ドコモ ケータイ補償。 ドコモ・ケータイ補償サービスは交換にも修理にもデータにも役立つオールマイティ補償です!

docomo ケータイ補償

ドコモ ケータイ補償

交換電話機お届けサービス• 故障時の修理代金を一部サポート• データ復旧時の代金割引• 紛失時のケータイお探しサービスが無料 交換電話機お届けサービス ケータイ補償サービスでは、水濡れや紛失、全損などのトラブルに対して、 交換電話機を届けるサービスを提供しています。 あらゆるトラブルに対して補償してくれるもので、1年間に2回まで利用可能です。 交換電話機はユーザーより回収し、部品などの交換を終え新品同様の状態の初期化したリフレッシュ品で、 申込みの当日~2日以内に届けてくれます。 故障時の修理代金の一部サポート 故障した端末をドコモで修理する場合、修理代金をサポートするサービスも提供されています。 この場合メーカーの1年保証に加え、2年目以降も修理受付が完了するまでドコモが保証します。 保証対象内の故障の場合は修理料金が無料となり、保証対象外の修理の場合でも上限3,000円までをドコモがサポートしてくれます。 修理を行う場合は、水濡れ・全損・改造などは対象外となる他、iPhone・iPadなどのメーカーが販売元の製品も対象外です。 修理受付が可能かどうかはホームページで調べることができますので、確認しましょう。 データ復旧時の料金を割引 ケータイ補償サービスに加入していると、トラブルによってデータが取り出せなくなった端末からデータを取り出す「ケータイデータ復旧サービス」利用時の料金が割引になります。 サービス未加入の場合は8,000円必要になるところが、 加入していると1,000円にて利用可能になります。 紛失時のケータイお探しサービスが無料 ケータイ補償サービスでは、端末紛失時におおよその場所を検索できる「ケータイお探しサービス」を無料で利用することができます。 現在では、ケータイお探しサービスを利用するには申込が必要で、月額50円を支払うか、スポット契約として3000円を支払うことで利用可能となっています。 ケータイ補償サービスの加入することで、これらの料金はかからなくなります。 ドコモのケータイ補償サービス料金・加入方法 大体のサービス内容がわかったところで、ケータイ補償サービスの月額料金、加入方法をご紹介します。 ケータイ補償サービスはいつでも加入できるわけではないので、加入したい方は必ず確認してください。 ケータイ補償サービスの月額料金 ケータイ補償サービスの月額料金には、全部で4通りのコースがあります。 スマホ・タブレットで加入する場合は3コース、ケータイ ガラケー で加入する場合は1コースです。 月額料金 自己負担額 スマホ・タブレット 月額500円コース 7,500円 月額750円コース 11,000円 月額1000円コース 11,000円 ドコモケータイ 月額330円コース 5,000円 スマホかタブレットの場合は月額料金が3コースありますが、自分でコースが選べるわけではありません。 端末によって加入できるコースが決まっています。 購入したい端末がどのコースにあたるかは、から確認可能です。 月額料金の隣に書かれている金額は、交換電話機を利用する時の自己負担金額となっています。 月額料金が高いほど自己負担金額が高いのですが、これは元々の端末代金が高いものや最新端末だからです。 故障時に新しい端末が手に入ることを考えると、妥当な料金設定になっています。 ちなみに、ケータイ補償サービス初回加入時は、月額料金が最大31日間が無料です。 ケータイ補償サービスの加入方法・条件 ケータイ補償サービスに加入するには、以下の条件を満たしている必要があります。 対象機種の購入日を含め、14日以内に申し込むこと• 当然ですが、加入する機種はまだ壊れていない状態であることが前提です。 ケータイ補償サービスは、以下の3つの場所から申し込みができます。 ドコモショップ:各店舗の営業時間内• ドコモオンラインショップ:24時間• 電話:午前9時~午後8時 1番おすすめなのは、ドコモオンラインショップからの手続きです。 