レクサス nx f sport。 LEXUS ‐ F SPORT PARTS (TRD)|ディーラーオプション|NX

レクサス 新型 NX300hとNX300 どちらを選ぶか? おすすめは?

レクサス nx f sport

レクサスNXの評価評判を辛口チェック 出典: クロスオーバーSUVの先駆者だったレクサスから、発売されたコンパクトSUV レクサスNXは、街中を軽快に駆け抜ける快適な走行性能とSUVらしいたくましさを併せ持つ車として開発されました。 優れた走行性能の秘密は、レーザースクリューウェルディング溶接やガラス高剛性接着といった、新技術が投入された剛性の高いボディで、快適な乗り心地と抜群の静粛性を実現。 SUVとは思えない低重心設計により、素直で軽快なハンドリングや走行安定性の高さなど、ドライビングが楽しくなる優れた操縦性が魅力で、レクサスブランドにふさわしいプレミアムSUVです。 ハイブリッドとターボをラインナップ レクサスNXのエンジンは、すでに定評のある 2. 5L直4ハイブリッドと、 2. 0L直4直噴ダウンサイジングターボの、2種類をラインナップ。 ハイブリッドのNX300hは、低速からなめらかでスムーズな走りと、カタログ値21. マイナーチェンジで、車名がNX200tからNX300に変更されたターボは、238ps/350N. mのハイパワーでハイブリッド以上の力強い走りを実現しており、それなのに価格は64万円も安いため、お買い得となっています。 扱いやすいボディサイズがNXのポイント レクサスNXは、日本市場を強く意識していることもあり、ミドルクラスのコンパクトSUVとしては、とても扱いやすいボディサイズが魅力です。 NXのサイズは、全長4,640mmx全幅1,845mmx全高1,645mmで、狭い日本の道路で使うのには、ちょうどよい大きさ。 特に1,845mmの全幅は、パレットの幅がおよそ1,850mmのタワーパーキングに入庫することが可能で、都会でマンションなどに住む人にとって大きなメリットとなります。 NXのライバルとなる欧州車のミドルクラスSUVが、走行性能を重視した固めのサスペンションを採用しているのに比べ、NXでは、通常走行での快適性を追求したセッティングとなっています。 これは、ヨーロッパに比べて平均速度が低い日本の道路事情を考慮したためで、レクサスNXは、日本で使うのに適したプレミアムSUVです。 問題は 好みの別れるデザインと価格が高いこと レクサスNXのボディデザインは、欧州のライバルとは雰囲気が異なる、大胆でアグレッシブな造形が印象的で、 NXならではの強烈な個性を放っています。 これまで見たことのないそのスタイリングは、文句なしにカッコいいと絶賛する声も多いですが、あまりに個性が強すぎて好みが別れるとの意見も。 平均で500万円前後という車両本体価格は、やはり高いと言わざるおえず、全車値引きゼロを標榜しているレクサスの車とあって、他社のような 値引きが一切期待できないのは残念なところでしょう。 それでは、レクサスNXの特徴をチェックしていきましょう。 気になるレクサスNXの価格は? レクサスNXの車両本体価格をグレード別に紹介します。 レクサスNX モデル エンジン グレード 駆動方式 車両本体価格 NX300 2. 0L直4 直噴DOHC ターボ ベースモデル FF 4,411,000 4WD 4,671,000 Iパッケージ FF 4,591,000 4WD 4,851,000 F SPORT FF 5,071,000 4WD 5,331,000 バージョンL FF 5,071,000 4WD 5,331,000 NX300h 2. 5L直4 DOHC ハイブリッド ベースモデル FF 5,051,000 4WD 5,311,000 Iパッケージ FF 5,231,000 4WD 5,491,000 F SPORT FF 5,711,000 4WD 5,971,000 バージョンL FF 5,711,000 4WD 5,971,000 レクサスNXの車両本体価格は、直噴ターボのNX300では、ベースグレードが441万1,000円、上級グレードのIパッケージが459万1,000円。 スポーツ仕様のF SPORTと最上級グレード バージョンLが507万1,000円で、この他に、電子制御のダイナミックコントロールAWDを搭載した4WD車がラインナップされ、価格は全グレードで26万円プラスになります。 ハイブリッドのNX300hでは、ベースグレードが505万1,000円、Iパッケージが523万1,000円、F SPORTとバージョンLが571万1,000円です。 NXのハイブリッドシステムは、FF方式でクラッチやトルクコンバーター、トランスミッションが搭載されないレクサス ハイブリッドドライブ。 