メガ ドンキホーテ ユニー。 MEGAドン・キホーテUNY岐阜,,ユニー,2020年3月3日オープン,アピタ岐阜店

ドンキ、ついにユニーを買収!――「世界展開」目指すドンキ、その思惑とは?

メガ ドンキホーテ ユニー

メガドン・キホーテユニー市原店について ドン・キホーテは、東京都目黒区に本社のある、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが運営する全国に展開しているディスカウントストアチェーンです。 ドン・キホーテは市原市には初進出となります。 施設の規模 店舗面積は約10,589㎡、駐車場台数は922台、ディスカウントストアとしては大規模の施設となりそうです。 オープン開業時期 PPIHのニュースリリースによると、2020年3月17日のオープンを予定しています。 この記事の情報元 求人サイト・公式サイト等の情報に基づき記事を作成。 メガドン・キホーテユニー市原店のバイト求人採用情報 メガドン・キホーテユニー市原店のバイト求人情報は、以下リンク タウンワーク より検索可能です。 メガドン・キホーテユニー市原店のバイト求人情報は、以下リンク フロム・エーナビ より検索可能です。 周辺のオープニングスタッフを検索 施設周辺のオープニングスタッフのバイト求人募集を検索 市原市周辺のバイト求人はここでも探せる タウンワーク 面接なし!アプリで完結する で柔軟に働こう! 完成予想図イメージ メガドン・キホーテユニー市原店の完成予想イメージは、ドン・キホーテらしいにぎやかで派手目な外観となりそうです。 画像引用元: メガドン・キホーテユニー市原店の計画概要 用途 商業施設 店舗面積 約10,589㎡ 駐車場台数 922台 オープン予定時期 2020年3月17日 メガドン・キホーテユニー市原店の場所・アクセス メガドン・キホーテユニー市原店は、市原市青柳北一丁目1番にオープン予定です。 車でのアクセスは、近隣を国道297号線市原バイパスが通っており良好です。 鉄道でのアクセスは、五井駅から約2kmの距離でアクセスが可能です。 近隣の商業施設としては、スーパーマーケットの「せんどう」、ホームセンターの「ケーヨーデイツー」があります。 千葉の再開発情報・注目の計画 千葉の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 千葉の中・大型店開店情報は下記のページにまとめてあります。 全国の商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

次の

メガ ドン・キホーテ ユニー 岐阜店 (MEGA ドン・キホーテ UNY)

メガ ドンキホーテ ユニー

ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが協業して開発した「MEGAドン・キホーテUNY大口店」(神奈川県横浜市)の店舗が、2月21日に公開された。 23日からオープンする。 ユニーが運営する総合スーパー「アピタ」と「ピアゴ」に「MEGA ドン・キホーテ」のノウハウを取り入れて業態転換することが決まっている。 今回が1号店となる。 2018年3月下旬までに5店舗を同様にリニューアルする。 主要顧客をドンキが得意とするニューファミリー層に転換し、品ぞろえや陳列方法を大きく変えた。 プレスリリースには両社の強みを存分に生かすとの記述があるが、実際の店舗は「ドンキ色」に染められていた。 関連記事• ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーとドンキホーテHDが運営予定の新型店舗名が「MEGA ドン・キホーテ UNY」に決定。 店舗名に「ユニー」が入るのは9年ぶり。 ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが資本・業務提携を結ぶことで基本合意した。 同社の取り組みから、2020年に向けて多くの訪日客を呼び込むためのヒントが得られそうだ。 インバウンドで成功するためにはどうすればいいのか。 本特集では、さまざまな角度からそのヒントを追いかけていく。

次の

MEGAドン・キホーテUNY / ドン・キホーテUNY

メガ ドンキホーテ ユニー

MEGAドン・キホーテUNY大口店(著者撮影) ドンキに活路を求めたユニー ユニーが運営するスーパーマーケット「アピタ」「ピアゴ」が、次々と「ドン・キホーテ」に変身している。 2017年11月にユニー・ファミリーマートHDとドンキホーテホールディングスが資本・業務提携をし、ユニーの既存6店舗が「MEGAドン・キホーテUNY」としてリニューアルしたのだ。 GMS(General Merchandise Store/総合スーパーマーケット)は、苦境に立たされている。 現在も残るイオンやダイエー、イトーヨーカドーのほか、平成の初めには、マイカル、サティ、ニチイ、長崎屋など多くのGMSがひしめきあい、小売業界で栄華を極めていた。 ユニーとドン・キホーテの提携には、かつては小売業の雄であったGMSの苦戦が如実に表れている。 家電が復活した売り場 リニューアル1号店となったのは、JR横浜線・大口駅(神奈川県横浜市)駅前にあったピアゴ大口店。 今年2月23日に「MEGAドン・キホーテUNY大口店」としてリニューアルした店内には、旧ピアゴでは取り扱っていなかった家電や玩具などが並ぶ。 これらは、GMSの多くが販売不振で取り扱いをやめた商品カテゴリーだ。 展開する商品数は、リニューアル前と比較して20%増の7万アイテムとなった。 これまでユニーグループ店の商品構成は食品70%、非食品30%だったが、「MEGAドン・キホーテUNY」では食品50%、非食品50%になるという。 店名には「ユニー」の名が入っているものの、店内の様子はほぼドンキ流だ。 ドンキの売りである「驚安」を押し出した陳列棚に、おなじみのカラフルなPOPがぶらさがっている。 ユニーが仕入れを担当する青果・鮮魚・精肉・惣菜のコーナーの品ぞろえと、それらの売り場を担当する年配の従業員だけがユニーのカラーを残している程度だ。 この数年、ユニーグループのGMSの既存店売上高は、昨年冬の野菜価格高騰時など特殊要因を除くと、前年比で100%を越えることはなかなかなく、96~99%の間を行き来していた。 浮上の道筋はなかなか見えず、16年9月のファミリーマートとの経営統合を機に、不採算店25店舗を閉鎖している。 そして昨年11月、ドンキホーテHDがユニーの発行済み株式の40%を取得。 GMS再建に乗り出した。 今のところ、ドンキとのダブルネーム店舗は好調だ。 リニューアルした6店舗の3~4月売上は前年比2. 2倍、客数は1. 9倍になった。 今までGMSと距離をおいていた若年層を、ドンキブランドと品ぞろえの幅広さで引き寄せた結果といえるだろう。 ユニーは今後、既存店でもドンキ流の売り場改革を進める考えを明らかにしている。

次の