ネバネバ 野菜。 ゴールデンウィークはネバネバ野菜や夏野菜植え付けの適期です。 | わかさの快適シニアライフ

☆ネバネバ野菜と海藻のサラダ☆ by mayuyuキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ネバネバ 野菜

ネバネバ食材の緑担当!オクラの力! ネバネバ食材と言えば、納豆、長芋、そしてオクラ。 あとは、メカブなんかもありますよね。 嫌いな人も多いかもしれませんが、僕はネバネバ大好きです! オクラのネバネバとしたは当然、ただネバネバしているわけではありません! このネバネバとしたぬめりは ペクチンという食物繊維によるもの。 オクラに含まれる食物繊維はごぼう以上。 食物繊維が豊富に含まれているということは整腸作用があります。 さらにペクチンにはコレステロールを下げる働きをしてくれたり、血糖値を抑制してくれる効果があるんだそうです。 だから血糖値の上昇を抑えてくれるオクラみたいな食材は大好きです! これからのシーズン毎日食べたいくらい! オクラはやっぱり生で食べたい 続いて、オクラの食べ方ですが、そこはやっぱり、生で食べるのがオススメ。 というかオクラはあまり加熱して食べるイメージが少ないような気がします。 なぜ生がいいのかというと、やっぱりコレもネバネバが関係しています。 茹ですぎるとネバネバが外に流れ出てしまったり、柔らかい食感になってしまいます。 オクラの皮は固かったりするので、下処理として湯がいたりはすると思いますが、その場合はできる限りサッと湯がいて、中のネバネバが残るようにしましょう! 「オクラとパクチーの冷しゃぶマリネ」 そんなわけで、今日紹介するレシピはオクラを簡単に食べられるレシピとして「オクラとパクチーの冷しゃぶマリネ」です。 オクラは塩でよく揉み表面の産毛をとり、1cmくらいにぶつ切りする。 パクチーはザク切りにし、赤唐辛子は種をとり輪切りにする。 鍋に湯を沸かし、豚肉を入れ火をとおし、冷水にとって冷まし水気をきる。 ボールに1のオクラとパクチー、2の冷しゃぶいれ、Aを合わせる。 最後に塩、黒こしょうで味を整えて完成。 「オクラとイカソーメンのキムチ和え」 2品目は、ネバネバ食材のオクラに、発酵食品のキムチを加えた、最強コンビの「オクラとイカソーメンのキムチ和え」です。 オクラは塩でよく揉み表面の産毛をとり、斜め切りにする。 イカソーメンが無かったら刺身用のイカを薄く細切りにする。 ボウルにオクラと残りの具材(キムチ、イカソーメン、ごま油、白ごま)を入れて混ぜ合わせたら、完成! 「オクラのそうめんアレンジ」 そして最後に上で紹介した2品をそうめんと合わせてアレンジします。 アレンジといってものっけただけですが、夏の料理はそうめんによく合いますよね! そうめんにのせれば、それだけで食べられてしまうわけです。 これからの夏をおいしく乗り越えていきましょう!.

次の

ネバネバ野菜の種類と効能|オクラ以外にもこんなにあった!

