出会い バー。 出会いバーで素敵な人に出会おう!東京のおすすめ出会いバー29選

一人飲みで出会いのある東京のスポットは?都内立ち飲みバーを考察!

出会い バー

まさか別れるなんて考えていないだろう と高を括っていた私は、急に崖の淵に立たされた。 当時遊んでいたタメの医者(これが別れた原因である)も「遠くに転勤になるから会えなくなる。 」と連絡を取らなくなった。 いよいよ危機である。 アラサークライシスである。 20代を謳歌したどころか、 貴重な20代を棒に振ってしまったという悲劇が目前だ。 どうしよう。 私が出会いバーに行こうと思った理由 世の中には手っ取り早く出会える方法がごまんとある。 が、長年一人の彼氏をキープし、 20代の特権で適当に遊んでいた私にとっては、そのほとんどがハードルが高いように見えた。 アプリはFacebookで繋がっていない知り合いにバレる可能性があるし、婚活パーティに誘うような崖っぷちの友人は周囲にいない。 結婚相談所は金がかかるので論外だ。 ナンパされにクラブに行く年齢でもない。 そこで目に留まったのが 「出会いバー」である。 それまで興味がなかったので知らなかったのだが、すでにかなり流行っているらしい。 どういう場所かというと 「クラブのような雰囲気もある出会い目的のバー」 といったところであろうか。 「Hub」のようなバーなのだが、クラブのような音楽が大音量でかかっており、 明らかに出会い目的の男女が集まっている場所である。 特に出会い目的の場所と掲げてはいないのだが、 女性の飲み放題料金が大幅に優遇されているので明らかに「ああそうなんだな」という感じはある。 とはいえ 女性の飲み放題が1,000円ほどと安いので、女友達と飲んだあと「2軒目ココ行こう!」と誘いやすいな・・・と考えた。 調べてみると 「Public Stand」「Switch Bar」などが有名どころらしい。 — 2018年 2月月20日午前4時16分PST 口コミは「パリピが多い」とか「クラブに行きたくないけど出会いたい人向け」とかややチャラい感じはあるけれど、 「普通の人とかいい人も割と多い」という意見も結構あるので興味が湧いた。 早く行ってみたい。 そしてある日、 10年近く付き合った彼氏と別れた話を肴に恵比寿で友達と飲む機会があったので、「パブスタ(Public Stand)に行ってみよう!」とついに切り出してみた。 「女性1,000円で飲み放題、しかも出会えるらしい」 と説明すると皆興味深々で、スムーズに行く流れに。 パブスタで本当に出会えるの? 恵比寿のパブスタはビルの二階なのだが、すでに結構な列が出来ていて驚いた。 並んでいる半分以上が男である。 少し躊躇しつつ列に並ぶと、 すぐさまナンパが始まった。 飲みの帰りとかですか~? 何友達なんですか~? などとひたすらに話しかけてくるので辟易した。 こういうところに並ぶときは、最後尾が女になった瞬間を狙うべきである。 何事も勉強だ。 男の話を適当に受け流しながら入口に到着し、1,000円の入場料を払った。 話しかけてきた男がおごってくれる様子はない。 人にもよるのかもしれないが、ここはそういう文化ではないのかもしれない。 (のちに調べたら「男がおごらなくても出会える店」としてブログに紹介されていた) 中に入るとクラブのように薄暗く、ミラーボールか何かでギラギラしており、そしてとにかく人が多い。 朝のラッシュよりも人口密度が高く、男の割合が多い。 なんだここは。 並んでいたときに話しかけてきた男ももはやどこにいったのかわからない。 とりあえずビールをもらいにドリンク待ちの列に並ぶが、 ここでもやはり色んなところから話しかけられる。 話しかけられるのだが音楽がうるさくて、何を言っているのか、もはやわからない。 話しかけてくる男も列に流されたりしてそのうちどっかに行ってしまうので、 ドリンク待ちの間は極力女子同士で盛り上がるようにし、話しかけるスキを与えないよう努めた。 ドリンクを受け取ってからは、いい感じそうなメンズを探すのに必死だ。 しかし ナンパは容赦ない。 話しかけてくる男を撒きつつ、ドリンクをこぼさないよう気を付けながら良さそうな男性を探した。 想像以上の集中力が必要だ。 パブスタの人か。 めんどくさいな・・・ってか、誰だっけ となった。 そりゃそうだ。 10分少々話した人物にそれほどの関心を抱けるはずがないし、暗いわ疲れてるわで顔もよく覚えていなかった。 パブスタでの出会いは本気ではない? ここで本気の婚活をするには かなりの体力と根気が必要である。 パブスタにいた人の多くは、 おそらく本気の婚活のために来てはいない。 男も女も、せいぜい「楽しく騒いで、いい人がいたら儲けもの」くらいに思っているのだから、仮にそこで仲良くなったとしても友達止まりであったり、セフレ落ちしたりする可能性の方が高い。 一方で、 大量の異性と出会えるため、それなりに可能性は感じた。 チャラそうでもない普通の男性も一定数いたので、場の喧騒に負けず本気で探したら本気の婚活としての出会いも期待できなくはなさそうではある。 またこういう場で高収入な男性と仲良くなって、あとからコンパに繋げるという芋づる式合コンを仕掛けるのもアリかなと思った。 とにかく体力と気力が必要な場所ではあるが、使い方によっては良い出会いの場になるかもしれない。

