メルカリ ブロック され たら。 メルカリでブロックしたら・されたら:仕方と解除方法を解説します

メルカリでブロックすると相手はどうなる?バレる?やり方と解除方法も!

メルカリ ブロック され たら

メルカリでブロックする仕方は? 今後、関わりたくない人をブロック メルカリのブロック機能とは、相手とのやり取りを、元から断ち切ってしまう方法です。 LINEのブロックの仕方と同じというと、イメージしやすいですね。 やたらと「いいね」の付けはずしをする• しつこい値下げ交渉をしてくる など、が多いことに気付きます。 うざいな• 関わりたくない相手だな と思ったら、どんどんブロックを活用して、 面倒な人のコンタクトを避けるようにしましょう。 スマホ、iphone• パソコン 別にブロックの仕方を紹介します。 スマホ、iphone 1. 最終的に、相手のプロフィールページが表示されればOKなので、あくまで一例として考えて下さいね。 ブロックしたいユーザーのコメント履歴へ 3. 相手のコメントを表示させる ブロックしたい相手のアイコンをタップすると…… 4. 相手のプロフィールページ右上の「…」へ 5. これで、特定の相手のブロックが完了しました! パソコン パソコンではブロックできない 関わりたくない相手とのやりとりを避ける、便利なブロック機能。 現時点では、 パソコン版でブロック機能の対応はしていないようです。 つまり、パソコンでメルカリを利用している最中に、ブロックしたいユーザーを発見したとしましょう。 スマホアプリでブロック作業をする必要がある ってことですね。 報復や仕返しされないための5つのポイント 対応やタイミングが大切 関わると面倒そうな相手や、しつこい値下げ要求をする人に購入されたとしたら? ブロックしようとしていた一歩手前で、商品が買われたら、どうしたらいいのでしょうか。 購入手続きが完了しているため、出品者には、取引を進行して、商品を購入相手に発送する義務があります。 ブロックするタイミングは?• 報復や仕返しをされないためには? どうすればいいか考えてみました。 取引中の相手、評価前• ブロックするのは我慢 商品が買われると、取引を進めるしかありません。 キャンセルも無理ではないですが、もめそうな相手なら、あえてこっちからは何もしないほうがいいです。 波風立てず商品を発送して、 取引を終えてしまうのが無難です。 最後まで丁寧な対応を ブロック対象に考える相手なので、取引メッセージの段階でも 「そんなの購入前に聞いてよ~」 と言った具合に面倒ごとがあるかもしれません。 感情的になるのをグッと我慢して、冷静な大人の対応がおすすめです。 とにかく、きちんと丁寧に対応して迅速に発送してしまいましょう。 つけいる隙を与えるとトラブルやもめ事に発展しかねません。 もし、取引段階で不満があったなら正当な評価と、評価コメントで残しておきましょう。 お互いの評価が済んで、 完全に取引終了してからでないと、表示されない仕組みになっています。 低い評価をつけても、仕返しで報復の評価をつけられる心配はありません。 取引終了、評価後• 取引が済んだら即ブロック 取引中にもブロックはできますが、取引は中断されないので、あまりメリットはありません。 それこそ、• もう関わりたくないなと思っても、取引が終了するまで待ちましょう。 取引中の不満は、受取評価に• 取引中に態度が悪かったり• 発送を何度も急かしたり など、自己中心的で困るユーザーですよね。 取引で嫌な思いをしたのなら、評価コメントに事実を隠さず書いてしまいましょう。 他の人の役にも立ちますし、評価後にブロックをしたら、今後二度とやり取りする必要もなくなります。 それでも報復されたら、運営に通報を ブロックしたとしても、別アカウントや家族のアカウントを使えば、商品ページへのコメントやいいねをつけることは可能です。 それを利用して、誹謗中傷行為や荒らし行為をするなど、逆恨みして報復する可能性もあります。 悪質すぎる荒らしや、別アカウントについても、複数アカウント所持は規約違反のため、メルカリ運営に通報してしまいましょう。 また、通報しない場合も、 他のアカウントも全てブロックしてしまえば問題ありません。 ブロック機能で表示されるものされないもの 見れなくなる?• 見れるままだが、相手の機能が制限 正しくは「見れなく」ではなく、ブロックにより相手の機能が制限されます。 ブロックした相手は自分の出品物に、• 購入できない• 「いいね」できない• コメントできない また、メルカリボックスの場合、• 回答とスッキリができない ブロック後に制限されることの詳細はこちら。 でも、残念ながら、 ブロックしても相手から商品は見えているようです。 ただ、直接的な関わりは遮断できるので、安心ですね。 見えなくできる機能が、今後追加されると、なお良いのですが。 表示されないものは?• 閲覧はこれまでどおり全て可能 商品検索で出品ページが表示されますし、ブロフィールも閲覧できます。 表示は?バレる?メルカリブロックのQ&A 相手にはバレる?バレない?• 結論から言うとバレる ブロックされた状態で、• コメント• いいね• 購入 のどれかを行おうとすると 「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント、購入、いいね!はできません」 と、表示されます。 この 表示を見て、相手はブロックされていることに気付くってことですね。 ブロックされた通知は相手に届かない あくまでも、上記に書いたような行為をした時に、メッセージが表示されるだけです。 相手が上記の行動をしなければ、ばれないってことですね。 ブロックの目的は?• コメント逃げ 出品物に、質問が来たので返答したのにも関わらず、何の返事もないって失礼ですよね。 ルーズでいい加減な人という印象を持つため、取引となると面倒かもしれません。 値下げを何度もされた しつこい値下げ要求は、うんざりしちゃいすよね。 少額のものに対して大幅値引きを粘ったり、あと100円どうにかならないかとしこかったり……。 他を当たってくれと思ってしまいます。 悪い評価 悪い評価が多い、または普通評価の評価コメントを読むと、トラブルを起こしがちな相手かどうか、判断することができます。 自己中なユーザーとは取引したくないですよね。 マイルールの多い人 返品不可や、コメントなし購入不可など、メルカリルールを無視して、独自ルールを堂々と掲げている人は、なんだか面倒な臭いがしてなりません。 デメリット 仕返しで報復 他のアカウントを使って• コメント欄を荒らしたり• 購入して悪い評価をつけたり など、逆恨みで酷いことをしてくる人もいるため、十分な注意が必要です。 ブロック返し 相手との関わりを断ちたくてブロックしたので、向こうからブロックを返されても、まったく不都合は感じません。 やられたらやり返す、典型的な人というだけですが、やはりいい気持ちはしませんね。 まとめ メルカリでのブロックの仕方が、意外と簡単で驚きです。 マイルールを掲げている人や、値下げのしつこい人は結構多いので、ブロックし始めるとキリがなさそうです。 ブロック機能自体は、迷惑で関わり合いたくないユーザーを避けることのできる良い機能ですが、使いすぎると売上ダウンにも繋がります。 しつこ過ぎて、トラブルになりそうな人はブロックするといった具合に、程度をあらかじめ決めておくといいかもしれませんね。 ちなみに、メルカリ側からの迷惑メールもブロック可能です。