NX300hの4WD車は、リアにモーターを搭載した電気式四輪駆動のE-Fourとなり、価格は、直噴ターボ車と同じ全グレードで26万円プラスとなります。 グレード別の装備の違い レクサスNXのグレード構成は、ターボ、ハイブリッドともに4種類のラインナップがあります。 F SPORTは、メッシュのスピンドルグリルやブラック ドアミラーなど専用のエクステリア、アクティブパフォーマンスダンパーと電子制御NAVI AI AVSを装備した専用サスペンション、F SPORT専用18インチアルミホイール。 5種類のドライブモードセレクトスイッチや、ディンプル加工が施された本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、F SPORT専用本革製スポーツシート、ハンズフリー電動リアハッチゲートなどが標準装備です。 運転席に電動ランバーサポートが装備された本革製パワーシートと、電動リクライニング&格納機能付きのリアシート、運転席オートスライド アウェイのパワーイージーアクセス、ハンズフリー電動リアハッチゲートなどが標準装備されます。 レクサスNXのライバルは?例えばアウディQ5 都会的なおしゃれSUVという個性がレクサスNXと似ているアウディQ5 レクサスNXのライバルは、その車格や駆動方式を考えると、ドイツ アウディのミドルクラスSUV、アウディQ5になります。 都会的なSUVというイメージが、この両車のキャラクターにかぶります。 レクサスNX(全長4,640x全幅1,845x全高1,645・価格441万1,000円~597万1,000円)に対してアウディQ5(662万円~ 4,680x1,900x1,665 価格662万円~)とサイズ感はほぼ同じです。 アウディQ5は、同社のCセグメントサルーン A4がベースのクロスオーバーSUVで、アウディが誇るフルタイムAWDのクワトロシステムが搭載された、全グレードが4WDのコンパクトプレミアムSUVです。 Q5は、2017年にフルモデルチェンジされ、旧モデルと比べて、インテリアのデザインと質感が格段に良くなっています。 エンジンは、NXと同じ2. 0L直列4気筒 直噴ターボのTFSIで、スペックは252ps/370Nmと、レクサスNXの238ps/350Nmよりも上回っています。 両車を比較すると アウディQ5とレクサスNXのいずれも、高級感のあるインテリアですが、クオリティの高さがセールスポイントのレクサスだけに、上質感ではNXがリード。 走りでは、エンジンスペックが上の Q5がよりパワフルで、NXよりもボディサイズやホイールベースが大きいQ5は、その分室内も広くなっています。 両車を乗り比べた感じでは、Q5は、走行性能を重視した、峠のワインディングロードなどで積極的に走りを楽しめる車。 NXは、高速道路や街乗りといった、通常走行での快適性を重視した車となっています。 アウディQ5の価格 アウディQ5の価格は、スタンダードのQ5クワトロが662万円、専用のスポーツサスペンションとエクステリアが装備された、Q5クワトロ スポーツが683万円です。 スペックが高い分価格では、アウディQ5がレクサスNXを大きく上回っています。 ただし、アウディは値引きがそれなりに出るので、全く値引きしないレクサスNXに近づいてきます。 新型レクサスNXのパワーユニットは2種類 新型レクサスNXに搭載されるパワーユニットは、2. 0L直列4気筒 直噴DOHCターボと、2. 5L直列4気筒DOHCハイブリッドの2種類があります。 スペックは以下のとおりです。 0L直列4気筒 直噴DOHCツインスクロールターボ 2. 0 12. 5kgm システム最高出力 197ps リアモーター 最高出力 68ps(E-Four) リアモーター 最大トルク 14. 2kgm(E-Four) 燃費 13. 0L直列4気筒 直噴DOHCターボ NX300に搭載されるパワーユニットは、2. 0L直列4気筒 直噴DOHCダウンサイジングターボ8AR-FTS型で、最新鋭の可変バルブタイミング機構VVT-iWを搭載し、高出力と低燃費を両立させた新世代のエンジンです。 ターボシステムは、エキゾーストタービンハウジングへの排出ガス流入路を二つに分けた、最新のツインスクロール(ツインエントリー)ターボで、低速から高速までスムーズでパワフルな走りを実現。 このエンジンには、直噴とポート噴射式という両方の燃料供給システムを搭載した、ターボエンジン専用のD-4STシステムを搭載しています。 このD-4STにより、直噴のデメリットである、エンジン内でのスス(カーボン)の発生によるトラブルを防ぎ、直噴ならではのハイパワーと低燃費を実現。 さらに、吸気側・排気側ともにバルブタイミングを幅広い回転域で可変させる、デュアルVVT-i(吸気側はVVT-iW)により、低回転から高回転までレスポンスに優れた軽快な走りを楽しめます。 