ポータブル電源 災害。 災害時の停電対策にソーラーパネルとポータブル電源があれば安心。小型家電が使えます!

災害・キャンプに、小型ポータブル電源&ソーラーチャージャーを備える!

ポータブル電源 災害

「災害などで停電したときに備えておきたい」「レジャーでも使いやすいものがいい」そんな方におすすめなのが、 コンパクトで大容量なポータブル電源です! は日本メーカーが企画開発し、数々のランキングで11冠を獲得。 本体の電池容量は120,000mAhで iPhoneを最大700時間充電できる程の大容量で、同容量の 他社製品に比べ3分の2というコンパクトサイズが特徴です。 出力は正弦波AC400Wハイパワー! 家電製品を複数台同時に使用することができます。 衝撃にも強く、 日本規格の安全性も魅力のひとつです。 もちろんレジャーシーンでも使用でき、 災害時や停電時にも備えられるお守りのようなアイテムではないでしょうか? PSEをはじめRoHsやFCCの認証を取得に加え、バッテリーマネージメントシステムを搭載しており 電源に過度の負荷がかからないように管理してくれます。 さまざまなレジャーシーンでの活躍が期待できます。 さらに、ポータブル電源ながらLEDライトを搭載しているため、急な停電でもこの一台で電源と明るさを同時に確保することができます。 容量 505Wh 重量 5. 高い安全性とスタイリッシュなデザインが魅力 通販サイトで評判の良い人気商品! アウトドアにも防災にも使えるコンパクトなポータブル電源 バックパックに収まるコンパクトなポータブル電源 大容量なのに片手で持てるポータブル電源! 国内メーカーHONDAのポータブル電源 スタイリッシュなデザインと大量の出力ポートが魅力! コンパクト設計で車中泊などのアウトドアにおすすめ! 信頼の国内メーカーが手がけるポータブル電源 大容量&広い互換性でアウトドアに最適なアイテム! 大容量&大量の出力ポートが魅力! 最安値 容量 1200Wh 700Wh 444Wh 434Wh 626Wh 505Wh 130Wh 178Wh 407Wh 377Wh 222Wh 500Wh 518Wh 371. 85Wh 540Wh 重量 12. 6kg 6. 3kg 約5kg 4. 2kg 6kg 5. 4kg 2. 03kg 2. 06kg 3. 21kg 5. 3kg 2. 58kg 5. 3kg 6. 4kg 2. 89kg 6.

次の

ポータブル電源おすすめ17機種と便利グッズ5選2018

ポータブル電源 災害

商品概要 近年、地震等の自然災害発生時、SNSが緊急の安否確認に使用されるなか、生活の中で電力供給が必須な社会となりつつあります。 今回発売するポータブル電源は、緊急時からアウトドアまで幅広いシーンで電力供給ができる大容量タイプとなっており、電池容量の120,000mAhの「EFHPP444」と、42,000mAhの「EFHPP155」の2機種を発売いたします。 大容量のポータブル電源となっておりますので、災害時の電源供給としてやキャンプなどのアウトドアに持ち込みも利用することも可能です。 製品特徴 大容量リチウムポリマー電池 携帯電話約45回の充電を可能にする、大容量タイプの安心のリチウムポリマー電池を使用しています。 1A 合計6. 1A(合計最大3. 1A)• 販売価格は、「EFHPP444」は69,800円 税抜 、「EFHPP155」は19,800円 税抜 ノジマの一部取扱店及びノジマオンラインで販売をいたします。 また、約30年前より、社会貢献活動の一環として、出店している地域の自治体へ、省エネ製品や家電等を寄贈しており、今年は本製品を一部寄付させて頂きます。 取り扱い店舗 ノジマオンラインおよび一部ノジマ店舗で販売中 ノジマオンライン商品ページ ELSONICホームページ ノジマはプライベートブランド『エルソニック』を通して、ユニークな商品、高品質なお買い得商品を普及させ、お客様の快適な生活のサポートに努めてまいります。

次の

万が一の災害に備えたいポータブル電源3選!EFDELTA・Jackery・Maxell

ポータブル電源 災害

こういった事故を引き起こす可能性がある商品を購入しないためには、PSEの試験基準に適合した商品を選ぶようにしなければなりません。 PSEとは 電気用品安全法のこと。 公式ページから説明文を一部抜粋したのが下記。 この法律で定められている規制には、未然に危険・障害の発生を防ぐための流通前規制と、発生した危険・障害の拡散を防ぐための流通後規制があります。 PSE以外にも、各種機関からの承認を得ている商品は安全性が高まります。 iPhone充電ケーブル:Appleの認証• 防災用品:一般社団法人安全協会の認証 非常時に備えて購入しておくなら、こういった安全性についても気にしておきたいですね。 ポータブル電源購入時の注意点 気にしておくべきはポータブル電源の 出力波形と、家電の 対応周波数。 出力波形• 正弦波:家庭用の電気に近い為、ほとんどの家電を動かせる• 短形波:扇風機や照明などは使えるが、パソコンなど精密機器は使えない 日本で供給されている電力は西と東で周波数が違います。 家電製品には、対応している周波数があり、適応していない場合は使えないので注意。 どちらかしか記載されていない場合、片方の周波数には適応していないので、購入時は注意が必要ですね。 大容量・安全性・格安という面からそれぞれおすすめを厳選した ここまでの内容を踏まえ、最後に「大容量・安全性・格安」という面から、それぞれおすすめのポータブル電源を厳選しました。 厳選リスト• 大容量:• 安全性:• 格安: 大容量で選ぶならエナーボックス エナーボックスのバッテリー容量は444Whです。 防災用に備えておくなら、これくらいの容量があると安心。

次の