次の

名古屋で今アツい出会いの場19選|立ち飲み屋から、バー、ナンパスポットまで

出会い バー

出会いバーってどんなところ? 「出会いバー」という言葉や何となくのニュアンスを知っていても、実際どんなところなのか知らない方は多いでしょう。 出会いバーとは、お酒を飲みにいくのと同時に出会いも楽しめるバーのことで、最近の出会いスポットとして話題になっています。 相席居酒屋と何が違うの? と思うかもしれませんが、相席居酒屋の場合はほとんどが二~三人程度のグループになって参加していることが多く、一人で参加する人は少ないです。 しかし、出会いバーなら一人でも気軽に参加しやすく、居酒屋と違って賑やかな雰囲気でもないので、お酒と出会いをゆっくりと味わって楽しめるでしょう。 このようなことから利用する年代は20代~30代がメインで、会社帰りに訪れる人が多くなっています。 おすすめの出会いバーは? おすすめの出会いバーをいくつかご紹介します。 自分に合った出会いバーを探してみましょう。 食事やお酒が楽しみたいなら? バーに行く機会が少なく、せっかくのバーの雰囲気も楽しみたいという場合は、食事やお酒を楽しめる出会いバーを探してみましょう。 バーと聞くと、その言葉の響きだけで大人の雰囲気を感じてしまいますが、最近はカジュアルな雰囲気のバーも多くなっています。 堅苦しい感じがなくゆっくりとくつろげる空間なので、長時間いても緊張することなく楽しめるでしょう。 また、このようなカジュアルテイストのバーでは、食事やお酒をワンコインで選べるものもあり、フードメニューが充実しているとより楽しみも増えます。 出会いだけでなく、よりバーを楽しみたいなら、このような特徴の出会いバーを選んでみましょう。 居酒屋のような雰囲気を感じたいなら? バーと聞くとメニューも高級なものが多かったり、お酒の種類も居酒屋と異なっていたりしますが、出会いバーの中には発砲系のドリンクを中心に取り扱っているバーもあります。 このような出会いバーの場合、ドリンクメニューが豊富であり、女性も利用しやすいので訪れやすい出会いバーと言えるでしょう。 居酒屋のようなメニューでありながら、しっとりとした大人の雰囲気を感じたいなら、このような出会いバーを選んでみましょう。 気軽に立ち寄りたいなら? 仕事帰りのちょっとした時間など、空き時間に気軽に立ち寄りたいなら、駅から近い立ち飲みができる出会いバーに足を運んでみましょう。 立ち飲みなので、自分の好きな場所で気軽に飲むことができます。 また、相手からも話しかけやすい環境なので、気軽に多くの人と出会いやすいでしょう。 落ち着いた雰囲気のお店も多いので、ちゃんと大人の雰囲気が味わえるところもあります。 音楽を楽しみたいなら? お酒や出会いも楽しみたいけど、それと同時に音楽を楽しんで本来のバーらしい雰囲気を感じたいなら、ジャズやクラシックのライブ演奏がある出会いバーを選んでみましょう。 ライブ演奏がある出会いバーは、少し年齢層も高めの傾向にありますが、そのほとんどが常連であるなど、ガツガツと出会いを求めている雰囲気が少なく、音楽とお酒と会話を一緒に楽しむという雰囲気が感じられます。 よくばりな体験をしたい方におすすめです。 出会いバーの注意点は? 出会いバーに行く際の注意点はいくつかあります。 上手に出会いバーを利用して楽しむために、これらのことに気を付けましょう。 出会いバーでの出会いは確実ではない 出会いバーに行ったからといって絶対に誰かと出会えたり、連絡先を交換できたりするわけではありません。 出会いのきっかけやタイミングはそれぞれであり、基本的にはお酒を楽しみながら出会うきっかけができる社交場なので、出会いバーでの出会いは確実でないことを理解しておきましょう。 あまりにもガツガツと積極的すぎてしまうと、周りにも迷惑がかかるので要注意です。 大人の駆け引きをしよう 大人がお酒と出会いを楽しんでいる場所なので、アプローチも大人の駆け引きで行いましょう。 うまく立ち回りつつ全面に気持ちを出さないことが大切です。 押し過ぎず引き過ぎず、相手との駆け引きを楽しむのも出会いバーならではでしょう。 お酒の席で理性を失わないようにしよう バーという場所や雰囲気で、いつも以上にお酒に酔ってしまうことがあります。 お酒の席ということでお互いに酔った状態ではありますが、そこで理性を失わないようにお酒の量やペースを上手にコントロールしましょう。 また、出会いの場ということで、本気の出会いを探していたのにワンナイトラブになってしまうことがあります。 しっかりと相手を見極めるためにも、理性は保てるようにしましょう。 おわりに 出会いバーは、お酒と新しい出会いを楽しめる大人の社交場です。 多くの出会いはあっても、それを活かせるかはお店選びやファッション、コミュニケーション方法など自分次第で異なってきます。 多くの出会いを楽しみたいなら、自分に合った出会いバーを見つけて、お酒と雰囲気を楽しみながら新しい出会いを探してみましょう。

