社員 旅行 英語。 社員旅行で温泉に行き裸の付合いをする事もあるって英語でなんて言うの?

COMPANY RETREATの意味

社員 旅行 英語

海外への社員旅行は自費?会社負担? 旅費の負担額については、自費負担で行ったという方もいれば、毎月5000円程度の社員旅行積立をし、そこから費用が捻出されるという方、全て会社負担というケースなど企業によって様々です。 全額会社が負担という場合には、お土産や食事代、アクティビティなどは自費というケースが多い傾向にあります。 中には仕事での成績やノルマによって負担額が増減するといったシステムの会社もあるようです。 社員旅行で実際に海外に行ってみて魅力を感じた国は? 社員旅行で実際に行ったことのある国についての回答を見てみると、圧倒的に多かったのが ハワイやグアムなどです。 非日常感を楽しめるリゾート地は、社員旅行においてもやはり人気のスポット。 特にグアムは日本からも距離が近く直行便で3時間半ほど、時差は1時間と気軽に行きやすいというのが大きなメリットです。 次いで、 韓国(済州島)や台湾、中国(マカオ、香港)といったアジア圏、 マレーシア、シンガポール、タイなどの東南アジア圏へ行ったことのある方が多い傾向にあります。 近場の国なら時差も少ないため、疲労感を気にすることなく思い切り社員旅行を満喫できます。 もし次に社員旅行で海外へ行くなら? 「次に社員旅行で海外へ行くとしたらどこの国へ行きたい?」という質問では、 オーストラリアが最も多い結果となりました。 壮大な自然が広がる景色、可愛いコアラ、ラフティングなどのアクティビティが充実しているのも大きな魅力のようです。 また、 マレーシアやインドネシアの バリ島などもやはり定番の人気スポットです。 欧米文化圏やヨーロッパを挙げている方は意外にも少数派となりました。 バリ島は社員みんなで盛り上がれる はな(25歳 営業職) 毎年社員旅行がありますが、全額会社負担です。 会社の業績によって行き先が変わりますが、海外ではバリ島・タイ・台湾に行ったことがあります。 一番良かったのは バリ島です。 社員同士とても仲が良い会社なので、みんなでバナナボートに乗ったり、シュノーケリングをしたりして盛り上がりました。 あまり綺麗な海ではありませんでしたが、十分楽しめました。 また、お料理がとても美味しくて安いのも魅力的でした。 グループに分かれて好きなレストランで食事をとりましたが、ハズレは全くありませんでした。 海外の方も多いので世界各国の料理が楽しめます。 雑貨店も多く、女性社員は大はしゃぎでした。 毎年違う場所に旅行に行きますが、私としてはまた バリ島に連れて行って欲しいです。 ハワイへの社員旅行 さき(25歳 事務職) 私が勤めているところは毎年社員旅行のある会社です。 部署ごとに自由に場所を選んで旅行へ行くことができます。 費用は定額で会社からの補助があり、不足分は自費になりますが、ほとんど会社からの補助で足りるので、手出し費用は数千円になることがほとんどです。 社員旅行で行った海外は中国とハワイです。 この2カ国で比較すると ハワイが断然魅力的でした。 ハワイには4泊6日で、1日間は行った会社のメンバーと一緒に行動するのですが、あとの日程は自由行動だったので事前にやりたいこと、行きたいところなどを決めておいて、一緒に行動したい人とやりたいことをする、そんな自由度の高い旅行でした。 ハワイは海でのアクティブができ、海へ潜って魚たちと触れ合うことで、リフレッシュもできました。 景色もよく、海辺での休息も充分にできました。 次に社員旅行で海外へ行くなら、 ヨーロッパに行ってみたいです。 行ったことがないですし、会社の仲間と一緒なら安心して旅行できると思います。 台湾食い倒れの旅 たこ(29歳 マネージャー) 社員旅行は全額会社負担、現地でのお小遣いのみ自己負担です。 旅行地は 台湾で、会社の事業にかかわる視察を兼ねた2泊3日の旅行でした。 台湾の観光地にも行き、何より台湾屋台の食のバラエティの豊かさにびっくりしました。 日本にはない食文化と食材に出会い、毎食楽しめました。 夜は深夜までお店が開いており、夜遅くにもかかわらず多くの人が火鍋を食べているのが印象的でした。 また、マッサージ店なども手ごろな価格からあり、日本にはないサービスがあるのが魅力です。 お茶の文化も強いので、お土産選びも楽しかったです。 宿泊したホテルも街中にありながら部屋には大きなバスタブがあり部屋も広く、贅沢な社員旅行でした。 近くて食文化も独特なアジアも魅力的ですが、次は 欧米文化圏に行きたいです。 右も左も分からない海外旅行 なっぱっぱ(28歳 事務職) 私の会社は2年に1回社員旅行があります。 業績にもよりますが殆どが海外です。 旅費はもちろん会社負担ですが、ご飯やアクティビティは自費になります。 旅行先はハワイ2回、台湾1回行ったことがありますが一番印象に残っているのはやはり ハワイですね。 海も綺麗で食べ物も美味しく、日本語がアラモアナなどの中心部なら伝わるところが良いですね。 