バッタ 大量 発生 なぜ。 サバクトビバッタは食用で食べるのは無理?食べられない理由を調査!

【過去最大】バッタ大量発生!理由(なぜ)・原因わかりやすく!日本の影響はどうなる!?

バッタ 大量 発生 なぜ

バッタ大量発生が日本に近づいてる?影響は? アラビア半島南部のオーマンでのサバクトビバッタの大量発生が、群れを成してイラン、パキスタン、インド西部に達し、中国に迫り日本に近づいているとの情報があります。 日本への影響を心配しなければならないのでしょうか? バッタによる農作物の被害を 蝗害(こうがい)と呼び、サバクトビバッタやトノサマバッタなど 相変異を起こすバッタ類の大量発生による災害を意味します。 蝗(いなご)とは関係ありません。 群生行動をしているバッタは、水稲や畑作作物などに限らず、全ての草本類(紙や綿などの植物由来の製品にまで被害が及ぶ)を短時間のうちに食べ尽くしてしまいます。 北海道では襲われた後を見てみると、障子紙も食べつくされていたそうです。 まず、サバクトビバッタがどんな特徴を持つのか見てみましょう。 サバクトビバッタの特徴 ・成虫のオスの体長は40-50mm、メスの体長は50-60mmと大型である。 ・アフリカと中東の乾燥した地域に生息していて、大雨が降って植物が繁茂すると大量に発生する。 ・単体での活動に最適化された「孤独相」から相変異を起こし、移動に適した 「群生相」へと変異する。 体の色が褐色から黄と黒に変わり、筋肉が大きくなりながら食べ物を求めて移動する。 1つの群れは最大で1,200平方キロメートルを移動し、1平方キロメートルあたりに4,000万から8,000万匹が含まれている。 ・1日に1匹のバッタは144キロ以上も移動する。 ・自分の体重と同じ重さの植物を消費する。 1平方キロメートルあたりのバッタの集団が1日に食べ尽くす食糧は人間35,000人分に匹敵するとも試算されている。 ・到達できる最高高度は海抜2,000メートルであり、これ以上は気温が低すぎるため上昇できない。 いくつかの観点から日本へ飛来して大量発生する可能性は小さいと考えられます。 日本でサバクトビバッタ大量発生の可能性が小さい4つの理由 1. 日本は温湿地帯であり、 エントモフトラ属のカビを始めとする バッタの天敵が存在する。 但し、過去の事例のように、造成地や山火事跡地など、一時的に天敵が存在しない環境で発生する可能性はある 2. 狭く平原の少ない日本の土地では、バッタが数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくい。 適切な殺虫剤などを散布する技術を持っている。 4.インドやパキスタンと中国の間の2000mをはるかに超えるヒマラヤ山脈(7000m級、8000m級の山を含む)を越えて、中国に侵入するのは容易ではない。 日本には強い味方がいるんだ! バッタ大量発生は日本に過去事例ある? 日本で発生した蝗害としては、サバクトビバッタと同様変異して大群として活動する トノサマバッタによるものがあります。 ・ 1880年(明治13年)8月 北海道でトノサマバッタが大量に発生して以降、1884年(明治17年)9月に長雨によって多くのバッタが繁殖に失敗するまで、断続的に続いた。 開拓前の十勝川と利別川が合流するあたりで、台風による大洪水で、広い範囲で沖積層が露出し、ここにヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が出現し、その後好天が続き、トノサマバッタの繁殖条件が整ったためと言われています。 ・ 1971年(昭和46年) - 1974年(昭和49年) 沖縄県の大東諸島 ・ 1986年(昭和61年) - 1987年(昭和62年) 鹿児島県の馬毛島 ・ 2007年(平成19年) オープン直前の関西国際空港2期空港島で発生。 6月9日には3,884万匹のトノサマバッタが確認された。 関西国際空港側は、100万匹を割るところまで、薬剤散布で駆除し、最終的には、エントモフトラ属のカビ感染により、トノサマバッタの大発生は終息しました。 以上のように、日本での発生は、天敵が一時的にいない造成地、孤島など特殊な条件の場合に限られていました。 バッタ大量発生2020の現状 アラビア半島南部のオーマンの砂漠地帯で大量発生したサバクトビバッタの群れが 北はパキスタン、インドへ、南からアフリカのエチオピア、ケニアにまで達しています。 (国連食糧農業機関FAOwebsite参照) 経緯を見てみましょう。 アラビア半島南部のオーマンの砂漠地帯(広大なルブアルハリ砂漠)は、数百メートルの高さの砂丘が続いており、道路もインフラも何もなく人もいない場所です。 2018年5月1度の サイクロン(温帯性低気圧)での大雨がこの砂漠に6カ月も植物が繁茂できるだけの水をもたらしたことで、サバクトビバッタの繁殖条件が整った。 サバクトビバッタは3カ月で 1世代が20倍でとなり、6カ月後には400倍に増えた 2018年10月 2度目のサイクロンが発生し、イエメンとオマーンの国境付近に大量の雨をもたらした。 2018年末 オマーン南部でバッタの群れが目撃される。 2019年1月 オーマンの砂漠地帯が乾燥しはじめ、食料がなくなったバッタは、オマーン南部から北へ、南へと移動を開始始めた。 2020年2月2日 ソマリア政府は「国家の食糧安全保障にとって大きな脅威」として、国家非常事態を宣言した。 ココがポイント• バッタ大量発生が日本で起こる可能性は4つの理由から限りなく小さい• 日本にも、トノサマバッタによる蝗害が過去にあったが、これまで克服してきた• 2020年になってからのコロナ感染を含めた災害続きのため、旧約聖書(出エジプト記)の影響もあり、人類の終わりが近づいているとの悲観的なものが多い 日本で直接、バッタによる蝗害が起こる可能性は小さいと思われますが、アフリカ、アラブ西アジアで、サバクトビバッタによる農作物などの壊滅的な被害が生じると、食糧価格が高騰するなどの、大きな影響が日本にも及んできます。 サプライチェーンの拠点として重要なアジアで、危機が生じれば、日本の産業に大きな影響が出る懸念が大いにあります。 発生のきっかけは、今まであり得なかったオーマンの砂漠地帯でのサイクロンによる大雨にあります。 昨今の大災害は地球の温暖化に原因を求める見方がほとんどです。 人類が二酸化炭素を長年にわたり、大量に放出させたために、地球温暖化を生じ、豪州の大火災、台風、ハリケーン、サイクロンの凶暴化、熱波など様々な災害につながっている可能性が高いと考えられます。 現在は日本や欧米主要国がコロナ対策にかかりっきりですが、 バッタについても世界全体で、被災国に資金や技術援助をするだけでなく、世界で地球温暖化問題に真剣に取り組んでゆかないと、取り返しのつかないことになりかねません。