ネバネバ 野菜

古くから食べられている野菜で、葉の部分を食用としミネラルが豊富の人気野菜です! モロヘイヤの名前は、エジプト語で 「王家の野菜」という意味だそうです。 w  ̄o ̄ w オオー! さすが~! 最大の特徴は、茹でたり葉を細かく刻んだりするとネバネバする定番野菜です。 このネバネバのとろみの成分は「ムチン」。 胃の調子を整え、消化を助けて 夏バテ防止の効果もあります。 他にもカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。 定番の葉物野菜が暑さで元気がなくなる頃~ 次々に新芽を伸ばし続ける生命力満点のモロヘイヤ~栽培してみませんか? 日本では比較的まだ新しい野菜ですが、 エジプトや熱帯アジア地帯では、夏バテ防止にスープ料理が多く食べられています。 <種まき時期> 寒冷地:5月中旬~6月初旬 一般地:5月初旬~6月中旬 暖地:4月下旬~6月下旬 *ポットなどにタネまき用の培土を入れ、土を湿られます。 タネを2~3粒まいたら覆土をし、上から軽く土を押さえます。 定植するまでに1本に間引きを行います。 <植え付け時期> 本葉5~6枚になったら定植をします。 <摘芯> 草丈が30cm程度で摘芯を行い、側枝を出させます *ほっておくと~1メートルから2メートルほどの草丈になってしまいます。 摘芯を行い、わき芽を育ててこんもりと仕立てるのがコツ。 極端に乾燥するようならば、水やりもたっぷり行ってください。 <開花時期> 10月以降になると、気温も低くなり~日照時間も短くなってくると~ モロヘイヤにも・・お花が咲いてしまいます。 お花が咲き始めたら、収穫時期終了です!! 何故って?それは・・ 注意:モロヘイヤの「種子」には強心作用のある成分が含まれ、 めまいや嘔吐などの中毒を起こします。 <モロヘイヤのサヤ> タネに有毒物質があるので莢は食べないようにしてください。 家庭菜園などで栽培される場合には、 開花後の収穫には、十分注意し種や莢(サヤ)が混入しないようにしましょう~! (私は怖いので・・お花が咲いたら~花を摘み取り、 莢(サヤ)が着かないよう注意しながら収穫をし、 莢(サヤ)が着いてしまったら今季終了としています) 葉物野菜が少なくなる真夏の中、 食卓を鮮やかなグリーンで彩ってくれるモロヘイヤ。 今のうちに出来ることをしっかり対策しておきましょう。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

ネバネバ野菜の醤油煮

ネバネバ 野菜

ネバネバ食材の緑担当!オクラの力! ネバネバ食材と言えば、納豆、長芋、そしてオクラ。 あとは、メカブなんかもありますよね。 嫌いな人も多いかもしれませんが、僕はネバネバ大好きです! オクラのネバネバとしたは当然、ただネバネバしているわけではありません! このネバネバとしたぬめりは ペクチンという食物繊維によるもの。 オクラに含まれる食物繊維はごぼう以上。 食物繊維が豊富に含まれているということは整腸作用があります。 さらにペクチンにはコレステロールを下げる働きをしてくれたり、血糖値を抑制してくれる効果があるんだそうです。 だから血糖値の上昇を抑えてくれるオクラみたいな食材は大好きです! これからのシーズン毎日食べたいくらい! オクラはやっぱり生で食べたい 続いて、オクラの食べ方ですが、そこはやっぱり、生で食べるのがオススメ。 というかオクラはあまり加熱して食べるイメージが少ないような気がします。 なぜ生がいいのかというと、やっぱりコレもネバネバが関係しています。 茹ですぎるとネバネバが外に流れ出てしまったり、柔らかい食感になってしまいます。 オクラの皮は固かったりするので、下処理として湯がいたりはすると思いますが、その場合はできる限りサッと湯がいて、中のネバネバが残るようにしましょう! 「オクラとパクチーの冷しゃぶマリネ」 そんなわけで、今日紹介するレシピはオクラを簡単に食べられるレシピとして「オクラとパクチーの冷しゃぶマリネ」です。 オクラは塩でよく揉み表面の産毛をとり、1cmくらいにぶつ切りする。 パクチーはザク切りにし、赤唐辛子は種をとり輪切りにする。 鍋に湯を沸かし、豚肉を入れ火をとおし、冷水にとって冷まし水気をきる。 ボールに1のオクラとパクチー、2の冷しゃぶいれ、Aを合わせる。 最後に塩、黒こしょうで味を整えて完成。 「オクラとイカソーメンのキムチ和え」 2品目は、ネバネバ食材のオクラに、発酵食品のキムチを加えた、最強コンビの「オクラとイカソーメンのキムチ和え」です。 オクラは塩でよく揉み表面の産毛をとり、斜め切りにする。 イカソーメンが無かったら刺身用のイカを薄く細切りにする。 ボウルにオクラと残りの具材(キムチ、イカソーメン、ごま油、白ごま)を入れて混ぜ合わせたら、完成! 「オクラのそうめんアレンジ」 そして最後に上で紹介した2品をそうめんと合わせてアレンジします。 アレンジといってものっけただけですが、夏の料理はそうめんによく合いますよね! そうめんにのせれば、それだけで食べられてしまうわけです。 これからの夏をおいしく乗り越えていきましょう!.

次の