フェイク 歌唱法。 「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説!

「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説!

フェイク 歌唱法

コンテンツ一覧• 【質問タイトル:『曲の一部で細かく音程が揺れる歌い方について』】 曲の中で一部細かく揺れる音程のある歌い方についての質問です。 例えば『a tomorrowsong』というSkoop On Somebodyの曲のサビで「もし泣いてたらよかった」という歌詞部分があります。 歌のリズムで書くと「よーかあぁった」と、この「よかった」はなります。 音程を揺らしているのは、この「あぁった」の部分です。 私はこの歌い方を習得したいです。 ブラックミュージックでこのような歌い方はよく見かける気がしています。 ネットで色々とボイストレーニング用語を調べましたが、上記の歌唱法は何という用語なのか……ちょっとまだ分かりません。 (ビブラートではない気がしています) この歌唱法の用語と発声方法と練習方法をご回答いただけませんか? お願いします!! 【連盟技術担当スタッフ:以下回答】 お疲れ様です。 連盟技術担当スタッフです。 ご質問いただき有り難うございます。 さて、細かく揺れる音程について。 この歌い方ですが、いわゆる【フェイク】だったり【アドリブ】だったり。 もしくは演歌等使われる【節回し】…と解釈出来ると思います。 まずはご自身の中の引き出しの量がフェイクやアドリブには必要になってきます。 普段はあまり聴かないアーティストの曲や歌を聴いて研究してみる事が大事だと思っています。 色々な歌い方を熟知したり、目標としているR&B系アーティストの歌い方を自分でも真似て同じ様に歌ってみる所から始めてみましょう(モノマネまでは行かなくて良いと思いますが)。 細かく上下する音程を正しく解析し、可能なら譜面に一度おこしてみるのも良策です。 そして、目標とされているアーティストのコピーをしてみる事、これも大事です。 最初はテンポを落とし、ゆっくり丁寧に一つずつ音程をとってみるのも手です。 慣れたら、徐々にリズムに合わせ、早く音を動かせる様になってきます。 細かく音を揺らす際には、リラックスし喉が力まない様にしておく事も同時に大切です。 ただ正直申し上げますと、文面で説明するのにはやはり限りもございます。 直にボイストレーナーに師事された方が今回の場合は習得への近道だと感じました。 今後、益々のご活躍を期待しております。 頑張ってください!.

次の

音楽用語「フェイク(fake)」の意味を解説!

フェイク 歌唱法

フェイク(Fake) フェイクとは? 歌のなかで「フェイク」する、とは、本来のメロディーの一部をリズムや音程を変えて自由に唄う事を言います。 唄っていくなかで、感情のたかまりを自由に表現しようと思った時、メロディーの制約から離れて、心のままを優先して唄う事です。 誰でも、唄い慣れた曲なら、もっと自分勝手に、自由に、その時の感情のままに唄いたくなるでしょう。 もしかしたら、もうあなたも「フェイク」して唄ってる曲がすでにあるかも知れません。 よくある、曲のサビ部分を何回もリピートして繰り返し唄う時など、毎回同じに唄うより、だんだんと変えて唄い続けたいと思った事があるはずです。 そんな時こそ「フェイク」の出番です! ブラックミュージック ブラックミュージックにおける「フェイク」に関しては、昔からもそうなのですが、特に最近この「フェイク」が多く、まるで「フェイク競争」の様に思える程です。 (笑) 古くは、「サム クック」「レイ チャールス」「ダニー ハザウェイ」「マーヴィン ゲイ」「スティヴィー ワンダー」「アル グリーン」「アレサ フランクリン」「チャカ カーン」「ルーサー ヴァンドロス」などが私の大好きな「フェイクの達人」の方々ですが、最近の若手シンガー達もこれら先人達をお手本として、皆さんフェイクに磨きをかけています。 Kelly] 等々数え切れないのでこの辺にしておきます。 時には、本来のフェイク、つまり感情のおもむくまま自然に出て来た唄い方、ではなく、最初から作っておいた「疑似フェイク」なのではないかと思われるものもありますが、私の勘違いでしょうか・・・? まあいずれにせよ皆さん「フェイク」に関してもかなり研究してるのは間違いありません。 時代と共に音楽は変っていきますが、特にブラックミュージックにおいては、その変わり方が著しく感じます。 彼ら特有の「グルーヴ感」がそれを支えてる様に思われます。 そして彼らの得意な、音楽用語で言う「3連ノリ」が、そのグルーヴの要である事も確かです。

次の

色々な歌唱方法を身につける

フェイク 歌唱法

飽きない歌手の特徴 楽曲に対して何が飽きないかと言えば、1番と2番のアレンジが違ったりメロディが違ったりしますよね。 構成上の変化においては2番のサビがオケだけになったり、Bメロがサビより目立つメロだったりします。 このように 変化に富んだ楽曲は飽きない楽曲であると言えます。 では歌い手においてはどうでしょうか。 歌においても同じです。 多くの変化を出せる人が飽きない歌い手と言えます。 ビブラートの種類を多く持っていたり、しゃくりやフォールを何パターンも持っていたり、節回し こぶし の引き出しを多く持っていたりすることが飽きないことに直接繋がるということです。 節回しとは 節回しとは、カラオケの採点でいう「こぶし」に当たるテクニックです。 フェイクとも言いますが、私が言っている節回しとはフェイクの中でも特にテクニカルで素早い音程移動をさします。 BOYS ll MENさんのスタジオライブの映像です。 フェイクのシーンは2分50秒あたりからですが、ぜひ全編ご覧ください。 一流の演奏を無料で楽しめる時代に生まれて最高の気分です。 こちらのフェイクはかなり高度で、誰もができる技術ではありません。 特に彼らはフェイクに関しては世界で一二を争うアーティストですから、真似しようとしてもなかなかできるものではありません。 しかしながら、一流を目指す者が一流から学ぶことで自分の成長を十分に助けることになることは間違いありません。 そのツールも機会も揃っている時代な訳ですから、活用しない手はありませんね。 引き出しを図で捉える では実際に節回しをマスターしていくにあたって、より効率的な方法を提案していきます。 私が提唱する、 「飽きのこない歌唱をするために必要なフェイク種類の数」は4つ以上です。 これはを実際に用いて、フェイクに注目して様々なアーティストを研究した結果から出した私の独自の数字ですので、信じるか信じないかはあなた次第です。 すでに4つ以上引き出しがあるという方はその1つ1つの鍛錬、または引き出し増やしにおいてこれから紹介する考え方を応用してみてください。 4つの節回しを図にして練習する。 このように自分の解釈でいいので、図に書いてみましょう。 練習したいフェイクや少しだけできるフェイク、憧れのアーティストがやっているフェイクを図にして理解しようとしてみましょう。 そして、自分の書いた図を何回もみて練習して習得していきましょう。 またナンバリングすることで、歌唱中にどのフェイクを使うかを明確にすることができます。 という風に、変化を持たせることが可能になります。 このようにして、連続して同じフェイクを使わないということも飽きない歌い手になることにおいて、大切なことです。 4つのパターンを持っておくことで、組み合わせれば16通りのフェイクを可能にします。 ただできるだけではなく、絶妙なタイミングで絶妙な音階のフェイクができるようになりましょう。 そうなってこそ本物の歌手であると言えるでしょう。 まとめ 今回は節回しについての内容でした。 それでは要点チェックです。

次の