0L直列4気筒 直噴DOHCターボ スペック 最高出力175KW(238ps)4800~5600rpm 最大トルク350N・m(35. 5L直列4気筒DOHCハイブリッド NX300hのパワーユニットは、ハイブリッド専用に開発されたアトキンソンサイクルの2. 5L 直列4気筒DOHCに、高出力モーターを組み合わせた、レクサスハイブリッドシステムです。 このパワーユニットでは、スポーティーなコンパクトSUVのNXにふさわしく、あえて発進時のモーター出力を抑えた、独自のチューニングが施されています。 これにより、エンジンの出力上昇とともにモーターのパワーが立ち上がる力強い加速感を実現し、従来のハイブリッドとは異なる、とても気持ちのいい走りを体感できます。 さらに、瞬間的な加速力が欲しい時には、アクセルペダルを踏み込むことで、即座にパワフルな加速が実現できる、キックダウンスイッチを採用。 ハイブリッドシステムの持つパワーを意のままに操る、ドライビングの楽しさを提供しています。 ちなみに、同じトヨタのカムリハイブリッド(システム出力211PS)とは2. 5Lというエンジン排気量は同じですが、全く異なるパワートレーンです。 レクサスのハイブリッドシステム アトキンソンサイクルの、可変バルブタイミング機構 VVT-iによって吸気バルブの遅閉じを行うことで、実質的な圧縮比を低く抑えてノッキングなどのトラブルを防ぎ、その分膨張比を高めて熱効率の向上と安定した燃焼を実現する方式です。 NX300hのハイブリッドシステムは、遊星歯車を応用した動力分割機構により、走行と発電とを同時に行う、レクサス ハイブリッドドライブです。 エンジン・モーター・ジェネレーターという三つの動力源を、遊星歯車という単純な部品で構成される、動力分割機構一つですべて制御する、非常にシンプルなハイブリッドシステム。 レクサス ハイブリッドドライブは、クラッチやトランスミッションを搭載する必要がなく、パワーユニットを小型軽量化でき、発進から高速域まで素晴らしくスムーズなのが魅力です。 新型レクサスNXの走り 出典: レクサスNXの走りについて、直噴ターボとハイブリッドともに、エンジンのスムーズさや力強さはもちろんのこと、特筆すべきは、走行安定性と乗り心地のバランスに優れていることです。 これは、最新のレーザースクリューウェルディングという製造技術により、圧倒的に剛性を増したボディが効果を表しています。 レクサスNXは、高剛性ボディによって、コーナーリング中の優れた走行安定性や、フラットで快適な乗り心地を実現。 2017年のマイナーチェンジで、遮音材の配置を最適化したことで、車内の静粛性が大きく向上し、プレミアムSUVにふさわしい快適性を獲得しています。 レーザースクリューウェルディングとは レーザースクリューウェルディングは、従来のスポット溶接に比べ、溶接打点をより短く、細かなピッチにすることが可能な工法です。 特にドア開口部といったたわみが発生しやすい部分に、溶接打点を集中して接合することで、車体の構造をより強固にすることができます。 サスペンションによって大きく走りが変わる レクサスNX F SPORTには、走行中に車体の揺れを抑えるパフォーマンスダンパーと、ナビと連動しながら走行状況に合わせてサスペンションの固さを最適に制御する、NAVI-AI-AVSの二つが標準装備されています。 パフォーマンスダンパーは、車体の揺れを効果的に抑えて、走行中の車体の揺れや不快な振動を抑制し、優れた走行安定性と快適な乗り心地を実現。 NAVI-AI-AVSは、電子制御によって、走行中のサスペンションの減衰力を最適に制御し、走行安定性と乗り心地をさらに高次元でバランスさせています。 バージョンLでは、NAVI-AI-AVSがメーカーオプションにて装備できますが、パフォーマンスダンパーの設定はなく、スタンダードとIパッケージにはどちらも設定がありません。 走りはF SPORT 快適性ならバージョンL より積極的に走りを楽しみたい人はF SPORTSを、快適性を求める人はバージョンL、もしくはスタンダードとIパッケージがおすすめです。 全国のレクサスディーラーには、F SPORTとバージョンLなど複数の試乗車が用意されていますので、どちらが自分の好みに合うのか、両方に試乗をして確かめてみましょう。 その内容は、ミリ波レーダーと単眼カメラを使用した、自動ブレーキシステムのプリクラッシュセーフティー(歩行者検知機能付き衝突安全回避支援タイプ)、ステアリング制御機能付きレーンディパーチャーアラート(LDA)、レーダークルーズコントロールなどです。 アダプティブハイビームシステムは、F SPORTSに、メーカーオプションで装備することが可能です。 