競馬予想サイト 儲かる。 競馬予想サイトの優良・悪質予想サイト、オススメはどこ?~競馬検証.netで検索。

プロの競馬予想師はどれぐらい稼ぐのか?回収率は何%なのか?

競馬予想サイト 儲かる

よく 「本当に儲かる競馬予想なら人に教えずに一人で稼いでいれば良い」という言葉を目にすることがあります。 その裏には「だから本当に儲かる予想なんて人に教えるはずはない」という意味が込められているわけですね。 しかし、私は必ずしもそうとは限らないと考えています。 今回は実際に予想を公開・販売している立場の人間として、この言葉に対する意見を述べてみたいと思います。 自分の買い目がオッズに大きな影響を与えない限り予想を販売した方が儲かる まず、冒頭の「競馬予想で本当に儲かるなら人に教えずに一人で稼いでいれば良い」」という主張についてですが、 自分の馬券購入でオッズを大きく動かしてしまうような人についてはその通りだと思います。 自分の買い目のみですらオッズに影響を与えてしまうのであれば、わざわざそれを他人に教えてしまってはさらに自身が馬券を買う上では不利なオッズになってしまいます。 そこまでの資金力があるならば黙って一人で稼いでいた方が得でしょう。 しかし、 実際に個人の競馬ファンが研究を重ねて回収率120%の予想法を確立したような場合には、軍資金はほとんどない状態から馬券投資のスタートになると思います。 世の中のサラリーマンの収入から考えても、だいたい10万円~100万円の資金から運用開始という方がほとんどなのではないでしょうか。 運用資金が100万円未満であれば、自分の買い目がオッズに与える影響はほとんど気にする必要はないと思います。 その一方で、 回収率120%の予想であれば、その買い目を購入したいと思う競馬ファンはたくさんいます。 もちろん実績を積み重ねたり宣伝したりといった、自分の存在を知ってもらうための工夫は必要だと思いますが、本当に稼げる買い目なら販売すれば月に10万くらいならほどなく稼げるようになるでしょう。 競馬資金が10万円~100万円しかない状況で、毎月10万円の予想販売収入が安定的に入ってくるというのは、私の経験から考えてもかなり大きいものです。 これくらいの資金のうちは馬券で稼げる額は限られてきますから、むしろ予想販売で儲ける方が合理的だと思います。 資金が増えてきたら、どちらが得かは状況による 馬券での運用が軌道に乗り始めると、徐々に予想販売による売上が自分の収支に与える影響というのは小さくなっていきます。 そして私の経験上、1日の馬券の損益額が月間の予想販売額よりも大きくなった段階で、予想販売のメリットよりもデメリットの方が気になるようになります。 馬券収支と違って予想販売は確実に自分の収益にプラス寄与するというメリットがありますが、一方で自分一人で運用している時と比べて多大なプレッシャーがかかりますし、読者が増えるにつれ問い合わせ対応にかなければならない時間も増えていきます。 正直 「割に合わない」と思うことが増えてるくるわけです。 それでも私のメルマガ読者には否定的なコメントをしてくる人がほとんどいないので助かっていますが、否定的なコメントに追われる配信者はさらに大変だと思います また 自分の買い目がオッズへ与える影響も気になり始めます。 例えば売上が少ない平場レースでは単勝馬券に100万円も投入すればオッズは明らかに下がってしまいますが、これは自分一人で100万円を投資しない場合でも自分の予想購入者が同じ買い目を購入してしまえば到達しうる数字です。 例えば予想購入者が200人いてその人たちが同じ買い目に一人5000円を投じたら、100万円分の馬券を購入したのと同じことになります。 こうなると予想配信はマイナスの側面が目立ってくるのです。 では 「読者への対応負荷」と「オッズへの影響」をどちらも軽減しつつ、馬券と予想どちらでも収益を上げるにはどうすれば良いかというと、これは「値上げをして読者数を絞る」というのがベストの解答だと考えています。 読者数を減らすことで問い合わせ等の対応負荷は減りますし、また同じ買い目の人を減らしてオッズへの影響を避けられます。 さらに値上げによってこれまでと同等の収益を確保するというのが理想的だと思います。 あるいはオッズへの影響だけを考えるのであれば、 予想配信レースを売り上げの多い重賞レースに絞るなどといった対応が考えられるかもしれません。 いずれにせよこの段階でも 馬券収支と予想収支の両立は可能だと考えています。 