朝 イチ 煮込み ハンバーグ。 NHKあさイチのハンバーグレシピ【お麩入り&冷めても柔らかいお弁当用】

ためしてガッテンの美味しいハンバーグの作り方。焼き方も紹介!

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

トマト煮込みハンバーグ 調理時間 50分 費用目安 1000円~ 調理器具 ボウル・包丁・フライパン カロリー 全量 1984. 8kcal(1人分 496. 2kcal) 塩分 全量 10. 9g(1人分 2. 7g) 糖質量 全量 52. 7g(1人分 13. 粗熱を取る。 2、食パンは耳を切り落とし、小さくちぎってボウルに入れる。 牛乳を加えて手でもんでパンに吸わせる。 3、別のボウルでひき肉をよく練り混ぜる。 粘りが出てきたら塩小さじ1、こしょう、ナツメグを加えて練り混ぜる。 溶き卵、2の食パン、玉ねぎの順に加えてさらに練り混ぜる。 4、手のひらにオリーブオイルを適量塗り、4等分して丸める。 両手でキャッチボールをするように中の空気を抜いて、1. 5㎝厚さに成形する。 5、フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、並べ入れる。 中火で片面2分半ずつ両面こんがり焼いて焼き色がつくまで焼き取り出す。 6、キッチンペーパーでフライパンの余分な油を拭き取り、戻し入れて赤ワインを加える。 中火で煮立たせてアルコールを飛ばし、ケチャップ、とんかつソース、つぶしたトマトの水煮、塩、こしょうを加える。 味をみてお好みで。 蓋をして弱火で約5分煮込む。 バター10gを加えてソースをかけながら少し煮詰める。 十分コクのあるソースになります。 7、しいたけは軸を除き、表面に1㎜幅で数か所浅く切り込みを入れる。 パプリカは四角い形になるように4枚切り出す。 別のフライパンにオリーブオイル大さじ2、にんにくを加えて中火にかける。 香りがたってきたらしいたけの表を下にして加えて2分焼く。 上下を返し、パプリカを加えてさらに2分焼く。 塩こしょう少々をふる。 小さいお子さんが食べる場合もこしょうはなしで。 8、器にハンバーグを盛り付け、ソースをかける。 しいたけとパプリカを乗せてパセリをかけたら完成です。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 糖質が気になる方は食パンを低糖質タイプに変える、高野豆腐に変えるなどの方法があります。 大人から子供まで美味しく食べられる味です。

次の

【あさイチ】肉汁ハンバーグの作り方、プロが教える極上ひき肉レシピ(3月3日)オリーブ油でコーティング!

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

2012円10月18日放送のNHKあさイチ!の解決ゴハンのコーナーで料理研究家の多賀正子さんが紹介していた、きのこ入り煮込みハンバーグのレシピ&作り方です。 煮込みハンバーグレシピ 材料(分量4人分)• マッシュルーム 1パック• しめじ 1パック• 赤ワイン 100ml• 水 50ml• 合い挽き肉 650g• 卵 1個• 牛乳 50ml• しょうゆ 小さじ2• 黒こしょう 適量(適量)• ナツメグ 適量• にんにく 1かけ(すりおろす)• トマトケチャップ 大さじ4• とんかつソース 大さじ2• しょうゆ 大さじ2• みりん 大さじ2• (2)(1)に合い挽き肉と玉ねぎを加えて全体を手早く練り混ぜて、4等分にして小判型に丸めてバットなどに置いておく (3)きのこソースを作る。 たまねぎは5ミリ幅の薄切り、マッシュルームは半分に切り、しめじは小房に分ける (4)フライパンにバター20gをひき、(3)の玉ねぎ・マッシュルーム・しめじを入れて炒める。 しんなりとしたら日を止めて、水とワインを加え、フライパンを洗うようにしてボウルに取り出す。 (5)フライパンを紙タオルで拭き、サラダ油大さじ1を入れる。 (7)ソースが煮詰まってとろみがついたら出来上がり.

次の

【あさイチ】肉汁ハンバーグの作り方、プロが教える極上ひき肉レシピ(3月3日)オリーブ油でコーティング!

