ストーム グラス 見方。 天気で結晶が変化する『Tempo Drop』ことストームグラスが可愛すぎて癒される

ストームグラスの簡単な作り方|変化の見方と正しい置き場所

ストーム グラス 見方

天気予報ができると言われるストームグラスを初めて自作してから4ヶ月が経ちました。 前回使用した材料がまだ余っていたので再度ストームグラスを作る事にしてみました。 樟脳を溶かす材料の無水エタノールは結構強烈で、自分が使用しているスマホの液晶も一部溶かした経験があり、早く使い切りたいと思っていました。 2018年1月下旬に都心でも20センチを越す大雪が降りました。 この天気ならば勢いのある結晶が見られそうだなと思い浮かんだにが、今回ストームグラスを再度作ってみようとしたキッカケでした。 前回は角瓶グラスを観賞用容器にしたので、今回は嗜好を変えて電球型ガラス容器 容量360ml を利用します。 樹脂製だとエタノールに溶かされてしまう恐れがあるので、容器のフタは金属製です。 今回のレシピは以下の通り。 エタノール溶液と水溶液を別々に作る方が良いらしいのですが、自分は観賞用グラスに材料を連続投入しています。 樟脳: 36グラム• エタノール: 160グラム• 塩: 18グラム• ひえっぺ:18グラム• 精製水: 100グラム 樟脳とエタノールをグラスに入れた直後の写真です。 この時点ですでに樟脳が結晶化しているかに見えています。 自分がこれまでに参照したレシピには必ずカリウムとアンモニウムが書かれていました。 溶液の温度の上下により樟脳が見え隠れするのであれば、カリウムやアンモニウム とそれを溶かす水 の役目は何かと疑問に思うものの、棚に上げることにして、今回の電球形グラスの完成を先ずは目指しました。 最後に精製水を投入すると白濁した状態となりました。 翌朝の電球型グラス底にはビッシリと芝生のような結晶が繁っていました。 これを作った日は暖房の入った室内と外気温の間で25度も温度差があったのが良かったのか、結晶化まで一晩で持っていく事ができました。 ストームグラスは気温の低い冬であれば、特に苦労もなく結晶化できるようです。 ここからは実験コーナーになります。 過去2回のストームグラスを作ってみて、疑問に思う2点を調べてみようと思います。 疑問点1: カリウムとアンモニウムは本当に必要か? 結晶化が目的であれば、樟脳とエタ ノールだけでも出来るのではないか。 疑問点2: 無水エタノールはお酒で代用できるか? 2回目のストームグラス作成で無水エタノールがなくなってしまったので、エタノールなしで出来ないかを試します。 これまでは樟脳を溶かすために無水エタノールを使用してきました。 その代わりに今回は96度とアルコール度数が世界一高いポーランドのウォッカ「スピリタス」を使ってみます。 スピリタスは本当に火の付くアルコールで、試しにマッチを近づけたところが上の写真です。 火気厳禁だとよ〜く分かりました。 そのスピリタス投入は娘が手伝ってくれました。 「絶対にこぼす、絶対にこぼす」 とおっかなびっくりで見守っていましたが、洋服を駄目にする事もなく無事任務完了してくれました。 今回は2種類の溶液を同時作成してみました。 白蓋グラスはいつも通りの材料使用で無水エタノールをウォッカに置き換えてみました。 上の写真は材料投入直後で、青蓋は樟脳が溶けだしている途中で、白蓋はいつもの通りに白濁した状態となっていました。 それぞれのレシピはこの通り。 レシピ 白蓋 青蓋 精製水 65ml 71ml ウォッカ 95ml 105ml 樟脳 20g 22g 塩 10g - ひえっぺ 10g - 材料投入して一晩置いた状態を見てみると、青蓋は樟脳が完全に溶けて真水のように透明な状態。 あまりにも澄んでいて、結晶が見られる雰囲気が微塵にも感じられませんでした。 白蓋グラスを上から覗き込むと、ビンの底に長い線状の結晶が確認できました。 こちらは無水エタノールをウォッカに置き換えただけなので、ウォッカでも結晶化を見られると確認できました。 なので、疑問点2は答えが出ました。 ウンともスンとも言わない青蓋 樟脳+ウォッカ+水 に限界まで樟脳を溶かす作戦に出ます。 樟脳は7g単位で加えて溶かしていったのですがが35g追加しても簡単溶けてしまい、まだまだ追加しても溶けていってしまいそうでした。 精製水71ml+ウォッカ105ml+樟脳57gで湯煎した後のガラス容器内は、白濁したウォッカと精製水が2層になっているかのようでした。 このまま翌朝まで外気に当てておけば結晶を見られる予感がします。 その翌朝はこの通り。 自分は科学に疎く、オリジナルレシピの硝酸カリウムと塩化アンモニウムがどの様な作用を及ぼすのかが理解できないのが苦しいところ。 tmja アクセス解析について 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 お問い合わせは各記事のコメント欄までお願いいたします。

