三 陽 商会 倒産。 三陽商会は能力が無いのだから面子に拘らず倒産廃業しアパレル・ビジネスの市場から撤退しなさい!: コラコラコラム [元祖 宗家]

建設業の倒産情報

三 陽 商会 倒産

建設業倒産情報• 2020年6月25日 2020:06:25:09:10:48• 2020年6月22日 2020:06:22:11:40:52• 2020年6月17日 2020:06:17:17:18:57• 2020年6月15日 2020:06:15:12:00:30• 2020年6月15日 2020:06:15:08:53:38• 2020年6月13日 2020:06:13:09:01:49• 2020年6月11日 2020:06:11:16:54:10• 2020年6月11日 2020:06:11:16:11:06• 2020年6月11日 2020:06:11:09:27:50• 2020年6月10日 2020:06:10:09:41:28• 2020年6月 9日 2020:06:09:15:16:31• 2020年6月 3日 2020:06:03:12:18:31• 2020年6月 1日 2020:06:01:11:38:04• 2020年5月29日 2020:05:29:11:32:03• 2020年5月29日 2020:05:29:09:38:18• 2020年5月28日 2020:05:28:11:30:05• 2020年5月28日 2020:05:28:09:30:18• 2020年5月25日 2020:05:25:09:46:18• 2020年5月25日 2020:05:25:09:22:40• 2020年5月22日 2020:05:22:10:36:22• 2020年5月21日 2020:05:21:14:21:04• 2020年5月21日 2020:05:21:14:21:01• 2020年5月18日 2020:05:18:14:31:03• 2020年5月13日 2020:05:13:17:17:52• 2020年5月13日 2020:05:13:14:06:20• 2020年5月13日 2020:05:13:09:37:37• 2020年5月12日 2020:05:12:12:26:12• 2020年5月 1日 2020:05:01:16:11:40• 2020年5月 1日 2020:05:01:09:14:17• 2020年4月28日 2020:04:28:10:44:25• 2020年4月27日 2020:04:27:17:06:56• 2020年4月27日 2020:04:27:10:40:08• 2020年4月27日 2020:04:27:10:19:11• 2020年4月27日 2020:04:27:09:50:35• 2020年4月25日 2020:04:25:08:58:57• 2020年4月23日 2020:04:23:17:09:55• 2020年4月23日 2020:04:23:09:59:01• 2020年4月22日 2020:04:22:09:28:50• 2020年4月21日 2020:04:21:14:01:35• 2020年4月20日 2020:04:20:17:59:41• 2020年4月20日 2020:04:20:08:26:39• 2020年4月17日 2020:04:17:14:46:23• 2020年4月16日 2020:04:16:15:45:12• 2020年4月16日 2020:04:16:09:43:22• 2020年4月16日 2020:04:16:09:23:58• 2020年4月15日 2020:04:15:09:52:39• 2020年4月14日 2020:04:14:15:07:27• 2020年4月14日 2020:04:14:12:46:00• 2020年4月14日 2020:04:14:08:21:33• 2020年4月13日 2020:04:13:09:35:42.

