うずぜん。 前立腺炎

宇髄天元(うずいてんげん)のプロフィール!派手を司る「祭りの神」!派手派手な音柱は美人な嫁が3人もいる?!【鬼滅の刃ネタバレ】

うずぜん

作製の経緯 [ ] 本図は、12年()から13年()にかけての事業として測量・作成が行われたものである。 出身で商人だった( - )は隠居後に学問を本格的に開始し、にて幕府の( - )に師事し、測量・天体観測などについて修めていた。 当時、の1度に相当する長について、30、32里あるいは25里などと諸説があったなか、高橋・伊能師弟はこれを正確に測定するという目標を有していた。 そこで高橋は幕府に伊能を推薦し、当時南下の脅威に備えて海岸線防備を増強する必要があった(現在の)の測量を兼ねて、その往復の北・を測量することで1度の測定を行わせるよう願い出た。 こうして幕府の許可を得た伊能は寛政12年(1800年)、私財を投じて第1次測量として蝦夷地および東北・北関東の測量を開始した。 各地の測量には幕府の許可を要したが、幕府は測量を許可したばかりか全国各藩に伊能への協力を命じた。 これは、その時点で西洋列強の艦船が頻繁に日本近海に現れるようになっており、国防上の観点から幕府も全国沿岸地図を必要とし、伊能の事業を有益と判断したためである。 蝦夷地測量の翌年の元年()には、東海岸、東北西海岸、・沿岸の測量を完了。 文化元年()には、それまでの測量の結果をいったんまとめ、大図69枚・中図3枚・小図1枚(大中小図については後述)からなる東日本の地図を幕府に提出、の上覧に供した。 なお、子午線1度の長さについては28. 2里(約110. 74)と算出し、今日の計測値と較べても極めて誤差の小さい 0. 従来のとは異なり、実測による正確・精密な地図の質の高さに幕府上層部も驚愕し、伊能の測量事業への支援をいっそう強化することとなった。 伊能は正式に幕府天文方の役人として雇用され、翌文化2年()の第5次測量からは、幕府直轄事業として行われることとなった。 以後、伊能らは文化13年()の第10次測量まで(第9次測量のみ伊能は不参加)日本全土を歩測した。 また蝦夷地北部附近に関しては、測量術の弟子である( - )の観測結果を採り入れている。 伊能は文化15年()に完成を待たずに死去するが、その喪は伏せられ、師・高橋至時の子である( - )が仕上げ作業を監督し、文政4年(1821年)「 大日本沿海輿地全図」が完成した。 そして同図は全国に渡る緯度・測量結果を収録した「 大日本沿海実測録」とともに幕府に提出された。 地図としての特徴 [ ] 大図 レプリカ。 測量結果を基に、江戸で伊能らが作図作業を行った。 すべて手書きの彩色地図で、利用上の便宜のため以下の3種類のの地図が作製された。 北は、南は、東は、西はまでの海岸線および内陸河川の形状をつぶさに描く。 その他、地図内には国郡名、境界線、領主名、村落、寺社名、河川名、磯・浜の種類、田畑、塩田なども記入し、海岸線のみならず、詳細な地図情報が記載されている。 なお、大図には・は記入されていない。 西三条改暦所を通るをとしての基準とし、実測値を元に経度・緯度1度ごとに直交する度線を引いてある(西洋のに近いとされるが異説もある)。 ただし、伊能は地球を球体として考えていた(実際には地球は完全な球ではなく赤道方向に長い()に近い)ため、緯度・経度ともに若干の誤差が生じている。 また緯度については天体観測からほぼ正確に測定できているものの、経度については測定に必要なの未発達などの理由により若干精度が劣り、北海道や南部などの辺縁部では実際の位置よりもやや東方向にずれている。 地名その他の記載は簡略化してある。 その後の伊能図 [ ] シーボルト事件 [ ] 幕府に提出された伊能図は、に秘蔵され、一般の目に触れることはなかった。 あまりに詳細な地図のため、国防上の問題から幕府が流布を禁じたためである。 11年()紅葉山文庫を所管するでもあった高橋景保が、付の医師である( - )に禁制品である伊能図 を贈ったことが露顕し、高橋景保は逮捕され、翌年3月に獄死した()。 日本を強制退去となったシーボルトは帰国後のに、伊能図をでに修正した「日本人の原図および天文観測に基づいての日本国図」を刊行している。 その精度の高さにより、当時の識者の一部に日本の測量技術の高さが認識されることになる。 幕末の伊能図 [ ] 後の元年()、の測量艦アクテオン号 Actaeon が、「をあまり刺激しない方が良い」との幕府の勧告を無視して日本沿岸の測量を強行しようとした際、たまたま幕府役人が所有していた伊能小図の写しを見て、その優秀さに驚き、測量計画を中止して幕府からその写しを入手することで引き下がったという。 なお、このときの伊能図の写しを元ににイギリスで「日本と近傍の沿海図」として刊行され、日本に逆輸入されて、( - )の手によって3年()に「大日本国沿海略図」として木版刊行された。 これにより伊能図を秘匿する意味がなくなったため、同年には幕府からも伊能小図を元にした「官板実測日本地図」が発行され、小図のみとはいえようやく一般の目に供されるようになった。 