アントニオ カッサーノ。 アントニオ

レアル時代の生活を振り返るカッサーノ「毎日セックスをしていた」

アントニオ カッサーノ

カッサーノ氏のデビューは1999年。 当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれた。 そこからスターダムを駆け上がるかと思いきや、度重なる問題行動で多くのクラブを転々としていった。 それでもそのスキルは本物。 サンプドリア時代の2010年3月21日に行われたセリエA第29節のユベントス戦では、見事なゴールを決めている。 ゴールレスで迎えた77分、サンプドリアはGKマルコ・ストラーリのゴールキックをMFダニエレ・マンニーニが落とし、これにカッサーノが反応。 ギリギリのところでボールを拾い、やや体勢を立て直すと、そのまま相手の意表を突くロングシュートを放つ。 これを相手GKアントニオ・キメンティが手に当てるもボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ゴールキックからわずか4タッチでのこのゴールが決勝点となった。 なお、ユベントスのGKキメンティはこの失点への怒りから拳でテーブルを殴り、右手の指を骨折している。 関連ニュース サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス 36 がユベントス時代に決めたゴールだ。 かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。 中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たしている。 クラブキャリアを通じて200ゴール以上を決めてきたテベスだが、ユベントス時代の2015年3月22日に行われたセリエAのジェノア戦では見事なゴールを決めている。 0-0で試合が拮抗し始めた25分、敵陣右サイド深くで相手のパスをカットしたMFロベルト・ペレイラが、ボックス手前にいたテベスへとパス。 これを受けたテベスは、キレキレのドリブルでDF2人を引き剥がしてボックス右に侵入。 やや角度はなかったものの、No. 10が右足を振り抜くと、強烈なシュートがGKマッティア・ペリンの守るニア上のバーを叩いてゴールに吸い込まれた。 このシーズンのテベスは点取り屋として大車輪の活躍。 公式戦60試合に出場し34ゴール11アシストと圧巻の数字を残したが、シーズン終了後に古巣ボカ・ジュニアーズへ復帰。 欧州での最後のシーズンとなった。 2020. 28 21:45 Sun サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFのスティーブ・マクマナマン氏が、レアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 リバプールでドリブラーとして活躍したマクマナマン氏は、1999〜2003年にかけてマドリーでプレー。 在籍4年で14ゴールと得点は多くなかったものの、1999年9月12日に行われたラ・リーガ第3節のアスレティック・ビルバオ戦では見事なゴールを決めている。 1点ビハインドのマドリーは20分、ハーフウェイライン付近右サイドでボールを受けたマクマナマンがドリブルを開始。 独特の間合いとタイミングでマークを剥がすと、寄せてきたもう1人も切り返しでかわす。 前を向いたマクマナマンは、MFサビオとのワンツーで一気にボックスへと侵入し、左足でシュート。 ふわりと浮いたシュートは優しくゴールネットを揺らした。 マクマナマン氏は、マドリーでは中盤の様々なポジションでプレーし、4シーズンで2度のチャンピオンズリーグ優勝や2度のリーグ制覇に貢献した。 2020. 28 17:45 Sun サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたゴールだ。 行く先々でストライカーとして結果を残すスアレスだが、アヤックス時代にも在籍3年半で159試合111ゴール68アシストと大暴れしていた。 中でも見事だったのが、2008年9月25日に行われたKNVBカップ2回戦のユトレヒト戦でのゴールだ。 右サイドで先発したスアレスは、0-0で迎えた70分、敵陣ボックス付近でFWクラース・ヤン・フンテラールからパスを受けると、ボックスに侵入しながらマッチアップしたDFを華麗なフェイントで完璧に抜く。 角度のないところから思い切り右足を振り抜くと、強烈なシュートは相手GKとニアポストのわずかな隙間に突き刺さった。 右サイドからの仕掛けに見慣れないロン毛と、今のスアレスとはやや異なるスタイルであったが、持ち前の決定力は当時から健在だったようだ。 2020. 28 12:45 Sun サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏がバイエルン時代に決めたゴールだ。 シャビ・アロンソ氏は、2004年にレアル・ソシエダからリバプールに加入し2005年のチャンピオンズリーグ優勝などに貢献。 2009年までリバプールでプレーした後にレアル・マドリーに移籍し、2014年からはバイエルンに所属していた。 2016-17シーズン限りで現役を引退したシャビ・アロンソ氏だが、自身にとって最後のシーズンの開幕戦、2016年8月26日に行われたブレーメン戦では、衰えを感じさせない見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた9分、バイエルンは敵陣に攻め込むと、右サイドからクロスを供給する。 このボールは相手DFルカ・カルディローラのクリアに遭うが、そのボールはボックス外中央にいたシャビ・アロンソのもとへ飛ぶ。 トラップしたシャビ・アロンソはボールの落ち際を右足で正確にミート。 放たれたシュートは、ややアウト回転がかかりながらゴール右上隅へ飛び、相手GKフェリックス・ヴィートヴァルトの懸命に伸ばした右手を弾き、ゴールネットを揺らした。 このシーズンを最後に現役を引退したシャビ・アロンソは、レアル・マドリーのインファンティルA U-14チーム を指揮した後、今季から古巣ソシエダのBチームを指揮している。 2020. 28 10:30 Sun サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフェネルバフチェのトルコ代表MFエムレ・ベロゾグルがインテル時代に決めたゴールだ。 1980年生まれ、現在39歳のエムレは若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。 その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリー、バシャクシェヒルを経て、現在は再びフェネルバフチェでプレーしている。 インテルでは4年間プレーしたが、2002年12月7日のセリエA第13節ラツィオ戦が最大のハイライトだった。 ラツィオのFWクラウディオ・ロペスにハットトリックの食らい、37分の時点で0-3と3点のビハインドを負ったインテルだが、ここから巻き返す。 38分に相手のオウンゴールで1点を返して迎えた後半22分、エムレはハーフウェイライン付近でボールを受けると、ラツィオ守備陣が整いきっていないことを確認し、前線へとボールを運ぶ。 ラツィオのDFたちがマークマンを優先させ、エムレへのプレッシャーを怠ると、ペナルティーアーク手前からGKアンジェロ・ペルッツィの位置を見て、左足で優しいループシュートを放ち、ネットを揺らした。 このゴールの8分後、エムレは今度は右足でミドルシュートを叩き込み、絶望的な状況から追いついてみせた。 結局、試合は3-3の引き分けで終了。 この試合でのエムレの活躍はインテリスタの語り草となっている。 2020. 27 17:30 Sat.