次の

今日の天気は!?【ストームグラス】で天気を楽しもう♪

ストーム グラス 見方

ストームグラスとは• ストームグラス(英: Storm Glass)は、19世紀のヨーロッパで使われた天気予報の道具。 複数の化学薬品をアルコールに溶かしてガラス管に詰めたもので、溶液や沈殿の状態によって近未来の天気が分かる、とされる。 1870年に発表されたジュール・ベルヌの小説『海底二万里』に登場する潜水艦ノーチラス号にもストームグラスが設置されている。 【出典】より抜粋。 文系の私にはさっぱりです。 何はともあれ、SF物の小説はあまり読んだことはありませんが『海底二万里』は流石に聞いたことがある有名作品ですし、太古のロマンのようなものを感じます。 ストームグラスの変化現象は現在の科学でも解明しきれていないらしく、今でも、世界のどこかにストームグラスの研究をしている人がいるそうです。 ちなみに、任意のガラス瓶さえあれば、ドラッグストアで買える材料で自作できるようですが、大量にDIYする訳でなければ完成品を買った方が安いと思われます。 ストームグラスで鑑賞できる結晶変化の一覧 ストームグラス内に沈む結晶は、天気や季節に応じて変化し、見方の目安は下記の通りです。 天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。 嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。 溶液は濁り、発酵しているように見える。 この現象は天気の変わる24時間前に見られる。 冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。 内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。 夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。 【出典】 良い天気の時よりも荒れた天気の時ほど変化が激しいらしく、天気の都合で外に出られないときは、部屋の中で変化を観察すると癒やされそう。 住む環境や置く場所によっては、なかなか変しづらいケースもあるようで、一概に変化を語ることは難しいようです。 (そもそも科学的に解明されていない) なお、私が購入した『Tempo Drop mini』の取扱説明書によれば、箱から出して1〜2週間、環境を覚えさせる必要があるそうです。 まるで生き物のように環境に馴染ませる期間を要するところも、また何とも言えないミステリアスさを感じます。 設置後、早くも変化が 確か部屋に設置したときは晴れた日の夜だったのですが、翌日仕事の残業疲れで家に帰ってチラッと覗いてみたところ、早くも変化が。 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。 (1〜2枚目はiPhoneで、3枚目はフルサイズの一眼レフにマクロレンズを装着して撮影) 底の方に氷晶か樹氷のような美しい結晶が、僅かに出来上がっていました。 この日の天気は雨で、前述の「雨に変わる前」の現象と一致します。 不用意にグラスを動かすと、簡単に崩れそうなほど儚い結晶。 若干2日目にして、とても面白いものを手に入れた、と思い大満足です。 天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。 こちらは、晴れが続いた時の写真。 前述の「天気が晴れる」の事象が続いております。 晴れ具合によって底の沈み具合も違うようで、スカッとした秋晴れのときは更に沈んでいました。 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。 そしてこちらが、「風や嵐が接近してくるとき」と思われる事象。 写真では分かりにくいのですが、南の方角に結晶が発生し、溶液の表面に葉のような結晶が少し浮かんでいます。 (10月22日、6時頃に撮影) ちなみに、鳥取県で起きた地震の次の日の写真なのですが、そういった自然災害まで観測できているのかは、よく分かりません。 更に約10時間後。 かなり結晶が大きくなってきました。 (10月22日、17時頃に撮影) 天気予報曰く、雨が近づいている時の様子です。 そもそもまだ取り扱い説明書にある「環境へ順応させる」期間が終わっておりませんので、「これからいくつの表情を見せてくれるのか」を楽しみにしているところです。 気軽に設置するのならミニサイズが可愛いくておすすめ 同じブランドのラインナップには、私が買ったストームグラス(ミニ)より大きなサイズもあります。 ミニ レギュラー 横幅 8cm 11. 5cm 縦幅 11cm 20. 5cm 重さ 約258g 約658g 木製台座 なし あり 数字ではイメージしにくいかもしれません。 レギュラーサイズはミニサイズと比較すると、かなりの大きいです。 実際に夏頃、東急ハンズにてレギュラーサイズの現物を見たのですが、ちょっとした花瓶ぐらいの大きさです。 またサイズもさることながら、形状もレギュラーサイズは縦長です。 そもそも、ガラス製品というデリケートな"こわれもの"という事も、サイズ選びの観点のひとつです。 サイズが大きいほど変化がの観測がしやすいようですが、ミニサイズでも変化は十分楽しめるのは前述の通りです。 ミニサイズの場合は、スライムや水滴のような形状の手のひらサイズで、「ちんまり、ちょこん。 」とした可愛いらしさを感じます。 私のような男性目線で可愛らしさを選択の要素のひとつに上げるのは、何だか気持ち悪いかもしれませんが、結局は好みの問題だと思います。 「大きいことは良いことだ」なんて、大艦巨砲主義で選ぶのも有りです。 (私もどちらかというと、基本はそのクチです。 ) まるで女心と秋の空のように、ころころと見た目が変化するオブジェ。 何だかペットを飼っているような気分になり、見ていて飽きません。 現に、仕事で疲れて帰ってきてデスクの上で変化の様子を見たとき、興奮して疲れが吹き飛んだことはまだ鮮明に記憶に残っています。 また、大きな変化があれば、この記事に随時写真を追加していこうと思います。