ドコモオンラインショップなら店舗で順番待ちをする必要もなく、空き時間に加入することができます。 さらに、オンラインショップ限定のキャンペーンを行っていることもあるので、店舗よりも安く機種変更が可能です。 なぜは、こちらの記事をご覧ください。 故障時の手続き方法 端末が故障したり紛失してしまったりした場合は、以下3通りの方法で交換機を受け取ることができます。 My docomo インターネット• ドコモショップ• 電話 急ぎで交換機が欲しい場合は、ドコモショップがおすすめです。 「店舗交換取扱い店舗」に同一機種の在庫がある場合は、当日その場で交換機を受け取ることができます。 店舗で受け取るのが難しい方は、My docomoか電話にて配送手続きが可能です。 ドコモのケータイ補償サービスリニューアル内容 ドコモは、2019年7月にケータイ補償サービスの内容をリニューアルしました。 この項では、どんなサービスが追加されたのかを解説します。 交換機がすぐ届くエクスプレス配送スタート ケータイ補償サービスの拡充されるサービス内容の1つが、エクスプレス配送というものです。 これは、地域限定で交換電話機を4時間以内に配送するというサービスです。 これまでは、ケータイ補償サービスの利用を申込んでから、交換電話機が手元に届くのに1~2日かかっていました。 しかし、2019年7月からは最短で当日中、サービス利用の申込みをしてから4時間以内に交換電話機を手に入れることができます。 エクスプレス配送を利用するためには、午前9:00~午後4:00の間にケータイ補償サービスの利用申し込み手続きが完了している必要があります。 また、エクスプレス配送には3,000円の送料が別途必要です。 一部で店頭交換が可能になる 新しいケータイ補償サービスでは、一部の店舗でトラブルがあった端末と交換端末を店頭で交換するサービスが開始されます。 これまでのケータイ補償サービスの場合、サービスの利用申し込み手続き完了から、交換機が手元に届くまでにタイムラグがありました。 しかし、今後はエクスプレス配送と同様、申込みの当日中に交換機が手に入る可能性があります。 また、こちらのサービスを受けることができるドコモショップについても、順次拡大予定とのことです。 対象となるのは、Androidスマートフォンの指定機種ということですので、全てのスマホが対象になるわけではありません。 ですが、いざという時に交換電話機がすぐに手に入るというのは、とても心強いといえるでしょう。 My docomoからの申込で割引になる ケータイ補償サービスでは「WEB割」と呼ばれる新しいサービスも提供開始となります。 こちらは「交換電話機のお届け」を利用した場合に限定されるため、修理を希望する場合は割引サービスが適用されません。 ドコモのケータイ補償サービスの注意点 ドコモのケータイ補償サービス利用時の注意点をまとめました。 加入後、交換電話機を依頼する前に必ず確認しておいてください。 交換電話機が配達完了しないと申込み取り消し エクスプレス配送の注意点は、交換電話機の配達が一定期間内に完了しなかった場合、申込み自体が取り消されてしまう点です。 エクスプレス配送では、サービス利用者が指定した住所まで、交換電話機の配送を依頼することが可能となっています。 しかし、電話機配達時に不在である場合や、申込み住所が異なるなどの理由で、配達・再配達が完了しないケースも考えられます。 このような場合には、エクスプレス配送への申込みが取り消されてしまいますので注意してください。 交換電話機が配送遅延する可能性がある こちらもエクスプレス配送利用時の注意点です。 エクスプレス配送では、天候や状況によって交換電話機の配送が遅れる可能性があります。 年末年始やお盆など、交通渋滞や混雑があらかじめ予想されるようなケースでは、受付時間の短縮やサービスを一時休止する可能性もあります。 サービス利用時には、公式ホームページやMy docomoなどから事前に確認するようにしましょう。