斬新で強烈な個性を放つ NXのエクステリア 斬新で強烈な個性を放つ NXのエクステリア 出典: レクサスNXは、プレミアムSUVとしてふさわしい、個性的でスタイリッシュなエクステリアデザインを持っています。 NXは、ボディスタイリングだけで一目ぼれをして、購入したオーナーも多いとか。 一目でそれとわかるレクサスのアイデンティティ、スピンドルグリルが印象的なフロント部は、存在感抜群です。 ひし形をモチーフにした、ボディ全体のフォルムは、非常にエッジの効いた彫刻のような美しさ。 直線とカーブを巧みに織り交ぜた、ボリュームのあるフェンダーラインが四つのタイヤの存在を強調し、端正でありながら武骨な一面が、SUVらしい魅力を高めています。 完璧なクオリティを誇る新型レクサスNXのインテリア 完璧なクオリティを誇る新型レクサスNXのインテリア 出典: NXのインテリアデザインは、エクステリアに負けないほどデザイン性が高く、レザーを始めとした素材の上質さは、レクサス特有の 完璧なクオリティーを誇ります。 ISやLSなどのセダンとは異なる造形を持つ、インパネは非常にボリューム感があり、個性的な形状のセンタークラスターには、メタル調のフレームで高級感を演出。 スイッチ類の配置は、使いにくいという意見も多いですが、ジェット機のコックピットみたいにマニアックな感じが、プレミアムなイメージを高めています。 ドライブモードセレクトスイッチを装備 レクサスNXには、パワートレーンおよびエアコンの作動状況を、スイッチ一つで任意に切り替えが可能な、ドライブモードセレクトスイッチが標準装備されています。 他にも 便利な豪華装備が その他に、10. 3インチのワイドディスプレイが搭載されたナビゲーションシステムは、指先でなぞるだけで操作が可能な、リモートタッチコントローラーをセンターコンソールに装備。 メーターパネル内の液晶ディスプレイに、車両情報が表示される、マルチインフォメーションディスプレイが、全車に標準装備されます。 視認性に優れた、カラーヘッドアップディスプレイは、メーカーオプションで、全グレードに装備が可能です。 新型レクサスNXのカラーラインナップ レクサスNXのボディーカラーは、全部で12色のバリエーションがあります。 そのうち、アンバークリスタルシャインは、ベースモデルとIパッケージ、バージョンLのみの設定でF SPORTでは選択できません。 ホワイトノヴァガラスフレークとラヴァオレンジクリスタルシャインは、F SPORT専用色。 ヒートブルーコントラストレイヤリングは、F SPORTのみの有償オプションで、こちらは特別塗装で16万2,000円という高価なオプションとなります。 カラー 全グレードに設定 ブラック ソニッククオーツマーキュリーグレーマイカプラチナムシルバーメタリックソニックチタニウム グラファイトブラックガラスフレークレッドマイカクリスタルシャイン ベースモデル IパッケージバージョンLのみ アンバークリスタルシャイン F SPORT専用 ホワイトノヴァガラスフレーク ラヴァオレンジクリスタルシャイン F SPORT専用 有償色 ヒートブルーコントラストレイヤリング 新型レクサスNXの燃費性能 レクサスNXの燃費性能は以下のようになります。 レクサスNX モデル エンジン 駆動 方式 カタログ燃費 (JC08モード) 実燃費 NX300 2. 0L直4 直噴DOHCターボ FF 13. 5L 直4 DOHC ハイブリッド FF 21. 走りの実力が高い、直噴ターボ搭載のNX300で、11. ハイブリッドのNX300hでは、カタログ値と実燃費の数値に差がありますが、NX300hは走行フィーリングを重視したセッティングのため、走行性能を考えればそれほど悪い数値ではありません。 新型レクサスNXの評価口コミを辛口チェック まとめ レクサスNXは、レクサスが満を持して投入したコンパクトプレミアムSUVで、上級車種の新型RXが発売されるまで、日本市場ではレクサスの主力車種として人気を博していました。 現在では、より大型で高級志向のレクサスRXの人気が高く、NXの人気はやや落ち着いてきましたが、それでもNXがとても魅力的な車であることは間違いないでしょう。 直噴ターボとハイブリッドのどちらも、スムーズでパワフルな走りや乗り心地の素晴らしさ、静かで快適な室内など、高級輸入車のアウディQ5にも全く負けていません。 NXは、後部座席の快適性が極めて高いのも魅力で、静粛性の高さや路面からの衝撃の少なさでは、ライバルのQ5を完全にしのいでいます。 スポーティーでラグジュアリーな、パーソナルカーとして、また家族で使うファミリーカーとしても優れたレクサスNXに、ぜひ注目してください。 レクサスNXの商談に行く前に… 人気の新型レクサスNXを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック.

