宅急便。 西濃運輸

宅急便

宅急便

「」も参照 元々、当時の(現・)は(現)や松下電器産業(現)などの専属配送業者であったが、、が整備され、他社が長距離運送に参入していく中で、大和運輸は乗り遅れ、ここにが重なり、経営危機が噂されるほど業績が低迷した。 1971年(昭和46年)に社長になったは、当時の運送業界の常識であった「集荷・配達に手間がかかる小口荷物より、大口の荷物を一度に運ぶ方が合理的で得」という理屈が誤りだと悟る。 小倉は「小口の荷物の方が、1当たりの単価が高いのだから、小口貨物をたくさん扱えば収入が多くなる」と確信した。 また、当時、個人が荷物を送るには郵便局に持参する(現在の「」に相当する宅配便サービス)があったが、重量は6kgまでであった。 一方鉄道を利用する「」という制度があり、こちらは30kgまで送れたが、差出はしっかりと梱包し紐で縛って小荷物取り扱い駅に持参し、受取人は駅に取りに行かなければならないという制度であった。 どちらも一つ一つの荷物の番号管理をしておらず、いつ届くのかさえわからないサービスであった。 小倉昌男はこの状況を見て「サービスを向上させて参入すれば、ライバルは存在せず、必ず成功する」と確信した。 そして、(50年)の夏に「宅急便開発要項」を社内発表、(当時27歳、グループ内最年少、後に2008年から2011年までヤマト運輸会長を務めた)を含む若手社員を中心としたワーキンググループが、1975年9月から新商品開発を進めた。 (昭和51年)、「電話1本で集荷・1個でも家庭へ集荷・翌日配達・運賃は安くて明瞭・荷造りが簡単」というコンセプトの商品「 宅急便」が誕生した。 当初は知名度が低く、「便」と勘違いされたり、営業所のネコの看板からと思われたり、社員が「翌日配達できます」とセールスしても顧客に信用してもらえなかったりしたという。 1日目の取扱量は11個だったが 、その後急速に取扱量が増え、半年ほどで店に置ききれないほどの荷物がもちこまれる日も出るようになり、1976年度の想定取り扱いは20万個だったが、実際には170万個になった。 この成功を見たなど他社も、同様のサービスを開始した。 全国津々浦々を網羅する営業所を作るには、警察が通報を受けて駆けつけるのと同じくらいの距離に営業所を置くのがよいとの考えから、1200署あったの数を目標とし、取次店はの数を目標としたというエピソードがある。 その後も営業地域の拡大を続け、1997年(9年)には、の・での営業開始をもって、離島を含む全国展開が完了した。 (2年)に、の貨物航空会社大手と提携、合弁会社「UPSヤマトエクスプレス」を設立をした際にヤマト運輸の営業所から日本国外に配送する「UPS宅急便」(現地ではUPSのドライバーが配達)というサービスもあったが、に合弁解消と同時に終了し(日本国外への輸送に関しての提携は継続)。 その後は「国際宅急便」を代替サービスとして提供している。 統一速達の宅急便の配送車 (12年)から、の企業であるとのライセンス契約により、日本国外へ進出した。 なお、でもセブン-イレブンが取り扱い代理店となっているが、これはセブン-イレブンを経営するのが、同じだからである。 より、及びでの宅配便業界へ進出を始め、1月にはとで事業を開始した。 今後は、、、、、などへの進出が計画されている。 日本国外での名称は「 TA-Q-BIN」としている。 では「 宅急便」という名称も表記していく予定であるが、日本発ブランドとして差別化する意味もあり読み方として「 TA-Q-BIN」も併記している。 6月現在では、駐車禁止の規制強化とエコロジーの両面から、都心部では数kmおきに営業所を設置、営業所までトラック輸送した後、そこから先は自転車や台車で配達している。 それ以前からも東京銀座地区など都心の一部ではリヤカーで配達している。 ではと提携し、路面電車とリヤカーを併用して集配業務を行ったり 、ではと提携し、トラック輸送の代わりにの車両を改造して営業所へ輸送する試みも行われている。 宅急便の誕生以降、ほぼ一貫してサービスの拡充を続けてきたが、2010年代頃よりでの取引の増加により、取扱荷物数が急増した一方、特に個人宅の日中の在宅率の減少による再配達依頼も増えたため、従業員のが問題となった。 このため、2017年(29年)には運賃の値上げに踏み切ったほか、休憩時間確保のため、12時-14時の配達時間帯指定の廃止、運賃が割引になる「宅急便センター受け取りサービス」の新設など、一部のサービス内容が変更された。 名称の由来 [ ] 「宅急便」には、「お宅に急いでお届けするサービス」という意味が込められている。 サービス名称には、他に「ハニーライン」「トゥモローサービス」「クイックサービス」などが候補に上り、最終的に「YPS 」と「宅急便」の2つが残った。 サービス開始当時はこの2つを組み合わせて「YPSの宅急便」と呼ばれていた (当時の宣伝チラシにこの表記がみられる )。 概要 [ ] 種類 [ ] ヤマト運輸の「宅急便」の名称を含む宅配サービスには次のようなものがある。 