皮膜 式 アイプチ。 アイプチの人気おすすめランキング15選【テープ・皮膜タイプなど】

人気アイプチ「折式」を使って、一重男子が二重にしてみた!!

皮膜 式 アイプチ

「アイプチ」と呼ばれることが多いですよね。 アイプチっていう名前はOPERAやdejavuなどのコスメを開発しているイミュという会社の商品の名前で、実は二重メイクアイテムの総称ではないのですが、世間的には「二重コスメ」よりも「アイプチ」と呼ぶほうが一般的なのでこの記事では二重コスメの意味で「アイプチ」と書かせていただきますね。 アイプチは10代20代の女の子の中ではとてもメジャーな化粧品なので、「そもそもアイプチって何なの?」という方は少ないかもしれませんが一応説明しておくと、 まぶたを接着もしくは人工的に段差を作って二重を作るアイテムです。 一重の方はもちろん、元々二重だけど理想の二重幅まで広げたい方、片方の二重だけ安定しない方、左右の二重幅が違ってアンバランスに見えてしまう方もよく使っています。 元の自分の二重幅にコンプレックスがない方でも、「 大きめのカラコンをつけるときは二重幅が広いほうがバランスが良い!! 」とメイクのバランス調整のために使っている方もいらっしゃいます。 様々な商品が販売されていますが、代表的なものは以下の3タイプ。 私のように重たいまぶたの方は、メイクの前につけておいたほうがしっかり密着し、まばたきによってとれてしまうことが少ないので安心だと思います。 (ただしアイシャドウの乗せ方は研究が必要。 重たいまぶたでもしっかり接着してくれます。 ちなみに、接着力の強いアイプチはまぶたがくっつきすぎてまぶたがひきつり不自然になることがあるので、私はまぶたの一部分だけに液を塗っています。 従来のまぶたをはりつけるアイプチとは違って、二重にしたいゾーンに皮膚よりも硬い膜を張り、そのうえにまぶたをかぶせることにより二重を作るコスメです。 私は写真の「ワンダーアイリッドテープ」の両面エクストラタイプがお気に入り。 テープタイプの良いところは、ぐっと二重が食い込んでくれるところ。 目を開けたときは一番ぱっちり見える・目が開けやすい気がしています。 でも、目を閉じたときは不自然になりがちなんですよね。。 (私の技術が未熟なだけかも) それと両端がとれやすいのも困る点。 私は両端を接着タイプのアイプチで補強しています。 全品送料無料でカラコンを皆様にお届けします。 平日14時までのご注文は当日発送いたします。 当店で扱っているカラコンは全て日本の規格基準に則った商品であり、規格外のものは一切取り扱っておりませんので、安心してお買い求めください。 高度管理医療機器等販売業許可 届け先 :品川保健所 免許番号 :29品保生薬第449号.