ただ、中心部から離れたローカルな場所へ行くと日本語は通じないしメニューは全て英語なので日常会話程度ができるくらいじゃないと充分に楽しめません。 地元の人たちとの交流も英語がしゃべれなければ楽しさ半減ですので、やはり海外へ行く際はしゃべれたり文字が読めればその地域の魅力が存分に味わえます。 次また社員旅行に海外へ行く機会があるとすればやっぱり ハワイに行きたいです。 何度行っても新しいショップができていたり、新しいアクティビティがあるのでいつまでも楽しめる観光スポットですのでおすすめです。 近場のビーチ りかこ(27歳 歯科衛生士) 私の会社では、旅費は全て会社持ちでした。 社員旅行へはあまり時間もないために近場の グアムです。 旅費自体が安いのも関係していると思います。 グアムは安い上に近く、でもアジアの観光地とは違い海外感が味わえるのでとてもおすすめです。 日本人も多いため、他国に比べると英語が苦手でもわりと不便なく観光もできると思います。 食べ物も美味しいですし、ビーチを楽しみながらショッピングも楽しめるのも魅力です。 町自体も狭いため、社員の居場所なども割と掴みやすく安全だと思います。 もし、社員旅行で他の国へ行けるのであれば次は 香港に行きたいです。 人数も友達と行くときとは違い大人数なので、飲茶などを少しずつつまんでたくさんの味を楽しめそうですし、マッサージや観光、カジノなどわりと男女、年齢問わず楽しめそうだなと感じます。 ハワイ最高! まるこ(28歳 事務職) 社員旅行の費用は、全額会社が負担してくれました。 オプショナルツアーも2つまでは会社が負担してくれて、滞在中の夕食も初日と最終日は会社が負担してくれたので、自分で負担するのはランチとお土産や自分の買い物だけという感じです。 社員旅行ではハワイとオーストラリアに行きました。 社員旅行で行った国の中でも一番魅力的だったのは ハワイです。 12月26日から30日までの社員旅行だったので、暖かいハワイでクリスマスと新年の感じを初めて味わうことができてとても贅沢な気分になり、年末まで仕事を頑張ってきて良かったと思いました。 また、それまでの疲れが嘘のようにスーッと引いていくような感じがしました。 次に社員旅行で行きたいのは スペインです。 サグラダ・ファミリアを見てみたいです。 私の会社の社員旅行について AU88(28歳 事務職) 去年社員旅行で台湾に行きました。 参加は本人の自由なので費用は自己負担でした。 社員旅行では韓国、台湾に行ったことがあるのですが、私は 台湾の方が合っていたように思います。 韓国でも台湾でも観光をするには全然不自由なかったのですが(店員さんが日本語を話せたり、交通網が発達していたため)、私は辛い物が苦手なので台湾の方が良かったかなと思いました。 台湾の食事は主に醤油ベースなので日本人の口にも比較的合うのではないかと感じました。 また、日差しの強い国なので、ハトムギやきくらげなど美容にいい食べ物が料理の中によく入れられていたのも良かったです。 マッサージや台湾式シャンプーもよい経験になりました。 もし次回社員旅行に行くのであれば、今までずっとアジア止まりだったので オーストラリアに行ってみたいです。 旅行費用は高くなってしまいますが、日本からも比較的近いし、綺麗な海やコアラを見てみたいです。 30代社会人の方の海外の社員旅行体験談 香港マカオ煌めきの4日間 ほし(31歳 歯科衛生士) 某旅行会社の海外ツアーだったのですが、旅費に関しては半額は会社持ち、もう半額は毎月5千円ずつの積立をして旅行へ行きました。 今回が初めての海外社員旅行で、行った国は中国の香港とマカオになります。 この旅行で私が特に感動したのは マカオでした。 高速船で一時間ほどかけて向かった先のマカオはカジノのイメーしかありませんでした。 しかし、このマカオ半島には世界遺産が点在しているそうです。 西洋文化と中国文化が混ざり合った建築物や町並みは独特で石畳やタイル、パステル調の建物を目にし、日本では感じられない感動を味わいました。 また日常と世界遺産が混同しているという点が面白かったです。 今で言う、フォトジェニックな街でした。 今後また社員旅行で行くのならば、高い旅費ではなくても行ける アジア圏(台湾、韓国)がいいです。 社員旅行で行った済州島 ひまわり(31歳) 私達の会社は、社員旅行は自費で行くので毎月5000円ずつ積立をしていました。 向こうでの食費のみ会社が負担してくれます。 プライベートでは違う国も何度か行きましたが、社員旅行で海外に行ったのは 済州島しかありません。 済州島の魅力は、ビーチもありカジノもありでゆったりとリゾート気分を味わえるところです。 ご飯も美味しく、海鮮鍋や焼肉等を楽しみました。 皆で観光地巡りをするのも楽しかったです。 観光地に行った際になぜか地元の方から写真を一緒に撮ってほしいとせがまれたのをよく覚えています。 次に社員旅行で海外旅行に行くなら、アジア圏の 台湾か マレーシアに行きたいです。 どちらも物価は安く、食事も美味しいと有名なので是非行きたいなと思います。 