なりすまし メール。 アマゾンのなりすまし迷惑詐欺メールが急増!開封しないで!

電子メールの仕組み

なりすまし メール

なりすましメールとは まずは、なりすましメールとはどのようなものか見ていきましょう。 第三者が利用者になりすまして送るメール なりすましメールとは、第三者が利用者を装って(なりすまして)送るメールのことです。 このような「なりすまし」にはいくつか種類がありますが、本人確認ができない状況で第三者が特定の個人を装います。 メールの場合は、特定の個人だけでなく組織になりすますこともあるでしょう。 なりすましにはアカウントを乗っ取られるケースもありますが、メールの場合はもっとシンプルなものが多いです。 実際に初めてメールのやり取りをする相手であれば、メールに書かれている内容を信じてしまいやすいでしょう。 このようになりすましメールは不正アクセスされていない状況でも起こり得るため注意が必要です。 実際に特定の企業名を謳った詐欺メールが増えており、詐欺被害は拡大しています。 会社の信用被害や個人の金銭被害が起こる なりすましメールでは企業の信用被害や、個人の金銭被害が発生するため注意しなければなりません。 例えば、企業のメールアカウントを不正アクセスによって乗っ取られていれば、セキュリティ対策が万全とはいえないでしょう。 このような企業が顧客の個人情報を多く保有していれば、顧客は安心できないため信用が損なわれてしまいます。 そのためにもメールのID・パスワードの管理を徹底するといった対策が必要です。 また、不正アクセスだけでなくビジネスメール詐欺の被害も非常に増えています。 近年では、詐欺メールの内容も巧妙化しており、見抜くことが難しくなっているでしょう。 個人宛に詐欺メールが届くこともあれば、企業へ詐欺のビジネスメールが送られてくるケースもあるため注意しなければなりません。 普段使っているサイトから、未払いの連絡やサービスの更新といった内容の詐欺メールが届くことが多いです。 なりすましメールへのセキュリティ対策 つづいて、なりすましメールへのセキュリティ対策を見ていきましょう。 メールの暗号化を行えば、内容の秘匿性が上がるだけでなく、送信先の信憑性も高くなるでしょう。 また、メールの内容が改ざんされたかどうかも把握することが可能です。 ドメイン名とメールサーバ:SPF・DKIM・DMARCで対策 なりすましメールは、ドメイン名とメールサーバを確かめると見抜くことが可能です。 その対策には「SPF」「DKIM」「DMARC」による方法があります。 SPF SPFは「Sender Policy Framework」の略で、電子メールの送信元ドメインが偽物でないか検査します。 送信元を偽ったなりすましメールができないよう、ドメインをDNSサーバに問い合わせることで認証が可能です。 DKIM DKIMは「DomainKeys Identified Mail」の略で、送信ドメインを認証する技術の1つです。 送信元のメールサーバが署名を行い、サーバに登録した鍵を使って受信側が検証を行います。 DMARC DMARCは「Domain-based Message Authentication Reporting and Conformance」の略です。 主にSPFやDKIMと一緒に使われ、認証を補強します。 送受信プロトコル:SMTPS・IMAPS・POPSで対策 送受信のプロトコルを理解して対策を行うことで、なりすましメールへの対策も可能です。 プロトコルには「SMTPS」「IMAPS」「POPS」という3つの手順があります。 この手順の中で暗号化やセキュリティ対策を行うことで、なりすましメールの被害を予防します。 IMAPS IMAPSは「Internet Message Access Protocol over SSL」の略です。 メールを受信する手順であり、メールをサーバに残す方式となります。 POPS POPSは「POP over SSL」の略です。 POPは「Post Office Protocol」のことで、メールを受信する手順になります。 この方式でメールを受け取るとサーバにメールは残りません。 なりすましメールに対して適切な対策を講じよう! メールセキュリティの脅威は多くありますが、特になりすましメールには注意しましょう。 なりすましメールによって企業の信用度が下がったり、金銭的な被害を受けたりします。 不正アクセスを受けアカウントが乗っ取られると、重大な情報漏えいに繋がるでしょう。 メッセージの暗号化や、ドメイン・プロトコルを認証することで対策できます。 なりすましメールに対し、適切なセキュリティ対策を行いましょう。