次の

アイプチの最新おすすめ人気ランキング10選!一重・奥二重に

皮膜 式 アイプチ

折り込み式アイプチとは? 折り込み式アイプチとは、リキッドを乾かして膜にし、折り込むように二重をつくるアイプチです。 まぶたとまぶたを接着して貼り付けて作るのとは違い、 まぶたの上に人工皮膜を作り出し、その境目が二重ラインとなって まぶたにくい込んで二重を作り出します。 そのため、目を閉じてもひきつった感じも無く、 自然な仕上がりになるのが特徴です。 使い方は、商品によって変わってくるものもありますが一般的にはまぶたの二重ラインを作りたい部分の下にリキッドを塗り、完全に乾くまで待つだけです。 まばたきや目を閉じた際に自然• 目やまぶたへの負担が軽い• アイプチ後のメイクがしやすい• 好みに合わせて重ね塗りができる• 面倒な手間が無い まぶたの皮膚同士をくっつけてアイプチを行うと、どうしてもまばたきや目を閉じた際に完全に目が閉まらなくなるという問題があります。 しかし折込式アイプチでは皮膚同士を接着させないので、 完全に目が閉じることができ、より自然に見えます。 また、まぶたの上に人工皮膜を作るだけなので、自分の好みの二重の幅に合わせて 重ね塗りもしやすく、また 目やまぶたへの負担が少なくてすみます。 またアイプチ後にメイクをそのまま上からすることも出来るのでとても便利です。 その他、ファイバーやテープタイプのアイプチのように、自分の目の大きさに合わせてハサミなどでカットする必要も無いため、手軽にできるという点もメリットとして挙げられます。 まぶたの厚さによって二重になりにくい。 塗り方にコツが必要。 塗り過ぎると剥がれる。 折り込み式のアイプチは、リキッドを乾かして人工皮膜をつくり、その境目が二重ラインとなりまぶたにくい込んで二重を作り出すため、 まぶたが厚みのある人や重たい一重の人は、二重になりにくいというデメリットがあります。 また、二重ラインの下部分にリキッドを塗る為、 どれくらいの幅で塗ればよいのかなどのコツが必要となってきます。 パッチリとした二重になりたいためにあまりにも重ね塗りをしてしまうと、パリパリと剥がれてきてしまうので注意が必要です。 折り込み式アイプチはどんな人におすすめ? 折り込み式アイプチは、まぶたを接着するタイプに比べて、より自然な二重に仕上がるため 自然さを求める人におすすめです。 また、まぶたへの負担が少なくて済むため、 肌が敏感な人にもおすすめです。 また、まぶたに人工皮膜を作り出してくい込ませる必要があるため、 まぶたが厚い人や頑固な一重の人にはあまり向いていません。 ここでは 人気の折り込み式アイプチおすすめランキングTOP5をそれぞれの特徴とともに詳しくご紹介していきたいと思います。 速乾性にも優れているので素早く簡単に仕上げることが出来るのが特徴です。 保湿成分として、 アロエベラエキスとユズエキスを配合しているのでデリケートは目元を優しくいたわってくれます。 水や汗にも強いので、夏場の汗をかきやすい時期でも安心して使用することが可能です。 価格は、他社ブランドの折り込み式アイプチに比べると高めなので、リーズナブルなアイプチを求めてい人にはあまり向いていませんが、数ある折り込み式アイプチの中でも、厚めのまぶたの人や、頑固な一重の人でもパッチリとした二重に仕上がりやすいとユーザーからの満足度も高い商品です。 まぶたにリキッドを塗ると、収縮しながら乾いて セミマットの硬い皮膜になります。 その皮膜がまぶたにくい込み、自然で美しい二重を作り上げます。 接着しないので、肌への負担が少ないというだけでなく、 引き締め成分として緑茶エキス、 うるおい成分としてコラーゲンとセラミドを配合しているため、肌を優しくいたわりながら長時間二重をキープすることができます。 一重や奥二重を二重にするのはもちろん、二重の幅を広げたり、不揃いの二重幅を整えたいという人にもおすすめです。 しかし、中にはまぶたが厚めの人は二重を上手に作れなかったり、長時間キープしにくいという口コミも見られましたので、まぶたがあまり厚くない人に向いています。 使い方は、プッシャーでまぶたを軽くおさえながら、液を多めに筆につけて、まつげの生え際から二重にしたいラインの下まで液体を3~4mmの幅でムラなく塗ります。 乾いたら、また少しずつ何度が塗り、液が完全に透明になって乾くと、液が乾いてテープ状に固まり、その部分がまぶたを押し上げて二重を作り出します。 まぶたを接着して二重を作らないため、目を閉じた時も自然で美しい目元になるのが特徴です。 乾いた部分は、光らず透明な仕上がりなので、つけていても目立ちにくく、メイクを上からすることも出来ます。 チップ部分が、筆タイプではなく 日本人の目に合わせて設計されたアーチ状になっており、二重ラインを作りたい部分に 押し当てるだけで簡単に二重が作れます。 アーチ状のスタンプの側面を使用すれば自然な二重に、スタンプの内側を使用すればよりパッチリとした二重に仕上がります。 またスタンプの先端を使用すると、まぶたを接着させるのりタイプとしても使用できる2WAYタイプです。 汗をかいても落ちにくいウォータープルーフタイプとなっているので、季節を問わず一年中使用することが可能です。 硬い人工皮膜(アクリル皮膜)を作って、まぶたにくい込ませてしぜんな二重をつくるだけでなく、上品なパール入りブラウンの アイシャドー効果で目力がUPします。 また、アイプチをした後に、そのまま同系色のアイシャドーを重ねることによって、より目立ちにくくなります。 ただし、アイシャドーの色がブラウン系なので、普段ブラウン系のアイシャドーを使用していない人には向いていません。 初心者でも簡単にアイプチができ、また伏目やまばたきも自然なので、周りにアイプチを気づかれたくない人や、ナチュラルさを重視する人におすすめです。