つまり冒頭の 「競馬予想で本当に儲かるなら人に教えずに一人で稼いでいれば良い」という意見に対しては、「必ずしもそうとは言い切れない」「馬券と予想販売の両方で稼げば良い」というのが私の回答になります。 ただ、 いずれ順調に資金が増えて自分一人の馬券購入だけでもがオッズに大きな影響を与えるようになった場合には、誰にも教えずに一人で稼いでいた方が良いということになると思います。 かなり切実な税金の問題 もう1つ、予想販売で稼ぐ方が良い理由として税金の問題を挙げておきます。 多くの予想家のスタイルを見る限り、そのまま馬券を買って利益を出したとしても「一時所得」と見なされてしまう可能性が高いと思います。 つまり「ハズレ馬券が費用としてみなされない」買い方ですね。 一時期話題になった 馬券裁判では馬券収益が「雑所得」としてみなされてハズレ馬券は経費として認められましたが、今後も同じように雑所得として扱ってもらうにはかなり厳しい条件をクリアしなければなりません。 以下は「雑所得」に認められるケースについてのからの抜粋です。 具体的には、馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して定めた独自の条件設定と計算式に基づき、又は予想の確度の高低と予想が的中した際の配当率の大小の組合せにより定めた購入パターンに従って、偶然性の影響を減殺するために、年間を通じてほぼ全てのレースで馬券を購入するなど、年間を通じての収支で利益が得られるように工夫しながら多数の馬券を購入し続けることにより、年間を通じての収支で多額の利益を上げ、これらの事実により、回収率が馬券の当該購入行為の期間総体として100%を超えるように馬券を購入し続けてきたことが客観的に明らかな場合は、雑所得に該当すると考えます。 個人的にポイントとなるのは「年間のレース数」「多額の利益」といったところだと思います。 一日数レースしか投票しないのでは恐らく認められないでしょうし、収支がマイナスとなった年があったせいで裁判で負けた例もあります の2ページ目の判決。 さすがに ハズレ馬券が経費にならないのでは「税金の払い負け」という予想家がほぼすべてだと思いますので、そうなると馬券ではなく予想販売という選択肢が有力になるわけです。 私個人としては馬券裁判の例にならってソフトを使って機械的に投資しているので「雑所得」の申告で問題ないと考えていますが、一般論として 税金の問題を考えると、馬券を買うよりも他人に予想を販売した方が儲かる可能性は高いと思っています。 批判の対象となるのは有料予想が多いようですが 個人的に気になっているのは 「本当に儲かる競馬予想なら人に教えずに一人で稼いでいれば良い」という言葉が、多くの場合「有料予想」に向けられている点です。 つまり「儲かる予想なら人に売って金を稼ぐ必要はない。 つまりどうせ本当は儲からない予想なんだろう。 」というような懐疑・批判的な意味が込められていることが多いと感じるわけです。 しかし、 「儲かるなら人に教えずに自分で稼いでいればよい」というのは無料予想でも同じことです。 むしろ無料予想の方が誰でも入手しやすいため、人に教えることの不利益は有料予想よりもはるかに大きいと言えます。 つまり有料予想に対してこの観点で批判をするのであれば、無料予想など論外ということになります。 しかし無料予想に対しては「本当に儲かるなら人に教えるはずがない」というような批判をあまり見かけないのです。 これは 恐らく有料予想に対する批判は「詐欺的な予想家が多すぎる」ことが背景にあるのだろうと思います。 「儲かる予想なんて人に教えるわけないのだから、高額なインチキ予想に騙されるなよ」という警告の意味合いが強いのかもしれません。 もちろん詐欺的な予想を売って稼ぐなどというのは論外ですが、本当に価値があると思って自身の予想を公開するのであれば堂々とお金を取るべきだと思います。 優秀な予想があって、それをお金を払ってまでほしいと言う人がいるのであれば、それは立派な商売です。 「競馬ファンは仲間だからお金を取りたくない」などと綺麗ごとを言っている場合ではありません。 もともと馬券を買っている時点で、他の競馬ファンとお金を奪いあっているのですから。 以上最後は少し脱線しましたが、「競馬予想で本当に儲かるなら人に教えずに一人で稼いでいれば良い」という意見に対して、一部同意しつつも「必ずしもそうではない」ということをお伝えさせていただきました。

