モバイル pasmo ポイント。 モバイルPASMOより、PASMOカードやモバイルSuicaがおすすめの人とは

京王PAS×PASポイントサービスのご案内

モバイル pasmo ポイント

Suica・モバイルSuicaの利用でポイントが貯まる【開始】 2019年10月1日から、JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでJR東日本の鉄道を利用すると、JRE POINTが貯まります。 モバイルSuicaの方が有利! 乗車 JR東日本の在来線を、JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで乗車した場合に、1回の利用額に応じてポイントが貯まります。 モバイルSuica カードタイプのSuica 貯まるポイント数 50円ごとに1ポイント 200円ごとに1ポイント Suicaグリーン券の購入 JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでSuicaグリーン券を購入するとポイントが貯まります。 モバイルSuica定期券の購入 JRE POINT WEBサイトに登録したモバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入すると、購入額に応じてポイントが貯まります。 (2019年10月1日以降に使用開始となる定期券が対象です。 ) モバイルSuica 貯まるポイント数 50円ごとに1ポイント モバイルSuicaの圧勝 モバイルSuica>カードタイプSuica しかもモバイルSuicaは50円ごとに1ポイントです。 還元率で考えれば2%? ポイント付与は前月1ヶ月乗車分をまとめて付与を予定しているようなので、ほぼ2%に近い数字になりそうです。 (1乗車ごとで付与の場合は50円単位の運賃は少ないので、還元率で考えるともっと下がってしまいますが・・・) いずれにしろ昨今の世間の還元率改悪を考えるととんでもない数字です。 ということで、ポイントを貯めたいなら、モバイルSuicaが断然有利です。 合計の還元率は? モバイルSuicaで考えると、 クレジットカードからモバイルSuicaへチャージ(0. 5%) + モバイルSuicaの鉄道での利用(50円ごとに1ポイント=2%) = 2. 5%!? モバイルSuicaへチャージで0. 5%貯まるクレジットカードはいろいろあります。 ビューカードなら1. 5%もあります。 (その場合って3. 5%?) どう見積もっても2%は軽く超えられます。 残念な点は、鉄道利用だけというところですね。 ポイントはいつ付与? ポイント付与は、乗車日またはモバイルSuica定期券利用開始日の翌月下旬以降を予定しております。 (前月1ヶ月乗車分をまとめて付与いたします) iPhone・Apple PayのモバイルSuicaは該当? 今回の「Suica・モバイルSuicaを鉄道で利用すると、JRE POINTが貯まるようになる」ことの重要な点は、 「JRE POINTサイトに登録したSuicaならポイントが貯まる」 というところです。 となると、JRE POINTサイトにiPhone・Apple PayのSuicaが登録できるかどうかが重要になりますが、ちゃんと公式サイトで記載があります。 おサイフケータイでモバイルSuica Android端末でモバイルSuicaの場合は、特に問題なくJRE POINTサイトに登録して利用できます。 問題はモバイルSuicaの年会費です。 ビューカードを持っていない場合、2020年2月26日(予定)以降は年会費が無料になるのでそれまで1回年会費を払うか、別の方法を検討するかになります。 Google Payはどうなる? 気になるのは、Google PayのモバイルSuica。 特に記載はされていません。 ただ 「JRE POINTサイトに登録したSuicaならポイントが貯まる」ので、おそらくモバイルSuicaとして登録できればOKなのではないかと推測できます。 サイトの登録情報はGoogle PayのSuicaでも「モバイルSuica」になっています。 ご自身の責任で判断をお願い致します。 (2019年9月7日情報) Google PayのSuicaとモバイルSuicaの違い Google PayのSuicaとモバイルSuicaアプリの違いは以下になります。 モバイルSuicaなら2%還元率!クレジットカードからのチャージと合わせれば3. 5%も可能!? 取り敢えず準備はJRE POINTサイトへのモバイルSuicaの登録ですね。

