対応 早い お礼。 「早急なご対応」の意味と使い方・類語と例文4つ・敬語表現

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

対応 早い お礼

メールでのお礼は、対面よりも難しい ビジネスの現場において、相手に感謝を伝える場面は多くあります。 対面であれば、直接お礼の気持ちを伝えられるので、きちんとした態度で臨めばなんとかなりますが、感謝の気持ちをメールで表現しなければならない場合、どのような文面が理想なのでしょうか。 いざ、お礼メールを書こうとして、急に手が止まってしまう人も決して少なくありません。 今回は、お礼メールを書くときのポイントと、さまざまなシーンで使えるメール文例をご紹介します。 これを参考にしながら、できるビジネスパーソンを目指しましょう。 お礼メールを送る際のポイント 訪問のお礼、会食のお礼、契約のお礼...。 ビジネスではさまざまなお礼のシーンがありますが、基本となる要素は共通です。 まずは、お礼メールを送る際、最低限気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。 お礼メールを送るタイミング お礼メールはなるべく早く送るようにしましょう。 午前中の出来事に関するものであれば、その日の夕方までに、午後や夜の出来事であれば、翌日の午前中までに送るのがベストです。 表現にこだわり、じっくり時間をかけて、丁寧にメールを作成したい気持ちもわかりますが、お礼メールは鮮度が命です。 相手側にその出来事の余韻が残っているうちに送らなければ、お礼の効果は半減してしまいます。 例えば、訪問に関するお礼を送る際、場合によっては、同じ日に別の会社のAさんという担当も訪問に来ていたかもしれません。 Aさんが自分よりも早くお礼メールを送っていた場合、受け取る側からは「お礼メールがAさんよりも遅かった人」という認識を持たれてしまうかもしれません。 ちょっとしたお礼であればあるほど、なるべく早く送ることが大切です。 件名はわかりやすく簡潔に 件名は、ビジネスメールの中で気を付けなければいけないことのひとつです。 誰からの、何に関するメールなのかが、一目でわかるような件名を心掛けてください。 こうすることで、相手は何の用事か、誰からのメールかといった情報をひと目で判断できるため、メールの見落としなどを防ぐ効果があります。 よく見かける件名に、「先日はありがとうございました」というものがありますが、これはNGな例の最たるものです。 先日ではいつの話か具体的にわかりませんし、何の出来事か、また誰からのメールなのかもわかりません。 あなたがお礼メールを送る人は、ほかの人からもお礼メールをよく送られる人かもしれません。 そのことをしっかりと理解し、わかりやすい件名を心掛けましょう。 定型文にならないように お礼メールを送るスピードは、速ければ速いほどいいということをお伝えしましたが、だからといって、スピードを優先するあまり、どこでも誰にでも使えるような定型文を送るのはできるだけ避けたいところです。 文中には、その日の出来事に関する感想や思い出に残ったエピソードなどを盛り込み、「あなたのために書いたメールである」ということを強調するようにしてください。 そうすることで、相手もあなたとの思い出がよみがえり、いい印象を持ってもらいやすくなるでしょう。 また、ほかの人が定型文で送ってくる中、自分だけが具体的なエピソードの部分にふれていれば、それだけで相手の気持ちの中に差が生まれるはずです。 多少手間に感じることもあるかもしれませんが、書くことによるデメリットはないので、実践してみましょう。 この小さな差が、後々の大きな差へとつながっていくのです。 「取り急ぎ」は使わない 「取り急ぎ、お礼まで」というフレーズは、ビジネスメールでもよく見かけます。 しかし、取り急ぎというのは文字どおり、「とりあえず急いで」という意味ですので、場合によっては失礼だと感じる人もゼロではありません。 みんなが使っているから大丈夫ということではなく、その言葉の意味するところまで丁寧に理解した上で、使う言葉を選択するようにしましょう。 メールでお礼の気持ちを伝える ここからは、実際にお礼メールで使える文例を、シーンごとにご紹介していきます。 文例を自分なりにカスタマイズして、効果的かつスピーディーな文章作成に役立ててください。