次の

NX NX300h Fスポーツの中古車を探すなら【グーネット中古車】|レクサスの中古車情報

レクサス nx f sport

車種の特徴 2014年にレクサスからリリースされた「NX」は、「Premium Urban Sports Gear」というコンセプトのもとに開発されたSUVタイプのクルマであり、高い走行性能と力強さを併せ持っています。 この車両の初代モデルに関しては、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールとアイドリングストップ機構を連携させており、新型リモートタッチやワイヤレス充電ができる「おくだけ充電」などが搭載されました。 なお、車名は「N nimble(素早い、爽快な)X Crossover」に由来しています。 2016年には、特別仕様車として「Urban Style」がリリースされています。 このクルマの2018年8月発売モデルのグレードについては、「NX300」「NX300h」「NX300 Iパッケージ」「NX300h Fスポーツ」「NX300 バージョンL」などがラインナップされています。 グレードからNXの中古車を探す NX(レクサス)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 298〜 419. 8万円 - - - - - - - 229〜 554万円 541. 6万円 19. 4万円 608. 8万円 19. 9〜 530万円 608. 8万円 19. 9万円 19. 9〜 649万円 544. 4万円 12. 9〜 498万円 495. 5万円 12. 4万円 12. 8〜 450万円 454万円 12. 9〜 445万円 518万円 12. 5万円 468万円 12. 9〜 415万円 478万円 12.

