封筒 返信 書き方。 「返信用封筒」のマナーとは?宛名の書き方から行・宛の直し方も

レターパックで返信用の書き方は?様を消す方法から封筒の折り方まで解説!

封筒 返信 書き方

係と書いてある宛名を見かけるのはこんな時 「〇〇係」と書いてある封筒は、社会人以外の人でも見かけたことがあるでしょう。 では、「〇〇係」という宛名は、どんなケースで見られるのでしょうか。 就職活動における応募書類の送り先 今現在社会人として勤務している人は、就職活動や転職活動の際に履歴書や職務経歴書を郵送したことがあるでしょう。 その時に企業の規模が大きければ大きいほど 「採用担当係」があるはずです。 就職活動や転職活動を経てきた社会人なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 招待状などに同封された返信用ハガキ 祝賀会、同窓会…このような集まりの招待状を受け取ったことがある人は多いはずです。 招待状には、返信用のハガキが同封されています。 また、通信教育の添削のために出す封筒にも返信用封筒を用いることがあります。 学校に送る願書等書類の返信用封筒 高等学校、専門学校、大学を受験する際に受験先に送る願書等の書類を送る際にも「係」が使われているのをご存じでしょうか。 具体的には、 「願書受付係」というように「係」という言葉が使われています。 懸賞への応募は、近年ではインターネットやSNSのリプライなどでも受け付けているものもありますが、今だに食料品についている懸賞では郵便での受付が多いのです。 それとも直さずにそのまま出してしまってもよいのでしょうか。 郵便局では、 郵便番号と住所が確認できれば、郵送するのに十分なのです。 宛名を正しく書けば恥をかかない 宛名を正しく書くことは、ビジネスマナーの一環であり、これができていることが前提である企業も多いものです。 特に事務職の場合は、 宛名を直して郵送するという作業は必ず発生するでしょう。 事務職以外でも、取引先からの返信用封筒を社員が出すという場面はよくあります。 このような時にも正しく宛名を直すことができれば、恥をかくことはありません。 反対に、宛名を正しく直せない場合は、「これ誰が出したの?」と送付先で笑われてしまう可能性もあります。 そこで、正しい直し方、消し方について紹介します。 消し方は、 縦書きの場合は「行」という文字の中央から 縦に二重線を引くのです。 この時、フリーハンドでも問題はありませんが、定規を使うとよりていねいな印象を与えることができます。 また、縦に二重線を引く場合は、 2本の縦線が並行になるように気を付けましょう。 2本の線の角度がバラバラだと、送り先に雑な印象を与えてしまうかもしれません。 この時も、縦書きの時と同様、2本の線は並行になるように気を付けましょう。 また、「係行」のうち、 「係」には二重線を引かないので、間違って一緒に消してしまわないようにしなければいけません。 二重線を引く時には、 定規を使って線を引くと、二重線の長さを測りながら引くことができるので、2本の線の長さが等しくなり、さらにていねいな印象を与えることができます。 二重線で消した後に御中を加筆する 縦書きでも横書きでも、二重線で「行」という文字のみを消したら、 その隣もしくはその下に「御中」という言葉を付け足します。 御中とは、宛名が誰かの個人名ではない場合につける言葉です。 「〇〇係」とある以上、個人ではありませんから、この場合は「行」を消して「御中」を書き添えます。 御中をつけるのはこんな時 〇〇係と書いてある よく懸賞などのプレゼント応募で見かけるのが「プレゼント係」「懸賞係」などの「〇〇係」という言葉です。 この場合、その企業の中で、プレゼントや景品を送付する担当者が複数名いて、一つの部署として成り立っています。 御中という言葉の性質上、相手が個人ではない時に使用しますから、「〇〇係」とあれば、 「個人ではないから、御中を付ける」という考え方で上記のように 「二重線+御中」で修正します。 送り先が〇〇部、〇〇課 就職活動で出会うのが初めてという人が多いのが、「〇〇部」「〇〇課」などの企業の部署名宛ての封筒です。 たとえば 「人事部行」という返信用封筒の場合でも、上記と同じように 「行」だけを二重線で訂正し、 隣もしくは下部に「御中」と書き添えます。 この場合、企業名+部署名+個人名が混在していますが、 注目すべきは最後の部分のみです。 つまり、この例の場合であれば、宛名の最後にある「山田一郎」に注目します。 これは個人名ですから、 たとえ宛名内に企業名、部署名が入っていても「御中」を使用するのは不適切になります。 行に二重線を引いて様をつける そもそも「様」とは、宛名が個人名の時に書き添える言葉です。 そのため、宛名の最後が個人名なら、「御中」と同じように二重線で訂正し、隣もしくは下部に「様」をつけて直します。 「〇〇係 山田一郎様」とある場合も上に同じです。 宛名の修正で迷ったら、宛名の最後の部分が「集団」なのか、「個人」なのかに注目しましょう。 集団なら御中、個人なら様を書き添えるのが社会人としての正しいビジネスマナーです。 まとめ 企業に勤めていると、返信用封筒や返信用ハガキを修正して郵送するという仕事はほとんどの人が体験するでしょう。 この時、正しく直せないと送り先で「企業が」恥をかくことになりかねません。 この機会に宛名の消し方・直し方について学び、社会人レベルをアップさせましょう。