次の

折式(オリシキ)で二重になれる?口コミを調査!

皮膜 式 アイプチ

ひとくちにアイプチといっても、瞼を 「くっつけるタイプ(接着式/粘着式)」 と 「くっつけないタイプ(非接着式/非粘着式/折込式)」 があります。 ここからはそれぞれの違いや使い方について説明していきます。 粘着式と非粘着式の違い まず、粘着式(接着式)と非粘着式(非接着式)のアイプチの違いについてご紹介します。 メリット: 比較的簡単に二重まぶたが作れるので、アイプチ 初心者さんに人気。 まぶたが厚い人も、非接着式より二重を キープしやすい。 デメリット: 目を閉じたり下を向くと、まぶたが 引きつって見えることがある。 アイプチをしていることが バレやすい。 常にまぶたが引っ張られているので、目を完全に閉じることができず ドライアイになりやすい。 そして、その膜の上にまぶたを被せる(折り込む)ことで二重まぶたのラインを作る方法です。 *非粘着式のアイプチは、まぶたを折り込むように二重を作るので、折り込み式とも呼ばれています。 メリット: まぶたをくっつけないので、引きつったりせず、自然に見えるので バレにくい。 まぶたを自然に閉じることができるので ドライアイになりにくい。 デメリット: 接着式のアイプチに比べると使い方が難しいので、 初心者さんには難しい。 まぶたが厚い人は、接着式よりも 二重がキープしにくい。 「初心者さんには難しい」とはいっても、どのようなタイプのアイプチでも、最初は誰でもコツをつかむまでは練習が必要! 非接着タイプも練習を積んでコツさえつかめば上手にできるようになります。 キープできる時間(アイプチのもち)についても、粘着力の強いものを選ぶことで解決できますし、毎日使う事で癖が付きやすくなるので「持ち」も良くなってきます。 アイプチを使って二重まぶたを作る上で「バレにくい」というのは、とても魅力的な要素なので、頑張って練習してみてはいかがでしょうか。 非粘着式のアイプチが使えない人はいる? 上記の「非粘着式/デメリット」のところでもご紹介しましたが、 まぶたの脂肪が多く厚ぼったい人では、まぶたが上手く折り込めず二重まぶたになりにくいです。 商品によって使い方は多少違いますが、こちらでは後程商品の特徴についてもご紹介する 「ABシークレットソフトフィルム」の使い方です。 非粘着式のアイプチは、基本的にこのような使い方なので参考にしてみてください。 Step1: 作りたい二重のラインの下に沿ってアイプチを塗る。 非粘着式のアイプチといっても、色々なメーカーから様々な商品が販売されています。 その中から、 ・肌への負担が少ない ・二重まぶたの「持ち」が良い ・使いやすい(筆や液体の塗りやすさ) ・消耗品なので継続しやすい価格かどうか という点についてチェックし、自分にとって最も良いと思うものを選んでみてください。 片面非粘着式のアイテープとは、 片面だけを貼り付ける折り込みタイプ。 両面テープのものは透明なものが多い一方、片面テープは限りなく肌に近い肌色を使っているので、テカリが少なく目立ちにくいのが特徴です。 また、アイテープを使うときに気になるのは「 お肌(まぶた)への負担」。 片面非粘着式のアイテープは医療用テープとして採用されている素材を使っているものや、敏感肌の人でもかぶれにくいように低刺激で作られているものもあります。 まぶたの皮膚は薄くて とてもデリケート。 粘着力や耐久性も大切ですが、アイプチやアイテープは素肌に直接使うアイテムなので、 ・美容液成分が含まれている ・かぶれにくい素材を使っている など、お肌(まぶた)への負担も考慮してみてもいいかもしれません。 また、加齢によって重くなってしまったまぶたをリフトアップする効果もあるので、幅広い年齢層に人気の商品です。 