ジュノンボーイ 歴代受賞者。 全日本国民的美少女コンテスト 歴代グランプリ一覧

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト 歴代受賞者一覧

ジュノンボーイ 歴代受賞者

見られていくとどんどんかっこよくなりますからね。 伸びしろがある人が選ばれるのでしょうか? 今のうちから注目するのも楽しいと思い今年のグランプリ、準グランプリをご紹介します。 33回コンテストの締め切りは2020年3月31日、12歳から22歳までの男の子がエントリー可能です!身近にイケメンがいたら来年エントリーしてみてはいかがでしょうか?! ジュノンボーイ・コンテストとは JUNON増刊15周年特別企画として1988年にスタートした男の子のコンテストです。 11月末から5月末くらいまでが応募期間です。 13歳くらいから22歳くらいまでの男の子、どこの事務所にも所属していない男の子が条件です。 4種類の審査で、・グランプリ・準グランプリ・フォトジェニック・審査員特別賞などが選ばれます。 男っぽさが少なく中性的。 確かにお二人ともさわやかでかわいらしいです。 癖がなく、だれからもイケメンと言われそうな感じがいまは流行りのようですね。 いればぜひ推薦したいところですが・・・息子、親戚、ご近所に。 いたらぜひ応募 今の12歳はこんなにも整った顔なのでしょうか?12歳・・・小学生!?こんなかわいい息子が欲しいと思ったのが少し悲しいです。 ジュノンボーイはこんな彼氏がいたらと思う年齢から、息子がいたらの年齢になっていました・・・ どこまでさかのぼったら、彼氏にしたいジュノンボーイに行きつくでしょうか。 過去の受賞者で現在テレビや映画などで活躍中の方をご紹介します! 第1回グランプリ:ナガセケイ 第2回グランプリ:武田真治 今やオネエ役から二枚目まで幅広い演技で活躍中。 みんなで筋肉体操で再ブレイク 第3回:グランプリ:葛山信吾 仮面ライダークウガ・真珠婦人。 なんとなく売れる気がする…と思ってた人がブレイクするとうれしいものです。

次の

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト 歴代受賞者一覧

ジュノンボーイ 歴代受賞者

回 開催年 一般選出部門 男子 一般選出部門 女子 協議会選出部門 一般新人部門 キッズ部門 特別貢献賞 36 2019年 中島裕翔 (殿堂入り) 山本美月• 出川哲朗• 長谷川京子• E-girls• 石橋静河(次世代部門)• 井手上漠(次世代部門) 35 2018年 中島裕翔 菜々緒 (殿堂入り)• 荻野目洋子• 高橋一生• 長谷川潤• 有働幸司(Amazon Fashion Week TOKYO)• 小澤華花 新人グランプリ• 黒江心温(キッズジュニア賞)• 佐藤彩愛(キッズジュニア賞)• 坂本愛莉(SHOWROOM特別賞) 34 2017年 中島裕翔 菜々緒• 別所哲也• 滝沢カレン• 高尾光(新人グランプリ)• 脇坂めい(新人準グランプリ)• 八軒綾音(新人アーティスト賞) 33 2016年 藤ヶ谷太輔 (殿堂入り) 菜々緒• 草刈正雄• 押切もえ• 渡辺直美• 長谷川侑紀(新人グランプリ)• 萩原菜穂(新人準グランプリ) アニメ「ONE PIECE」 32 2015年 藤ヶ谷太輔 ローラ (殿堂入り)• 藤岡弘、• 吉田羊• 幸川愛(新人グランプリ)• 梅井優羽(新人準グランプリ)• 山下佳奈(新人アーティスト賞)• 東京戦姫ジーニスト(新人アーティスト賞)• Jarretie Cyrine(ロス グランプリ) 内田篤人 グローバル特別敢闘賞 31 2014年 藤ヶ谷太輔 ローラ• さまぁ~ず• 小池栄子• 安藤美姫• 小田はるか(新人グランプリ)• 伊藤杏(新人準グランプリ)• 近衛えみり(新人アーティスト賞)• 田中将大(グローバル特別敢闘賞)• カローラ フィールダー(特別貢献賞) 30 2013年 相葉雅紀 (殿堂入り) ローラ• LiLiCo• 少女時代(国際部門)• 渡辺謙(特別賞)• 志摩マキ(新人グランプリ)• 小島未早希(新人準グランプリ)• 竹内聖実(新人アーティスト賞) 香川真司(グローバル特別敢闘賞) 29 2012年 相葉雅紀 黒木メイサ• 夏木マリ• 井浦新• ローラ• 村田諒太• 本多麻衣(新人グランプリ)• 小出友華(新人準グランプリ)• 富田千晴(新人アーティスト賞) 28 2011年 相葉雅紀 黒木メイサ• 真矢みき• 若槻千夏• 鬼塚勝也 長友佑都(グローバル特別敢闘賞) 27 2010年 亀梨和也 (殿堂入り) 倖田來未 (殿堂入り)• 桐谷健太• 板野友美(AKB48)• はるな愛 本田圭佑(グローバル特別敢闘賞) 26 2009年 亀梨和也 倖田來未• 鳩山幸• SPEED• DAIGO ジェリー・イェン(グローバル特別敢闘賞) 25 2008年 亀梨和也 倖田來未• 太田雄貴• コシノヒロコ• ソ・ジソブ 国際部門 24 2007年 亀梨和也 倖田來未• 綾戸智絵• 北原照久• 久保京子 竹内まりや 23 2006年 亀梨和也 倖田來未• 荒川静香• 釈由美子• 中田宏 22 2005年 氷川きよし 浜崎あゆみ (殿堂入り)• ベッキー• テリー伊藤• 山本容子 21 2004年 堂本剛 浜崎あゆみ• 山本寛斎• 長谷川理恵• 堀江貴文 20 2003年 草なぎ剛 (殿堂入り) 浜崎あゆみ• 中村獅童• 黒田知永子• 佐藤江梨子 19 2002年 草なぎ剛 米倉涼子• 中山雅史• 黒木瞳• パンツェッタ・ジローラモ• 高嶋ちさ子 18 2001年 草なぎ剛 浜崎あゆみ• ケイン・コスギ• 川原亜矢子• 小谷真生子 17 2000年 草なぎ剛 浜崎あゆみ• 赤井英和• 旭道山和泰• 篠原ともえ 16 1999年 草なぎ剛 松嶋菜々子• 吉田拓郎• 島倉千代子• 伊達公子 15 1998年 木村拓哉 (殿堂入り) 吉川ひなの• 小錦八十吉• 田中眞紀子• 和田アキ子• 黒澤明(特別賞) 14 1997年 木村拓哉 PUFFY• 草なぎ剛• 梅宮辰夫• 梅宮アンナ 13 1996年 木村拓哉 江角マキコ• 筑紫哲也• 日野皓正• 宮本信子 12 1995年 木村拓哉 篠原涼子• 岩城滉一• 大仁田厚• 小宮悦子 11 1994年 木村拓哉 内田有紀• 北沢豪• 田中律子• 安達祐実 10 1993年 福山雅治 観月ありさ• 吉村作治• 小谷実可子• RIKACO 9 1992年 織田裕二 観月ありさ• 中嶋悟• 大宅映子 8 1991年 吉田栄作 西田ひかる• 中尊寺ゆつこ• 立松和平 7 1990年 高嶋政伸 宮沢りえ• 阿川泰子• 定岡正二• 野田知佑 6 1989年 真木蔵人 浅野温子• 中沢新一• 三屋裕子• 織作峰子 5 1988年 東山紀之 今井美樹• 青島幸男• 木原光知子• 世良公則 4 1987年 所ジョージ 本田美奈子• C・W・ニコル• 日比野克彦• 三好礼子 3 1986年 田原俊彦 早見優• 椎名誠• 丘みつ子• 江田五月 2 1985年 藤竜也 杏里• 森進一• 浅井慎平• 橋本龍太郎 1 1984年 郷ひろみ 浅野ゆう子• 田英夫• 糸井重里 ベストジーニスト賞 殿堂入り ベストジーニスト賞で殿堂入りした方は以下の通りです。