次の

プロの競馬予想師はどれぐらい稼ぐのか?回収率は何%なのか?

競馬予想サイト 儲かる

コンピュータ予想という言葉を聞いたことはありますか? コンピュータ予想とは、 コンピュータが過去のデータを分析・演算して、独自の予想をコンピュータが行うことを指します。 近年は、 「 AI予想」 という言葉で、大手予想サイトや競馬新聞でも、導入されており、今やプロの予想家に匹敵する勢いで、AI予想は普及しています。 そのため、AI予想の知名度は、多くの競馬ファンに浸透して入り、人間以上に予想が正確なコンピュータ予想やAI予想に興味を持った方もいるでしょう。 ここでは、最初にコンピュータ予想と人の予想のメリット、デメリットを紹介した上で、無料でコンピュータ予想やAI予想を公開しているサイトを紹介していきます。 コンピュータ予想のメリット・デメリット 競馬におけるコンピュータ予想で用いられるのは JRAの公式データです。 過去のレースのデータ、例えば出走馬や馬場情報、脚質、ラップタイムなどを分析して、開催されるレースの予想を演算します。 一見、完璧な予想を行うコンピュータでも、当日の細かい馬場状態や馬の体調までは完璧には把握できないので、時として外れることがあります。 コンピュータ予想は完ぺきではないということです。 ただし、 人間が持つ感情を一切持っていないのはコンピュータの利点でしょう。 例えば、負けが続いている状況では、その負けを取り戻すため、どうしても負けを取り返せる買い目を買いがちです。 そのようなときに限って、更に負けてしまうのが通例です。 また、どんなに条件が悪く、馬券内は厳しい馬でも、 好きな馬ならつい買ってしまう人もいます。 もちろん競馬も娯楽の一種ですから、このような楽しみ方は十分アリなのですが、馬券で収支をあげることを第一に考えるのであれば、少なからずこのような感情は排除したほうがいいです。 コンピュータの場合は、感情によって予想がブレることが一切ありません。 コンピュータが提唱した買い目は、感情を解除し、過去のデータと当日のデータを見極めた、買い目なのです。 当たった時の破壊力も大きいですし、データ予想が苦手な初心者や、感情に流されがちな人にとって 心強い味方となるのです。 コンピュータ予想とAI予想の違い コンピュータ予想とAI予想は微妙に違います。 コンピュータ予想は、コンピュータのシステムを基に、データを分析しますが、AI予想は 「 人工知能」 と、呼ばれるもので、過去のデータと結果を駆使しながら、AIが 自動学習し、より精密な予想ができるよう、AIが自動的に成長するのです。 このように、コンピュータとAIは微妙に違ってきますが、どちらにもいえることは、 人間が予想しなくても、予想を叩き出すことができるのです。 netkeiba. com ここから、コンピュータ予想を導入しているサイトを紹介していきます。 最初に紹介するのは netkeiba. comです。 netkeiba. comはインターネット上に存在する全ての競馬サイトの中でも 国内最大級の競馬情報サイトを謳っているサイトです。 最大手をいうだけあり、競馬情報は業界でもナンバーワンで、レース情報はもちろんのこと、過去のレースデータや各馬の情報、最新の競馬ニュースといった、 競馬にまつわる情報ならほぼ全てのデータを見ることができます。 netkeiba. comは誰でも見ることができるコンテンツと有料会員が見られるコンテンツがありますが、 コンピュータ予想は無料ユーザーでも見ることができます。 netkeiba. comのコンピュータ予想は、 過去10年に渡るレースデータ、レース傾向、舞台、血統、各馬のコンディションなどを厳選した上で、回収率の向上を目指しています。 コンピュータ予想の肝心の予想精度ですが、2020年の6月6日と7日の予想は 50レース中、10レースを的中しています。 