次の

メルカリ クレーマーを見分ける方法 見つけたら先にブロックしましょう。

メルカリ ブロック され たら

トラブルに巻き込まれないようにブロック機能を使うのも手 不特定多数のユーザーが登録しているメルカリでは、ちょっと困ったなと感じてしまう取引相手もいます。 大きなトラブルになってしまった場合はもちろんですが、同じようなトラブルを未然に防ぐ意味でも、そういう相手との取引は避けたいもの。 また、評価が極端に悪いユーザーも取引相手としては考えものです。 そう思ったときに使えるのがブロック機能です。 特定のユーザーをブロックすることによって、取引だけではなくて取引前のやり取りも制限できます。 具体的にどうった制限がかかるのかというと、以下の3つです。 商品への「いいね!」ができなくなる• コメントを書き込めなくなる• 商品を購入できなくなる つまり、ブロックした相手が何らかのアクションを起こしても、全く受け付けなくなるというわけです。 ただしブロックをした相手でも、自分の出品物を見ることはできます。 メルカリで相手をブロックする方法・解除する方法 ブロックは、相手のプロフィールや商品が表示される画面から行うことができます。 右上の「・・・」をタッチして、「この会員をブロックする」を選ぶだけです。 右上の「・・・」にあるブロック機能を使う 逆に解除をするときもやり方は同じです。 「・・・」をタッチすると「ブロックを解除」が出てくるので、それを選択すればいいのです。 ブロックすると相手はわかるの? ユーザーをブロックしたとき、相手に通知がいくのか?と不安になるかもしれません。 でも、相手にお知らせがいくことはないので、安心してください。 ただ、ブロックしたユーザーが自分の出品物に「いいね!」やコメント、購入をしようとしたときに、ブロックされていることがわかってしまいます。 「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント、購入、いいね!はできません」と表示が出てくるからです。 ブロックされた方は、最初は驚くかもしれませんが、なぜブロックされているのか、ある程度理由もわかっていると思います。 コンタクトができない状態になっているので、嫌がらせをされることもありませんから、取引したくないユーザーはブロックをしておいた方が無難といえます。 ブロックした人の一覧はある? 自分がブロックした人が誰なのか管理ができると便利なのですが、残念ながら、今のところそのような機能はありません。 そのため、必要であればエクセルやメモ帳などに自分で個人的にリストを作るといった作業が必要になってきます。 ここで注意したいのが、ユーザー名で管理をしないということです。 ユーザー名は自由に変更ができますし、同じ名前のユーザーがいるかもしれないからです。 一番確実なのは、ユーザー各々の番号で管理することです。 実は、メルカリユーザーには、個別の番号があります。 ブロックするときと同じように、ユーザーのページにある「・・・」をタッチすると「プロフィールシェア」が出てきて、ここにURLがあります。 この中にある番号がユーザーに割り振られた番号になっているので、これで管理すれば相手が名前を変えても問題ありません(ちなみに、パソコンから見れば、番号があるのがよくわかります)。 URLを控えたり、コピペすることでリスト化できますが、この情報の管理をしっかり行うのは言うまでもありません。 更新日:2017年12月23日.