原本の焼失 [ ] で江戸幕府が崩壊した後、幕府が保管していた伊能図も新政府に移譲された。 3年()には開成所から名を変えた大学南校から「官板実測日本地図」が再版されるとともに「大日本沿海実測録」も刊行された。 伊能図の原本は、明治6年()のの大火災の際に焼失してしまう。 そこで伊能家に保管されていた控図(副本)が翌年政府に献納された。 近代地図への寄与 [ ] この副本により明治10年()9月には小図を元にから「 日本全図」が発行され、明治11年()6月には中図を元に地理局より「 実測全図」が発行された。 さらに同局から中小図に基づいて明治13年には864,000分の1図である「 大日本全図」が刊行される。 そして明治17年()には大図・中図が測量部(の前身の1つ)によって作成された「 」の基本図になった。 他にも各府県で作成された管内地図の多くが伊能大図・中図を元に作成されるなど、近代日本の行政地図において、伊能図は多大な貢献を果たした。 副本の焼失 [ ] その後、伊能家から献納された伊能図の控えはの附属図書館に保管されることとなったが、これも12年()のですべて焼失してしまった。 以降、長きにわたって伊能図(特に大図)は「失われた地図」となり、(現在は)の伊能忠敬記念館に保管されていた写しの一部など、全214枚のうち約60枚の写しのほかは、が所蔵する中図の写しが残るのみとなっていた。 21世紀の状況 [ ] ところが、13年()3月にで、伊能大図のうちの207枚(うち169枚が彩色なし)が発見された。 これは上記の陸軍による輯製20万分1図作成のための骨格基図として模写されたものが、米国に渡ったものと考えられる。 さらに残る7枚のうち、ので2枚(34番:蝦夷、35番:蝦夷)、で1枚(107番:)が発見された。 最後に残った4枚(12番:蝦夷宗谷、133番:・・、157番:・、164番:備後・・)についても、5月にで保管されていた縮小版の写しの中に含まれていることが判明した。 海上保安庁の前身である旧が明治初期にを作製する目的で模写したものだという。 これらの発見により、伊能大図214枚の全容がつかめるようになった。 これを受け、5月に国土地理院所管が「 伊能大図総覧」を刊行し、伊能図が一般の目にも触れられるようになった。 大図の詳細な検討によって、伊能忠敬による測量がいかに行われたかなど従来検証しづらかった点についても、今後の研究が期待される。 なお、その後も1月に、やはり海上保安庁から高画質の原寸模写図3枚を含む色彩模写図が発見されるなど、まだまだ状態の良い伊能図が発見される可能性はある。 雑記 [ ]• 「大日本沿海輿地全図」の「輿地」とは大地(地球)もしくは世界のことである。 万物を載せる(こし)に地面をたとえたもので、坤輿(こんよ)ともいう(坤も大地を表す)。 による「」()なども同様の命名である。 「沿海輿地全図」の名の通り、国防上の事業として行われたため、本図は海岸線の描写が中心であり、内陸部に関しては空白も少なくない。 シーボルトがヨーロッパで刊行した日本国図は、内陸部の記述については()などで補っているため、異同が多い。 アクテオン号が持ち帰った伊能小図の写しはその後も英国海軍水路部で所有され、現在ではの国立に保管されている。 グリニッジは(経度0度)となっているの町でもある。 画像 [ ]• 「伊能忠敬記念館:伊能忠敬の生涯」。 織田 1974 104頁• 織田 1974 105頁• 織田 1974 107頁• 織田 1974 p. 110• なお、高橋景保がシーボルトに贈ったのは、文化6年()にそれまでの伊能らの測量結果をもとに従来のを参考にして景保自身が編修した特小図(日本輿地図藁)である。 シーボルトの日本図を見せられた海軍軍人はその精度に驚愕し、「日本人は我を征服せり Les Japonais m'ont vaincu! 」と叫んだことがシーボルトの著書『日本』に記されている。 織田 1974 、159頁。 クルーゼンシュテルンは艦隊の司令官としてに来日しており、その帰途に樺太を探検(間宮林蔵による探検の4年前)。 その結果、樺太を島ではなく半島であると判断していた。 渡辺 2010 、249頁。 『国史大辞典』、『日本史大事典 1』など。 織田 1974 113頁• 国土地理院HP「伊能忠敬と伊能大図」。 国土地理院HP「伊能大図(米国)について」。 織田 1974 111-112頁 参考文献 [ ]• 『』()「伊能図」(執筆:山本武夫)• 『日本史大事典 1』(、、)「伊能図」(執筆:保柳睦美)• 『地図の歴史 日本篇』(織田武雄、、、)• 『黒船前夜 ロシア・アイヌ・日本の三国志』(、、、) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Ino, Tadataka. American Memory. The Library of Congress. 2010年1月10日閲覧。

