翔ん だ ライバル。 翔んだライバルとは

【全然違うやん】”翔んで埼玉”キャストの出身地が統一感なくてワロタw

翔ん だ ライバル

魔夜峰央 まやみねお 原作の実写映画『翔んで埼玉』が二階堂ふみさん・GACKTさんをW主演に迎え、2019年2月22日に公開予定。 濃すぎるキャラクターばかりの追加キャスト解禁、魔夜峰央ワールド全開のビジュアル解禁と、何かと話題に事欠かない本作。 そんな本作に、千葉の英雄・JAGUARさんの出演していることが判明! 映画『翔んで埼玉』は、埼玉県人の愛と革命の物語。 その昔、埼玉県人は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けており、身を潜めて生きるしかありませんでした。 東京屈指の名門校で生徒会長を務める壇ノ浦百美 二階堂ふみ は、東京都知事の息子であることを鼻にかけ、とりわけ埼玉県人には横暴な態度をとっていたのだが、ある日転校してきた帰国子女の麻実麗 GACKT の登場により次第に心変わりしていく。 実は、何かと埼玉県人を庇う麗の正体は、東京都知事となって埼玉県の通行手形撤廃を野望とする埼玉県人だったのだ……。 彼は埼玉県人でありながら、東京を歩いても誰からも疑われず、むしろ都会人に間違えられる伝説の埼玉県人。 東京で虐げられていた埼玉県人たちに声を掛け、クーデターを仕掛けようとしていたが、何者かに正体を知られて命からがら逃げて行った……とされる。 ともに通行手形の撤廃を目論む同志として、埼玉側の伝説の人・埼玉デュークと、千葉側の伝説の人・エンペラー千葉は、因縁のライバルといっても過言では無い。 公開まで、まだまだサプライズな情報が潜んでいそうな映画『翔んで埼玉』。 その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。 com (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会.

次の

翔んだカップル(1)

翔ん だ ライバル

中1の私は金曜の夜、塾がなかった。 しかも明日の土曜は半ドン! そんな浮かれ気分で毎週7時から楽しみに見ていたのがフジテレビ系列の青春ラブコメドラマ「翔んだカップル」だ。 柳沢きみおの漫画や、薬師丸ひろこ主演映画が印象に残っている方も多いだろう。 高校生の男女が一軒家で同居し、ボクシング部の先輩までが乗り込んできて騒動が起こるという、そんなストーリー。 主人公は桂木文と芦川誠、先輩役には轟二郎(コント100連発)。 佐藤B作や松金よね子などが脇を固めた。 ギャグや小ネタ、パロディをこれでもかと押し出し、目から星を飛ばすといったアニメ合成の走りも随所に見られるなど、全体的に80年代の始まりを感じさせるナウな作品だった。 桂木が薬師丸ひろ子のCMを模倣し、轟が座頭市や水戸黄門を真似るといった、アホ中学生のハートを鷲掴みにするセンス。 また、伝説のサブカル雑誌「ビックリハウス」の編集長、高橋章子が「ども!」などと言って出てきたのもクールすぎ。 番組最後のNG集は、当時はそれ自体が斬新で、毎回大爆笑だった。 だが、MVPは当時二十歳の柳沢慎吾である。 故 梨元勝レポーターの名前を頂くクラスメイト役、梨元慎吾は毎週熱かった。 「太陽にほえろ!」のパロディ「太陽にまねろ!」での山さん役や、当時の大ヒット曲「ダンシングオールナイト」の身体を張った物真似とか、もう好き勝手! OA翌日の学校は梨元君を真似する生徒で溢れかえったね。 実は彼、近所に住んでいてよく道で会ったし、体育祭を見にきて大騒ぎになったこともあった。 純白の短パン&ヘアバンド姿を未だに覚えている。 彼の芸風はこの時点ですでに確立されていた。 今と全く変わらない。 最終回、3人が共同生活した家のキッチンで、芦川誠が一人思い出を反芻するシーンは涙なしに見られない。 笑えて泣けて、そして切ない青春ドラマにきちんと仕上がっている。 そんな切なさを彩るエンディングテーマが、H2Oの2ndシングル「僕等のダイアリー」。 来生えつこ・来生たかおの姉弟コンビの手による爽やかな青春ナンバーだ。 歌詞に「翔んで翔んで~」と入っているし、ドラマありきで作られた曲なのかもしれないが。 その後「翔んだ~」というタイトルはシリーズ化され、柳沢慎吾主演による「翔んだライバル」「翔んだパープリン」へと続く。 「翔んだライバル」の主題歌、ヴァージンVSの「さらば青春のハイウェイ」も、私にとっては思い出の曲だ。 重い制服や放課後の騒めき、黒板消しの裏で先生に叩かれたあの頃を思い出す。 「翔んだシリーズ」は、とても甘酸っぱい青春グラフィティなのである。 2016.

次の

「翔んで埼玉」でネタにしてほしかった大宮駅「JRと東武の遺恨」

翔ん だ ライバル

『 翔んだライバル』(とんだライバル)は、にで放送された。 白水高校2年A組を舞台とした学園ドラマ。 『 翔んだ』シリーズ第2弾。 放送開始当初は明るいコメディ調のストーリーであり、後期はシリアスな路線へ転換した。 シリアス路線に変更後は挿入歌としての楽曲「」が使用されている。 出演 [編集 ]• 葉月あかね(リンゴちゃん):• 多聞順平:• 葉月かがり:蔦木恵美子• 岬洋介:• 宮下宏美:若狭広海• 先生:• 刈田先生:• 田沼:• 三上史朗:• 葉月梓: スタッフ [編集 ]• 照明:稲葉好治• 脚本:岡田俊夫• 主題歌:「さらば青春のハイウェイ」 関連項目 [編集 ]• 前番組 番組名 次番組.

次の