単純に見ると 5レースのうちの1レースが的中していることになります。 コンピュータ予想は馬単と三連単を買い目を組み立てています。 券種の中でも難しい馬券種でこれだけ的中しているため、 的中率以上に予想精度は高いといえるでしょう。 的中率の高いコンピュータ予想は無料ユーザーでも見ることができ、無料ユーザーは新馬戦を除くすべてのレースを、有料会員の方は全レースのコンピュータ予想を見ることができます。 ほとんどのレース予想を無料で見られるのもありがたいですよね。 comはパソコンサイトだけでなく、 スマートフォンアプリも開発されており、IOS、Android共に対応しています。 競馬情報なら何でもそろっているので、コンピュータ予想に興味がなくてもインストールしていると、便利ですよ。 ここでは、吉田氏が開発されたコンピュータ予想を公開されています。 対象となるのは 中央競馬の全レースで、全てのレースにコンピュータが演算した予想が公開されています。 予想は、3走前までの情報を数値化した上で、出走馬の評価を数値化しています。 単純に 数値が高い馬ほど、好走する傾向が強いです。 予想表は、無駄な画像がないため 更新速度も速く、すぐに指数や馬の適性が見たい方にお勧めできます。 みんな儲かる競馬では、馬券購入者の視点にあったソフトを提供しており、それぞれ 一点予想ソフト 馬連予想ソフト 三連単予想ソフト と3つのソフトの中から、馬券購入者が購入したい券種を選択し、買い目を入力することで、ソフトがオススメの買い目を公開します。 買い目を入力した後にでてきたオススメの買い目を比較しながら、 ベストな買い目を決めることができるのがこのサイトの強みです。 このソフトは、 過去30年間にわたる競馬データを駆使してコンピュータ予想を行っているため、データの検証力はピカイチです。 あなたの買い目がベストであるかを確認する面でも、重宝するサイトです。 中央競馬と地方競馬のレースの予想を見ることができます。 優れたAI予想を見ることができるサイトですが、無料ユーザーの場合は、全レースのAI予想を見ることはできず、 メインレースのみとなります。 メインレース以外も見たいという方は、月額910円 税別 の有料プランに入会しなくてはなりません。 お金を払うのは抵抗あるけど、有料プランに興味がある方は、 有料プランを2週間試すことができるお試しプランがあるため、興味がある方は、2週間だけお試しプランを試されるのもいいかもしれません。 いわゆる 穴党向けのAIで、各レースから穴馬を探し出して ワイドで買い目を提供しています。 無料会員と有料会員があり、無料会員はVUMAが指定したいくつかのレースの買い目を見ることができます。 なお、買い目は 発走時刻30分前と、10分前に予想が送られてくるようになっています。 直前に買い目を提供することで、トリガミを避けるように工夫されています。 有料会員では全レースの買い目を見ることができますが、月額980円 税抜 かかります。 無料でもいくつかのレースの買い目は見ることができるため、よほど全レースの買い目が気になる方以外は無料でも満足できるサイトとなっています。 いずれのサイトも、 個性的なサイトが多いですね。 特にnetkeiba. comと競馬三昧の2つのサイトは週末の ほぼ全てのレースのコンピュータ予想を見ることができるので、コンピュータ予想に興味のある方にはありがたいサイトでしょう。 AI予想-RingoとVUMAは有料会員にならないと、全レースの予想を見ることができませんが、無料の予想だけでも、参考になるものが多いので、AIの実力が見たい方は、無料予想から入ってみるのをおすすめします。 コンピュータ予想は、人間の予想以上に精度が高いものが多いため、興味のある方は一度参考にしてみてください。