次の

【2020年最新】メルカリでよくあるトラブル事例10パターンを紹介!

メルカリ ブロック され たら

メルカリで取引やメッセージのやり取りをしていてると「この人嫌だな」「この人からは絶対に売りたくない」と思うような人に出会ってしまうことがあります。 もし悪い人に購入されてしまったら、自分の個人情報も知られてしまいますし自分の評価に影響する可能性もあるので不安になってしまいます。 ですがメルカリでは、特定のユーザーをブロックできる 「ブロック機能」があります。 そのブロック機能とは一体どんな機能なのか?ブロックしたらどうなるのか?ブロックリストの確認方法などを詳しくご紹介します。 メルカリのブロックのやり方やされたらどうなる? 上記の通り、メルカリには特定のユーザーと関わることを拒否する「ブロック機能」があります。 例えば、下記のことをされた場合にブロックをしたいと思うでしょう。 ・購入の意思がないのにメッセージを何度も送ってくる人 ・出会い目的の人 ・誹謗、中傷をしてくる人 ・一度取引をしてトラブルになった人 (受け取り評価をしない・発送をしてくれなかったなど) ・コメントのやりとりで「この人に売りたくない」と思った場合 「この人始めたばかりで評価がまだ0だから不安!」という理由だけでブロックしまうのは良くないですが、上のことに当てはまる場合はブロックをしても良いでしょう。 また、取引前のコメントのやりとりなどで「この人と取引をしたらトラブルに発展しそう」「自分が嫌な思いをするかも」と思ったら購入される前にブロックをしてしまうのも手です。 このような人は相手にすると時間の無駄ですし、コメントを削除してもまたしてくる可能性があるので、ブロックするのが一番手っ取り早いです。 ブロックをしたらどうなる? 例えばメルカリでAというユーザーに対してブロックをした場合、Aは自分(あなた)に対して下記のことができなくなります。 ・商品のいいね! ・商品へのコメント ・商品の購入 ・自分へのフォロー つまり、ブロックをしてしまえばそのユーザーから自分への接触は一切できなくなります。 またそれとは逆に、自分が相手からブロックをされた場合も、同じように上記のことができなくなります。 ブロックのやり方・使い方は? メルカリでは、下記の操作で嫌な相手をブロックすることができます。 ただしブロック機能は スマホのアプリのみの機能となります。 そのブロックの解除の手順は、上のブロックをする手順と同じ方法で行うことができます。 ブロックをした人の確認方法 メルカリでは、自分がブロックをした人を一覧で見ることができます。 下記の操作でブロックリストが表示されます。 マイページ>個人情報設定>ブロックした一覧 ブロックをしたら相手にバレる? メルカリでは関わりたくないユーザーに対してはブロック機能を使うことがおすすめですが、もしブロックをした場合、ブロックをした相手にそのことがわかってしまうのかが不安になってしまうかもしれません。 ですが、残念ながら 相手はあなたからブロックをされたことがわかるようになっています。 メルカリでは、ブロックされた側のユーザーはブロックをした人(自分)の商品に、いいね!、コメント、購入をしようとした場合に 「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント・購入・いいね!はできません」とアラートが出てしまいます。 つまり、誰でもかれでもブロックするのは相手を不快にさせてしまうので良くありません。 「ブロックされてます」とアラートが出ても、本人が「仕方ないか」と思ってくれるくらい迷惑行為をした相手でないとブロックをすべきではないのです。 ですが、自分を守るためにも本当にこの人とは取引をしたくない、一切関わりたくないというユーザーにはブロック機能を使うようにしましょう。 ブロック機能を上手に使ってトラブルのない取引を 以上がメルカリのブロック機能についてでした! 残念ながらメルカリには良い人ばかりではなく悪い人が紛れ込んでいます。 また、最初から悪いこと(いたずら・誹謗中傷・嫌がらせなど)をしようとメルカリを利用するユーザーもいるのです。 さらにメルカリでは顔が見えない分、何をされるのかがわからないということもあるのです。 そのためにも、自分の身は自分で守るためにも不安を感じる相手にはブロック機能を活用し、トラブルのないスムーズな取引ができるようにしましょう。

次の