次の

バッタ・イナゴはなぜ大量発生する?大群発生で中国の危機!?

バッタ 大量 発生 なぜ

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の

日本でバッタが大量発生!その理由や原因と対策は?

バッタ 大量 発生 なぜ

本日、やりすぎ都市伝説のスペシャルが放送されましたね! 都市伝説好きの私は放送30分前に気づき、ギリギリオンタイムで放送を見ることができました。 都市伝説の関さんはもちろん、あばれる君や他のゲストの都市伝説もとても面白いものばかりでした。 そのなかで私が 「えっ、今そんなことになってるの!?怖っっ!!」 と思った都市伝説を掘り下げていこうと思います。 なんと、コロナで全世界が必死に戦っている中、別の脅威がやってきているのだそうです… バッタが大量発生、その詳細は? このお話は、今日放送された『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2020春 スペシャル』で学天即の奥田さんが話した都市伝説です。 (ネタばれ含むので、まだ見てない方は放送を見てから読んでください) なんと、今 エチオピアやソマリアなどの東アフリカでバッタが大量発生しており、このまま増え続けると飢饉などの食糧被害が各国に拡大していく可能性があるのだそうです。 こうした虫による災害のことを 「蝗害(こうがい)」と呼ぶのですが、このバッタの大量発生の仕方が異常になってきています。 なぜバッタが大量発生した? まず、なぜこのバッタがここまで大量発生したかというと、2018年に東アフリカ近辺に2つの大型台風「メクヌ」と「ルバン」が発生したことがきっかけです。 これにより、例年の3倍以上の降雨量を記録し、その影響でバッタの餌となる草花が成長し続け、エサが潤沢に用意されてしまったことが原因としています。 そして、普通であればバッタは群れを成して行動する虫ではありません。 しかし、繁殖の条件があまりに適してしまったため、大量に発生しただけでなく群れを成して行動するように生態までもが変わってしまったのだとか。 このバッタの被害は、ソマリアでは家畜用に育てていた草がほとんど食べられてしまったなど、大きい被害がすでに発生しているようです。 4000億匹がどのくらいかというと、神奈川県くらいの面積を埋めるくらいだそうです… その大群がエサを求めて東アフリカを覆いつくさんとしているのです。 ただ、今はまだ東アフリカだから、日本に来るまでには終息するよね…? そう思った皆さんには少し残念なお知らせです。 これはやりすぎ都市伝説の放送で話していたことですが、「バッタの死骸が紅海に道を作り海を越えたのではないか」-そう憶測していました。 本来であれば、バッタの大量発生はいわゆる「天災」に当たり、食料飢饉などに影響があるため、国家勢力を挙げて取り組むべき問題なのです。 しかし今はどうでしょう。 この最中でバッタを駆除するためのリソースをどの国もさけるはずがありません。 農薬を一体に撒こうにも、今は作物が芽を出す春の季節。 ましてや食料難になりそうな時に撒いてしまえば作物にも影響が出かねない。 パキスタンを越えれば、中国にやってきます。 もはやバッタは増え続けており、このままでは今の20倍には繁殖するのではとも言われています。 20倍に増えると日本列島3つ分の面積ほどになるそうです。 中国はかつて1929年にも蝗害の被害を受け、中国北部で深刻な食糧飢饉が起き1000万人以上の死者をだしています。 専門家たちの意見では、バッタが寒冷な気候に弱いため「バッタが山を越えて侵攻してくることはない」としていますが、果たして本当なのでしょうか。 中国にとってはコロナウィルスの次はバッタによる蝗害と、災厄だらけの年ですが何とか乗り切ってくれることを祈ります。 4000億匹以上のバッタの侵攻が終わった後も課題が残りそうですね。 まとめと追記 このバッタの大量発生による蝗害について、現在では国連食糧農業機関( FAO)がバッタによる食糧飢饉を止めるために資金要請を出しており、その支援拠出額が1億1,110万米ドル(約119億円)まで集まっています。 そして、サバクトビバッタの蝗害は2003~2005年以来の大量発生だそうで、経済面でも大恐慌以来のマイナス成長になっていたり、多方面でかなり深刻な状況が続いています。 このバッタも寒冷な気候に対応できないと上に書きましたが、これからはどんどん暖かくなり、エサとなる草木にとって好条件な梅雨や湿気の多い季節となります。 もしかしたら、バッタによる飢饉が日本で再び起こるのも、時間の問題かもしれません….

次の