次の

出会いバーは本当に出会えるの? オススメの出会いバー紹介

出会い バー

相席ではない場合:30分飲み放題 1000円 相席の場合 :30分飲み放題 2000円 エレベーターを下る。 エレベーターを降りるとすぐ入り口になっていて、心の準備もできないうちに店員のおネーチャンに声をかけられる。 いらっしゃいませ。 二名様ですか? はい。 えっと、今相席できなくて、女性のお客様を待つ形になっちゃうんですけど… あ、そうなんすか。 相席じゃない場合、料金は30分1000円なんですけど、どういたしますか? 別に大丈夫っすよ! ありがとうございます。 じゃあお好きなお席どうぞ。 オレらはカウンターに座って、ビールをオーダーした。 相席をしているのは一組だった。 相席居酒屋と違ってあんま人いないっすね。 そーだな。 まあしばらく待って女の子来なかったらほか行ってみるか。 そっすねー。 せっかくだからおネーチャンにいろいろ話聞いてみようぜ。 ビールをついできてくれたおネーチャンに話しかける。 ここは相席酒場と同じ系列なんですか? そうですねー。 実はつながってるんですよ! まじで!そうなんだ。 ここは居酒屋と比べてどんな特徴があるんですか? 相席バーはお1人様でも入れるんですよ~。 居酒屋は2名からなんで。 居酒屋は2名からなんだ。 まあ、そりゃそうか。 おネーチャンは愛想もよくてカワイイ! しばらくするとおネーチャンは呼び込みに出て行って、代わりに男性スタッフが2人やってきた。 1人はスタッフのニーチャン、もう1人はオーナーさんだそうだ。 なかなかイケメンのニーチャンたちだ。 すいませんね~、 さっきまで女の子余ってたんですけど。 え!そーなの!? 男性と女性の来る時間がずれてるんですよ。 女の子は昼間出かけて、そのあと飲みに来るから早い時間に来るんですよ。 なるほど。 男の人は、一杯やってから来るから21時以降。 でもその時間から女の子は帰り始めちゃうんすよ。 そしてついに相席… あ、女性の方くるみたいです。 店員のニーチャンに案内されてテーブル席に移動。 期待と鼓動が高まる。 いらっしゃいませー!こちらのお席にどうぞ! どうも~。 あ、大丈夫ですか? ぜんぜん大丈夫ですけど。 酔っ払い女はしょーすけの気遣いを突っぱねるようにそう言い放った。 今日はこの辺で飲んでたんですか? はい。 結構早くからですか? 今日は6時ぐらいから飲んでたんですよ! 早えぇ! へぇ、2人で飲みに行くこと多いんすか? は?なんなん? え? いや、よくお2人で飲み行くのかなーって思っただけですよ。 はい、行きます。 2人仲いいんすね。 は?じゃないと一緒に飲みませんよね? え。 そりゃそうだ。 なんかこの人合わないんだけど。 んー、まあ合わないのはしょうがないね。 うん、イライラする。 な…なんなんだよ。 とにかく女の態度が悪すぎてオレは閉口してしまった。 一方しょーすけは、なぜか普段どおりの感じで、女の態度にひるむことなくしゃべっている。 