エモーション 類語。 エモーションの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「乖離」とは?意味や読み方・類語を解説!

エモーション 類語

エモーショナルは形容詞でエモーションは名詞 感情を表す言葉として、「エモーショナル(emotional)」と「エモーション(emotion)」がありますが、前者は形容詞、後者は名詞として扱われます。 これらは英検で準2級程度の扱いを受けているので、資格を取る予定の人は覚えておくと良いでしょう。 emotionを使った例文• ・a transient emotion(一時的な感情)• ・to tremble with emotion(感動で震える)• ・a riot of emotion(湧き立つ感情) emotionalを使った例文• ・multifarious emotional thoughts(様々な思い)• ・ emotional activity by father( 父親による感情的活動)• 涙もろい様子を指し、弱々しい感情にとらわれるという意味を持ちます。 また、感傷的と訳されます。 日本では「センチ」と略した言葉と、接頭語の「お」とつけて「おセンチ」という言葉が昭和初期から使われていました。 1970年代頃には広く普及されており、使用者は主に女学生が中心だったと言われています。 エモーショナルとセンチメンタルは、どちらも心の動きを表現する言葉なため、類語表現として成立すると言えます。 しかし、前者はポジティブなイメージを与えるのに対し、後者はネガティヴなイメージを与えてしまうので、使い分けには注意しましょう。 現実離れした事柄を表したり、情熱に溢れた理想的な光景を指したりします。 翻訳すると、空想的・情緒的などと訳されます。 ロマンチックは形容詞として扱われていますが、名詞として扱う場合は「ロマンス(romance)」になります。 どちらも恋愛や空想をイメージさせる言葉なので、物語として美化された雰囲気を表してくれます。 エモーショナルとロマンチックは、どちらも心に響く性質を表しているため、類語表現として成立するといえます。 しかし、ロマンチックはときめくようなもの、理想化されたものを指しているので代用として使うと誤解を生む可能性があります。 漠然としたり、直感的に抱く感情のことを表します。 翻訳すると「感情」や「予感」等と訳されます。 現代では、芸術作品や映像作品から与えられる気分や感情、人同士の交流の中で感じ取れる雰囲気や感覚に対して使われています。 これらは怒りや憎しみといったマイナスなものや、愛おしさや喜びといったプラスなものを表しています。 エモーショナルとフィーリングは、どちらも理性差し置いて感情を優先するような意味合いで使われているので、類語表現として成立するといえます。 しかし、前者は受動的な感覚に対し、後者は能動的な感覚を表します。 文章を書く際は、こういった微妙なニュアンスには気をつけましょう。 証明するための形式や、筋が通っているという意味を持ちます。 日本語に変換すると「論理的」と訳されます。 ロジカルは形容詞ですが、名詞に置き換えると「ロジック(logic)」になります。 エモーショナルは感覚的なものを表すのに対し、ロジカルは論理的なものを表すため、反対語の関係を持っているといえます。 会話上でも反発し合う性質を持つため、意見がまとまらない傾向にあります。 情報を指すことが多くあり、度々「知識人」や「知性」と訳されます。 似た言葉に「インテリジェンス(intelligence)」があり、こちらも知性や情報のことを指しますが、インテリジェンスはこれらの中でも思考力を表します。 エモーショナルは感情によって動くことを指すのに対し、インテレクトは適切に判断するための知性を表すため、反対語の関係を持っているといえます。 無駄を省いた様子や、理性で捉えられている様子を表し、「合理的」や「理性的」と訳されます。 エモーショナルは感情を優先した様子を指すのに対し、ラショナルは理性を優先した様子を表すので、反対語の関係を持っているといえます。 エモいの使い方や意味とは?エモーショナルの類語? エモいの意味はエモーショナル(emotional)と一緒 エモいとは、エモーショナル(emotional)を省略した若者言葉で、主に気持ちをうまく伝えられない時や、悲しい感情に支配されそうになるときに使われています。 ロックの形態である「エモーショナル・ハードコア(エモ)」からきた言葉で、歌詞やメロディから哀愁漂う切ない音楽性を持っていることから、激情的・感動的にさせる音楽を表す言葉として1980年代から浸透しました。 一般的に使われるようになったきっかけは、2007年頃に若者言葉として使われていたものが、三省堂が企画したランキング「今年の新語2016」で2位にランクインしたことがきっかけで話題になったからとされています。 現在では「ヤバイ」に似た使われ方をされています。 元々音楽界隈で使用されていた言葉のため、音楽に対して使うのが正しい使い方とされていましたが、2016年頃には絵画や舞台、映画といった作品にも使われるようになりました。 現在では作品に触れたときに発生する心の動きに対して使われています。 音楽や絵画等の芸術作品に感動した時の使い方• ・あのバンドの新曲はエモい。 ・話題の新作は主役の関係性がエモいと評判だ。 ・友人に勧められた曲を聴いたらエモかった。 近年では作品に対して使うだけでなく、相手の演説や、動きに対して感情的になったときにも使用されます。 そのため、しみじみとしたり、ドキドキする場面でも使われます。 発言や行動によって心が揺さぶられた時• ・駅前で演説している内容がエモい。 ・この間偶然見た先輩の横顔がエモかった。 ・雨の日に窓から外の様子を眺めるとエモい気持ちになる。 エモーショナルを使いこなそう! エモーショナル(emotional)は使いこなすのは難しいと思われがちですが、「エモい」と同じ要領で使えるので難しく考える必要はありません。 自分の心が揺らぐ場面にあったら、この言葉を使ってみましょう。