クール宅急便の配送車• 宅急便• 宅急便コンパクト• スキー宅急便• ゴルフ宅急便• 国際宅急便• クール宅急便• 国際クール宅急便• 空港宅急便• 往復宅急便• パソコン宅急便• オークション宅急便• 宅急便コレクト• 宅急便コンパクト• らくらくメルカリ便 なお、「」というサービスがあるが、これはが提供するサービスではなく、引越事業を行うヤマトHD子会社のという別会社が提供するサービスであり、宅配便商品ではなく引越商品である(元々は「小さな引越便」という名称で、家具や大型家電を単品で送るサービスである)。 またはによる制限が存在するため、郵便に代わるサービスではなく、あくまで宅配便の受領印をもらわずに投函するというサービスとして位置づけられている。 そのため送付物について「信書()でない」制限が設けられている。 料金 [ ] 送付先と荷物のサイズ(荷物の三辺の和)と重量(25kg以下)で決まる。 現金、各種 、クロネコメンバー割 、クレジットカードで支払う。 宅急便センターとではの加算ができ、ポイント利用による割引も可能である。 過去にはも発行していたが、2018年3月31日をもって取り扱いを終了している。 利用 [ ] 営業所や取扱店(取扱いコンビニエンスストアを含む)への持ち込みあるいは集荷による。 送り状 [ ] 宅急便の送り状は、一部の複写式で綴りになっている。 また、ヤマト運輸のクロネコメンバーズに登録すると、クロネコメンバーズサイトで入力した情報を基にヤマト運輸の宅急便センターに設置しているネコピット端末や、自宅や職場のカラープリンターで送り状の発行ができ、料金の割引「デジタル割」が適用される。 発払用の送り状の構成は次の通りだが、一部の控えが省略されているものもある。 請求書・ご依頼主控 お届け先欄、ご依頼主欄、お問い合わせ伝票番号欄、受付日欄、お届け予定日欄、希望届け日時記入欄、品名欄、領収印欄等がある。 取扱店・CVS店控 現在の送り状では個人情報保護のために取扱店・CVS店控の票についてはお届け先氏名やご依頼主氏名など一部の項目のみが複写されるようになっており、郵便番号・電話番号・住所・品名等は取扱店・CVS店控の票には残らないようになっている。 売上票• 貼付票• お届け先控• 配達票 配達時には、この伝票を外して届け先から受領印を貰う形になる。 配達完了後は着センターで集められた後に保管される。 着払用では貼付票の中に請求書と配達票が入っている。 宅急便コレクト用ではお届け先控が領収証になる。 届け先へは貼付票以下の3枚が貼られた状態で到着する(売上票は発センターで集められた後保管)。 その他のサービス [ ]• 時間帯お届けサービス• 宅急便センター受け取りサービス 従来の「営業所止置きサービス」を事実上拡充したもので、受取人が宅急便センターに出向いて荷物を受け取る代わりに運賃が割引になる。 複数口減額制度 同一あて先に2個以上の荷物を同時発送する場合、「複数口送り状」という専用伝票を用いれば割引を受けられる制度がある(通常の宅急便の扱いでかつ発払いの場合)。 配達日時変更・不在時コンビニ受け取り クロネコメンバーズ会員で、配達予定のお知らせをメールやLINEで通知している場合は、配達日時の変更ができるほか、受け取り先を宅急便センターや宅急便を取次しているコンビニエンスストアに変更することができる。 なお、コンビニエンスストアでの受け取りは宅急便センター受け取りサービスと異なり、送り主が予めコンビニエンスストアの店舗を指定して送付することはできない。 宅急便に関連するエピソード [ ]• 宅急便のロゴのうち、「急」の一部が 「急ぎ足」のようにデザインされている。 ヤマト運輸はトレードマークの「」に大変な愛着がある。 そのためか、情報システムの名称も「NEKO(New Economical Kindly Online)」と名づけているほどである。 社員も送迎バスを「ネコバス」と呼び、社員用の風呂のことも「ネコ風呂」と呼んでいるほどである。 2008年後半から2010年1月まで放映されていた広告のキャッチコピーも「 宅配はネコである」。 CMも尻尾の生えたネコのような配送車が登場するなど、ネコへの愛着がうかがえる。 『』というタイトルが「ヤマト運輸の商標権に触れて問題になった」と一部で話題になった。 その原因は、原作者のが、第1作刊行時に 宅急便が のである事を知らなかったためである。 に至っては、と正式なスポンサー契約を締結し、このアニメの映像を「こころを温かくする宅急便です。 」のキャッチコピーと共に、そのままヤマト運輸の企業CM版も製作する事によって、この問題を解決している。 なお同映画を基にした登録商標は、が登録区分を別にして取得している。 詳細はを参照のこと。 なお、上述の通りもクロネコに対して非常に強い愛着を抱いているが、同映画で登場する黒猫・ジジは、ヤマト運輸のトレードマークとは関係はない。 このトレードマークは、宅急便の開始以前から存在した。 の番組『』の第7チェックポイントのでは、「テキサス宅急便早押しクイズ」が行われた。 ヤマト便について [ ]• 1996年のヤマト運輸の新聞広告では、11個をサービス開始3日間での取扱量としている。 ヤマト・パーセル(小荷物)・サービス(Yamato Parcel Service)の略である。 当時の宣伝チラシが掲載されている記事• 取次店によっては利用できる電子マネーが異なるほか、電子マネーの利用が出来ない取次店もある。 