次の

宇髄天元(うずいてんげん)のプロフィール!派手を司る「祭りの神」!派手派手な音柱は美人な嫁が3人もいる?!【鬼滅の刃ネタバレ】

うずぜん

作製の経緯 [ ] 本図は、12年()から13年()にかけての事業として測量・作成が行われたものである。 出身で商人だった( - )は隠居後に学問を本格的に開始し、にて幕府の( - )に師事し、測量・天体観測などについて修めていた。 当時、の1度に相当する長について、30、32里あるいは25里などと諸説があったなか、高橋・伊能師弟はこれを正確に測定するという目標を有していた。 そこで高橋は幕府に伊能を推薦し、当時南下の脅威に備えて海岸線防備を増強する必要があった(現在の)の測量を兼ねて、その往復の北・を測量することで1度の測定を行わせるよう願い出た。 こうして幕府の許可を得た伊能は寛政12年(1800年)、私財を投じて第1次測量として蝦夷地および東北・北関東の測量を開始した。 各地の測量には幕府の許可を要したが、幕府は測量を許可したばかりか全国各藩に伊能への協力を命じた。 これは、その時点で西洋列強の艦船が頻繁に日本近海に現れるようになっており、国防上の観点から幕府も全国沿岸地図を必要とし、伊能の事業を有益と判断したためである。 蝦夷地測量の翌年の元年()には、東海岸、東北西海岸、・沿岸の測量を完了。 文化元年()には、それまでの測量の結果をいったんまとめ、大図69枚・中図3枚・小図1枚(大中小図については後述)からなる東日本の地図を幕府に提出、の上覧に供した。 なお、子午線1度の長さについては28. 2里(約110. 74)と算出し、今日の計測値と較べても極めて誤差の小さい 0. 従来のとは異なり、実測による正確・精密な地図の質の高さに幕府上層部も驚愕し、伊能の測量事業への支援をいっそう強化することとなった。 伊能は正式に幕府天文方の役人として雇用され、翌文化2年()の第5次測量からは、幕府直轄事業として行われることとなった。 以後、伊能らは文化13年()の第10次測量まで(第9次測量のみ伊能は不参加)日本全土を歩測した。 また蝦夷地北部附近に関しては、測量術の弟子である( - )の観測結果を採り入れている。 伊能は文化15年()に完成を待たずに死去するが、その喪は伏せられ、師・高橋至時の子である( - )が仕上げ作業を監督し、文政4年(1821年)「 大日本沿海輿地全図」が完成した。 そして同図は全国に渡る緯度・測量結果を収録した「 大日本沿海実測録」とともに幕府に提出された。 地図としての特徴 [ ] 大図 レプリカ。 測量結果を基に、江戸で伊能らが作図作業を行った。 すべて手書きの彩色地図で、利用上の便宜のため以下の3種類のの地図が作製された。 北は、南は、東は、西はまでの海岸線および内陸河川の形状をつぶさに描く。 その他、地図内には国郡名、境界線、領主名、村落、寺社名、河川名、磯・浜の種類、田畑、塩田なども記入し、海岸線のみならず、詳細な地図情報が記載されている。 なお、大図には・は記入されていない。 西三条改暦所を通るをとしての基準とし、実測値を元に経度・緯度1度ごとに直交する度線を引いてある(西洋のに近いとされるが異説もある)。 ただし、伊能は地球を球体として考えていた(実際には地球は完全な球ではなく赤道方向に長い()に近い)ため、緯度・経度ともに若干の誤差が生じている。 また緯度については天体観測からほぼ正確に測定できているものの、経度については測定に必要なの未発達などの理由により若干精度が劣り、北海道や南部などの辺縁部では実際の位置よりもやや東方向にずれている。 地名その他の記載は簡略化してある。 その後の伊能図 [ ] シーボルト事件 [ ] 幕府に提出された伊能図は、に秘蔵され、一般の目に触れることはなかった。 あまりに詳細な地図のため、国防上の問題から幕府が流布を禁じたためである。 11年()紅葉山文庫を所管するでもあった高橋景保が、付の医師である( - )に禁制品である伊能図 を贈ったことが露顕し、高橋景保は逮捕され、翌年3月に獄死した()。 日本を強制退去となったシーボルトは帰国後のに、伊能図をでに修正した「日本人の原図および天文観測に基づいての日本国図」を刊行している。 その精度の高さにより、当時の識者の一部に日本の測量技術の高さが認識されることになる。 幕末の伊能図 [ ] 後の元年()、の測量艦アクテオン号 Actaeon が、「をあまり刺激しない方が良い」との幕府の勧告を無視して日本沿岸の測量を強行しようとした際、たまたま幕府役人が所有していた伊能小図の写しを見て、その優秀さに驚き、測量計画を中止して幕府からその写しを入手することで引き下がったという。 なお、このときの伊能図の写しを元ににイギリスで「日本と近傍の沿海図」として刊行され、日本に逆輸入されて、( - )の手によって3年()に「大日本国沿海略図」として木版刊行された。 これにより伊能図を秘匿する意味がなくなったため、同年には幕府からも伊能小図を元にした「官板実測日本地図」が発行され、小図のみとはいえようやく一般の目に供されるようになった。 