次の

返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!|つぶやきブログ

封筒 返信 書き方

返信用封筒を使ったことはあるでしょうか。 返信用封筒は、相手からお返事をもらうために、こちら側から同封する封筒のことを言います。 普段はあまり使いませんが、就職活動中やビジネスシーンではよく使われるものですので、その書き方について覚えておきましょう。 この記事では、返信用封筒を同封する際のマナーについてと書き方について紹介します。 返信用封筒とは 返信用封筒を知らないという方もいらっしゃるでしょう。 また、返信用封筒の書き方がわからないという方も少なくありません。 返信用封筒とは、返信用はがきとは違い、何か特別な形で販売されているものではありません。 一般的な封筒を使って、相手側に送る封筒の中に入れる封筒のことを言います。 返信用封筒は、あらかじめ受け取る方の住所や氏名が書かれており、切手もすでに貼られていますので受け取った方が切手代を支払う必要はありません。 返信用封筒を使う目的とは なぜ返信用封筒を使うのかというと、「お返事をいただくにあたり相手の方の手間を省くということ」、「間違った住所に送られることを防ぐため」、「相手の方から確実にお返事をもらえるようにするため」といったことのためです。 個人宛のお手紙で、友人や知り合いに郵送するものであれば、それほど書き方に気を使う必要はありませんが、就職活動中に使うものや企業宛てに使うものの場合は基本的な書き方をしっかりと身につけておく必要があります。 いつ返信用封筒が使われるのか 就職活動中やビジネスシーン以外でも返信用封筒は使われることがあります。 例えば何かの申込書類やクレジットカードの申請書、銀行口座の申込書、保険の申込書を取り寄せた場合に、返信用封筒が同封されてくることがあります。 そのほかにも、結婚式などの出欠を確認する場合も返信用封筒や返信用はがきが同封されてくる場合があります。 就活 就職活動中は、さまざまな書類を企業側に提出する必要があります。 そのため、書類を提出する際に返信用封筒を使わなければならない場合があります。 ご自分で封筒を提出する場合もマナーが必要になりますが、企業側が用意してくれた返信用封筒を使う場合にもマナーがありますので、正しい書き方になるよう注意しましょう。 返信用封筒を使用する場合にも、きちんとしたマナーが守られていないとにかかわる場合がありますので、正しい書き方を覚えておきましょう。 封筒の大きさ 就職活動中に返信用封筒を使う場合は、大きさに合わせた封筒を選ぶ必要があります。 返信用封筒を受け取る場合は、自分で封筒の大きさを選ぶことはできませんので送られてきた封筒をそのまま使用することになります。 ご自分で返信用封筒を選んで相手側に郵送する場合は、履歴書の大きさに合わせてA4サイズのものを選びましょう。 履歴書の大きさに合わせた封筒の大きさは角形2号サイズになります。 また、企業側に資料を請求するために返信用封筒が必要になった場合は、サイズの指定がありますのでその指示に従って封筒の大きさを選びましょう。 教員採用 教員採用試験でも、返信用封筒を使ってやりとりする場合があります。 教員採用試験では、企業に返信用封筒を送るわけではありませんので、その書き方がどうなるのか分からないという方も少なくありません。 教員採用試験では、事務員が文書の処理を行うことになりますが、その手間を省くためにも正しい書き方をしましょう。 教員採用試験での返信用封筒の書き方も、そのほかの企業に就職試験を受ける場合と同じく、返信用封筒の書き方から社会的なマナーが守られているかどうかをチェックされていますので、間違った書き方をしないよう注意しましょう。 敬称の使い方に注意 「敬称」と聞いてまず思い浮かぶのは、「殿」や「様」ですが、「殿」や「様」は個人宛てに使われる敬称になります。 また、「殿」とは、目上の方に使ってはいけない敬称になりますので、教員採用試験など、就職活動中に企業宛てに使っていい敬称ではありません。 