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 もし、追加のご要望やご質問などがございましたら、 私までご連絡いただけましたらすぐに対応いたしますので、遠慮なくご連絡くださいませ。 それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。 訪問のお礼メールを送る際は、感謝の意を伝えることはもちろんですが、当日出てきた課題や、要望に対する自分の動き方、今後の展開に関して言及し、次の訪問につなげやすい文章を作ることが大切です。 一度のやりとりで終わらせず、次につなげることを見越した文章作成を目指してください。 昨日は、心のこもったおもてなし、誠にありがとうございました。 普段はお伺いできないようなプライベートなお話は特に興味深く、 ご家族想いの姿勢は、私もたくさん学ばせてもらわなければならないと実感いたしました。 仕事の面ではこれからも、 より一層気持ちを新たに貴社のお役に立てるよう努めてまいります。 今後とも、変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。 会食のお礼メールの場合、向こうが選んでくれたお店であれば、その食事や店構えなどに関するコメントを添えると、相手も喜んでくれるはずです。 また、当日何気なく話した内容なども盛り込めれば、ますます相手の気持ちは良くなるでしょう。 人間というのは、自分に興味を持ってくれている人に興味を持つものです。 まずは自分が相手のことを好きになることで、相手からも好かれることを目指しましょう。 この度は弊社の企画にご採用いただき、誠にありがとうございます。 貴社事業に少しでも貢献できるよう、弊社一丸となって取り組ませていただきます。 追って、これからのスケジュールに関してご連絡させていただきますので、 少々お待ちいただけますと幸いです。 至らぬ点もあるかとは存じますが、全力で取り組んでまいりますので、 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 契約してもらった際は、それに対するお礼を言うのはもちろんですが、きちんと結果を出すよう努力することを示し、頼れる人材をアピールすることも大切です。 また、契約をした後の流れなどについて不安を持っている人もいますので、今度のスケジュールに関してもふれておくとより親切です。 先方の質問に対する対応、提案の流れの作り方など、とても勉強になりました。 また、営業後にご指摘いただいた点につきまして、 改めて見直しつつ、今後の商談で活かしてまいります。 これからもまだまだご迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、 ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 上司に対するお礼メールも、お客様宛にメールをする場合と同様に、どういった部分が印象に残っているのか、そしてそれを基に、今後どういった取組みをしていくのかまで記載できれば、上司もあなたのやる気を感じることができ、より信頼を寄せてくれるようになるはずです。 ただし、このメールはあくまでも上司が不在のときや、フロアが違うため、普段会えない上司などに対して使うようにしてください。 同じフロアにいる場合は直接お礼に行ったほうが丁寧ですし、それをせずにメールだけ送るのは、逆に失礼にあたりますので注意しましょう。 お礼メールを活用して、さらなる成果につなげる できるビジネスパーソンほど、メールを上手に活用し、自分の手間を最小限に抑えつつ、大きな成果を上げるものです。 そのひとつの例が、お礼メールといっても過言ではないでしょう。 お礼を言われて迷惑に思う人はいませんから、いかに効果的にお礼を伝えるかで、相手から得られる信頼も大きく変化するはずです。 メールを送る際には、「わかりやすい件名」「定型文ではないオリジナル文章」を心掛け、なるべく早くメールを送るようにしましょう。 明日より今日、午後より午前、そうしたちょっとした時間の差でも、相手の印象は大きく変わります。 今回ご紹介した文例では、比較的丁寧な表現を使っていますが、相手との関係性によっては、もう少しくだけた文体にすることで、気持ちがより伝えられる場合もあるでしょう。 場面や相手に合わせて自由にカスタマイズしていきながら、あなたの感謝の気持ちをきちんと伝えられるように工夫してみてください。