次の

AppleCare+とドコモのケータイ補償どっちが安心?コスト・補償内容を徹底比較

ドコモ ケータイ補償

交換電話機お届けサービス• 故障時の修理代金を一部サポート• データ復旧時の代金割引• 紛失時のケータイお探しサービスが無料 交換電話機お届けサービス ケータイ補償サービスでは、水濡れや紛失、全損などのトラブルに対して、 交換電話機を届けるサービスを提供しています。 あらゆるトラブルに対して補償してくれるもので、1年間に2回まで利用可能です。 交換電話機はユーザーより回収し、部品などの交換を終え新品同様の状態の初期化したリフレッシュ品で、 申込みの当日~2日以内に届けてくれます。 故障時の修理代金の一部サポート 故障した端末をドコモで修理する場合、修理代金をサポートするサービスも提供されています。 この場合メーカーの1年保証に加え、2年目以降も修理受付が完了するまでドコモが保証します。 保証対象内の故障の場合は修理料金が無料となり、保証対象外の修理の場合でも上限3,000円までをドコモがサポートしてくれます。 修理を行う場合は、水濡れ・全損・改造などは対象外となる他、iPhone・iPadなどのメーカーが販売元の製品も対象外です。 修理受付が可能かどうかはホームページで調べることができますので、確認しましょう。 データ復旧時の料金を割引 ケータイ補償サービスに加入していると、トラブルによってデータが取り出せなくなった端末からデータを取り出す「ケータイデータ復旧サービス」利用時の料金が割引になります。 サービス未加入の場合は8,000円必要になるところが、 加入していると1,000円にて利用可能になります。 紛失時のケータイお探しサービスが無料 ケータイ補償サービスでは、端末紛失時におおよその場所を検索できる「ケータイお探しサービス」を無料で利用することができます。 現在では、ケータイお探しサービスを利用するには申込が必要で、月額50円を支払うか、スポット契約として3000円を支払うことで利用可能となっています。 ケータイ補償サービスの加入することで、これらの料金はかからなくなります。 ドコモのケータイ補償サービス料金・加入方法 大体のサービス内容がわかったところで、ケータイ補償サービスの月額料金、加入方法をご紹介します。 ケータイ補償サービスはいつでも加入できるわけではないので、加入したい方は必ず確認してください。 ケータイ補償サービスの月額料金 ケータイ補償サービスの月額料金には、全部で4通りのコースがあります。 スマホ・タブレットで加入する場合は3コース、ケータイ ガラケー で加入する場合は1コースです。 月額料金 自己負担額 スマホ・タブレット 月額500円コース 7,500円 月額750円コース 11,000円 月額1000円コース 11,000円 ドコモケータイ 月額330円コース 5,000円 スマホかタブレットの場合は月額料金が3コースありますが、自分でコースが選べるわけではありません。 端末によって加入できるコースが決まっています。 購入したい端末がどのコースにあたるかは、から確認可能です。 月額料金の隣に書かれている金額は、交換電話機を利用する時の自己負担金額となっています。 月額料金が高いほど自己負担金額が高いのですが、これは元々の端末代金が高いものや最新端末だからです。 故障時に新しい端末が手に入ることを考えると、妥当な料金設定になっています。 ちなみに、ケータイ補償サービス初回加入時は、月額料金が最大31日間が無料です。 ケータイ補償サービスの加入方法・条件 ケータイ補償サービスに加入するには、以下の条件を満たしている必要があります。 対象機種の購入日を含め、14日以内に申し込むこと• 当然ですが、加入する機種はまだ壊れていない状態であることが前提です。 ケータイ補償サービスは、以下の3つの場所から申し込みができます。 ドコモショップ:各店舗の営業時間内• ドコモオンラインショップ:24時間• 電話:午前9時~午後8時 1番おすすめなのは、ドコモオンラインショップからの手続きです。 