クロネコメンバーズカードを電子マネー搭載型で発行した利用者が事前にチャージすることによって割引料金で利用できるヤマト運輸独自の電子マネーで、宅急便センターのみで利用可能。 プリンターで送り状を印刷する場合はカラーで印刷する必要がある。 ネコピット端末で印刷した送り状はコンビニエンスストアも含めた取次店で使用できない。 プリンターで印刷した送り状は宅急便を取り扱うコンビニエンスストアでも利用可能だが、個人商店などの取次店では使用できない。 出典 [ ]• 日本経済新聞. 2013年1月6日. 2013年1月11日閲覧。 日本経済新聞1月6日付朝刊第11面• - Response・2011年5月18日• ヤマト運輸 2015年6月3日• 岩手日報 2015年6月4日• 、 DIME、2017年9月18日。 、ITmedia ビジネスオンライン、2015年4月2日 7時0分。 ヤマト運輸 2018年1月31日• ・より 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

西濃運輸

宅急便

「」も参照 元々、当時の(現・)は(現)や松下電器産業(現)などの専属配送業者であったが、、が整備され、他社が長距離運送に参入していく中で、大和運輸は乗り遅れ、ここにが重なり、経営危機が噂されるほど業績が低迷した。 1971年(昭和46年)に社長になったは、当時の運送業界の常識であった「集荷・配達に手間がかかる小口荷物より、大口の荷物を一度に運ぶ方が合理的で得」という理屈が誤りだと悟る。 小倉は「小口の荷物の方が、1当たりの単価が高いのだから、小口貨物をたくさん扱えば収入が多くなる」と確信した。 また、当時、個人が荷物を送るには郵便局に持参する(現在の「」に相当する宅配便サービス)があったが、重量は6kgまでであった。 一方鉄道を利用する「」という制度があり、こちらは30kgまで送れたが、差出はしっかりと梱包し紐で縛って小荷物取り扱い駅に持参し、受取人は駅に取りに行かなければならないという制度であった。 どちらも一つ一つの荷物の番号管理をしておらず、いつ届くのかさえわからないサービスであった。 小倉昌男はこの状況を見て「サービスを向上させて参入すれば、ライバルは存在せず、必ず成功する」と確信した。 そして、(50年)の夏に「宅急便開発要項」を社内発表、(当時27歳、グループ内最年少、後に2008年から2011年までヤマト運輸会長を務めた)を含む若手社員を中心としたワーキンググループが、1975年9月から新商品開発を進めた。 (昭和51年)、「電話1本で集荷・1個でも家庭へ集荷・翌日配達・運賃は安くて明瞭・荷造りが簡単」というコンセプトの商品「 宅急便」が誕生した。 当初は知名度が低く、「便」と勘違いされたり、営業所のネコの看板からと思われたり、社員が「翌日配達できます」とセールスしても顧客に信用してもらえなかったりしたという。 1日目の取扱量は11個だったが 、その後急速に取扱量が増え、半年ほどで店に置ききれないほどの荷物がもちこまれる日も出るようになり、1976年度の想定取り扱いは20万個だったが、実際には170万個になった。 この成功を見たなど他社も、同様のサービスを開始した。 全国津々浦々を網羅する営業所を作るには、警察が通報を受けて駆けつけるのと同じくらいの距離に営業所を置くのがよいとの考えから、1200署あったの数を目標とし、取次店はの数を目標としたというエピソードがある。 その後も営業地域の拡大を続け、1997年(9年)には、の・での営業開始をもって、離島を含む全国展開が完了した。 (2年)に、の貨物航空会社大手と提携、合弁会社「UPSヤマトエクスプレス」を設立をした際にヤマト運輸の営業所から日本国外に配送する「UPS宅急便」(現地ではUPSのドライバーが配達)というサービスもあったが、に合弁解消と同時に終了し(日本国外への輸送に関しての提携は継続)。 その後は「国際宅急便」を代替サービスとして提供している。 統一速達の宅急便の配送車 (12年)から、の企業であるとのライセンス契約により、日本国外へ進出した。 なお、でもセブン-イレブンが取り扱い代理店となっているが、これはセブン-イレブンを経営するのが、同じだからである。 より、及びでの宅配便業界へ進出を始め、1月にはとで事業を開始した。 今後は、、、、、などへの進出が計画されている。 日本国外での名称は「 TA-Q-BIN」としている。 では「 宅急便」という名称も表記していく予定であるが、日本発ブランドとして差別化する意味もあり読み方として「 TA-Q-BIN」も併記している。 6月現在では、駐車禁止の規制強化とエコロジーの両面から、都心部では数kmおきに営業所を設置、営業所までトラック輸送した後、そこから先は自転車や台車で配達している。 それ以前からも東京銀座地区など都心の一部ではリヤカーで配達している。 ではと提携し、路面電車とリヤカーを併用して集配業務を行ったり 、ではと提携し、トラック輸送の代わりにの車両を改造して営業所へ輸送する試みも行われている。 宅急便の誕生以降、ほぼ一貫してサービスの拡充を続けてきたが、2010年代頃よりでの取引の増加により、取扱荷物数が急増した一方、特に個人宅の日中の在宅率の減少による再配達依頼も増えたため、従業員のが問題となった。 