各位とは 敬称の中には「各位」と付ける場合もあります。 「各位」とは、複数の相手に対して用いる敬称になります。 例えば、案内状やビジネス文書などに多く使われる言葉で、封筒やはがきに用いるものとしてはふさわしくありません。 「各位」には「皆様」という意味があり、「各位」と書く場合も「様」や「御中」と同時に使うことはできませんので注意してください。 教員採用試験のために返信用封筒を使う場合は、一般企業の採用試験に用いるものと同じく「御中」を使います。 「御中」とは、相手の方が団体である場合に用いる敬称になりますので、教員採用試験の場合も宛名には「御中」と付け加えるのが正しい方法です。 返信用封筒は横書きにする書き方もあります。 返信用封筒が横向きになっている場合の書き方は、左から右側へ向かって読むようにして、上から下の行に向かって書いていきましょう。 また、「御中」や「様」を書き方についてですが、「絶対にこうしなければいけない」という決まりはありません。 左から右へ読めるように書ければ問題ありませんが、横書きにする場合は、訂正した後で名前の右側か下に書くのが一般的です。 横書きにする場合の差し出し人の書き方 返信用封筒は宛先が間違った書き方をしていなければそれでいいというわけではありません。 返信用封筒の裏面には受け取った方の住所や氏名を書きませんので、ご自分で書く必要があります。 そのため、郵便トラブルがあった際にも、きちんと手元に戻って来るよう、正しく書く必要があります。 同封されている書類が重要なものであればあるほど、正しい書き方である必要がありますので、郵送する前にしっかりと確認しましょう。 差し出し人の名前の名前の書き方は、横書きにする場合は封筒の裏面の右下に書きます。 宛名を書くときと同じように、左から右に向かって読めるように書きましょう。 返信用封筒の書き方 次に、一般的な返信用封筒の書き方についてご紹介しましょう。 返信用封筒は受け取った方の手間を省くために書くものですので、間違った書き方をしてしまわないよう注意して下さい。 表 返信用封筒の表側には郵便番号と住所、会社名、またはお名前を書いて切手を貼ります。 返信用封筒は確実に相手側からお返事がもらえるよう同封するものですので、切手の料金を間違えないよう注意して下さい。 切手の料金が不足している場合には、郵便物が戻ってきてしまったり、相手の方が切手代を支払わなければならなくなる場合があります。 一度封をしてしまうと、もう一度封筒を開けて切手を貼り直さなければならなくなったり、相手の方のご迷惑になってしまいますので、郵便物の重さを調べ、料金がどの程度かかるのか調べておきましょう。 宛名にはさまざまな敬称が用いられますが、敬称は文章を受け取る相手によって書き方が異なりますので、それぞれの書き方についても覚えておきましょう。 まずはそれぞれの敬称についてご説明しますので、返信用封筒にはどういった書き方がふさわしいのか覚えておいてください。 「様」と「御中」の使い方 「御中」とは、団体や企業、学校名、組織に対して使う敬称です。 そのため、文書を郵送する場合に、会社名の下に「様」と書かないよう注意して下さい。 また、個人に手紙を郵送する場合には、「御中」とは書きません。 「御中」とは組織名や団体名の後に付け加える言葉になりますので、この場合は「御中」ではなく「様」と書きましょう。 また、書き方を間違えて「御中」と「様」を同時に使う方がいらっしゃいますが、これは間違いです。 「御中」と「様」を同時に使うことはできませんので覚えておきましょう。 「殿」とは、目上の方が目下の者に対して使う言葉になりますので、目下の者が目上の方に宛てて「殿」と使うことはできません。 「殿」は使い方が難しく、企業内での文書には「様」と使うことが多いので、「様」と「殿」のどちらを使ったらいいのか迷った時は「様」と書いておきましょう。 また、「部長」や「課長」など、役職名で郵送する場合には、「殿」といった書き方はしません。 役職名には、それだけで敬称の意味が含まれていますので、役職名のみを書いて文書を送る場合には、「様」や「殿」などの敬称をつける必要はありません。 