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

ジューシーな肉汁ハンバーグの作り方 ポイント ハンバーグと言えば肉汁がポイントですよね。 老舗洋食店のシェフによる、肉汁を逃さずパサパサにならずジューシーなハンバーグに仕上げるコツにはいくつかポイントがあります。 1つ目のポイントは『 材料(ひき肉)の割合』です。 まず、 牛:豚=7:3 の割合でひき肉を用意します。 今回がガッテン流の割合でご紹介していますが、作り方は同じなので好みに合わせてどうぞ。 2つ目のポイントは『 つなぎにお麩を使う』ということ。 つなぎにはパン粉や食パンを使うという方が多いと思いますが「 麩」を使うことで肉汁を逃さずジューシーにすることが出来るんです。 これは麩の主成分である「グルテン」が網目になりしっかり肉汁を逃さないため。 これはなんと パン粉の約2倍の効果があります。 では作り方をご説明しますね。 ひき肉は牛ひき肉と豚ひき肉をそれぞれ買ってきて、自分で7:3の割合(牛ひき肉140g+豚ひき肉60g)で合わせて合いびき肉にして使います。 作り方 1、玉ねぎはみじん切りにして、耐熱容器に入れて600Wの電子レンジで4分加熱する。 フライパンにサラダ油とバターを各大さじ1熱し、レンチンした玉ねぎを加えて8~10分程度炒める。 飴色になったら取り出し、しっかりと冷ましておく。 2、ひき肉は混ぜる直前に冷蔵庫から出す。 お麩はポリ袋などに入れて麺棒で細かく砕き、ふるいにかける。 フードプロセッサーで砕いても大丈夫です。 3、ボウルに麩を入れて、牛乳を加える。 このひと手間でかなりジューシーに仕上げることができます。 4、別のボウルを氷水を入れたボウルに重ねて、合いびき肉、塩、こしょう、溶き卵、スパイス(ナツメグなど)を入れよく混ぜる。 冷水で冷やしながら混ぜるのがポイントです。 これは手の熱でひき肉が傷むのを防ぐため。 手も冷やしながら混ぜたほうがいいです。 ひき肉の粒がなくなり、肉が白っぽくなりなめらかになるまで混ぜてください。 5、用意しておいた麩を加えてさらに混ぜ合わせる。 これで肉だねの準備は完了です。 6、続いて空気抜きをしていきます。 プロの様に手で上手に抜けなくても、『ラップ』を使えば簡単に空気を抜くことができます。 よく練ったタネをラップで包み、巾着のように絞ってください。 成形の厚みは1. 5㎝の厚さが目安になります。 そうすることで手を汚さず成型まですることが出来ます。 7、しっかり空気を抜いたら取り出し、手にオリーブオイルやサラダ油をつけてハンバーグの肉だねの表面をやさしくなでなめらかにする。 この最後の仕上げで割れにくくなります。 上手な焼き方&火加減 続いて焼き方をご説明します。 1、フライパンにハンバーグ1個に対し大さじ1の油を加えて中火で温める。 炎の先端がフライパンの底にあたる程度が目安です。 強火で焼くと表面は焦げやすいのに中は生になりがちなので中火で焼きます。 2、ハンバーグを並べ入れて中火のまま焼く。 横から見て薄茶色になってきたら裏返す。 3、裏面にも焼き色がついたら蓋をして5分蒸し焼きにする。 熱を逃さないために決して蓋を開けないように注意してください。 4、5分たったら火をけし、余熱で5分蒸らす。 休ませることで肉汁がハンバーグの中ではじけるのを防ぐことができます。 5、ソースを作る。 ハンバーグを焼いたフライパンに残った肉汁にソースの材料を加えて中火で混ぜながら温める。 ハンバーグにかけて完成です。 あさイチとガッテン!で話題になったレシピは基本的に材料も同じでした。 ラップで成形し、オイルでコーティングする方法はあさイチのを取り入れていますが、上手に焼けたのでおすすめです。 ソースがガッテンで紹介されたものをもとにしていますがお好みで大根おろし+ポン酢でも美味しいですよ。 以上『 美味しい肉汁たっぷりハンバーグの作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもハンバーグのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の