次の

2020/06/21の複勝1点予想

競馬予想サイト 儲かる

コンピュータ予想という言葉を聞いたことはありますか? コンピュータ予想とは、 コンピュータが過去のデータを分析・演算して、独自の予想をコンピュータが行うことを指します。 近年は、 「 AI予想」 という言葉で、大手予想サイトや競馬新聞でも、導入されており、今やプロの予想家に匹敵する勢いで、AI予想は普及しています。 そのため、AI予想の知名度は、多くの競馬ファンに浸透して入り、人間以上に予想が正確なコンピュータ予想やAI予想に興味を持った方もいるでしょう。 ここでは、最初にコンピュータ予想と人の予想のメリット、デメリットを紹介した上で、無料でコンピュータ予想やAI予想を公開しているサイトを紹介していきます。 コンピュータ予想のメリット・デメリット 競馬におけるコンピュータ予想で用いられるのは JRAの公式データです。 過去のレースのデータ、例えば出走馬や馬場情報、脚質、ラップタイムなどを分析して、開催されるレースの予想を演算します。 一見、完璧な予想を行うコンピュータでも、当日の細かい馬場状態や馬の体調までは完璧には把握できないので、時として外れることがあります。 コンピュータ予想は完ぺきではないということです。 ただし、 人間が持つ感情を一切持っていないのはコンピュータの利点でしょう。 例えば、負けが続いている状況では、その負けを取り戻すため、どうしても負けを取り返せる買い目を買いがちです。 そのようなときに限って、更に負けてしまうのが通例です。 また、どんなに条件が悪く、馬券内は厳しい馬でも、 好きな馬ならつい買ってしまう人もいます。 もちろん競馬も娯楽の一種ですから、このような楽しみ方は十分アリなのですが、馬券で収支をあげることを第一に考えるのであれば、少なからずこのような感情は排除したほうがいいです。 コンピュータの場合は、感情によって予想がブレることが一切ありません。 コンピュータが提唱した買い目は、感情を解除し、過去のデータと当日のデータを見極めた、買い目なのです。 当たった時の破壊力も大きいですし、データ予想が苦手な初心者や、感情に流されがちな人にとって 心強い味方となるのです。 コンピュータ予想とAI予想の違い コンピュータ予想とAI予想は微妙に違います。 コンピュータ予想は、コンピュータのシステムを基に、データを分析しますが、AI予想は 「 人工知能」 と、呼ばれるもので、過去のデータと結果を駆使しながら、AIが 自動学習し、より精密な予想ができるよう、AIが自動的に成長するのです。 このように、コンピュータとAIは微妙に違ってきますが、どちらにもいえることは、 人間が予想しなくても、予想を叩き出すことができるのです。 netkeiba. com ここから、コンピュータ予想を導入しているサイトを紹介していきます。 最初に紹介するのは netkeiba. comです。 netkeiba. comはインターネット上に存在する全ての競馬サイトの中でも 国内最大級の競馬情報サイトを謳っているサイトです。 最大手をいうだけあり、競馬情報は業界でもナンバーワンで、レース情報はもちろんのこと、過去のレースデータや各馬の情報、最新の競馬ニュースといった、 競馬にまつわる情報ならほぼ全てのデータを見ることができます。 netkeiba. comは誰でも見ることができるコンテンツと有料会員が見られるコンテンツがありますが、 コンピュータ予想は無料ユーザーでも見ることができます。 netkeiba. comのコンピュータ予想は、 過去10年に渡るレースデータ、レース傾向、舞台、血統、各馬のコンディションなどを厳選した上で、回収率の向上を目指しています。 コンピュータ予想の肝心の予想精度ですが、2020年の6月6日と7日の予想は 50レース中、10レースを的中しています。 