また、役職名の後に個人名を書く場合には「様」を書いておきましょう。 行 「御中」の書き方について覚えていただけたでしょうか。 返信用封筒には「御中」のほかにも「係」、「宛」と書かれている場合があります。 「行」は敬称ではありませんが、「様」や「御中」と同じように宛名の後ろに付け加える言葉です。 「行」は返信用封筒を使って郵便物を送った方が、自分宛にお返事を返してもらう時にだけ使われます。 そのため、返信用封筒を受け取る側の立場であった場合には、この「行」を二重線で消す必要があります。 「行」と書いてある文字に二重線を引き、その横、または下に「御中」または「様」と書き入れましょう。 これは、一般的によく知られている書き方についてのマナーになりますので、間違えてそのまま返信してしまわないよう注意して下さい。 「行」と書くときのポイント 「行」は、個人に宛てた郵便物にも企業に宛てた郵便物にも使うことができます。 ご自分が返信用封筒を送る立場にあった場合には、宛先がご自分の名前になっていますので敬称を書くのではなく、「行」と書くのが一般的な書き方です。 ご自分のお名前に「様」や「御中」などの敬称を使うのはマナー違反になりますので覚えておきましょう。 行の消し方 行の消し方については二つの方法があります。 返信用封筒の場合は二重の斜線を引いて消すのが一般的な方法です。 縦書きの封筒の場合には、縦にまっすぐ二重線を引くか、右上から左下に向けて斜めに二重線を引くかどちらかの方法を選びます。 また、「行」を消そうとして、修正液や修正テープを使ってはいけません。 修正液や修正テープを使うということは、相手のミスを指摘する行動になり、マナー違反にとなります。 「行」の文字を消すときは定規で線を引く必要はありませんが、あまり線が曲がってしまわないよう注意しましょう。 横書きの場合 横書きの封筒の場合は、横に二重線を引きます。 ただし、横書きの封筒の場合は、二重線を引いても消しているのかどうかが分からない場合があります。 この場合は、斜めに線を引いて、消したことがしっかりとわかるようにしましょう。 その後で「様」や「御中」と書き直す場合は、右側かその下に書き直して下さい。 封筒の入れ方 返信用封筒を入れるときはどうしたらよいかわからないという方も多いでしょう。 返信用封筒を入れるには、小さい封筒を選び、折らずに入れるか、二つ折り、または三つ折りにして封筒の中にいれます。 封筒の入れ方についても厳密な決まりはありませんので、どの方法を選んでもかまいません。 とはいえ、形が崩れていたり折れ曲がった状態で封筒に入れないよう注意して下さい。 返信用封筒は、受け取った方が不快感を覚えないようきれいに折り畳み、封筒の中に入れてましょう。 返信用封筒が入らなかった時は 返信用封筒を三つ折りにしてもなかなか封筒に入らないという場合には、さらに上下を折り畳み、形を整えてから封筒の中に入れましょう。 しかし、返信用封筒はきれいな状態で入れる必要がありますので、あまりにもシワシワにならないよう注意する必要があります。 折り方についての決まりはありませんが、相手を気遣い、手間を省くために同封される返信用封筒ですので、相手の方が取り出しやすい方法で折り畳むようにましょう。 返信用封筒を速達にする場合の書き方 急いでお返事を受け取りたい場合は、返信用封筒を速達にして郵送する場合があります。 返信用封筒を速達にして郵送する場合は、封筒の一番上に「速達」と赤いインクのサインペンなどを使い、書き加えておくと良いでしょう。 縦書きの封筒を用いる場合の書き方も横向きの封筒を用いる場合の書き方も、右側に「速達」と書き加えます。 速達は通常の料金とは異なりますので、料金が不足しないよう注意しておきましょう。 簡易書留の場合の書き方 返信用封筒を「簡易書留」で受け取りたいという場合もあります。 この場合は、封筒の左側に赤い文字で「簡易書留」と書いておけば大丈夫です。 「簡易書留」と書く位置は左側の中央か、それよりも少し下に書き入れます。 返信用封筒を使いこなしてマナーをアピール.

