=伊勢崎31期=が逃げ切り1着。 大会初、通算13度目のGI制覇を果たすとともに、年末のSSトライアルへのポイントを10点獲得した。 「うれしいけど、スピード戦にできなかった。 そこは永遠の課題ですね。 でも、下回りをやってスタートが持っていってくれた」 昨年のMVPが持ち前のスタート力とテクニックで2強対決を制した。 今回は無観客開催となり「お客さんがいないのは寂しいです」とポツリ。 しかし、「最近は前みたいな走りができなかったけど、今回は部品を換えて、兆しが見えた。 全てがいい方向にいった」と周平スマイルがはじけた。 来月には当地でオールスター(4月25~29日)が行われる。 4月から適用される新ランクでNO・1に返り咲く青山が、今年もSG戦線を引っ張っていく。 (渡辺寿輔).

次の

オートレース グレードレース特集

共同通信社杯プレミアムカップ 賞金

飯塚オートの特別G1共同通信社杯「プレミアムカップ」は最終日の22日、最終12Rで優勝戦(1着賞金600万円)があり、2大会連続準Vだった青山周平(35)=伊勢崎=が、トップSから後続の追撃を何とかしのいで大会初制覇。 G1通算では13度目のVを挙げた。 2着は、大会連覇と当地G1連続Vを狙った鈴木圭一郎(25)=浜松=が入り、地元から唯一勝ち上がっていた荒尾聡(38)=飯塚=が3着。 インタビューでは、「めちゃくちゃうれしい」と口を開いたが、その後は、まるで敗者の弁だった。 準決後に下周り整備。 それ自体は「Sももっていってくれた」と大きくプラスに作用した。 しかし、曇って冷えた気候に調整を合わせ切れず、後続を抑えるレースに徹したことに、納得がいかなかった。 「正直、守り切れた、という感じ。 試走から伸びがなかった。 もちろん勝ててうれしいが、反省点は残る。 スピード戦に持ち込めなかったのは、自分の至らなさ」と、反省の言葉が次から次に口を突いて出た。 それでも「一番の勝因」と振り返ったSは、初日から抜群の切れ味。 今年に入ってから満足な動きが出なかったエンジンも、「いい時からしたらまだ足りない」とはいえ、「今回の部品交換で少し兆しが出た」と着実に手応えを得た。 今後は「自分の至らなさを見つめ直して出直したい」。 そのためには「もっと整備力が必要」。 4月から7期ぶりにS1に復帰する男は、業界屈指の調整能力を身につけ、後続を大きく引き離すレースを目指す。 千葉県出身。 2011年7月デビューの31期。 デビュー1年3カ月の史上最速でS級入り。 15年の川口スーパースター王座決定戦でSG初制覇。 SG3Vの19年は初のMVPを獲得した。 通算499勝、49V(SG7、G1 13、G2 4)。 163センチ、53キロ。 血液型O。 【戦い終わって】 鈴木圭一郎(2着)車は悪くなかったけど、内に向けても変わる感じはなかった。 荒尾 聡(3着)車は仕上がっていた。 もったいないことをした。 高橋 貢(4着)Sはタイミングというより合っていなかったね。 車は準決より良くなっていたよ。 丹村飛竜(5着)手前からグッときていたし、車はいい状態だった。 中村雅人(6着)Sは見ちゃったね。 車は良かったが、4周目くらいからタイヤが食いつかなかった。 若井友和(7着)Sも切れて自分なりには良かった。 周りが速かった。 永井大介(8着)キャブの根本的な調整が合っていなかったね。 パッとしなかった。 浜松で大整備。

次の