次の

【Android】モバイルPASMO残高にチャージする方法まとめ

モバイル pasmo ポイント

「」より 3月18日より、ついにサービス開始となった「 モバイルPASMO」。 交通系ICカードとして広く利用されてきた「PASMO」を、スマートフォンで利用できるようにした新サービスである。 しかし、いち早くサービスが開始され、すでに多くのユーザーを獲得している「 モバイルSuica」とは一部機種でしか併用できず、また、Androidのスマホにしか対応していない、つまりiPhoneでは利用できないことから、その利便性を疑問視する声も上がっているようだ。 では、モバイルPASMOの利点はひとつもないのかというと、そんなことはないらしい。 たとえば、これまでは把握するのが難しかった「バス利用特典サービス(バス特)」のポイントやチケットが、スマホで簡単に確認できるようになるなど、このサービスにしかないメリットも確実にあるという。 モバイルPASMOという新サービスは今後、モバイルSuicaのようにユーザーをつかんでいけるのか。 モバイル決済サービスに詳しい、ポイント交換案内サービス「ポイ探」代表取締役の菊地崇仁氏に話を聞いた。 モバイルPASMO導入で、カード式PASMOは不要になる? 最初に、モバイルPASMOでは何ができるのかについて、改めて整理していこう。 モバイルPASMOを導入すれば、もう従来のカード式PASMOは必要なくなるのだろうか。 「モバイルPASMOはそれまでのカード式PASMOと同じく、改札や買い物などで使うことができるのはもちろん、オートチャージを設定できたり、定期券が購入できたりと、カード式PASMOに付属していた機能は、ほぼ使えるようになっています。 ただ、小児用PASMOは対象外となっているので、今までPASMOを所持していた大人が、カード式からスマホ利用に切り替えるためのサービスだといえますね。 ですから基本的には、モバイルPASMOさえあれば、カード式PASMOは持たなくていいでしょう。 とはいえiPhoneや、『おサイフケータイ』に対応していない端末は利用の対象外ですし、おサイフケータイが使える端末であっても、なかにはモバイルPASMO非対応というケースもありますので、その点は注意が必要です」(菊地氏) Androidユーザーでも、モバイルPASMOに対応しているかどうかは念入りに確かめたほうがよさそうだ。 次に、菊地氏が感じるモバイルPASMOの長所を教えてもらった。 「モバイルPASMOで一番重要だと思うのは、残高がわかりやすいところです。 それだと、駅ナカの店舗でPASMOを使って買い物をしたあとなどに、残高不足になっていることに気づかないまま、改札で引っかかっててしまう可能性があります。 駅ナカでPASMOを利用して残高が少なくなってしまったとしても、その場ですぐにチャージできるというのは、やはりモバイルPASMOの大きなメリットです。

次の

京王PAS×PASポイントサービスのご案内

モバイル pasmo ポイント

iPhoneでは使えない モバイルPASMOは、おサイフケータイ対応のAndroidスマホが対象で、iPhoneでは利用できない。 駅や加盟店での現金チャージに加えて、クレジットカードを紐づけることで、スマホ上で定期券購入やチャージも可能になる。 また、会員登録をしていれば、端末を紛失・故障した場合にも再発行できる。 買える定期券は、鉄道であれば単独(ひとつの鉄道会社のみ利用)・連絡(他社線と乗り換えて利用)、バスは金額式・全線のいずれも大人運賃。 通学定期券(大学生・専門学生相当)には対応しているが、その場合は申込フォームから申請の上、別途申込書と通学証明書を郵送する必要がある。 モバイルSuicaは、発着駅のどちらかがJR線でなければならない。 モバイルPASMOの登場によって、Androidのみながら「スマホに入れる」選択肢が生まれたため、歓迎している人は多いようだ。 モバイルSuicaの誕生は2006年。 それから10年以上を経て、満を持しての登場とあって、ツイッターでは、 「ついにあのモバイルPASMOが!!!」 「ようやくでたか...。 大変待ちましたわ」 「モバイルpasmo、やっと?って感じする」 などの声が相次いでいる。 バス定期券は買うのが面倒だった このモバイルPASMO、バスの利用者にはメリットが大きい。 たとえば「バス特」(バス利用特典サービス)のポイントやチケットが、スマホ上で確認可能になる。 PASMOやSuicaでバスに乗ると、たまに「チケットが付きました」「使いました」といった自動音声が流れることはないだろうか。 これは運賃1円ごとに「1バスポイント」が付与され、1000バスポイントごとに100~330円分の「バスチケット」がもらえるサービス。 付与されたチケットは、次回の乗車時に10円単位で自動的に使われるが、これまで何ポイントたまって、チケットが何円分あるかは、なかなか確認できなかった。 また、バス定期券がスマホ上で買えるようになるのは、大きな改善点だろう。 これまでは、営業所や案内所まで出向いて、申込書を提出する必要があった。 多くの窓口が、遅くても20時には閉店してしまうため、生活スタイルによっては、なかなか購入が難しい。 また、決済も現金だけに限られている場合が多々ある。 一部のバス会社では、モバイルSuicaにも定期券は載せられる。 ただ、カードタイプと同様に、窓口までもっていき、情報を書き込んでもらう必要があった。 普段はSuicaを愛用している人でも、バスを頻繁に利用するのであれば、モバイルPASMOを併用するのはアリだろう。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の