社員旅行で初めてバンコクへ行った感想 haru0309(35歳) 今までパスポートとは無縁の生活をしていましたが、会社の社員旅行で初めて海外旅行をすることになったのが、昨年末のことでした。 飛行機、ホテルなどの旅費は全て会社負担のため、作成したパスポート費用のみ負担で済んだことは経済的にもよかったです。 初めて訪れた タイの首都バンコクは微笑みの国と称されるだけあって気候も人もすごくあたたかかったです。 フリータイムの際に軒先の屋台を訪れたのですが、つたない英語で必死に料理の注文をしている私の姿を見て、わざわざ隣の店に行って写真つきのメニューを持ってきてくださり、その写真と同じのを作ってくれるなど、すごく人情味溢れるタイの魅力にすっかりはまってしまいました。 会社の業績が良く、これから毎年末、海外旅行があるようです。 次は同じ東南アジアでももう少し穏やかなイメージのある マレーシアも訪れたいと思います。 成果旅行でシンガポールへ! kanan(30歳 営業) 社員旅行は、成果目標(ノルマのようなもの)を達成することができた社員は会社持ち、それ以外は成績ランクに合わせて費用がかかります。 現地への交通費(海外の場合は飛行機代)は全員分が会社持ちになります。 社員旅行は国内の時と海外の時があり、今年はシンガポールへ行き、昨年はグアムでした。 今まででは シンガポールが一番です。 日中はホテルのプールで泳いだり、ショッピング、観光など思い思いに過ごし、夕方に集合してディナーに行くというスケジュールでした。 シンガポールはチリクラブをはじめ、現地のローカルフードがとても美味しい国です。 また、イギリスの影響が現在でも残り、高級ホテルでのアフタヌーンティーは日本の一流ホテルを超えるクオリティでした。 海外旅行では食事が口に合わず残念な思いをすることもありますが、シンガポールは美食の国なので食事も最高に楽しめました。 今後、社員旅行で行ってみたい国は、リゾートを楽しめる タイです。 日ごろの喧騒を忘れて、日中はゆったりと過ごし、夜は同僚とお酒を飲みたいです。 社員旅行について たなか(30歳 専門職系) 私は社員の方と海外旅行へ行ったことがあります。 社員旅行という形でしたが、行きたい人だけ行った感じの旅行でした。 そのため旅費はほとんど自費でありました。 海外旅行は イタリアに行きました。 イタリアはミラノ、フィレンツェ、ローマ地域に行きました。 イタリアの中でもフィレンツェが素晴らしく良かったです。 フィレンツェは街並みや夜景がとてもキレイで、日本人からみるとかなりオシャレな街並みという感覚がしました。 またコロッセオなどの歴史的建造物もあり、感動も味わえました。 次に社員旅行にいくなら オーストラリアに行きたいです。 オーストラリアの壮大な景色を見たいと思っています。 毎年夏は社員旅行で海外へ行きます ひまり(37歳 営業職) 私は現在都内の小中学校に給食物資を納める仕事をしています。 よって夏はまるまる1ヶ月の夏休みがあるのです。 その夏休みを利用して毎年社員旅行で海外へ行っています。 旅費はすべて会社負担です。 しかし現地で個人的に飲食をする場合やおみやげを買うのは原則自己負担ということになっています。 今までに行ったことのある国はタイ、カンボジア、台湾、中国などのアジア諸国です。 海外旅行の中でも比較的リーズナブルなのでこれらの国を選んでいるとのことです。 もっとも良かったなと思う国は タイです。 自由な気質と物価の安さ、遺跡や観光する場所の多さが魅力的でした。 また食事をするにしても安くておいしい店が多いので、個人的にまた行ってみたいと思っています。 今後社員旅行で海外に行く場合は、 インドネシアに行ってみたいです。 特にバリ島は海も綺麗で大自然に癒されそうだからです。 国を選ぶのは社長の独断ですが、インドネシアの魅力をアピールしてみるつもりでいます。 社員旅行でゴルフデビュー こん(37歳 事務職) 社員旅行では グアムに行きました。 費用は会社負担だったので行くことにしたのですが、自由時間にゴルフをするか買い物するかの2択しかありませんでした。 買い物は面倒臭そうだったし、ゴルフは打ちっぱなしに行き始めたばかりの初心者だったのですが、リゾートだから下手くそでも大目にみてもらえるだろうと思いゴルフコースを選びました。 しかし日本よりはるかに暑く、陽射しの強い国ですので体力的にかなりこたえました。 また、日本の近所のコースじゃあり得ない海超えのポイントがあったりして、全然初心者向けじゃなかったです。 結局迷惑をかけそうなコースはリタイアしたのですが、周りは親切だったしなかなか体験出来ない所だと思うので楽しめました。 もし、また社員旅行で海外へ行くとしたら、観光バス等で色々なスポットを回れる バリ島がいいです。 社員旅行で行ったマレーシア ひろゆき(41歳) 会社が全額負担をしてくれる社員旅行で マレーシアに行きました。 マレーシアには工場を建てたということもあり、社員旅行なのに自社工場の見学を行いました。 マレーシアの郊外は予想より整備されており、ホテルも非常にきれいで立派でした。 全面窓になっていて、同僚は窓がしまっていることに気がつかず窓に頭を打っていました。 