次の

ストームグラスの簡単な作り方|変化の見方と正しい置き場所

ストーム グラス 見方

特徴 [ ] 一般的なストームグラス は、 7. 09グラム、 1. 77グラム、 1. 77グラムを粉末にして56. 7グラムの44. 1%エタノール水溶液 体積パーセント濃度50%)に溶かし、長さ25cm・直径2cm程度の試験管に入れ、針で細孔を開けた紙や革で封じて作る。 ストームグラスの内容は、天気に応じて次のように変化する、といわれている。 天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。 嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。 溶液は濁り、発酵しているように見える。 この現象は天気の変わる24時間前に見られる。 冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。 内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。 夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。 ストームグラスの内容が変化する原因ははっきりとしないが、大気のや、、的な影響等によって、や形状が変化するためと考えられている。 歴史 [ ] の開祖のひとりである の記述 によると、ストームグラスは Corti という人物が最初に考案した。 Malacredi というイタリア人によってイギリスに持ち込まれ、ストームグラスとして一般に知られるようになった。 19世紀初期にはすでに航海時における天気予報の道具として使われていた。 フィッツロイ自身もストームグラスに大きな関心を持ち、彼が船長を務めたの探検航海中、ストームグラスの様子を観察し、変化を詳細に書き残している。 また、フィッツロイが1860年に考案したフィッツロイ・バロメーターと呼ばれる装置 にも、温度計や気圧計とならんでストームグラスが取り付けられている。 1870年に発表されたの小説『』に登場する潜水艦にもストームグラスが設置されている。 脚注 [ ]• James Smith, The Panorama of Science and Art: Embracing the Sciences of Aerostation, p833, Nuttall, Fisher, and Co. , Liverpool, 1815. Proceedings of the British Meteorological Society, p72, Taylor and Francis, London, 1863. Jeffery Dennis, Ample instructions for the barometer and thermometer, p6, London, 1825. Jules Verne, Vingt mille lieues sous les mers 関連項目 [ ]• (:thunder glass、:Donderglas)- こちらもストームグラスと呼ばれることがあるが、全く別の装置である。 を参照。

次の