次の

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

対応 早い お礼

>上記の文は正しいでしょうか? 間違いではありません。 「迅速」は、非常に速いということです。 これに「とても」のような言葉をつけて、迅速よりさらに速いということを表現することは可能です。 下の有名作家の随筆にも「きわめて迅速に」という表現があります。 ですから間違いではありません。 しかし、「とても」という小学生でも使う平易な言葉と、「迅速」という難しい言葉は合いにくいですね。 迅速を使うのであれば、次のような文がよろしいかと。 「極めて迅速なご対応、誠にありがとうございます。 」 寺田寅彦 「芝刈り」 ・・・無数の葉の一つ一つがきわめて迅速に相次いで切断されるために生ずる特殊な音はいろいろの事を思い出させた。 ・・・ A. 2 です。 滑稽な文、ダサイ文というのは、浅薄な知識をひけらかしたくて、関係のないことをあれこれ書いて無用の長文にしてしまうことですね。 ほんとうに滑稽です。 ま、服装で言うと、歩くとお互いに触れ合って、ジャラジャラと音がするほど、ありったけの装飾品を身につけるようなもんです。 また、上はモーニングコートで、下はジーンズに下駄というような服装も滑稽ですね。 「とても迅速」の「とても」は小学生でも使う平易な和語です。 服装で言えば普段着です。 一方「迅速」は、普段の会話ではあまり出てこないやや難しい言葉です。 服装で言えばよそゆきです。 質問の語句がビジネスの礼状に使われるのでであるとしたら、ちょっと気をつける必要があるでしょう。 下のURLはビジネスレターの例ですが、このような形式ばったものでなくても、ビジネスの場合は、一定の節度や分別が要求されます。 くだけ過ぎにならないように注意しましょう。 迅速の 迅 は飛ぶという意味とジンという声符のつくりに道とか進むとかいう意味をあらわす? で出来た字です。 意味は「はやい」動きが速く激しい。 速はやはり「はやい」という意味。 これは漢語によくある「同じか近い意味の字を重ねて意味をはっきりさせる」語です。 漢字は同じ読みの音がたくさんあるために意味を間違いにくいようにできたやりかたです。 というわけで「とても迅速」は別に不都合や慣例を外れた場合の違和感はないと私は考えます。 今回の場合は違うと思いますが、「馬から落ちて落馬」式の重複はダサい場合もありますけど、あったとしても害が無い場合がほとんどとも思います。 現にこの漢語の同じ意味の字を2ヶ重ねるの自体が「馬から落ちて落馬」式の重複、とまでは行かなくても同義並列なのです。 「重複」もそうですね。 要するに重複によるダサさ、非エレガントさよりも確実、誤解・紛れの排除の方向にたいして言葉は寛容だと思って良いのではないでしょうか。 そのあたり数学とは違います。 ではどういう重複がダサいのかというと、… 、よくわからないので考えておきます。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... Q 細かいことなのですが、最近TVのCMで 「ご利用は計画的に」 というフレーズを耳にします。 これが 「ご利用はご計画的に」 となると、「ご利用」と「ご計画」と二重の敬語になり おかしいから後の「ご計画」は「ご」を無くしても 問題はないと思うのですが、それでは 「ご連絡をお待ちしております」 と言う場合「ご連絡」と「お待ち」というふたつの 丁寧語が重なりますが正しい敬語としては差し支え 無いのでしょうか? 個人的な意見ですが、異なる敬語の音「ご」と「お」 なので音だけとってみると耳に触ることもなくて 良いと思うのですが、正しい言葉を使いたいと思います のでご意見をお聞かせください。 A ベストアンサー 簡単です。 ご利用、ご連絡、ご到着、ご出発..... これらは顧客など上に位置する者の行動に対して謙譲した言い方。 一方、計画的、積極的...... これらは単なる形容詞。 したがって「お」や「ご」をつける必要はありません。 「ご注文はお早めに.... 」、こうした言い方も実によく耳にしますが、これはもともと「ご注文をなさいます際はなるべく早めにお願い致します」を縮めたものですから、本来は「ご連絡は早めに..... 」で十分だったはずの言い方。 それがいつしか「お早め」といった言い方として慣用されたもの。 これ、「ご連絡は お早めにお願い致します」と口にしてみるとどこかおかしいはずです。 よく似た例では「生ものですから早めにお召し上がり下さい」という言い方もよく聞きますが、こちらはちゃんと「早め」のほうが多いものです。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