それくらい綺麗でした。 旅行はいくつかのオプションを選べたのですが、僕はゴルフをしました。 ホテルからバスで15分くらいのところにあり、とても自然が豊かでかなりリラックスと気分転換ができました。 次もマレーシアで良いのですが、強いて言うなら オーストラリアに行ってラフティング(ゴムボートでの川下り)をやってみたいです。 社員旅行で海外へ行くなら是非リクエストをしてみて! 社員旅行への参加に対し消極的な方も増えている一方で、今回の調査では「海外での社員旅行を大いに満喫した」という方の回答がほとんどでした。 国によって楽しみ方・過ごし方も様々ですが、どの国にもそれぞれの魅力があります。 会社側に社員旅行について「こんな所へ行きたい」と要望を出せるのであれば、ぜひ自分の行きたい国をリクエストしてみてはいかがでしょうか。

次の

社員旅行を拒否した人っていますか? その後どうなりましたか?

社員 旅行 英語

旅行会社の業務で英語が必要になる時はどんな時?• 旅行会社でよく使う専門用語• 旅行会社で海外赴任する際の英語力 僕自身、旅行会社に就職してから、 リテーラーや ランドオペレーターの業務を通して、カウンターセールスや商品企画、手配、仕入れ、海外赴任を経験してきました。 様々な業務の中で英語を使う機会があり、外国人観光客や海外の取引先と仕事をしてきました。 そこで今回は、「 旅行会社の業務で英語が必要になるシチュエーション」や「 旅行会社でよく使う専門用語」、「 旅行会社で海外赴任する際の英語力」について、分かりやすく解説したいと思います。 旅行会社で働きたいと考えている方は、是非記事をご覧ください。 リテーラー(カウンターセールスや手配、商品企画)• ホールセラー(営業や手配、商品企画)• ランドオペレーター(営業や手配、仕入れ)• 添乗員(旅程管理、トラブル対応) それでは業種ごとにどういった場面で英語を使うのかを見ていきましょう。 リテーラー リテーラーは、やのように店舗のツアーカウンターにて主に個人向けに旅行販売をしている旅行会社のことを言います。 (団体旅行を取り扱う時もあります) ツアーカウンターで旅行の相談を受けたり、希望のツアーの紹介をしたり、旅行予約を受付けたりといった業務になります。 また、中堅旅行会社では、カウンターセールス以外にも地上手配や商品企画も担当者ベースで行うことがあります。 英語を使う機会は次のような場面です。 特にいつからキャンセル料が発生するなどはきちんと伝えなければなりません。 また、電話やメールを使って英語で問い合わせをしてくる人もいます。 旅行会社によっては海外のホテルと直接契約をしていることもあり、予約手配自体を直接ホテルへ連絡をする場合があります。 その際はトラブル時も含めて全て英語対応になることがあります。 仕入とは、主にホテルと契約書を交わしたり、販売促進の打ち合わせをしたりすることを言います。 また、 セールスコールという年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、旅行会社に営業をすることがあります。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 ホールセラー ホールセラーは、パッケージツアーを企画し、他の旅行会社へ卸売りする旅行会社のことを言います。 ホールセラーでは、 法人営業として外回りの営業がありますが、取引先が国内ということであれば、英語を使う機会はほとんどありません。 ただし、予約や手配、商品企画に携わるスタッフは英語を使う機会があります。 英語を使う機会は次のような場面です。 海外のホテルと直接契約をしている場合は、英語にて予約手配やトラブル対応をすることとなります。 また、ニッチな旅行方面、例えばアフリカや中東など、現地のランドオペレーターとやり取りする際は日本人スタッフがいないことも多いため、基本英語でやり取りをすることとなります。 また、年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、リテーラー以外にもホールセラーへ営業をすることがあります。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 ランドオペレーター ランドオペレーターは、主に地上手配(ホテル、送迎、アクティビティ)を行う旅行会社です。 現在は海外に支店を持っている日系ランドオペレーターが多く、日本人スタッフの派遣なども行っています。 それは、現地支店の予約担当スタッフがローカルスタッフとなっているため、英語を使うこととなります。 トラブル時や団体見積もりなどの場合は現地日本人スタッフが窓口になってくれることもあり、日本語でのコミュニケーションをする場合があります。 また、契約書なども英語となっており、十分な理解をする必要があります。 年に1回~2回程度、海外のホテルスタッフが来日し、リテーラーやホールセラー以外にもランドオペレーターへ営業を行います。 その際は英語を使っての商談になることがほとんどです。 