単純に見ると 5レースのうちの1レースが的中していることになります。 コンピュータ予想は馬単と三連単を買い目を組み立てています。 券種の中でも難しい馬券種でこれだけ的中しているため、 的中率以上に予想精度は高いといえるでしょう。 的中率の高いコンピュータ予想は無料ユーザーでも見ることができ、無料ユーザーは新馬戦を除くすべてのレースを、有料会員の方は全レースのコンピュータ予想を見ることができます。 ほとんどのレース予想を無料で見られるのもありがたいですよね。 comはパソコンサイトだけでなく、 スマートフォンアプリも開発されており、IOS、Android共に対応しています。 競馬情報なら何でもそろっているので、コンピュータ予想に興味がなくてもインストールしていると、便利ですよ。 ここでは、吉田氏が開発されたコンピュータ予想を公開されています。 対象となるのは 中央競馬の全レースで、全てのレースにコンピュータが演算した予想が公開されています。 予想は、3走前までの情報を数値化した上で、出走馬の評価を数値化しています。 単純に 数値が高い馬ほど、好走する傾向が強いです。 予想表は、無駄な画像がないため 更新速度も速く、すぐに指数や馬の適性が見たい方にお勧めできます。 みんな儲かる競馬では、馬券購入者の視点にあったソフトを提供しており、それぞれ 一点予想ソフト 馬連予想ソフト 三連単予想ソフト と3つのソフトの中から、馬券購入者が購入したい券種を選択し、買い目を入力することで、ソフトがオススメの買い目を公開します。 買い目を入力した後にでてきたオススメの買い目を比較しながら、 ベストな買い目を決めることができるのがこのサイトの強みです。 このソフトは、 過去30年間にわたる競馬データを駆使してコンピュータ予想を行っているため、データの検証力はピカイチです。 あなたの買い目がベストであるかを確認する面でも、重宝するサイトです。 中央競馬と地方競馬のレースの予想を見ることができます。 優れたAI予想を見ることができるサイトですが、無料ユーザーの場合は、全レースのAI予想を見ることはできず、 メインレースのみとなります。 メインレース以外も見たいという方は、月額910円 税別 の有料プランに入会しなくてはなりません。 お金を払うのは抵抗あるけど、有料プランに興味がある方は、 有料プランを2週間試すことができるお試しプランがあるため、興味がある方は、2週間だけお試しプランを試されるのもいいかもしれません。 いわゆる 穴党向けのAIで、各レースから穴馬を探し出して ワイドで買い目を提供しています。 無料会員と有料会員があり、無料会員はVUMAが指定したいくつかのレースの買い目を見ることができます。 なお、買い目は 発走時刻30分前と、10分前に予想が送られてくるようになっています。 直前に買い目を提供することで、トリガミを避けるように工夫されています。 有料会員では全レースの買い目を見ることができますが、月額980円 税抜 かかります。 無料でもいくつかのレースの買い目は見ることができるため、よほど全レースの買い目が気になる方以外は無料でも満足できるサイトとなっています。 いずれのサイトも、 個性的なサイトが多いですね。 特にnetkeiba. comと競馬三昧の2つのサイトは週末の ほぼ全てのレースのコンピュータ予想を見ることができるので、コンピュータ予想に興味のある方にはありがたいサイトでしょう。 AI予想-RingoとVUMAは有料会員にならないと、全レースの予想を見ることができませんが、無料の予想だけでも、参考になるものが多いので、AIの実力が見たい方は、無料予想から入ってみるのをおすすめします。 コンピュータ予想は、人間の予想以上に精度が高いものが多いため、興味のある方は一度参考にしてみてください。

次の