原本の焼失 [ ] で江戸幕府が崩壊した後、幕府が保管していた伊能図も新政府に移譲された。 3年()には開成所から名を変えた大学南校から「官板実測日本地図」が再版されるとともに「大日本沿海実測録」も刊行された。 伊能図の原本は、明治6年()のの大火災の際に焼失してしまう。 そこで伊能家に保管されていた控図(副本)が翌年政府に献納された。 近代地図への寄与 [ ] この副本により明治10年()9月には小図を元にから「 日本全図」が発行され、明治11年()6月には中図を元に地理局より「 実測全図」が発行された。 さらに同局から中小図に基づいて明治13年には864,000分の1図である「 大日本全図」が刊行される。 そして明治17年()には大図・中図が測量部(の前身の1つ)によって作成された「 」の基本図になった。 他にも各府県で作成された管内地図の多くが伊能大図・中図を元に作成されるなど、近代日本の行政地図において、伊能図は多大な貢献を果たした。 副本の焼失 [ ] その後、伊能家から献納された伊能図の控えはの附属図書館に保管されることとなったが、これも12年()のですべて焼失してしまった。 以降、長きにわたって伊能図(特に大図)は「失われた地図」となり、(現在は)の伊能忠敬記念館に保管されていた写しの一部など、全214枚のうち約60枚の写しのほかは、が所蔵する中図の写しが残るのみとなっていた。 21世紀の状況 [ ] ところが、13年()3月にで、伊能大図のうちの207枚(うち169枚が彩色なし)が発見された。 これは上記の陸軍による輯製20万分1図作成のための骨格基図として模写されたものが、米国に渡ったものと考えられる。 さらに残る7枚のうち、ので2枚(34番:蝦夷、35番:蝦夷)、で1枚(107番:)が発見された。 最後に残った4枚(12番:蝦夷宗谷、133番:・・、157番:・、164番:備後・・)についても、5月にで保管されていた縮小版の写しの中に含まれていることが判明した。 海上保安庁の前身である旧が明治初期にを作製する目的で模写したものだという。 これらの発見により、伊能大図214枚の全容がつかめるようになった。 これを受け、5月に国土地理院所管が「 伊能大図総覧」を刊行し、伊能図が一般の目にも触れられるようになった。 大図の詳細な検討によって、伊能忠敬による測量がいかに行われたかなど従来検証しづらかった点についても、今後の研究が期待される。 なお、その後も1月に、やはり海上保安庁から高画質の原寸模写図3枚を含む色彩模写図が発見されるなど、まだまだ状態の良い伊能図が発見される可能性はある。 雑記 [ ]• 「大日本沿海輿地全図」の「輿地」とは大地(地球)もしくは世界のことである。 万物を載せる(こし)に地面をたとえたもので、坤輿(こんよ)ともいう(坤も大地を表す)。 による「」()なども同様の命名である。 「沿海輿地全図」の名の通り、国防上の事業として行われたため、本図は海岸線の描写が中心であり、内陸部に関しては空白も少なくない。 シーボルトがヨーロッパで刊行した日本国図は、内陸部の記述については()などで補っているため、異同が多い。 アクテオン号が持ち帰った伊能小図の写しはその後も英国海軍水路部で所有され、現在ではの国立に保管されている。 グリニッジは(経度0度)となっているの町でもある。 画像 [ ]• 「伊能忠敬記念館:伊能忠敬の生涯」。 織田 1974 104頁• 織田 1974 105頁• 織田 1974 107頁• 織田 1974 p. 110• なお、高橋景保がシーボルトに贈ったのは、文化6年()にそれまでの伊能らの測量結果をもとに従来のを参考にして景保自身が編修した特小図(日本輿地図藁)である。 シーボルトの日本図を見せられた海軍軍人はその精度に驚愕し、「日本人は我を征服せり Les Japonais m'ont vaincu! 」と叫んだことがシーボルトの著書『日本』に記されている。 織田 1974 、159頁。 クルーゼンシュテルンは艦隊の司令官としてに来日しており、その帰途に樺太を探検(間宮林蔵による探検の4年前)。 その結果、樺太を島ではなく半島であると判断していた。 渡辺 2010 、249頁。 『国史大辞典』、『日本史大事典 1』など。 織田 1974 113頁• 国土地理院HP「伊能忠敬と伊能大図」。 国土地理院HP「伊能大図(米国)について」。 織田 1974 111-112頁 参考文献 [ ]• 『』()「伊能図」(執筆:山本武夫)• 『日本史大事典 1』(、、)「伊能図」(執筆:保柳睦美)• 『地図の歴史 日本篇』(織田武雄、、、)• 『黒船前夜 ロシア・アイヌ・日本の三国志』(、、、) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Ino, Tadataka. American Memory. The Library of Congress. 2010年1月10日閲覧。