添乗員 添乗員は、出発から解散までの旅程を管理する業務となりますが、海外旅行の添乗の場合は英語は必須となります。 海外旅行に添乗員が付き添っても、海外の現地では日本語ガイドを手配していることが多いため、観光地の歴史や文化の説明を英語で聞き取って、ツアー参加者に日本語で伝えるようなことはほとんどありません。 旅行会社でよく使う専門用語 旅行会社で働いていると専門用語や旅行業界でよく使う言葉がたくさんあります。 ここでは、旅行会社でよく使う英単語を日本語の説明を付けて説明をしていきます。 海外赴任といっても、現地での業務や役職により、必要となる英語力も大きく変わってきます。 ほとんどの国ではガイドをする際にその国の観光省のライセンス講習を受け、認定されなければなりません。 そのため、日本人は基本的に海外ではガイド業務はできません。 日本人の一般社員が現地に赴任した際に行う業務は、予約業務やガイドなどを管理する業務が多いです。 ホテルや送迎会社などと商談を行うことがあるため、ビジネス英語は必須となります。 特にネイティブの人に英語で何かを伝える際は十分に気を付けなければなりません。 英語で行う主な業務は次のような内容です。 会社登記関係の書類• 会計士との打ち合わせ• 就業規則の作成• 労働基準法の確認• スタッフの査定• ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンス ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンスは難しい この中でも「ネイティブとやり取りする際の英語のニュアンス」は非常に難しいです。 日本語の細かいニュアンスを日本人が使っているように、英語のネイティブの人も細かいニュアンスを使っており、そこを誤ってしまうと変に伝わってしまうことがあります。 例えば、「 Please send back the document to me by Monday」と書いたとします。 直訳すると「 月曜日までに書類を送り返してください」という訳になります。 「 Please」を使ってるから 敬語になるから、大半の日本人は大丈夫と思うはずです。 しかし!取引先のネイティブの人にこれを送ってしまうと、「 お前は何様だ!」とか思われかねません。 なぜかというとネイティブの相手にとっては、この文章が 命令口調に聞こえているからです。 こういったケースの時は、「 I would appreciate if you could send back the document to me by Monday」と書いた方が良いです。 直訳すると「 月曜日までに書類を返送してくれたら感謝します」となります。 ビジネス英語を学ぶなら、通勤時間を使って英語の勉強ができる「」がお勧めです。 以上となります。 旅行会社で働く際の英語は、同じような単語ばかりを使うので最初の努力で後々楽になります。 是非頑張ってみてください!.

次の

【旅行会社社員が教える】旅行会社や旅行業界で必要な英語力は?

社員 旅行 英語

さて、微妙なところで。 会社業務なら、当然に仕事の一環ですから参加しないという事は欠勤です。 年休使うのは順当な扱い。 会社の所定労働日がはっきりしませんが、1日は業務日、1日は休日であれば、業務旅行なら、、、旅行参加者は1日は休日出勤と見なせますね。 不参加も可能という事ですから、厳密に業務とは言えないのかもしれません。 業務か否か、白と黒しかありませんからグレーな扱いはできません。 実態によって白か黒か判断されるべきでしょう。 で、業務で無い、のなら、年休ではなく出社ですね。 会社に誰も居ない?1人でも仕事はできるでしょ。 w 旅行参加者は遊んでる訳ですから欠勤扱いです。 というのもおかしいので、会社の休業と解釈できると思います。 会社が遊びたいから休業する訳ですから、遊びに参加しない人に対しては最低6割の休業手当の支給が必要でしょう(その場合、1日分の賃金は出ない、賃金が出るならそれが休業手当)年休を使ってしまう必要はありません。 会社が業務と断言できるだけの自信が無く、優柔不断だから年休なんて話になるのでしょう。 断固拒否!ストライキ! (会社も休みだけど、w) 判断する上での情報が書かれていないので、『土曜日及び日曜日は休業日としている完全週休2日制』『参加は強制ではない。 2 金曜日又は月曜日は、会社が賃金を支払っているのだから問題は無い。 2 金曜日又は月曜日は、会社が賃金を支払っているのだから、有給休暇を取得利用させる必要は無いし、取得を命令する事もできない【注】。 但し、旅行実施日が予め労働基準法に定める『有給休暇の計画的付与』で指定された日になっているのであれば、有給休暇を取得させると言う行為は適法となる(この場合、参加者も有給休暇を取得している)。 【注】 そもそも、労働基準法の趣旨に沿って考えれば、会社が勝手に労働者に対して有給休暇の取得を強要する事はできない。 例外は2つあるが、そのうちの1つが「計画的付与」であり、会社は取決め日に対して有給休暇の取得利用(書類申請と実際に休んでいると言う事実)を労働者に強制できる。 >このような場合の参加者、不参加者の取り扱い方を教えてください。 「法律の許す範囲内で、会社側が決めた取り決めに従う」です。 会社が「不参加の社員は1日分の有給休暇を申請し、参加する社員には振替休日も休日出勤手当も無い」と決めたなら、それに従います。 あと、参加する社員に振替休日を与えるか、休日出勤手当を出すのであれば、その代わりに「旅費は参加者負担」にするのが普通。 参加者は、振替休日も休日出勤手当も無い代わりに「会社の金で旅行に行ける」のですよ。 あと「福利厚生を受けるのを辞退する」と言うなら、つまり「不参加する」と言うなら、皆が旅行に行っている「金曜日」か「月曜日」は、自分一人だけ出社して働かないといけない。 でも、不参加者だけ出社されても正常な業務は出来ないから、会社は「その日は有休を取って欲しい」って言ってる。 不参加して有休を使いたくないなら、有休を使わなくても構わないけど、その代わりに「ちゃんと出社する」か「出社しないで欠勤にして給料減らされる」か、どっちかですよ。 そういう訳で、会社の現在の対応は「至極真っ当」です。 文句を言う方がおかしい。 Q 社員旅行を強制するのは会社からのパワハラ? 「旅行行くのなら彼氏と行きたい。 勝手に社内旅行費とかを給料から天引きするな。 金返せ。 」 「行きたくもない所に金を出して行きたくない。 北陸新幹線が出来ようが富山県みたいなゴミみたいな県に行きたくないし、世界遺産登録されようが富士山とか登りたくもないし、見たくもない。 」 「社員同士の親睦とかどうでもいい。 むしろ金も貰わず一緒の空間にいたくない。 」 こういうので会社を訴えた人達が最近報道されたけど、社員旅行ってパワハラだと思う? 勝手に給料から天引きされて、旅行代金として積み立てて、上司や同僚と気を遣いながら興味のない所に行く。 休めば積み立て金は返金されない こう言うのが社員旅行の一般的なパターンだけどこれだと完全にパワハラだよね? 私は社員旅行はパワハラだと思うから、この訴えが認められて、それが判例になって早く日本の会社から社員旅行が無くなって欲しい 社員旅行はパワハラに該当すると思いますか? 低学歴がよく言う「嫌なら辞めろ。 」っていう回答は書いてくんなよ。 Q うちの会社の社員旅行は、研修ではなくあくまでも慰安目的です。 バスで行きます。 1泊2日で土日なので、休日出勤扱いになるのですが、休日出勤手当はないですし、振替休日もありません。 しかも全額自費(3万円くらい)です。 それなら当然「慰安旅行」として自由参加なのかと思いきや、 全員強制参加です。 ちなみに、何かの事情で行けない人が毎年数人いますが、 行かなかった人からは旅費は徴収されません。 振替休日がないので翌日の月曜日から普通に出勤なのですが、 私の仕事は休日出勤が多く、休みは少ない時で月3日程度、年間で平均したら週1程度です。 その旅行がある月とその翌月は繁盛期にあたり、月3程度しか休みがないのに、 2日間が旅行になると月1くらいしか休みが取れないことになり、 旅行もはさんだら連続何日勤務?ということになります。 うちの会社は女性の方が多いので、家のことが気になったりして「行きたくない」と言う人も何人かいますし、本当は女性は行きたくない人が多いと思います。 実際、行かなかった人のことを「ずるい」と少し陰口を言っているので、やはり皆行きたくないのだと思います。 男性は夜の宴会でお酒が飲めるので楽しみみたいです。 かと思えば、社員を対象にアンケート調査が行われたりしているのですが、 その結果では「存続すべき」が多いので毎年行われているんです。 女性の人数の方が多いのだから「廃止すべき」の方が多くなるはずなのに、 口では行きたくないとか言いつつ本音は行きたいの???とかわけが分からなくなり、 それなら行きたい人だけで行けばいいし、行かなかった人を非難する必要もないのにと思います。 私の場合、乗り物酔い(修学旅行とか必ず酔ってたようなタイプで、市販の薬や病院で処方してもらった薬を試しますがなかなか効かなかったりします。 )と過敏性腸症候群(トイレのない所が怖い。 )が昔からひどくて、 そのトラウマだと思うのですが最近パニック障害も発症してしまい、 密室が怖いのでバスの中で長時間居るなんて耐えられません。 会社には言っていません。 私はそういうことは行きたい人だけで行けばいいと思うタイプですが、 協調性ということを考えたら行ける時には行こうかなと思っていたので、 パニック障害を発症する前とか、行き先が近場の時は行っていたのですが、 最近はそういう症状もあって、仕事の中で1番嫌と思うくらい本当に行きたくないです。 でも、他の人も家族の育児・介護の人も実際いるので、 そういう人は泊まりは厳しいと思います。 私のような人間やそういう泊まりが難しい人は 例えばJRとか別ルートで行き来するとかしてでも行かなければいけないものなのでしょうか? その場合は当然その交通費も自費だとは思いますが、 研修ならまだしも慰安に正直そこまでのプラスアルファをして行くべきもの…?とも思います。 