チャーハン作り方。 冷凍ご飯での美味しいチャーハンの作り方!簡単にパラパラにするコツは?

ザーサイチャーハンの作り方|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

チャーハン作り方

必要なもの• 白ご飯(固めで水分の少ないもの)• ゴマ油• 焼き豚(スーパーで売ってる安物でOK)• きざみネギ• 塩・コショウ• 鶏がらスープの素(中華スープの素でもOK)• マヨネーズ 作り方 1.具材を切る 焼き豚を細かく切ります。 お好みの大きさで構いません。 ネギは刻んで下さい。 2.ご飯を炒める 次は白ご飯を炒めます。 水を少なめで固めに炊いたものがベスト。 水分が多いとねちゃねちゃでパラパラチャーハンが出来ません。 フライパンにゴマ油を多めに引き、全体に馴染ませます。 そして溶き卵入れて、10秒ほどしたら白ご飯を投入し、よくかき混ぜて米を卵でコーティングしていきます。 強火で一気に炒め上げて行きましょう! 3.味付け&具材を投入 ご飯と卵をよく混ぜながら炒めていると、段々パラパラになってくるはずです。 そしたら、塩とコショウ、そして鶏がらスープの素で味付けをして、ここで少しマヨネーズを入れます。 味見をしてイイ感じなら、チャーシューを入れてさらに炒めて、最後にネギを入れまた炒めて完成です! ポイント とにかくパラパラに仕上げるには、「水分の少ない固めのご飯を使う事」と「強火で一気に仕上げる事」です。 大体これでパラパラになります。 チャーハンと言えば、醤油を入れる事が多いですが、醤油を入れるとネチャっとしてしまいますので私は入れません。 鶏がらスープの素で十分美味しく仕上がります。

次の

パラパラチャーハンのレシピを<銀座アスター>が伝授。プロ並みの味を作る裏ワザとは?

チャーハン作り方

カテゴリー:、 激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 おいしいチャーハン、つまりべたつかず、ポロポロとほぐれたチャーハンを作るコツは、とにかく火力! 火力! 火力! だ。 他にも細かなコツはさまざまにあるが、とりあえず強い火力さえ確保できれば、あとはいい加減でもおいしいチャーハンができてしまう。 しかし、家庭用コンロの火力は弱い。 つまり、家庭でおいしいチャーハンを作るのは難しいということになる。 しかしご心配なく。 以下の作り方で火力をキープすれば家庭でも十分においしいチャーハンを作ることができるのだ。 まずは長ネギと卵で作るシンプルチャーハンで、火力を保ちながらおいしく作るコツを習得しよう。 基本のチャーハンの材料( 1人分) A:よく知られているのは山田工業所の打ち出し中華鍋です。 打出しのため熱伝導がよく、また表面の凹凸のせいで焦げ付きにくいというメリットがあります。 しかし、家庭でチャーハンを作るにあたっては、普通の中華鍋で十分です。 家に鉄の中華鍋やフライパンがあるなら、買い直すことはありません。 なぜなら山田工業所の中華鍋の最も優れた点はその軽さ、そしてあおりやすさだからです。 あおると火力の下がる家庭用コンロではその良さは生かせません。 もしあなたが火力が強い業務用コンロを購入し、毎日のように中華鍋を使うのであれば、山田工業所の中華鍋の購入をお勧めします。 ガイドのワンポイントアドバイス 材料の中に冷たいものがあると、それを投入した際に鍋の温度が一気に下がってしまう。 鍋の温度が下がったら最後、あとはベチャベチャした油まみれのご飯ができるだけ。 そのために炒める前に冷たいものは温めておく必要がある。 卵は冷蔵庫から早めに出し、常温になるまで置いておく。 冷たいご飯を使う場合は電子レンジで加熱して温め、軽くほぐしておく。 温度が下がらないよう、できれば一人分ずつ作る。 それが無理でも同時に炒めるのは二人分までとし、三人分以上を一度に炒めない。

次の

ザーサイチャーハンの作り方|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

チャーハン作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の