このため、2017年(29年)には運賃の値上げに踏み切ったほか、休憩時間確保のため、12時-14時の配達時間帯指定の廃止、運賃が割引になる「宅急便センター受け取りサービス」の新設など、一部のサービス内容が変更された。 名称の由来 [ ] 「宅急便」には、「お宅に急いでお届けするサービス」という意味が込められている。 サービス名称には、他に「ハニーライン」「トゥモローサービス」「クイックサービス」などが候補に上り、最終的に「YPS 」と「宅急便」の2つが残った。 サービス開始当時はこの2つを組み合わせて「YPSの宅急便」と呼ばれていた (当時の宣伝チラシにこの表記がみられる )。 概要 [ ] 種類 [ ] ヤマト運輸の「宅急便」の名称を含む宅配サービスには次のようなものがある。 クール宅急便の配送車• 宅急便• 宅急便コンパクト• スキー宅急便• ゴルフ宅急便• 国際宅急便• クール宅急便• 国際クール宅急便• 空港宅急便• 往復宅急便• パソコン宅急便• オークション宅急便• 宅急便コレクト• 宅急便コンパクト• らくらくメルカリ便 なお、「」というサービスがあるが、これはが提供するサービスではなく、引越事業を行うヤマトHD子会社のという別会社が提供するサービスであり、宅配便商品ではなく引越商品である(元々は「小さな引越便」という名称で、家具や大型家電を単品で送るサービスである)。 またはによる制限が存在するため、郵便に代わるサービスではなく、あくまで宅配便の受領印をもらわずに投函するというサービスとして位置づけられている。 そのため送付物について「信書()でない」制限が設けられている。 料金 [ ] 送付先と荷物のサイズ(荷物の三辺の和)と重量(25kg以下)で決まる。 現金、各種 、クロネコメンバー割 、クレジットカードで支払う。 宅急便センターとではの加算ができ、ポイント利用による割引も可能である。 過去にはも発行していたが、2018年3月31日をもって取り扱いを終了している。 利用 [ ] 営業所や取扱店(取扱いコンビニエンスストアを含む)への持ち込みあるいは集荷による。 送り状 [ ] 宅急便の送り状は、一部の複写式で綴りになっている。 また、ヤマト運輸のクロネコメンバーズに登録すると、クロネコメンバーズサイトで入力した情報を基にヤマト運輸の宅急便センターに設置しているネコピット端末や、自宅や職場のカラープリンターで送り状の発行ができ、料金の割引「デジタル割」が適用される。 発払用の送り状の構成は次の通りだが、一部の控えが省略されているものもある。 請求書・ご依頼主控 お届け先欄、ご依頼主欄、お問い合わせ伝票番号欄、受付日欄、お届け予定日欄、希望届け日時記入欄、品名欄、領収印欄等がある。 取扱店・CVS店控 現在の送り状では個人情報保護のために取扱店・CVS店控の票についてはお届け先氏名やご依頼主氏名など一部の項目のみが複写されるようになっており、郵便番号・電話番号・住所・品名等は取扱店・CVS店控の票には残らないようになっている。 売上票• 貼付票• お届け先控• 配達票 配達時には、この伝票を外して届け先から受領印を貰う形になる。 配達完了後は着センターで集められた後に保管される。 着払用では貼付票の中に請求書と配達票が入っている。 宅急便コレクト用ではお届け先控が領収証になる。 届け先へは貼付票以下の3枚が貼られた状態で到着する(売上票は発センターで集められた後保管)。 その他のサービス [ ]• 時間帯お届けサービス• 宅急便センター受け取りサービス 従来の「営業所止置きサービス」を事実上拡充したもので、受取人が宅急便センターに出向いて荷物を受け取る代わりに運賃が割引になる。 複数口減額制度 同一あて先に2個以上の荷物を同時発送する場合、「複数口送り状」という専用伝票を用いれば割引を受けられる制度がある(通常の宅急便の扱いでかつ発払いの場合)。 配達日時変更・不在時コンビニ受け取り クロネコメンバーズ会員で、配達予定のお知らせをメールやLINEで通知している場合は、配達日時の変更ができるほか、受け取り先を宅急便センターや宅急便を取次しているコンビニエンスストアに変更することができる。 なお、コンビニエンスストアでの受け取りは宅急便センター受け取りサービスと異なり、送り主が予めコンビニエンスストアの店舗を指定して送付することはできない。 宅急便に関連するエピソード [ ]• 宅急便のロゴのうち、「急」の一部が 「急ぎ足」のようにデザインされている。 ヤマト運輸はトレードマークの「」に大変な愛着がある。 そのためか、情報システムの名称も「NEKO(New Economical Kindly Online)」と名づけているほどである。 社員も送迎バスを「ネコバス」と呼び、社員用の風呂のことも「ネコ風呂」と呼んでいるほどである。 2008年後半から2010年1月まで放映されていた広告のキャッチコピーも「 宅配はネコである」。 CMも尻尾の生えたネコのような配送車が登場するなど、ネコへの愛着がうかがえる。 『』というタイトルが「ヤマト運輸の商標権に触れて問題になった」と一部で話題になった。 その原因は、原作者のが、第1作刊行時に 宅急便が のである事を知らなかったためである。 