次の

NX > レクサス認定中古車 LEXUS CPO

レクサス nx f sport

さらに翌2015年には、かねてより海外では販売されていたフルサイズSUVのLXが日本にも導入される運びとなり、エントリー、アッパー、プレステージの3タイプが揃った。 その直後にはRXがフルモデルチェンジして4代目となったところまではご存知のことだろう。 そして2017年秋、レクサス NXがマイナーチェンジを実施した。 最後の「h」を書き忘れたわけじゃない。 実はモデル名にも変更があり、これまで200tと呼んでいた2リッターのガソリン直噴ターボ車が、欧州勢の手法にならってNX300に改名されたのだ。 なお、ハイブリッド車はこれまでと変わらずNX300hのままである。 より個性を際立たせたフロント周りのデザイン レクサス NXのマイナーチェンジポイントとしては、内外装デザインのリフレッシュ、フットワークの熟成、安全運転支援の強化などが挙げられる。 「洗練された力強さ」とレクサスが表現するNXの特徴的なエクステリアデザインは、よりその個性を際立たせたことが見て取れる。 バンパーを鋭くし、低重心イメージを強調する造形とされたフロントは、スピンドルグリルに上級車種のLXやRXと共通性のあるレイヤー状のデザインを採用。 シャープでスポーティな意匠の超小型LEDランプユニットを採用した三眼式のLEDヘッドランプも目を引く。 これらによりNXは、さらに印象的な顔つきとなった。 流れるウィンカー採用、リアコンビランプ等の形状も変更されリア側のデザインも変化 NXの登場時から大いに注目を集めていたインテリアも、より質感の向上を図るとともに、使いやすく進化した。 カラーヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルで機能的にスイッチを配置としたセンタークラスターなどは、見た目もよく先進性も感じさせる。 また、10. 3インチに拡大したディスプレイや、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチにより、視認性や操作性も向上している。 新型NX300の走りについても、今回のマイナーチェンジを経てドライブした印象も少なからず変わっている。 RXも含めて少しおさらいすると、RXとNXは見た目の雰囲気が似ていてサイズの異なる兄弟のようなイメージもあるが、クルマの土台からして大きく異なる。 RXは基本的に従来型のカムリ等と同じKプラットフォームをキャリーオーバーしているのに対し、NXはハリアー等と共通の比較的新しいMCプラットフォームとなる。 また、ラグジュアリー志向のRXに対し、NXはスポーティな性格が強い。 現行型の登場時期はRXのほうがあとだが、ドライブフィールにおいてはNXのほうが、引き締まった乗り味や操舵に対する応答遅れの小ささなど、もともと現代的に仕上がっているように感じていた。 ただし、乗り心地がいささか硬すぎる気もした。 ところが今回のマイナーチェンジによる変更で、その印象が薄れてずいぶんしなやかになっている。 具体的には、「サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性を向上させたほか、アブソーバーを変更。 (中略)新型AVSを採用し、きめ細かい減衰力の制御により、優れた操縦安定性と乗り心地を実現…(リリースより要約)」という。 実際にドライブしてもフラット感があり、操舵に対する反応やコーナリングでの挙動もいたって素直。 よりクルマの状況が掴みやすくなり狙ったラインをトレースしやすく、意のままに操れる感覚が増したこことで、運転していて気持ちがよい。 高速巡行においても、従来はやや跳ねて進路が乱れがちな面もあったところ、新型は直進安定性が高まっている。 また今回、ドライブモードセレクトにパワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択可できるCustomモードが新たに設定されたのもニュースのひとつだ。 パワートレインに関する変更はアナウンスされていないのだが、試乗したガソリンのターボ車に関しては、心なしか全体的にスムーズさが増し、静粛性が向上しているように感じた。 ただし、レスポンスは悪くないものの、欧州製の2リッターターボ勢に比べると、やや性能面では控えめな感が残るのが正直なところ。 実走燃費ももう少し伸びて欲しい気もするのは否めず。 そのあたりは今後に期待したいところだ。 先進安全装備については、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱を抑制するため自動的にステアリングを制御する機能を持つ「レーンディパーチャーアラート(LDA1)」、全車速追従機能を備えた「レーダークルーズコントロール」、先行車や対向車を遮光しハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」の4つの機能を組み合わせた予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」が標準設定されたのも大歓迎だ。 日本で使うに適したサイズ感と十分な利便性に際立つデザイン、運転する楽しさと快適性、そして高い安全性という多くの要素を身に着けた、まさしくオールマイティな都会派SUVであるNXが、こうしてさらに魅力的に進化を遂げたことをお伝えしたい。

次の