次の

ヤマト運輸の名前を装った「迷惑メール」および「なりすましサイト」にご注意ください

なりすまし メール

メール配信の仕組みからひも解く「なりすましメール」 メールを送る場合、PCやスマホなどからメールソフトを立ち上げ、本文や宛先を記載して送信します。 表面上はこれだけですが、実際は記載された情報がそのまま送られている訳ではありません。 記載した情報は、エンベロープ(封筒)と呼ばれるものに格納されて送信されています。 jp)が、太郎さん(taro 〇〇. jp)にメールを送る場合、メールの仕組みでは、花さんの書いたメールの外側にエンベロープ(封筒)が作成されます。 このエンベロープには、実際の送信に必要な情報が書き込まれ、その情報を基にメールが宛先へ届けられます。 そして、メールが太郎さんのサーバに到達し、太郎さんのメールフォルダに格納されるとエンベロープは破棄されます。 <ミニ知識> メールには2つのFROMアドレス、 Envelope-Fromと Header-Fromがあります。 メール配信に必要なのは「エンベロープに書かれた情報」 紙の手紙が封筒に書かれた宛先に従って届けられるのと同じく、メールもエンベロープに記載された宛先に基づいて届けられます。 エンベロープに格納されたメール本体の内容は、メール配送中に参照されることもメール受信側でチェックされることもありません。 そのため、「メール本体に書かれた宛先や差出人」と「エンベロープに書かれた宛先や差出人」が同一でなくてもメールが届くことになります。 この仕組みを悪用し、 エンベロープには正確な情報を書き、本体には悪質な内容を書いて送るのがなりすましメールです。 なりすましメールを見破る「送信ドメイン認証」 メール本体ではなくエンベロープの情報を基にメールが配信されているのであれば、どう対処すればいいのでしょうか。 その方法の一つが 送信ドメイン認証です。 送信ドメイン認証とは、差出人が称するメールアドレスが正しいかを受信側で判断できるようにした技術です。 SPF:Envelope-Fromのドメイン認証をします。 (Header-Fromを参照するケースもあり) DKIM:Header-Fromのドメイン認証をします。 jp」が管理するサーバからメールが配信されているはずです。 メールの受け手となる太郎さんのメールサーバにメールが到達した際、その接続先もしくはエンベロープから差出人のドメイン名をまず特定します。 次に届いたメールが、そのドメイン名をもつメールサーバから送られてきたか否かをチェックします。 これにより偽称メールの受信を防ぐことができます。 SPF(Sender Policy Framework) メール送信者のドメインが正当であるかを検証する送信ドメイン認証方法 詳しくは: DKIM(Domainkeys Identified Mai) 送信元の電子署名を用いて送信者のなりすましを検知する方法 詳しくは: DKIM対応なら「repica sender」 アララが提供する高速エンジン「」は、に対応しています。 セキュリティ強化をご検討中の方は、お気軽に ください。 関連コラム.

