外壁塗装 勘定科目。 外壁塗装の勘定科目について

外壁塗装(壁の塗装・壁の塗り替え)

外壁塗装 勘定科目

内装塗装に関わる勘定科目を理解 建物内に対して塗装工事などを行う場合があります。 たとえば、内装塗装です。 内装塗装の作業自体は、専門の業者に依頼して行うのが一般的ですが、特殊な加工を施したりする場合もあるため、費用が高くなったり、期間が長くなったりするものです。 工事自体については業者に一任しておけば済むのですが、問題は経理の処理についてです。 内装塗装に関しても、適切な勘定科目を用いて仕訳を行って、きちんと記帳をしておかなければなりません。 内装塗装を行った場合に用いられる勘定科目は、通常の業務で使用される勘定科目とは別のものも多いです。 経理担当者が正確に理解しておく必要があるのですが、不明な点については税理士などの専門家に必ず確認するべきです。 曖昧な知識のまま経理処理を進めてしまうと、途中で記帳に誤りが出てきたり、仕訳の詳細が不明になってきたりして、解決するのが困難になってしまうのです。 内装塗装で手間取ってしまうことが多いのは、造作を行った場合です。 通常は、建物の用途を変更したり、価値を増加させたりする行為なので、建物・減価償却などの勘定科目を用います。 このように、基本的な内装塗装については経理処理を行いますが、注意が必要なのは、電気設備などの場合です。 電気設備・衛生設備・ボイラー設備・昇降機設備など、一定の設備に関する内装塗装を行った場合は、建物付属設備とすることで、一般の建物とは区分して資産計上することが認められているのです。

次の

防水工事の会計処理は修繕費で良い?工事ケース別の対処法!

外壁塗装 勘定科目

内装塗装に関わる勘定科目を理解 建物内に対して塗装工事などを行う場合があります。 たとえば、内装塗装です。 内装塗装の作業自体は、専門の業者に依頼して行うのが一般的ですが、特殊な加工を施したりする場合もあるため、費用が高くなったり、期間が長くなったりするものです。 工事自体については業者に一任しておけば済むのですが、問題は経理の処理についてです。 内装塗装に関しても、適切な勘定科目を用いて仕訳を行って、きちんと記帳をしておかなければなりません。 内装塗装を行った場合に用いられる勘定科目は、通常の業務で使用される勘定科目とは別のものも多いです。 経理担当者が正確に理解しておく必要があるのですが、不明な点については税理士などの専門家に必ず確認するべきです。 曖昧な知識のまま経理処理を進めてしまうと、途中で記帳に誤りが出てきたり、仕訳の詳細が不明になってきたりして、解決するのが困難になってしまうのです。 内装塗装で手間取ってしまうことが多いのは、造作を行った場合です。 通常は、建物の用途を変更したり、価値を増加させたりする行為なので、建物・減価償却などの勘定科目を用います。 このように、基本的な内装塗装については経理処理を行いますが、注意が必要なのは、電気設備などの場合です。 電気設備・衛生設備・ボイラー設備・昇降機設備など、一定の設備に関する内装塗装を行った場合は、建物付属設備とすることで、一般の建物とは区分して資産計上することが認められているのです。

次の

建物の外壁の修理代を資産に計上するのですが…

外壁塗装 勘定科目

A ベストアンサー #1です。 なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。 「老朽化したため、取り壊し」 の、一点のみです。 「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。 この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。 故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。 いやいや、なかなか良くできた例題ですね。 取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。 それと「引っかけ」の意味もありそうです。 この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。 回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。 以上、参考になれば幸いです。 長文、駄文ご容赦ください。 Q このたび給排水設備の取替工事を行いました。 今回は公道から敷地内の建物に引き込む配管を取替えました。 場所は敷地と道路の境界線から建物までの一部分になります。 取替え前の資産登録状況は大分前のことで不明です 建物か建物附属設備に含まれていると思われます。 取替えた新規分の勘定科目を建物附属設備の給排水設備 耐用年数15年 で処理しようと思っていたのですが、減価償却資産の耐用年数に関する省令を見ていたら、構築物に記載されている上水道や下水道と、建物附属設備の給排水設備との区別の仕方がわからなくなってしまいました。 今回の取替え工事の勘定科目と、構築物の上下水道と建物附属設備の給排水設備との区別の仕方を教えていただけますか。 Q 先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。 契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。 それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。 また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。 保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 下記のようになります。 貸方は全額 「現金」です。 借方 敷金 200. 000 返還される分 長期前払費用 200. 000 返還されない分 繰延資産 礼金 420. 000 賃借料 前家賃 315. 000 賃借料 前共益費 47. 250 保険料 1年分 20. 545 前払費用 1年分 20. 545 来期に保険料へ振替え 支払手数料 仲介料 210. 000 支払手数料 保証料 230. 000 敷金は差入保証金でも良いです。 今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200. 000未満であれば、支払時の経費として処理できます。 長期前払費用は繰延資産でも良いです。 なお、長期前払費用200. 000 返還されない分 と、繰延資産 礼金 420. 000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。 ・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります 租税法令主義。 ・消費税法基本通達 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。 (非課税となる行政手数料等の範囲等) 6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。 1 法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。 以下6-5-2までにおいて同じ。 )に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。 )で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。 イ 登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定 ロ 検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。 ) ハ 証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。 ) 以下略 ・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。 nta. nta. htm こんにちは。 ・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります 租税法令主義。 ・消費税法基本通達 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。 (非課税となる行政手数料等の範囲等) 6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務... Q いつもお世話になっております。 消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時 の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。 (実際の処理は税理士さんにお願いしております) また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。 仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか? 実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。 すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 建物設備と云う科目はありません。 建物付属設備ならありますが,屋根葺き替え外壁吹付は既存の建物を修理=修繕したのです。 だから,既存の建物に合筆してください。 (例)木造の場合 取得年月日 名所 取得価格(20年以上なら減価償却済?)残存価格OR帳簿価格(備忘価格) H2・4・30 飲食店 20,000,000 1 H23・4・1 同「修理」 1,900,000 1,900,000 合 計 21,900,000 1,900,001 これを合筆と云います。 上記で償却資産である固定資産の勘定科目は建物です。 決算期が3月なら今年3月から減価償却費を計算して取得価格ー減価償却費=残存価格(帳簿価格) 来年から今年の減価償却費と来年の減価償却費を累計をして減価償却累計。 来年は残存価格=帳簿価格ー(昨年分減価償却費+今年減価償却費=減価償却累計)=残存価格(帳簿価格) よく考えて行えばできます。

次の