次の

エモーションとは?

エモーション 類語

「エモい」の意味とは? エモいの類語や似た言葉• エモいの語源• エモいのよくある間違い認識• エモいの英語• エモいを使う状況 「エモい」の意味とは? エモい、というのはとある英単語を縮めて日本語風に形容詞化したものです。 実は語源は別にあるのですが、近年若い世代を主として 「エモい」が浸透してからは意味が変わってきて、何に対しても 「エモい」と表現する人が増えています。 日本語でも喜怒哀楽いずれか感情が動いた時に 「悲しい」や 「嬉しい」と表現する形容詞がありますが、その喜怒哀楽どれにもぴったりとは当てはまらず、何かに心が揺さぶられて気持ちがわきあがるような状態になった様を表現する言葉がありませんでした。 そのことから、 「エモい」という言葉が切なさだけではなく、言いようのない気持ちの高揚を表す事に使われるようになりました。 えぐキモい 「えぐい」というのは、 「すごく」という意味です。 それに 「キモい 気持ち悪い 」を組み合わせた言葉で、これも一般的な若者言葉として浸透しているものではありません。 また、これも縮めると 「エモい」になりそうですが、本来の 「エモい」とは関係がありません。 ただすごく気持ち悪いという表現を若者っぽく表現するのであれば、こういった言葉になるでしょう。 「えぐい」とは、もともと 「あくが強く、刺激的」という意味を表す古い言葉で、それが転じて 「とても」 「すごい」といった意味で使われるようになりました。 その言葉だけでも 「気持ち悪い」 「つらい」というネガティブな感情を表現することもあります。

次の

「エモい」の意味とは?例文や由来、類語や英語を紹介!

エモーション 類語

エモーショナルとは「 感情的。 情緒的。 感情に突き動かされるさま。 」という意味です。 英語では「emotional」と綴ります。 感情を意味する名詞「エモーション」の形容詞形です。 「エモーショナルな音楽」「エモーショナルなパフォーマンス」などのように、感情を揺さぶるような、深く心に感じるようなものを表す言葉です。 最近ネットで流行している言葉に「エモい」がありますが、これは「エモーショナル」や「エモーション」といった「感情的」を意味する言葉が日本語の形容詞化した言葉です。 意味は、「(言葉に表せないほど)感情が揺さぶられる」といったような感じで、「切ない」「愛しい」「やるせない」などの感情が複雑に入り混じって、言葉に表すのが難しいほど心を揺さぶられる様子を表しています。 特にTwitterなどの文字数が限られている媒体では、感じたことを余すことなく書きたくても文字数が足りないということが起こります。 しかし「エモい」という一言はそういったあらゆる感情を集約することができるので、SNSを中心に多用されています。

次の