次の

「返信用封筒」のマナーとは?宛名の書き方から行・宛の直し方も

封筒 返信 書き方

そもそも、返信用封筒というのは、誰かに書類等を送った後、さらに送り返してもらうために同封するものです。 例)AさんとBさんが契約を結びたい場合 Aさんが契約書を作って、署名、捺印をしました。 この書類にBさんが署名、捺印することで、契約が完了します。 実際に会って手続きができればいいのですが、距離が遠い、タイミングが合わないなどの問題で難しいときは、契約書を郵送でBさんに送ることになります。 このとき、AさんはBさんが署名、捺印した契約書を送り返すための「返信用封筒」を同封するのが一般的です。 返信用封筒を同封することで、Bさんが書類を送り返すために必要な手間を省くことができるからです。 クレジットカードなどの申し込みをしたとき、手書きで記入しなければいけない契約書類一式が送られてくることがあります。 このようなときは、返送用の封筒が同封されていることが多いでしょう。 これが「返信用封筒」なのです。 相手から送られてきた返信用封筒を使って書類を送り返す場合の封筒の書き方についてご説明します。 【宛て名面】 相手の住所や氏名についてはすでに書いてあるはずですから、自分で書く必要はありません。 住所が合っているかどうか確かめる必要も普通はないでしょう。 ただし、通常は宛て名の後に「様」や「御中」がついていないか、「行」などと書いてあるので、敬称を書き足す必要があります。 その上で、隣に「様」を書き足します。 裏には、普通に郵便を送るときと同じように、自分の郵便番号、住所と氏名を書きましょう。 返信用封筒の中には、あらかじめ自分の住所と氏名を書く欄が作られていることもあるので、その場合は指示に従って枠内に書くようにしてください。 そうでない場合は、縦書きなら封筒の左側(もしくは中央の右側に住所と郵便番号、左側に氏名)、横置き横書きなら下部3分の1あたりに郵便番号、住所、氏名を書きます。 書類などを送るとき、返信用封筒を同封することを求められることがあります。 この場合は、封筒を作らなければいけません。 作り方を3ステップで解説します。 封筒の大きさを決める 返信用封筒は、A4サイズを3つ折りにして入れることができる長形3号というサイズの封筒を使用する場合が多くなっています。 一般的な書類の返送用であれば、これで問題ないでしょう。 ただし、製本テープで製本されている契約書など、折りにくい書類を返送してもらう場合や、折らずに返送してほしい場合は、送り返してほしい書類が入るサイズの封筒を用意する必要があります。 先方から返信用封筒のサイズ指定がない場合は、書類の内容や希望に応じて選択しましょう。 宛て名を書く 宛て名は、自分が郵便を送る場合と同じように書けば大丈夫です。 ただし、自分の氏名の後に「様」はつけず、「行」と書いてください。 切手を貼る 返送してもらう書類を送るのに必要な額の切手を返信用封筒に貼ります。 「切手を貼るように」と書いていなくても、貼るようにしてください。 返信用封筒を同封するときは、自分が送る分の送料と、返信用の送料の両方が必要です。 切手の料金については、次の段落でご説明します。 返信用封筒の切手代は、返送してもらう予定の書類と返信用封筒の合計の重量と、返信用封筒のサイズで決まります。 長3サイズで25g以内なら84円、50g以内なら94円です。 一般的なA4サイズが入る封筒の場合は、下記の通りです。 50gまで……120円 100gまで……140円 150gまで……210円 250gまで……250円 500gまで……390円 なお、自分が返信用封筒を作る場合だけでなく、相手から送られてきた返信用封筒を使うときも、切手代は自分持ちのことがあるので注意してください。 返信用封筒の表面左上に、「切手を貼ってください」と書かれていたり、何も印字されておらず空欄になっていたりする場合は、切手を貼る必要があります。 また、郵便局ではキャッシュレス決済で切手や封筒を購入することができます。 ではポイントを貯めることができ、様々な場面で利用できます。 詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の