皆さん仕事の内と割り切って行っておられるのでしょうか? うちの会社ではこうしている、というお話でも構いませんので、 教えて下さい。 うちの会社の社員旅行は、研修ではなくあくまでも慰安目的です。 バスで行きます。 1泊2日で土日なので、休日出勤扱いになるのですが、休日出勤手当はないですし、振替休日もありません。 しかも全額自費(3万円くらい)です。 それなら当然「慰安旅行」として自由参加なのかと思いきや、 全員強制参加です。 ちなみに、何かの事情で行けない人が毎年数人いますが、 行かなかった人からは旅費は徴収されません。 振替休日がないので翌日の月曜日から普通に出勤なのですが、 私の仕事は休日出勤が多く、休み... Q こんばんは、いつもお世話になっています。 慰安旅行って強制なんでしょうか? ちなみに私は4月から新入社員として働き始めた者です。 今日、社長が旅行の行き先などを部長に相談しているのを聞いてしまい今不安の真っ最中なんです。 慰安旅行は仕事の一部だと言われてしまいそうなんですが、はっきり言って慰安旅行には行きたくないんです。 行きたくない理由として話せる人がいないんです。 一番年の近い人でも14歳離れています。 普段事務所ばかりにいるから現場で働く人との交流もあっていいんでは?と思う方もいるかと思いますが、現場で働いてる人は私にとってはおばあちゃんと呼んでいいくらいの人ばかりです。 グループが出来ているのは顔合わせの時に十分すぎるほどわかりました。 こんな状況で長時間いることには絶えられません。 慰安旅行に行かなくていい方法はないのでしょうか? また慰安旅行には行かなかったという方がいらっしゃれば、断った理由を教えてください。 甘ったれた質問だとわかっています。 けれど本気で悩んでいるんです。 なにかアドバイスでもいいのでお願いします こんばんは、いつもお世話になっています。 慰安旅行って強制なんでしょうか? ちなみに私は4月から新入社員として働き始めた者です。 今日、社長が旅行の行き先などを部長に相談しているのを聞いてしまい今不安の真っ最中なんです。 慰安旅行は仕事の一部だと言われてしまいそうなんですが、はっきり言って慰安旅行には行きたくないんです。 行きたくない理由として話せる人がいないんです。 一番年の近い人でも14歳離れています。 普段事務所ばかりにいるから現場で働く人との交流もあっていいんでは... A ベストアンサー >甘ったれた質問だとわかっています。 違うと思いますよ。 「慰安(旅行)」なんて言葉に私は「どきっ!」とするくらい古い言葉に思います。 (「・・婦」?って。 ) この習慣は、昔楽しみのなかったころの習慣だと思います。 (もう21世紀なのにね。 ) 何回か転職してますが「慰安旅行」の習慣がある会社にあたったことがありません・・。 どっちかというと「参加したい派。 」なのに(笑)。 うらやましい。 kotyouさんが参加したいならともかく、絶えられない・・のであれば断っていいと思いますよ。 強制ではありません。 参加費も払いますよね。 私だったら、やんわり断ります。 いかにも残念そうに。 でもプライベートなので基本的に理由はいいません。 あえて言うとすれば「ごめんなさい。 その日は用があるんです。 行きたいんですけど・・。 」または「お金がないのです。 いま資格をとるために貯金してます。 残念ですぅ~!」と。 もし、kotyouさんが不参加になっても周りは何も思わないと思いますよ。 みんなだってkotyouさんと年齢が会う人がいないことは承知ですもの。 「若い子だもんねぇ。 おじさん相手は嫌だよねぇ。 恋人とがいいよねー。 」で終わりです。 心配しなくてもkotyouさん抜きでエンジョイしてきますよ。 kotyouさんが参加しないからって、全員が「がっくりする。 」「来なかった。 って怒る。 「アンタ一人休んだって、会社はちゃ~んと回ってくのよォ~。 社長でもあるまいし、自分がいないと、さも会社はだめになってしまう。 なんて考え100年早いよ!」って。 ) kotyouさんのファンのおじさん方は残念に思うかもね(笑)。 先にも述べましたが「残念そうに・・。 」がポイントだと思います。 ぶっきらぼうに「いきません!」なんて言われた方はいい気がしませんからね。 >甘ったれた質問だとわかっています。 違うと思いますよ。 「慰安(旅行)」なんて言葉に私は「どきっ!」とするくらい古い言葉に思います。 (「・・婦」?って。 ) この習慣は、昔楽しみのなかったころの習慣だと思います。 (もう21世紀なのにね。 ) 何回か転職してますが「慰安旅行」の習慣がある会社にあたったことがありません・・。 どっちかというと「参加したい派。 」なのに(笑)。 うらやましい。 kotyouさんが参加したいならともかく、絶えられない・・のであれば断っていいと思いますよ。 Q はじめまして。 現在勤めている会社では2~3年に一度全額自己負担の海外社員旅行があります。 社員数は約300人、カレンダー通りの勤務になります。 現状: ・給与より毎月3,000円(12か月)+ボーナス毎10,000円(2回)の積み立てを行っています。 