次の

渦電流(うずでんりゅう)とは

うずぜん

「音柱」の二つ名を持つの剣士。 身長はには珍しい六尺(約180センチメートル)以上という長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。 輝石をあしらったを着け、ファッション風の化粧をした派手好きな性格で、「 派手に」が口癖。 更に自らを 「派手を司る神」(=祭りの神)と豪語する。 また、彼の語彙においては 「地味」は罵倒の範疇に入る(本編中でも敵に対して「地味に死ね!」と罵っている)。 その徹底した派手好きぶりから、 一部の読者からは「派手柱」とも呼ばれる。 しかしその実、部下の命を無下に扱うような行いをするようなことは絶対になく、任務の中で善逸からの連絡が途絶えた際には直ちに私情を優先して下級隊士である炭治郎たち三人を巻き込んだ事を謝罪し、炭治郎と伊之助に 生き延びる為に逃げる様に命令している。 "上弦の陸"との戦いにおいて、炭治郎達の働きがその勝利に貢献した事との力で体内に打ち込まれた毒を除去してもらったおかげで一命を取り留める事ができた事から、以降は二人を自分のということにして彼らを擁護し、その後炭治郎と再会した時には大いに喜んでいた。 なお、素顔(化粧を落として装飾を取る)は非常に整っており、色町の女将が思わず顔を赤らめる程のである(ただし本人曰く 「地味なので不本意」)。 その姿は平時の宇髄からは想像もつかない程であり、つまるところ忍者の 隠行の術の効果を発揮している(通常の忍は潜伏時に『口に綿を含んで顔の輪郭を変える』『付けホクロ』『眉を剃って描く』などによって顔の印象を変えることで隠行を成す)。 だが、わざとやったのか 炭治郎たちを女装させて遊郭に潜入させる際に施した白粉はかなり下手くそで、仲居さん達から「不細工に見える」と酷評された。 (これに関しては 「素材が良すぎて普通にやると任務に支障が出るレベルの美人になりかねないと思い、意図的にやったのでは?」とも言われている) (素顔が)美形な妻を三人娶っており、階級も高い事から善逸は全力で嫉妬している。 ちなみに妻が三人いるのは、別に女好きというわけではなく、忍の里では一夫多妻が風習で、十五になると、里長から三人の妻を相性を考えて宛がわれるからという理由がある(ファンブックより)。 能力 才能という面で見ると、実は他の柱ほど恵まれているわけではない。 そのことは後述する通りに宇髄自身が深く自覚しており、実際、""を相手に一人の死者も出さず""を相手にしてあと一歩で頚を斬れていたに比べて、"上弦の陸"を相手に一人では押されていたことから、単身の実力で言えば他の柱には劣ると思われる。 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 反面元・忍として屈強な体躯に裏打ちされた身軽さや素早さにおいては、炭治郎ら下級隊士では太刀打ちできない程である。 更には歩くたびに揺れて音を立てる装飾を全身に身に着けているにもかかわらず、同じく炭治郎たちは声をかけられるまで接近に気づく事すらできなかった。 指揮能力 忍者の 頭領として訓練を受けた経験も相まって前線においては 極めて優秀な戦術指揮官としての能力を有している。 