スズキ スカイウェイブ 250。 スズキスカイウェイブ250の評価、燃費や走行性能をライバル車と比較

スズキ スカイウェイブ250 タイプS のカタログ情報

スズキ スカイウェイブ 250

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県•

次の

スズキ(SUZUKI) スカイウェイブ250

スズキ スカイウェイブ 250

スカイウェイブ250はスズキ製ビッグスクーターとして幅広く親しまれています。 大柄な車体は2名乗車時の快適性も高く、女性にも受けの良いモデルです。 3タイプからスズキのビッグスクーター スズキのバイクの中でも、スカイウェイブ250は非常に人気のあるバイクの1つです。 現行モデルも10年以上かけて改良が行われてあり、完成度の高さが魅力です。 スカイウェイブ250に採用されたリンクタイプのリアサスペンションは2名乗車時でも高い走行性能を発揮する上、適度な運動性能が有り、ビッグスクーターが初めての方でもおすすめです。 またスカイウェイブ250タイプS ベーシックに付いているバックレストは、バイクを乗る人の体格に合わせた位置に再調整できますから、ライダーのホールドもばっちりです。 人気車種の為、マフラー等カスタムパーツも十分揃っています。 またビッグスクーターだけ有って、積載能力は高く、フロントのラゲッジスペースだけでも3箇所用意されています。 グローブやカードケース、ペットボトルなど旅先でサッと出したい荷物はこちらへ仕舞っておくことが可能です。 更にスペース内には12Vの電源ソケットが備わっており、移動中に充電することが出来ます。 シート下はフルフェイス2つが軽く収まる63Lのラゲッジスペースになっています。 とにかく大量の荷物を持って行動する様なシチュエーションでも安心です。 また、非常に人気の有るバイクですから、出先で盗難されない様にイモビライザーが設けられています。 エンジンは249ccの水冷単気筒。 2名乗車で高速道路を走行することも想定している為、走りの力強さという点ではしっかり考えられています。 ホイールの駆動はメンテナンスの手間を抑えたVベルト式、変速も自動変速なので苦労知らずです。 シート高は710mmで、普段も乗車は楽々ですね。 装備重量214kgと250ccとしては重めなことが気になりますが、男性なら余程問題ないでしょう。 タンクも13L有ればツーリングも余裕でこなします。 ただし最小回転半径2. 7mは、狭い路地での切り返しは苦労するかもしれません。 スカイウェイブ250は一番安いベーシックSで70万円近くする為、比較的高価です。 その代わりに走行中の快適性はとても配慮されています。 こちらは上位グレードのタイプM。 走行フィールを変える5つの変速モード切替に対応しました。 よりキビキビとした動きでスポーツ感を感じたい方はタイプMが面白いです。 その分、約7万円アップとそれなりの価格差が有ります。 こちらはスクリーンまで一体化し、よりラグジュアリーな方向に攻めたスカイウェイブSS。 シート構造を変更して、よりローダウンした様なルックスにまとめています。 ミラーやサイドスタンド等、メッキパーツも豊富に奢られ、見た目の高級感を強調したモデルです。 最後にスカイウェイブ250リミテッド。 これはまた異なる方向で快適性を追求していまして、グリップヒーターやハンドガード等バイクが苦手とする冬場の対策が取られています。 リアシートの大型バックレストのおかげで、タンデム走行時の負担も少なく、同乗者に優しい仕様です。 また際立って長いスクリーンは強い風からライダーを守ってくれます。 月別アーカイブ•

次の

スズキ【スカイウェイブ250】のおすすめバッテリーとは?適合型番やサイズ、寿命を延ばす方法

スズキ スカイウェイブ 250

379位 4. 1点 評価人数:15人 台 3件 325人 0件 車輌プロフィール 「スカイウェイブ」は、1990年代の終わりから、スズキのビッグスクーターシリーズを構成したモデル群の総称。 その始まりは、1998年2月に発売された「スカイウェイブ250」だった。 2000年前後には、空前のビッグスクーター(カスタム)ブームが巻き起こるが、スカイウェイブ250登場時は、まさにその前夜のこと。 排気量249ccの水冷4スト単気筒SOHCエンジンを、バックボーンフレームに搭載。 スカイウェイブ250によって、ホンダ、ヤマハに続き、スズキがビッグスクーター市場に参入したことになった。 スカイウェイブ250のカスタマイズドモデルとして2001年に発売されたスカイウェイブ250タイプSは、一時期カワサキへとOEM供給され、カワサキ・エプシロン250としても販売された。 スカイウェイブ250は、幾度かのモデルチェンジを受け、前述のタイプSをはじめとしたバリエーションモデルを展開しながら生産が続けられた。 単に「スカイウェイブ250」という名称のモデルは、2006年にインジェクション化されたのち姿を消したが、タイプSやSSなどがラインナップされ続け、最終的には平成28年排出ガス規制への適合が必要になる前の2017年まで販売されていた。 タイプグレード名 SKYWAVE 250 モデルチェンジ区分 マイナーチェンジ 型式 JBK-CJ46A 発売年 2007 発売月 12 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2270 全幅 mm 760 全高 mm 1385 ホイールベース mm 1585 最低地上高(mm) 125 シート高 mm 710 車両重量 kg 212 最小回転半径(m) 2. 8 圧縮比(:1) 11. 3 最高出力(kW) 19 最高出力(PS) 26 最高出力回転数(rpm) 7500 最大トルク(N・m) 25 最大トルク(kgf・m) 2. 5 最大トルク回転数(rpm) 6000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 13 燃料タンク・リザーブ容量 L 3. 5 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 507. 5 エンジンオイル量(オイル交換時) L 1. 2 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 1. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 4. 0 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 1. 75 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.

次の