ドコモオンラインショップなら店舗で順番待ちをする必要もなく、空き時間に加入することができます。 さらに、オンラインショップ限定のキャンペーンを行っていることもあるので、店舗よりも安く機種変更が可能です。 なぜは、こちらの記事をご覧ください。 故障時の手続き方法 端末が故障したり紛失してしまったりした場合は、以下3通りの方法で交換機を受け取ることができます。 My docomo インターネット• ドコモショップ• 電話 急ぎで交換機が欲しい場合は、ドコモショップがおすすめです。 「店舗交換取扱い店舗」に同一機種の在庫がある場合は、当日その場で交換機を受け取ることができます。 店舗で受け取るのが難しい方は、My docomoか電話にて配送手続きが可能です。 ドコモのケータイ補償サービスリニューアル内容 ドコモは、2019年7月にケータイ補償サービスの内容をリニューアルしました。 この項では、どんなサービスが追加されたのかを解説します。 交換機がすぐ届くエクスプレス配送スタート ケータイ補償サービスの拡充されるサービス内容の1つが、エクスプレス配送というものです。 これは、地域限定で交換電話機を4時間以内に配送するというサービスです。 これまでは、ケータイ補償サービスの利用を申込んでから、交換電話機が手元に届くのに1~2日かかっていました。 しかし、2019年7月からは最短で当日中、サービス利用の申込みをしてから4時間以内に交換電話機を手に入れることができます。 エクスプレス配送を利用するためには、午前9:00~午後4:00の間にケータイ補償サービスの利用申し込み手続きが完了している必要があります。 また、エクスプレス配送には3,000円の送料が別途必要です。 一部で店頭交換が可能になる 新しいケータイ補償サービスでは、一部の店舗でトラブルがあった端末と交換端末を店頭で交換するサービスが開始されます。 これまでのケータイ補償サービスの場合、サービスの利用申し込み手続き完了から、交換機が手元に届くまでにタイムラグがありました。 しかし、今後はエクスプレス配送と同様、申込みの当日中に交換機が手に入る可能性があります。 また、こちらのサービスを受けることができるドコモショップについても、順次拡大予定とのことです。 対象となるのは、Androidスマートフォンの指定機種ということですので、全てのスマホが対象になるわけではありません。 ですが、いざという時に交換電話機がすぐに手に入るというのは、とても心強いといえるでしょう。 My docomoからの申込で割引になる ケータイ補償サービスでは「WEB割」と呼ばれる新しいサービスも提供開始となります。 こちらは「交換電話機のお届け」を利用した場合に限定されるため、修理を希望する場合は割引サービスが適用されません。 ドコモのケータイ補償サービスの注意点 ドコモのケータイ補償サービス利用時の注意点をまとめました。 加入後、交換電話機を依頼する前に必ず確認しておいてください。 交換電話機が配達完了しないと申込み取り消し エクスプレス配送の注意点は、交換電話機の配達が一定期間内に完了しなかった場合、申込み自体が取り消されてしまう点です。 エクスプレス配送では、サービス利用者が指定した住所まで、交換電話機の配送を依頼することが可能となっています。 しかし、電話機配達時に不在である場合や、申込み住所が異なるなどの理由で、配達・再配達が完了しないケースも考えられます。 このような場合には、エクスプレス配送への申込みが取り消されてしまいますので注意してください。 交換電話機が配送遅延する可能性がある こちらもエクスプレス配送利用時の注意点です。 エクスプレス配送では、天候や状況によって交換電話機の配送が遅れる可能性があります。 年末年始やお盆など、交通渋滞や混雑があらかじめ予想されるようなケースでは、受付時間の短縮やサービスを一時休止する可能性もあります。 サービス利用時には、公式ホームページやMy docomoなどから事前に確認するようにしましょう。