この指揮官としての能力を駆使して三人のくノ一を通常サポート要員としつつ、若輩の剣士であっても実力が相応であれば、彼らを巧みに促し実力以上の戦闘力を引き出しながら小隊~中隊を即時編成してとも互角以上に渡り合う。 元・忍者として様々な特殊技能を有しており、世事にも明るい。 鬼との戦闘においては薬物知識から調合した毒薬や爆薬を用いる。 また、長年の訓練によって自身の薬物耐性も通常の隊士より遥かに優れる。 なお毒薬の効果についてはあくまでも対人用の知識をベースとしているため、鬼殺専門で研究を行っている程ではないようである。 聴覚 音の反響を聞いただけで上階の構造、人間や物体の立体配置を正確に把握できる程に 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも優れる。 その他、持ち。 譜面 聴覚と指揮官能力を統合した戦闘計算式。 鬼の行動動作の律動を読み、音に変換する事で攻撃・防御の癖を正確に把握し、唄に相の手を入れるが如く、自小隊(中隊)の反撃を織り込む。 隊の攻防両面を底上げできるため、格上の鬼が相手であっても勝機を見出せるが、律動の把握に時間がかかるのが難点。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 宇髄は恵まれた体躯・太い二の腕に合わせた袖なしの特別な形状の隊服を着用している。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 宇髄のカラスは 超オシャレ。 カラス界のファッションリーダー。 とにかく派手。 9巻で三人の妻共々設定が公開されている。 担当教科は美術。 生徒に付けられたあだ名は 「輩先生」。 「芸術は爆発だ」と叫び、 ダイナマイトで美術室を破壊した。 歌舞伎町の抗争の際に現場で目撃された、高校時代は番長をしていて、めちゃくちゃ喧嘩が強いらしいなどの噂が流れている模様。 三人の妻達はそれぞれ売店(須磨)と食堂(雛鶴&まきを)に勤務しており、 「売店と食堂に降臨する魅惑のくのいち」というあだ名を男子生徒から付けられている。 本編と同様にモテモテなようで、公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、バレンタインのチョコ獲得数は 57個だと表記されている。 モテるための秘訣を訊きに来た善逸に対して、 「幼稚園から小・中・高までは足が速けりゃいい」「大学からは金さえ持ってりゃ女が群がってくる」とある意味一番現実的なアドバイスを返していた(しかし炭治郎からは 「そんな方法じゃ真実の愛は見つからないと思います」と言い返されている)。 学生バンド「」の担当。 唯一の教師メンバーである。 余談 上述したようにとても身長が高いためか、柱のアクリルスタンドで悲鳴嶼と宇髄以外の価格は一律 800円であるのに対し、宇髄のアクリルスタンドの価格は 900円となっている(悲鳴嶼は1000円)。 また197話にて失ったはずの左腕が描かれ「鬼化説」や「新上弦の伍が入れ替わった」などと騒がれたが、普通に 作画ミスであることが後に判明した。 関連イラスト.

次の