相手への感謝が伝わるお礼メールの書き方【メール文例付き】

対応 早い お礼

恋愛と同じで、ビジネスでも気の利くメールはモテるのです 恋愛するとき。 モテるのは、ほしい時にほしいメールをくれる人だと思います。 たとえば「私のメールはちゃんと届いたかな」「読んでくれたかな」「内容に失礼はないかしら」。 メールを送ってドキドキしているとき、タイミングよく「メール読んだよ、ありがとう」の返信が届いたなら……。 想像するだけで とってもうれしくなりませんか。 そうです。 ビジネスだって気が利く人はモテるのです。 あなたもメールでビジネスモテ度をアップさせましょう。 メールを受け取ったら24時間以内に返信するのが、一般的なマナーです。 このとき、スタンダードなお礼メールであれば、 『メールありがとうございます』 ですよね。 では、よくある残念なメールを紹介します。 メールをありがとうございます!!! 取り急ぎお礼まで~! ん~、確かにメールのお礼は伝えているのですが、ダメ出しポイントがいくつかありますね。 そこで提案! 次のように少しアレンジしてみましょう。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてメールの文面をアレンジ まずは相手のメールの送信時間をチェックしてください。 時刻が夜なら残業中、朝早ければ「急いで対応してくれている」とわかるからです。 また、自分からの連絡をすぐに返してくれたときに適したフレーズもあるので、見ていきましょう。 〇遅い時間のメールをありがたく拝読しました。 〇お忙しいなか、ご丁寧なメールをくださり恐れ入ります。 〇朝早く出勤なさるのですね。 真っ先にメールをいただくなんて、ありがたいです。 〇熱心なお仕事ぶりに敬服しながら、メールを読みました。 〇いつもながらの素早いご対応に感謝します。 〇すぐにお返事をいただき、大変助かります。 このように書けば、ただの「ありがとう」が、あなただけのメッセージに生まれ変わります。 相手のメールに合わせた「ミラー返信」でのお礼は好かれる 企業や人によってメールの書き方は多少異なります。 また、好みも違います。 ですから、いつでも自己流でなく、相手に合わせるのも一案です。 特に返信するときは、相手のメールに鏡のように合わせてみてください。 私はこれを「ミラー返信」と呼んでいます。 文章量であれば、相手が長ければ自分も長く、短ければ短く返します。 文面が堅い・やわらかいといった違いもあるでしょう。 表現が堅い人にお礼を伝えるならば「お礼申しあげます」「感謝いたします」などと漢字を交えて書きます。 やわらかい人には「ありがとうございます」「助かります」など、ひらがなを中心にします。 このように相手に合わせると、読み手は自分の書き慣れたメールを読むかのごとく、スラスラと目を通すことができます。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてお礼メールの文面をアレンジ また、お礼を言い合っているとメールのやりとりが終わらないことがあります。 「メールのやりとりは、どこで終わらせたらいいの?」と悩んだら、「目下が最後に送る」「目上がもらって終わり」を心がけてみてください。 社内であれば、部下が上司や先輩に送って終わり。 社外なら、仕事を受ける側が送って終わりにします。 このとき、最後に次の一文を添えるとより効果的です。 〇お礼ですので、返信はお気になさらずに。 〇どうか返信はお気になさいませんように。 これで相手がまた返信する手間が省けます。 さりげなくお礼を伝えて、スマートにメールを終わらせる。 そんな思いやりがあれば、あなたのビジネスでの評価と信頼がますますアップすることでしょう。 【関連記事】•

次の