に至っては、と正式なスポンサー契約を締結し、このアニメの映像を「こころを温かくする宅急便です。 」のキャッチコピーと共に、そのままヤマト運輸の企業CM版も製作する事によって、この問題を解決している。 なお同映画を基にした登録商標は、が登録区分を別にして取得している。 詳細はを参照のこと。 なお、上述の通りもクロネコに対して非常に強い愛着を抱いているが、同映画で登場する黒猫・ジジは、ヤマト運輸のトレードマークとは関係はない。 このトレードマークは、宅急便の開始以前から存在した。 の番組『』の第7チェックポイントのでは、「テキサス宅急便早押しクイズ」が行われた。 ヤマト便について [ ]• 1996年のヤマト運輸の新聞広告では、11個をサービス開始3日間での取扱量としている。 ヤマト・パーセル(小荷物)・サービス(Yamato Parcel Service)の略である。 当時の宣伝チラシが掲載されている記事• 取次店によっては利用できる電子マネーが異なるほか、電子マネーの利用が出来ない取次店もある。 クロネコメンバーズカードを電子マネー搭載型で発行した利用者が事前にチャージすることによって割引料金で利用できるヤマト運輸独自の電子マネーで、宅急便センターのみで利用可能。 プリンターで送り状を印刷する場合はカラーで印刷する必要がある。 ネコピット端末で印刷した送り状はコンビニエンスストアも含めた取次店で使用できない。 プリンターで印刷した送り状は宅急便を取り扱うコンビニエンスストアでも利用可能だが、個人商店などの取次店では使用できない。 出典 [ ]• 日本経済新聞. 2013年1月6日. 2013年1月11日閲覧。 日本経済新聞1月6日付朝刊第11面• - Response・2011年5月18日• ヤマト運輸 2015年6月3日• 岩手日報 2015年6月4日• 、 DIME、2017年9月18日。 、ITmedia ビジネスオンライン、2015年4月2日 7時0分。 ヤマト運輸 2018年1月31日• ・より 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

クロネコマーケット

宅急便

ヤマト運輸の路線大型トラックの例 大まかには、次のようなシステムによって荷物が届けられる。 発送を依頼する荷物は、街中や住宅地などでよく見かける宅配便事業者の配送車両によってなどの発送窓口や、直接依頼者から集荷されて、各事業者のに運ばれる。 あるいは、依頼者が直接営業所へ荷物を持ち込み、発送を依頼することもある。 ここから、複数の営業所を統轄する、かつてのでいうの機能を持つ「」まで輸送され、発送先や輸送手段(一般、タイム便、航空便など・発送先によっては輸送手段が限られる)ごとに振り分けが行われる。 振り分けられた貨物は方面別に単位で集約され、主に、深夜にを走る長距離によって運搬される。 これは渋滞回避のため。 場合によっては途中区間にや、貨物列車のを使うこともある。 長距離大型トラックは、や()と同じく、起点(どこのトラックターミナルから出発するのか)・終点(どこのトラックターミナルまで行くのか)・経由地(途中で立ち寄るトラックターミナルはどこか)などが決まっており、鉄道や路線バスにがあるのと同じく、運行計画に基づいて計画的に輸送されることから、「路線トラック」(路線バスの貨物版に相当する)と呼ばれている。 「路線トラック」により、配送先に近い区域のトラックターミナルに荷物が到着すると、配送先を管轄する営業所ごとに荷物を振り分けて、再び各営業所までトラックで運ばれる。 配達を担当する営業所では、届け先の住所や希望する時間帯によって荷物を小分けし、(1)で登場した配送車両(東京などの都心部では、道路事情により手押し車やを接続した自転車も使われる)によって相手先まで届けられる。 末端の集配作業は、以外の宅配便会社は、地方によってはいわゆる「」などの運送業者にしている場合がある(近年は物量の増加に伴いヤマト運輸でも繁忙期以外に集配を委託している場合がある)。 複数の路線トラックに積み替えて貨物が輸送される場合もあるため、貨物の輸送経路を適切に把握する事が重要である事から、荷物には一連番号が与えられ(伝票に記載)引き受けから、営業所やトラックターミナルへの到着、大型トラックへの積み込み、配達など各ポイントを通過するごとにコンピュータに入力され、現時点のステータスが分かるようになっており、発送者が伝票番号を基に貨物の輸送状況を問い合わせる事が可能である。 荷物の到着日数は、距離にもよるが、離島やへき地以外であれば、最短でだいたい翌日~翌々日には届く。 発送の窓口としては、身近にある大手コンビニエンスストアや、表示を掲げた食料品店や酒販店などの各種商店が挙げられるが、企業や自宅まで取りに来てくれる集荷サービスもある。 最近では、やを通じた集荷依頼サービスも登場している。 運賃は、宛先地域と重量、大きさなどによって決められる。 営業所や取扱店に持ち込んだ場合は、一定額が割引される。 ヤマト運輸の「宅急便」の場合割引額は100円である。 特別に急ぐ場合などは追加料金を支払うことで飛行機などの高速な輸送手段を使い、短時間で配達することができる。 急がない場合の期日指定や時間指定は追加料金がかからない。 