次の

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト 歴代受賞者一覧

ジュノンボーイ 歴代受賞者

解説 [ ] 参加資格は、13歳から22歳の芸能事務所等に所属していない男性。 JUNON公式携帯サイト「PLATINUM JUNON」にて、2次審査不合格者の中から敗者復活の人気投票も行われる。 最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われる。 観客の中には審査の段階でファンになった女性たちもおり、黄色い歓声が聞こえる中で候補者たちは特技披露をし自己アピールをする。 賞は「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」。 受賞者のほとんどはと契約しデビューする。 近年、特にグランプリ受賞者には多くのプロダクションからオファーがあり、第19回グランプリのには40社から、第21回グランプリのには36社からのオファーがあった。 このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「 ジュノンボーイ」と呼ばれることがある。 これまでこのコンテストから多くの現在活躍している俳優が輩出されている。 またグランプリのを始めとして、この年の受賞者などから4人グループが結成され歌手デビューしている。 現在のもに審査員特別賞を受賞している。 また、出身者の多くがやといった特撮ヒーロー番組に出演している。 2004年から2006年まで志望の「ロックボーイ」部門が設立されていた。 参加資格は15歳から23歳(中学生不可)の芸能事務所、レコード会社に所属していない男性。 審査員長は。 第22回のコンテストから公式携帯サイトからの投票による敗者復活制度が導入され、第30回グランプリの綱啓永は史上初となる敗者復活からのグランプリ獲得となった。 「」賞• 「近江兄弟社」賞• 「阿修羅」賞• 「バップ」賞• 「黒騎士と白の魔王」賞• 「サムライボーイ」賞• ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ [ ] 詳細は「」を参照 2015年、音楽ユニット「 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が始動。 2014年と2015年の同コンテストでベスト100に入ったが、ファイナリストに選ばれなかった24人がメンバーに選ばれた。 2015年の第28回コンテストの最終選考会でお披露目となった。 その後第31回まで毎年、その年のベスト100から新メンバーが加わり、最終選考会でお披露目されている。 脚注 [ ]• - (2006. 17 12:40)• - (2014. 25 15:40)• 2006年12月4日. の2012年12月19日時点におけるアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 2007年11月19日. 2018年11月28日閲覧。 2010年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2011年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2012年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2013年11月24日. 2018年11月28日閲覧。 2014年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2016年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2017年11月26日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の