次の

これが天才!“悪童”カッサーノがGKから4タッチで決めたロングシュート!【インクレディブル・ゴールズ】【超ワールドサッカー】

アントニオ カッサーノ

「人生で最も悲しいことは、才能を無駄遣いすることだ。 この人生の教訓を誰よりも理解しているサッカー選手は、アントニオ・カッサーノだろう。 35歳のカッサーノは、サッカー人生においていくつもの恐るべき選択をしてきた。 中でもその最たるものは2006年1月にASローマのチームメイト、フランチェスコ・トッティのアドバイスを無視してローマを去り、レアル・マドリーへ移籍したことであろう。 カッサーノはその翌月、『コリエレ・デロ・スポルト』紙のインタビューでこう話している。 編集部のおすすめ• 「トッティは僕に言ったんだ。 『アント、いいか。 世界のどこか別のところへ行って100%平穏でいられなくなるくらいなら、年収は減っても幸せでいるほうがいいんだぞ』って。 でも僕はレアルからのオファーに舞い上がっていたんだ。 もしあの時フランチェスコ(・トッティ)の言うことを聞いていれば、あと10年か15年はローマで彼と一緒にプレー出来ていたんだろうな」 しかしカッサーノはそうしなかった。 その結果、スペインで過ごしたたった18カ月の間、その時間の大半を「女」と「食べ物」に溺れながら過ごすこととなる。 これは彼が最も愛するものだ。 彼は、当時の出来事を生々しく振り返る。 彼の仕事は僕がSEXをした後に、僕のもとへ3つか4つのお菓子を運ぶことだったよ。 彼が階段を上がってお菓子を持ってくると、僕は女を奴のほうへ追いやって、そのお菓子と交換したんだ。 奴は女を連れて行き、僕はお菓子を食べる。 SEXした後に甘いものを食べるなんて、まさにパーフェクトな夜だよね」 だが、誰が見ても明らかなように、その食事は試合前のものとしては理想的ではなかった。 そしてそれは当たり前のごとくチーム関係者を激怒させ、カッサーノは体重が1グラム増える度に罰金を払うこととなったのだ。 マスコミからは、「ゴルディート(おデブ)」というあだ名までつけられてしまった。 この懲罰によりカッサーノは多額の金を支払うこととなったが、それでも誰も彼を止めることはできなかった。 そして、彼はレアルのユニフォームを着て活躍することなくスペインを去る。 リーガ・エスパニョーラに出場したのは19試合、わずか2得点しかあげられなかった。 少年時代、カッサーノはプッリャ州バーリという商業都市の石畳で技術を磨き、素晴らしく独創的なドリブルを手に入れた。 そこから数十年が経った今、自暴自棄な帰還を果たすこととなるとは当時の彼でさえも想像していなかっただろう。 「彼は、信じられない才能の持ち主だった」 そう、レアルの伝説のキャプテン、ラウール・ゴンサレスは言っている。 「あんな選手は見たことがなかったね。 彼が人生の別の時期にレアルに来ていたら、おそらく違った結果になっていただろう」 しかし本当にそうだろうか。 カッサーノはサンプドリア、ACミラン、インテル、パルマで成功を謳歌し、イタリア代表でも活躍した。 17歳の時にインテル戦で見る者を驚愕させるゴールをあげ、桁外れの才能を見せつけたカッサーノは、その後ローマでトッティとピッチの中でも外でも素晴らしいコンビとなった。 そしてユーロ2012では、マリオ・バロテッリとの奇妙で効果的なパートナーシップを確立し、イタリアを決勝進出に導いた。 カッサーノとバロテッリは、非常に気の合う同志になったのだ。 だが、カッサーノの絶頂期はそう長くは続かなかった。 素早いフットワークで相手ディフェンダーを翻弄することはできても、長く好調を維持することは全くできなかった。 そして今シーズン、彼は昨年セリエBから昇格したばかりのエラス・ヴェローナに移籍することを決意したが、そこでもまたひと悶着を起こす。 今年の4月、カッサーノが『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙にこう語っている。 「僕は誰にも似ていない。 2カ月後には復活するんだ。 目にもの見せてやるよ」 ある意味では彼の主張は正しかった。 カッサーノは唯一無二の人間だ。 彼のように予測できないことを成し遂げる能力を持ったものは他にはいない。 7月10日、カッサーノは約束通りヴェローナでサッカー人生をリスタートさせた。 だが、プレシーズンの親善試合に2試合出場した8日後、まさかの引退宣言をしてセンセーションを巻き起こすこととなる。 しかしその数日後、カッサーノの妻がSNSで「カッサーノは別のクラブでサッカーを続ける」と暴露してさらに事態をややこしくする。 ところがその暴露から数時間後には、カッサーノが「ジェノバにある自宅で家族と過ごす時間を増やすため、とにかく引退するのだ」と断言し、これ以上ないほどに事実がうやむやになった。 ヴェローナのマウリツィオ・セッティ会長が「あいつの頭はどうかしている」と批判したのも、もっともだ。 だがそれでも冒頭の「ブロンクス物語」で主人公が学んだ通り、人間は「どんな人でも、ありのままを受け入れなければならない」のだ。 バーリ出身の貧しい少年であったカッサーノは、サッカーの才能には溢れてはいるが、ありのままの受け入れ方が少々違う。 自暴自棄の傾向がかなり強い人物なのだ。 かつてアンドレア・ピルロが嘆いていた言葉が心に染みる。 「カッサーノは700人以上の女性と寝たと言っているけど、二度と代表チームに選ばれないとしたら彼は幸せになれるのだろうか?」 その問いに答えを出すのであれば、残念ながら「なれない」が正解だ。 カッサーノの最大の敵は、常に自分自身である。 「もっとよい人生が歩めなかったのは、自分自身のせいだ」とかつて彼は告白している。 少なくとも自身でそのことを自覚しているようだ。 「僕はサッカー人生において、自分の実力の50%しか発揮していなかったんだ。 でも自分のベッドを作ったのは自分自身だからね。 だから僕はそこで寝るしかないんだよ」 人生において受け入れがたい誘惑や困難をそれでも「受け入れる」ことは大切ではあるが、それに「立ち向かう」ことも時には必要なのではないだろうか。 特にカッサーノの人生においては。 なんにせよ、全てのチャンスを失った今、彼に何を言っても後の祭りだ。

次の

アントニオ カッサーノとは

アントニオ カッサーノ

年齢 出場 評価 スピ テク パワ スタ ラフ 個性 PK FK CK CP 交換 知性 感性 個人 組織 23歳 19225 2. 53 7 10 7 7 10 10 6 2 8 5 A 0 5 0 0 24歳 8718 2. 18 5 8 5 5 10 10 6 2 8 5 C 0 5 0 0 25歳 9079 2. 55 7 10 7 7 10 10 6 2 8 5 A 0 5 0 0 26歳 4774 2. 18 5 8 5 5 10 10 6 2 8 5 C 0 5 0 0 27歳 4906 2. 54 7 10 7 7 10 10 6 2 8 5 A 0 5 0 0 28歳 3935 2. 57 7 10 7 7 10 10 6 2 8 5 A 0 5 0 0 29歳 1883 2. 02 2 3 1 1 10 8 6 2 8 5 D 0 5 0 0 30歳 1595 2. 51 7 10 7 7 9 9 6 2 8 5 S 0 5 0 0 31歳 1155 2. 43 7 10 7 7 9 9 6 2 8 5 A 0 5 0 0 32歳 606 2. 01 4 7 4 5 8 9 6 2 8 5 C 0 5 0 0 33歳 387 2. 12 6 9 6 6 8 9 6 2 8 5 A 0 5 0 0 34歳 359 2. 03 5 8 4 5 8 9 6 2 8 5 B 0 5 0 0 35歳 120 1. 88 0 0 0 0 10 10 6 2 8 5 A 0 5 0 0 シーズン別成績.

次の