通信販売企業などで発送量が多く定期的に利用する場合、一般利用者よりも安い割引運賃が適用されている。 特殊なケースでは、県内や近県限定で500円均一といった運賃で受け付けるところもある。 なお、配達先が外出中などで受け取る人間がいなかった場合は、営業所や配達の担当者の連絡先などを記したいわゆる「不在連絡票」を置いていき、それを見た受取人が連絡を取るかその後の配達の際に改めて配送する場合が多い。 過去には隣家などに預ける場合もあったが、現在では基本的に配達先以外の者に預けるような事はない。 近年の市場の拡大に伴う、宅配便の取扱件数の増加とともに、受取人の不在による再配達が増加(日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便の大手3社の2014年12月の調査で19. 対策としては、コンビニエンスストアでの受け取りシステムの拡大(複数の宅配業者への対応化)、の設置や受け取りカウンターの設置などが示されている。 2020年4月16日から、ヤマト運輸ととの共同で、地域にて共同配送を開始した。 佐川急便扱いの荷物は、佐川急便松本営業所からヤマト運輸松本今井センターへ輸送し、ヤマト運輸の配送車に積載した上でヤマト運輸のドライバーが佐川急便扱いの荷物を配達する。 両社は、「宅急便」と「飛脚宅配便」を同時に受け取れるメリットがあるとしている。 規定 [ ] 法律上、宅配便はに含まれるため、法律として宅配便が定義されている訳では無い。 統計上では、宅配便と宅配便を除いた特別積合せで集計される。 現場では、一般家庭宛てへの貨物を宅配便と呼ぶ場合も有る。 事業者およびブランドにより宅配便の定義が異なり以下の通りである。 大きさや重量や責任限度額、いずれの制限を越えても一般貨物の、いわゆる・混載便と呼ばれるサービス内容に変わる。 責任限度額はどこの運送会社も消費税込みで30万円である。 以下は、主要事業者の事例となる。 3辺の合計が170cm以内で、かつ重量が30kg以内の1個口の貨物(の場合)• 3辺の合計が160cm以内で、かつ重量が30kg以内の1個口の貨物(飛脚宅配便・パーセルワンの場合)• 3辺の合計が160cm以内で、かつ重量が25kg以内の1個口の貨物(の場合)• 3辺の合計が170cm以内で、かつ重量が30kg以内の1個口の貨物(フクツー宅配便の場合)• 3辺の合計が140cm以内で、かつ重量が20kg以内の1個口の貨物(の場合)• 3辺の合計が130cm以内で、かつ重量が20kg以内の1個口の貨物(カンガルーミニ便の場合)• このほか、3辺合計及び重量の制限は運送会社・サービスによって若干違いがある 破損等の保証は、実損額となる。 複数口による発送の宅配便 [ ] 宅配便には 一原票一個の原則があり、一つの伝票番号で1個口の荷物しか取り扱えない。 ただし、以下の例外がある。 サイズ制の料金体系に移行後のの複数口送り状には、2つの送り状番号の記載がある(2つ印字された番号自体は、上4桁目を除き、全く同一)。 なお、ゆうパックのコンビニ差し出しの場合は、POS端末処理の都合上、複数口送り状を利用しての差し出しが必須となるが、集荷扱いないしはやの郵便窓口での差出をはじめ、それ以外の取扱店等での差出では通常の送り状の複数枚利用で対応可能。 のの場合、「複数口」の場合は1つの伝票番号で最大5個口まで取扱可能。 6個口以上は、6個のケースでは4個口と2個口、7個のケースでは5個口と2個口の2つに分けて発送する方法を取る。 5個口プラス1個では、1個のほうに複数口割引は適用されない。 また、クール宅急便との複数口割引は適用しない。 この送り状がない場合は、他社とは異なり、原則複数口割引の適用はなされない。 の飛脚宅配便の場合は、同じく「複数口」での発送の場合、発送する荷物のうちの1つにのみ通常の元払い送り状を貼り付けし、2個目以降は「貼エフ」とよばれるシールに記入の上、各々の荷物に貼り付ける形となる。 割引の対象ではないが、複数口着払の場合も同様。 歴史 [ ] 宅配便が始まるまでは、個人が簡単に荷物を発送するためには、(現在の)か、を利用したしかなかった。 それらは、またはで荷物の発送をしなければならず、さらに、鉄道小荷物は駅で受け取る必要があった。 また、郵便小包は当時6kgまでしか扱いがなかった。 それらを使わない場合は、を利用するしかなかった。 と運送業者が始めた集荷・配達を行う特別小口扱(宅扱)が日本最古の宅配便にあたる、とされている。 なお、このサービスは廃止されている。 民間では三八五貨物(現在の)のグリーン宅配便に次いで、、大和運輸(現在の・)が「」のサービス名で行ったのが、宅配便のサービスの始まりである。 最初はのみで、1日目の取扱量は11個だった。 に入ると、店舗網の拡大が始まったコンビニエンスストアを発送窓口にした他、宅配便の対象地区の拡大や高速道路網の拡充による配送時間の短縮化に連動して急速に取扱量が増えた。 この過程で、頃から日本通運など他社大手輸送会社も同様のサービスを開始した。 この際、参入した各社が動物(黒猫、ダックスフンド、ペリカン、カンガルー、小熊など)をシンボルマークに用いたことから、これらの会社間の熾烈な競争は「動物戦争」とも呼ばれた。 また、これに伴い鉄道小荷物は競争力を失って11月に廃止されている。 