次の

シャープマスクなりすまし当選通知メール見分け方法!詐称詐欺に注意

なりすまし メール

みなさまのメールボックスには毎日、顧客・上司・同僚などに送ったメールの返信や登録していたサイトのメルマガや友人からのメールなど様々なメールが届いているでしょう。 メールボックスに表示される件名や送り主を確認してからメールを開封すると思いますが残念なことにそのなかには、関係者を装い「ウイルス」を感染させることが目的のメールや、フィッシング詐欺目的の「なりすましメール」が紛れ込んでいることがあります。 2017年12月になりすましによってが約3億8000万円を騙し取られた事件が記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今後このようなことが起きないためにも今回はなりすましメールがなぜ送られてくるのかメール配信の仕組みと説明とともにご紹介します。 なりすましメールとは なりすましメールとは、差出人のアドレスと違うアドレスを設定して、メールが関係者から届いたように思わせるメールのことです。 そして、受信者を勧誘したり、偽物のWebサイトに誘導してクレジットカード番号やの個人情報をぬきとるフィッシング詐欺などが目的となっています。 メールボックスに表示されるものが明らかに怪しければ警戒するのでメールを開封することはないと思いますが、差し出し主に関係者の名前やアドレスが書いてあった場合、安心して騙されやすくなってしまうのです。 先ほども触れましたが、2017年12月になりすましメールによってが約3億8000万円を騙し取られた事件が起きました。 また、翌年の2018年にはによると国内企業の最高経営責任者 CEO を装った詐欺メールが7月に初めて確認され、同様の詐欺メールが複数の企業に送信されていたことがわかっています。 このようなビジネスメール詐欺(Business Email Compromise・BEC)は今後も増えると見込まれていますので注意しましょう。 なりすましメールの仕組み 似たような名前などはともかくどうして全く関係者と同じ名前やアドレスが使われるのでしょうか。 「乗っ取り」など何らかの原因で関係者のメールアドレスが漏れてしまったことが原因の場合もありますが、実はなりすましメールはメールアドレスが漏れていなくてもメールの仕組みさえ理解していれば実はとても簡単に作成することができてしまいます。 なりすましメールの被害に遭わないためにまずはメールの仕組みについて理解しましょう。 メールの仕組み メールは設計上「実際の送信者」と「メールに表示される送信者」が異なることが許されています。 その仕組みを理解する上で想像してもらいたいのが手紙です。 封筒に書かれている名前と中の手紙に書かれている名前が異なる場合があると思います。 例えば、〇〇株式会宛に新商品発表会の案内を送るとします。 その場合封筒には「〇〇株式会社様」と書き案内状、もしくは送り状には「〇〇株式会社 A様」のように書くことがあります。 このようにすると、封筒の名前と中身の名前が異なるという現象が起きます。 実はメールでも同じことが起こるのです。 メールの世界では封筒の名前にあたるものをエンベロープ情報(エンベロープは英語で封筒という意味)と言います。 そして案内状や送り状のように中身にある名前にあたるものをヘッダー情報といいます。 実際にメールボックスに表示されているのはヘッダー情報のみです。 エンベロープ情報はどこえ消えてしまったのでしょうか。 実際は消えていません、表示されていないだけなのです。 封筒は届いてしまうと役割を果たして、シュレッターにかけてしまうか残しておいてもまじまじとみることはないはずです。 メールでも同じようなことが言えます。 メールが届いてしまえばエンベロープ情報の役割はないので、プログラムが情報を消してしまう場合もありますし、見せる必要がないので通常は表示されません。 メールを送る際に使用するプロトコル(通信規約)であるSMTPでは差出人のアドレスを自由に設定することができる特性と、このようなメールの仕組みを利用することで全くの他人があたかも関係者のように装いなりすましメールを送信することができるのです。 なりすましメールから身を守る方法 メールの仕組みを理解したならばエンベロープ情報とヘッダー情報の関係性が正しいのか正しくないのかを確かめれば良いのではと思いませんか?届いたメールがなりすましかどうかを判断するための情報を受信者がわかるようにする仕組みが考え出されるようになりました、これを「送信ドメイン認証」と言います。 この「送信ドメイン認証」には代表的なものが2つありますのでご紹介します。 SPF(Sender Policy Framework) SPFは、「送信者なりすまし」といった不正を防ぐ事を目的として、メールの送信元ドメインが正しいかをDNS(Domain Name System)を用いて検証するセキュリティ技術(ドメイン認証)です。 先ほどふれましたが、メールの送信時に通常使われるプロトコルであるSMTPでは発信元アドレスは送信者が自由に設定することができてしまいます。 このことを利用して、迷惑メール業者は、メールの配信効果を高めるために送信元アドレスのドメイン名で社会的信頼度の高い組織になりすますことでメールサービスのフィルタに引っかからないような配信を行おうとします。 これが「送信者なりすましメール」です。 ただし、クラウドサービスなどの外部環境に置かれたシステムを介してメール送信を行う場合、自社本来のドメインとは異なる送信元となりえます。 こういった例外的な場合には、送信元のDNS(Domain Name System)サーバー上に自分のIPアドレスが記述されたSPFレコードを記述する必要があります。 SPFレコードの記述を行うと、受信者は、SPFに対応した受信サーバーであれば、SPFレコードに記述されたIPのドメインからのメールかどうか(予め許可されたものかどうか)を判別できるようになります。 もし、送信元のドメインがSPFレコード内で許可されていない場合には、送信ドメインの偽称つまりは「送信者なりすまし」が行われたと判断して、受信者側で受信を拒否するなどの処理を行うことができます。 DKIM(Domainkeys Identified Mail DKIMとは「送信者なりすまし」や「メール内容の改ざん」といった不正を防ぐ事を目的とした、電子署名によるセキュリティ技術(送信ドメイン認証)の1つです。 メールの送信者は、他者に公開する「公開鍵」と自分しか知らない「秘密鍵」のペアを予め持っており、メール送信時には、この「秘密鍵」で署名します。 対して、メールの受信者は、「公開鍵」を送信者へ問い合わせて取得し、署名を検証します。 このような電子署名の仕組みを取る事によって受信者は、メールの内容が送信者が作成し送信したものだと分かります。 また、途中の第三者による改ざんの有無も確認することができます。 DKIMによる電子署名には、「公開鍵」の配置場所の違いから以下の2種類の方法があります。 ・作成者署名 送信者のFromアドレスと同じドメイン上にある「公開鍵」で署名する方式です。 送信者が配信したメールとの証明できるので、より信頼性の高いメールとなります。 ・第三者署名 送信者のFromアドレスとは異なるドメイン上にある「公開鍵」で署名する方式です。 クラウド型のメール配信サービスなど、メール配信機能を持った外部システムが提供する署名を利用する事から、自社で署名を用意しなくても良いというメリットがあります。 しかし、その反面、厳密にいえば「送信者の署名」ではないため、信頼性という点において作成者署名に比べ劣ります。 まとめ 今回は、なりすましメールがどのような仕組みで送られてくるのかと、その対応する仕組みについてご紹介してきました。 冒頭でもご紹介したとおり、昨今は大手企業が狙われるなりすましメールによるビジネスメール詐欺の事件が実際に起きていますし、そのようなメールが確認されていることは事実です。 自社のアドレスが、なりすましメールに利用されないようにするためにもメール配信サービスを利用する際はしっかりと「送信ドメイン認証」の仕組みに対応しているかどうかを確認しましょう。

次の