次の

バーバリーを失った三陽商会、一斉大量閉店の危機的状況…アパレルなのに他社ブランド頼み

三 陽 商会 倒産

三陽商会が3度目の希望退職募集: アホだろ三陽商会。 同社では3度目となる大規模なリストラだ。 ライセンス契約していた英バーバリーの販売に頼り、百貨店市場の縮小とインターネット勢台頭という構造変化にのみこまれた。 中古品の取引サービスが伸びるなど消費のあり方も激変し、老舗アパレルの価値が問われている。 契約打ち切りを打診されて約10年、ほぼ5年を越える期間、何もしなかったとしか見えなかった。 いやいや、寧ろ「バーバリー」の拡大へ踏み切っていた。 この判断そのものがハッキリ言って自殺行為でアホだろ アッパーミドルの市場が、世界的に縮小し、これへの経営対処が最優先課題で、その「解」は各社毎に異なるのは当然だが。 それは英国 UK の「バーバリー」も同様で避けられない。 その点を見越し、「バーバリー」は世界市場で「リストラ」に取組み、厳しいスリム化とフィット化に取り組んでいる。 「三陽商会」は、その意味が分からなかったという事だろう! まぁ、三陽商会に関係された人の意見は多種多様でしょうが、東京証券取引所へ上場している企業なので、主要な商社が「どうこう」とか言うのは滑稽で、その経営機構も含め上場会社なのでしょ。 経営上のカネの融通や信用保障を供与する側は、限度を超えた損失を出さないために、担保権の行使を迫るのは当たり前じゃないですか。 それに異議を述べ責任転嫁したいなら、その前に経営上からも保全措置を講じる事だよ。 それもせずにダラダラ事業赤字を無自覚で無責任なまま垂れ流し続けただけじゃないか? それそのものが三陽商会の救いようのない思考体質だし行動体質だろうが。 これを保持しない者の市場存在はあり得ず無理だ。 何年もかけて、甘い見通しで、決意も無く 他者へ責任転嫁し 、何度もリストラを繰り返し、世間 市場 で密かにバカにされ、プライドだけは一人前に、根本的な体質転換もせず、 根本的な 赤字を隠し書き換え続け、生き存えてきたワケで、ともに歩んだ商社も経営体質を根本的に転換させ得なかった事の甘さから逃げられるとは思えないが、三陽商会を横から眺めて、ここに示した「構造的体質」を見せられ感じ、毎回「反吐」が出そうになった事を付記しておきたい。 指導学生が、研究ゼミの場で三陽商会の数期にわたる決算数字を観て、期毎に決算数値が好悪を繰り返す。 それは在庫評価の置き換え先送りに過ぎず、この会社の経営は基本的に間違っていてオカシイと指摘した。 今も変わらず 最も、相手にしたくない「無自覚、無責任、自らを主体としない体質」は、健全な市場には不愉快で不必要で「退場」されるが宜しかろうヨ。

次の

苦境の三陽商会がこっそり発表した「微妙な人事案」の中身

三 陽 商会 倒産

三陽商会の2017年1〜6月期連結決算は、売上高が前年同期比6. 6%減の318億円、営業損益は16億円の赤字(前年同期は58億円の赤字)、最終損益は2億円の赤字(同54億円の赤字)となった。 赤字幅は縮まっているものの、依然として赤字状態が続き、売上高は減少し続けている。 主力ブランドだった「バーバリー」のライセンス契約が終了したのは15年6月。 英バーバリーと提携して1965年に輸入販売を開始、70年には日本国内においてバーバリーブランドのアパレル商品の企画・製造・販売についてのライセンス供与を受けた。 こうして50年間にわたりバーバリーの販売を続けてきたが、バーバリー社の戦略転換により契約が打ち切られた形となった。 三陽商会が販売してきた「バーバリー・ブルーレーベル」などの派生製品は正統派バーバリーよりも価格が低く、高級路線を志向したバーバリー社との方向性が異なることから契約を打ち切ることになったといわれている。 バーバリー社は、ライセンス供与ではなく直営店を展開することでブランドの一貫性を保つことにしたのだ。 バーバリー・ブルーレーベルは、歌手の安室奈美恵が97年の結婚会見で同ブランドのミニスカートを着用したのを機に大ブレイクした。 女子高校生などがこぞって同ブランドを着用するようになった。 このように、バーバリー・ブルーレーベルは女子高生でも気軽に手に入れることができたブランドだ。 一方、バーバリーは高級ブランドで、商品にもよるが、数万円から数十万円するものも少なくない。 バーバリー・ブルーレーベルなどとは明らかに世界観が異なるといえるだろう。 バーバリー社が契約を打ち切ったのも、不思議はない選択といえる。 三陽商会はバーバリーブランドを失ったため、「バーバリー・ブルーレーベル」の後継として「ブルーレーベル・クレストブリッジ」を、「バーバリー・ブラックレーベル」の後継として「ブラックレーベル・クレストブリッジ」を新たに立ち上げた。 「バーバリー・ロンドン」は終了し、代わりに「マッキントッシュ・ロンドン」の展開を開始した。

次の