1997年には「宅急便」の離島を含む全国展開が完了した。 「宅急便」をはじめとした宅配便の普及にともない、小口の貨物輸送サービスに競争原理が働き、単なる輸送だけではなく、下記のような新規サービスの提供などが行なわれるようになった。 スキー場やゴルフ場等への用具の配送• へ、あるいは空港からの手荷物の配送• 生鮮食品の配送のための冷蔵・冷凍小荷物配送(クール便)• 期日、時間帯指定配送。 特に急いで配送したい場合や、配達先の都合の良い時間帯や期日(例・在宅している夜間や日曜日など)に配達を行いたい場合。 地域限定の即日配送。 の代金決済(コレクト)サービス など なお、最初に宅配便サービスを開始した(法人格としては、現在の)の市場占有率が大きく、ヤマト運輸のサービス名「宅急便」と混同されやすいが、宅急便は商標登録されているため、あくまでも一般名称は『 宅配便』である。 主な会社とサービス名 [ ] 日本国内の宅配便 [ ]• 業界1位 「」「宅急便タイムサービス」• 業界2位 「飛脚宅配便」「飛脚航空便」• 業界3位 「」• 業界4位 「カンガルーミニ便」「カンガルー通販便」• 業界5位 「フクツー宅配便」「パーセルワン」 その他の大手・中堅宅配便事業者としての「パンサー宅配便」、の「中越宅配便」、の「第一貨物宅配便」、の「シルバー宅配便」 日本郵便と提携してシルバーゆうパックに変更 、の「宅配便利便」、の「グリーン宅配便」、の「三八五宅配便」、の「つばめ便」、の「スワロー宅配便」などがある。 「ゆうパック」は、に際し、による小包郵便物から、に規定される宅配貨物へ移行され、競争条件が同一化された。 なお(平成22年)に、当時業界3位であったの「」が当時業界4位であった郵便事業(現:日本郵便)の「ゆうパック」に統合されている。 これに伴い、ペリカン便(JPエクスプレス宅配便)のブランドは消滅し、も会社清算された。 なお、は、4月以降も日本通運()の扱いのままである。 取扱個数の推移 年度 総数 トラック運送 トラック運送便名別取扱個数 出典 1位 2位 3位 平成15年度 28億3,446万 28億0,389万 宅急便 10億0,693万 佐川急便 9億2,535万 ペリカン便 3億6,763万 平成16年度 28億7,404万 28億4,346万 宅急便 10億5,892万 佐川急便 9億4,323万 ペリカン便 3億4,923万 平成17年度 29億4,100万 29億1,030万 宅急便 11億2,470万 佐川急便 9億9,310万 ペリカン便 3億4,124万 平成18年度 29億3,919万 29億0,794万 宅急便 10億2,850万 佐川急便 9億9,310万 ペリカン便 3億3,043万 平成19年度 32億6,159万 32億2,708万 宅急便 12億3,373万 佐川急便 10億7,852万 ペリカン便 3億3,642万 平成20年度 32億1,166万 31億7,749万 宅急便 12億3,053万 飛脚宅配便 10億6,110万 ペリカン便 3億2,786万 平成21年度 31億3,694万 31億0,776万 宅急便 12億6,051万 飛脚宅配便 11億2,495万 ゆうパック 2億6,404万 平成22年度 32億1,983万 31億9,329万 宅急便 13億4,877万 飛脚宅配便 11億9,404万 ゆうパック 3億4,682万 平成23年度 31億3,694万 31億0,776万 宅急便 14億2,361万 飛脚宅配便 12億9,954万 ゆうパック 3億8,330万 平成24年度 34億0,096万 33億6,300万 宅急便 14億8,754万 飛脚宅配便 13億5,651万 ゆうパック 3億8,221万 平成25年度 36億3,668万 35億9,506万 宅急便 16億6,587万 飛脚宅配便 12億1,878万 ゆうパック 4億2,843万 平成26年度 36億1,379万 35億7,008万 宅急便 16億2,204万 飛脚宅配便 11億9,600万 ゆうパック 4億8,504万 平成27年度 37億4,493万3千 37億0,446万8千 宅急便 17億3,126万3千 飛脚宅配便 11億9,829万8千 ゆうパック 5億1,302万4千 国際宅配便 [ ] DHL発送取扱店であることを示す札 国際宅配便は、飛行機による航空輸送と船舶による海上輸送の大きく2つに分かれている。 航空輸送の特色として、緊急性の高い物品や高価付加価値商品の利用に適しており、海上輸送に比べ輸送中の振動が少なく、貨物の破損も少ないといわれている。 海上輸送は、飛行機に搭載できない危険物の輸送ができ、超大量の積載に耐え、かつ輸送費用が航空輸送よりかからないことが利点である。 現在商業用の輸出入の中核を担っている。 (UPS)• (FedEX)• 米国ヤマト運輸・• 航空事業部(いわゆる)の海外ペリカン便• の扱いの荷物「」(旧・国際小包)• 海外新聞普及株式会社 他 海外クール宅配便 [ ] 詳細は「」を参照 荷物の引き換えと同時に、商品の代金を現金で支払うことができる制度である()。 ヤマト運輸や佐川急便のように、依頼人側の契約次第によってはクレジットカードやデビットカードで支払える運送会社もある。 