価格: 2800円(税抜) 特徴: ・ゴムラテックスタイプ ・ 速乾性に優れる ・品質が安定する瓶容器 ・ ウォータープルーフ(汗や水に強い) ・保湿美容成分として アロエベラエキスとユズエキスを配合 ・独自のストレッチエッセンスにより、ツレや圧迫感なく自然にまぶたを閉じられるので バレにくい 購入できる場所: 一部のドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、プラザ、ロフト、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。 『マジプチ』は、 仕上がりが魔法級!といわれているほど、塗りやすい筆に特徴があります。 二重のラインを決める時に使えるようプッシャーもついていますが、マジプチを塗った後は プッシャー不要(もちろん使ってもOK。 まばたきだけで二重が完成するというのが魅力です。 価格: 1230円(税抜) 特徴: ・ゴムラテックスタイプ ・ 速乾性がある ・乾くと透明になり目立ちにくい ・専用クレンジング不要、 お湯で簡単にオフできる ・保湿美容成分として ヒアルロン酸Na、リピジュアを配合 ・一発で塗れる太めの筆 購入できる場所 一部のドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、プラザ、ロフト、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。 くっつけないアイプチは二重の持続時間が短い? 粘着タイプでも非粘着タイプでも大事なことは二重まぶたの持続時間。 途中でアイプチが取れてしまっては、せっかくきれいに二重まぶた作っても意味がありません。 二重まぶたを保つポイントは「 アイプチの粘着力」 粘着力が高ければ高いほど二重が崩れにくいです。 アイプチをしてもすぐに取れてしまうのが気になる方は、 粘着力・接着力が高いタイプのアイプチを選びましょう。 粘着タイプと非粘着タイプだと、やり方や塗る量、使い慣れているかなどによっても変わりますが、 粘着タイプの方が持続時間は長いといった印象です。 また、アイテープタイプのアイプチは目頭や目尻から剥がれてきてしまう…といった口コミも多いので、 粘着力でいうと、のりタイプアイプチの方が強いものが多い印象です。 汗や涙でアイプチが取れてきてしまう場合は、水分に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。 それでも崩れるのが気になる方は、 夜にクセ付けができる夜用タイプを使ってみるのもいいですよ。 くっつけないアイプチ(非粘着式)も使ってみては? いかがでしたか? くっつけないアイプチ(非粘着式)についてご紹介しました。 くっつけないアイプチは、片面タイプのアイテープと同じような仕組みで、 まぶたを折り曲げて二重まぶたを作ります。 しかし「塗る」ことによって被膜を作るので、アイテープを切ってまぶたに貼るより、 幅を広げたり小さくしたり…というのが自由自在です。 なので、粘着式のアイプチよりも、 自分の目の形に合う目立ちにくい二重まぶたを作ることができ、 ツレや圧迫感を感じずに1日過ごせます。 コツをつかみ、上手に使いこなせるようになるまで練習してみてくださいね。 今回、こちらでご紹介した3つの非粘着式アイプチは、どれも美容成分が配合されているので、かぶれなどの心配は少ないです。 しかし、肌質は人それぞれなので、もし、まぶたの赤みや痒みを感じたらすぐに使用を中止してください。 肌荒れしてしまって使えなかった…という人や、 もっとたくさん美容成分が入ってる 肌に優しいアイプチを使いたいという人、 夜に癖付けをしたい人は 例えばナイトアイボーテのようなもありますよ。 \ SNSでシェアしよう! / さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の 注目記事を受け取ろう•

次の