これは一体… そっか。 仕事は何してるんですか? はあ?自分から名乗ってくれます? ああ、そうですね。 オレは旅行関係ですね。 ふーん。 んで、何してるんですか? ネイルサロン。 あぁ、だから爪がキレイなんすね。 ・・・・・・関係ないです。 オ…オレも参加しよう。 接客だといろんなお客さんいるから、大変ですよね。 はい?別にそんなことないですけど。 いやー、ずっとケンカ腰っすねぇ。 彼女とケンカすると、突然敬語使いはじめるじゃんw あの感じだよねw はい?怒 (黙ってりゃよかったか…) こんなやりとりを15分ほど続けた、そのときであった。 さーせん。 アンタ(女)帰ってくれる? はあ?感じ悪いんだけど! 感じ悪りぃのオメーだろ! はあ?マジむかつく! 二度と来なくていいんで! 女は「マジ感じ悪いわぁ。 」と捨て台詞を吐きながら去って行き、最後に・・・・・・ コケて軽く頭を打った。 ずーっと態度が悪かったあの女。 実はオーナーとニーチャンもオレらのやり取りを見ていたらしく、「あの女追い出すか。 」と話していたとのだという。 すいませんでした! 大丈夫っすよ。 てかビックリしました! まじなんなんすかねあの女! あんな人初めて見ましたよ。 相席の分のお代はいらないんで! いやいや、ちゃんと出すよー。 いや、いただくわけにはいかないっす! そっか。 じゃごちそうさんです! すいませんホント不愉快な思いさせちゃって。 いや、こういうハプニングの方がネタになるし、ぜんぜんOK。 若いニーチャンたち、誠実な対応に感謝します。 なんかこのあとは男4人で妙な一体感が生まれ、話がはずんだ。 ところで、しょーすけがなぜあの女とフツーにしゃべっていたかというと、女がデレるのを待っていたのだ。 冷たい女性でも、こっちが忍耐強く接し続けると急になついてきたりすることがある。 その瞬間をしょーすけは待っていた。 よくあんなん対応できたな。 アイツ見てすぐただの酔っ払いだと思ったからね。 まあ結局折れなかったけどw でもネイル褒めたら一瞬笑ったよなw そうそうw 今度はまた早い時間にでも行ってみるかな。 このお店は歌舞伎町ということもあって、深夜も熱い出会いの可能性があるとのこと。 まだあまり知られていない今が狙い時かもしれない(2015年4月時点)。 店の中は満席に見えるのだが、オレとしょーすけはとある席に案内された。 こちらへどうぞ。 な…なにこれ! し…鹿がいるっ! そう、この店にはVIPルームがあるのだ。 ちょうど満席になったタイミングで入店すると、運が良ければVIPルームが解放されるらしい。 しかもこのとき相席になった女子大生のまあ可愛いこと。 久々に緊張したわ。 ちなみにこのVIPルーム、 風呂がある。 詳しくは公式ウェブサイトをご覧下さい。 さて、 男性のあなた。 HUB(ハブ)での出会い方も知っておいてはどうかな? 女性の方はこんなお店なんかどうでしょう?すごいよここ m.

次の