通販でよく利用される。 以外は契約が必要である(ゆうパックでも、契約して利用するタイプのものも存在する)。 代金の受け取りは、ゆうパックの場合は、契約型を利用しない場合は、かつてはの通常貯金ないしは振替口座宛送金ないしは普通為替証書の受け取りに限定されていたが、後に、ゆうちょ銀行の通常貯金ないしは振替口座への電信振替、あるいはに接続された金融機関での受取が可能となり、先だって、普通為替証書での受け取りは廃止されている。 なお、ゆうパックや他社の契約を有するタイプの場合は、一般の銀行宛振り込みなど他の方法でも可能である。 なお、運賃とは別に、代引手数料や引換金の振込手数料が必要で、加えて、の納付が必要なケースもある。 個人が利用できるサービスとして、がに「メル友便」を開始している。 これは、送り主が事前にを登録した上で、受取人がで受け取りを承諾すれば、双方の住所のやり取りなしに荷物のやり取りができる、いわゆるによる商品授受向けサービスだが、郵便事業のあて名変換サービスやヤマト運輸のオークション宅配便とは異なり、オークション業者等を介する必要がなく、なおかつ送り主が希望すれば個人でも代引扱いが可能としている。 本人限定受取サービス [ ] 受取人名に書かれた本人に限り配達可能な(等、等により確認の上、荷物の引渡しを行う)サービスもある。 事業者やサービスにより、転送や支店・営業店留ができるケースとそうでないケース・営業店留が必須なケースがある。 :「本人限定受取」・・・ゆうパックの基本送料にセキュリティ料360円とそのオプションである本人限定受取扱料100円の追加で発送可能(送り状は、セキュリティゆうパック用のものを利用)。 本人限定受取郵便同様、基本型・特例型については、個人・法人の別にかかわらず発送可能だが、特定事項伝達型の場合は、事前契約した法人のみ利用可能。 セキュリティゆうパックに付加することも可能 ただし、以降は、特定事項伝達型に限り利用不可となる。 :「飛脚宅配便受取人確認配達サービス」 …事前契約した法人のみが利用可能で、基本送料に200円追加で発送可能。 送り状は、専用のものを用いる。 本人確認書類による配達のほか、事前に受取人側が設定したパスワードを受け取り時にドライバーの端末に入力することで照合するという方法もとることが可能となっている。 が、前者の方法によって音声対応のの送付に用いていることを公表している。 宅配便に該当しない貨物 [ ] 以下に挙げる貨物は、個人宅に配達される場合であっても定義上宅配便の扱いにはならない。 旧名「小さな引越便」)• メール便• ゆうパック以外で、郵便事業が取り扱う「」扱いの発送商品(や、など)• 寿司や弁当の宅配(いわゆる「出前」) 荷受、配達の拒否 [ ] 頃より、大手各社は各地でが制定されたことに伴い、および暴力団関係者等の利用を拒否することとなった。 しかし、第10条では、「第一種貨物利用運送事業者は、特定の荷主に対して不当な差別的扱いをしてはならない」と定めていたことから 、各社はよりを見直し、新たに暴力団排除条項を加えることで荷受け配達を拒否することとなった。 アメリカ合衆国の宅配便 [ ] アメリカ合衆国にも商品配送の流通サービスがあるが、それは通信販売の発達とともにその枠組みの内部で行われてきた流通サービスであり、独立した物流サービスとして成長してきたものではない。 だけでも1日あたり9万個以上の荷物が配達先に届かない状態となっている。 歴史 [ ] アメリカ合衆国ではに郵政省が発足し、には長官のが戸別集荷配達サービスを提唱。 までには地方の顧客も郵政公社の戸別直接配達を受けることができるようになった。 1980年代にはやが新規に参入し、両社は米国国内であれば翌朝10時30分までに配達することをうたっており、市場シェアも両社が優勢で郵政公社は劣勢に立たされた。 さらにメール便のメール・ボクシーズ・イーティーシーがフランチャイズ展開し、至急配達や商品の包装サービスを提供するようになり、郵政公社も同様のサービスを提供するようになった。 主な会社 [ ]• UPS• Fedex 脚注 [ ]• を参照。 産経ニュース、2015年6月8日• レスポンス、2015年10月17日• 産経ニュース、2015年9月25日• ヤマト運輸・佐川急便 2020年4月10日• 国土交通省 平成16年6月30日• 国土交通省 平成17年7月6日• 国土交通省 平成18年6月29日• 国土交通省 平成19年7月4日• 国土交通省 平成20年7月11日• 国土交通省 平成21年7月3日• 国土交通省 平成22年7月5日• 国土交通省 平成23年7月12日• 国土交通省 平成24年7月5日• 国土交通省 平成25年7月31日• 国土交通省 平成26年7月17日• 国土交通省 平成27年7月24日• 国土交通省 平成28年7月22日• - 西濃運輸• 後藤啓二 『暴力団排除条例入門』pp. 106 東洋経済新報社 2012年• ヤマトホールディングス 2014年6月2日. 2019年1月14日閲覧。 長谷川慶太郎『日本経済は盤石である』PHP研究所、2015年。 businessinsider 2019年12月5日. 2019年12月5日閲覧。 関連項目 [ ]• (営業所止め).

次の