次の

ケータイ補償サービス

ドコモ ケータイ補償

「 ドコモのケータイ補償サービスはやっぱり必要ないから解約してしまったほうがいいよね…?」 と考えている人は注意です。 ケータイ補償サービスは機種変更したタイミングのわずかな日数でしか申し込みができません。 申込日から31日間は無料で利用できるので期間内で結論を出すことができるのが特徴です。 それ以降は月額料金が発生するので、解約を考える人も多いはず。 ドコモケータイ補償サービスはあくまでも保険なので解約するかどうかは自由です。 ですが、 一言「解約してしまった」ではすまされないというのも事実。 この記事ではケータイ補償サービスを解約する前にしっかりと必要性を考えておくべき理由をお伝えしています。 ドコモケータイ補償サービスを「解約してしまった・・」では遅い理由 ドコモケータイ補償サービスに加入している人が 「解約してしまった…」 と、後からでは手遅れになってしまう気をつけるべき点があります。 解約すると再加入できない 参考: ドコモスマホの破損したり故障してしまった場合に備えるためのケータイ補償サービス。 画面割れ、水漏れした端末を修理費用の負担を補償してくれます。 もちろん安心という面では全ての人がケータイ補償サービスに加入するべきではありますが、月額料金が330円~1,000円必要。 毎月携帯代を少しでも安くしたいという気持ちから、ドコモケータイ補償サービスを解約してしまった…という人は少なくありません。 ケータイ補償サービスは解約してしまうと再加入できません ケータイ補償サービスは一度解約してしまうと、同じ機種では補償を再度つけることができません。 次回の機種変更までドコモのケータイ補償サービスの再加入ができないのは必ず知っておくべきことです。 ドコモケータイ補償サービスの月額料金は機種によって異なる ドコモケータイ補償サービスの月額料金は購入した機種によって違います。 万が一に備えてと考えれば妥当な料金だとも考えられるんじゃないでしょうか。 ですが、ドコモケータイ補償サービスに加入していても修理費用の自己負担があります。 ケータイ補償サービスは修理代金の一部を補償するだけで自己負担あり 破損、故障、全損 水濡れ 盗難、紛失 バッテリー交換 これらがドコモケータイ補償サービスの補償内容になり、 故障や破損をした場合は修理を依頼するかリフレッシュ品 新品ではありません と交換してもらうかを選択できます。 しかし、ドコモのケータイ補償サービスに加入していても破損状況によって自己負担額が発生します。 「修理」で解決するのか「交換」するべきなのかよく考える必要があるでしょう。 破損して修理にだす場合の自己負担額 保証対象内の故障 無料 保証対象外の故障 上限3,000円 修理のケースであればどの月額料金で加入しているかに関わらず上記で全て共通です。 なお、故障の内容が補償対象かどうかは実際に確認してみないとわからないためドコモショップで調べてもらうのが得策です。 交換にだす場合の自己負担額 契約中の月額料金 自己負担額 500円 7,500円 750円 11,000円 1,000円 11,000円 330円 5,000円 上記の自己負担額は発生しますが、全損から紛失まで幅広いトラブルに対応しリフレッシュ品と交換してくれます。 ただ、サービスを受けられるのは 1年に2回までです。 また端末の交換の場合であれば、 ドコモショップに持ち込むことでその場で即日交換対応をしてくれます。 ドコモケータイ補償サービスは必要なのか? ドコモのケータイ補償サービスが必要かどうかは人それぞれの考え方次第でしょう。 当たり前ですが、機種変更するまでのスマホを壊さずに大事に扱えるのであれば必要ないです。 でも、ほとんどの人がそうではないですよね。 例えば、ドコモのXperia1で考えてみましょう。 ですが、補償があれば上限は3,000円にまで負担額をおさえれますね。 ここに魅力を感じるのか?そうでないのか?で必要性を判断してみてはどうでしょう。 無料期間中に解約することも可能 ドコモケータイ補償サービスの申し込みは機種変更から14日以内と決まってます。 ですが、無料期間 31日間 がケータイ補償サービスにはあるのがポイント。 なので月額料金が発生しない期間内で解約するのか?継続して加入するのか?を見極める必要があります。 申し込みから31日間に解約すれば料金が発生しないタイミングであるということ。 ただ、お伝えしたように解約してしまうともう同じ端末ではケータイ補償サービスに加入ができません。 無料期間内にしっかりと必要性を考えておく これが非常に大事になってくるのが分かるのではないでしょうか。 ドコモケータイ補償サービスのまとめ.

次の