年間56,000円になります。 ・旅費は全額自己負担の強制参加。 参加拒否する場合は、お医者さんからの航空中耳炎などの診断書が必要です。 ・参加日は平日、特別休暇にて参加のため、有給などの日数は減りません。 費用は全額自己負担に対し、会社負担?といえる部分は特別休暇にて参加できるというところです。 今まで参加を拒否した方はいなく、参加しなかったらどうなるかは誰もわかりません。 疑問点: 1 診断書なしで参加を拒否し、会社の方針に従えないという理由での解雇は可能なのでしょうか? 2 上記 1 の理由で解雇が可能の場合、労働者への何かしらの法的保護はありますか? 強制参加のため、業務とみなし特別休暇にて出勤扱いされるのは理解できますが、全額自己負担での社員旅行はどうなんでしょうか? 強制に何か高いものを会社より売りつけられ、拒否できないような気持ちです。 会社が経済的に全額負担が困難で、一部や何割会社負担があるなどであれば福利厚生などという感じで多少の理解もできますが、全額自己負担かつ強制参加という点に疑問を抱いて質問させていただきました。 よろしくお願いします。 はじめまして。 現在勤めている会社では2~3年に一度全額自己負担の海外社員旅行があります。 社員数は約300人、カレンダー通りの勤務になります。 現状: ・給与より毎月3,000円(12か月)+ボーナス毎10,000円(2回)の積み立てを行っています。 年間56,000円になります。 ・旅費は全額自己負担の強制参加。 参加拒否する場合は、お医者さんからの航空中耳炎などの診断書が必要です。 ・参加日は平日、特別休暇にて参加のため、有給などの日数は減りません。 費用は全額自己負担に対し、会社負担?とい... A ベストアンサー >解雇は可能なのでしょうか? 解雇なんぞ、どういう理屈でもできます。 「お前のつらが気に入らない」でも、 理由はなんとでもでっちあげられます。 >労働者への何かしらの法的保護はありますか? お役所はなんだかんだで、守ろうとはしてくれますが、 質問者さんの生活までは保障してくれません。 消防署は火事が出れば火を消してくれるけど、 家を建て直してくれるわけではないし 誰かに刺されたら、警察は犯人を捜して 捕まえてくれますが、入院の費用を 出してくれるわけではないのと似ています。 要は、「違法ですよ」とは言ってくれても、 会社側に「それがどうした」と言われれば、 それで終わりなんです。 >全額自己負担での社員旅行はどうなんでしょうか? 旅行会社ならなんとなくわかるような気もしますが、 それ以外ならなんなんだろうと思います。 不思議な会社もあったものです。 労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事務部門に従事する職員の労災保険番号、末尾「8」は、建設業の一人親方の事務組合加入による労災保険番号になります。 つまり、一元適用事業所には、13桁からなる労働保険番号と11桁からなる雇用保険適用事業所番号の2種類の番号を持つことになります。 二元適用事業所の場合は、事業の内容により変わりますが、雇用保険適用事業所番号と他に、労働保険番号の基幹番号の末尾2、5、6などを持つ場合が多い(末尾6を持たない事業所も多いです)ようです。 労働保険料の納付は、毎年5月20日までに年度更新(労働保険の確定申告)を行い最寄りの金融機関や郵便局又は、一元適用事業所であればハローワークで納付(労災も雇用保険料も併せて)します。 二元適用事業所の場合も金融機関などの納付は一元適用事業所と同様ですが、直接ハローワークや労働基準監督署などに納付する場合は、雇用保険料(末尾2の分)はハローワークへ、その他の末尾にかかる保険料は労働基準監督署に納付します。 ちなみに年度更新における書類の作成も一元適用と二元適用では大きな相違点がありますのでご注意下さい。 参考までに下記のホームページをご覧下さい。 mhlw. 労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事... A ベストアンサー 難しいですよね。 「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・ 「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。 「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。 バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑) 「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。 「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。 ddart. html A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の