お初天神。 梅田・お初天神にあるバー「ブルーホール」女性の一人飲みにおすすめ

露天神社

お初天神

露とちる 涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出づれば との一首を詠んで涙を流したからとも伝えられている。 時代が下ると祭神を天照皇大神として祀っていたことから、かつては難波神明社とも呼ばれ、日本七神明(、京都松原神明宮、京都東山神明宮、大阪難波神明宮、加賀金沢神明宮、信濃安曇神明宮、出羽湯殿山神明宮)の一つにも挙げられた。 近世に入ると概ね(の西半)がとなる。 近松門左衛門のいたころの天神の境内は560余の広さがあり、近松は当時の天神の様子を「影暗く風しんしんたる曽根崎の森」、「天神の森」と書き記すほど木が鬱蒼と茂っていた。 しかし、太平洋戦争による戦火と、その後の社殿復興のための境内の切り売りが行われた結果、現在の広さとなったものである。 お初天神 [ ] 16年()に堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が「天神の森(現在の社の裏手)」にて心中を遂げた。 一月後はこの二人の悲恋を『』として発表したところ、当時の大きな話題となった。 事件の神社は一躍有名となり、そのである「お初」の名前から以後今日に至るまで「お初天神」と通称されている。 曽根崎心中の中では「三十三に御身を変へ、色で導き情けで教へ、恋を菩提の橋となし、渡して観世音、誓ひは妙に有難し」とお妙の名と観音信仰(明治以前はが常態であった)をかけている。 なお「お初」は天満屋での呼び名であり、墓所(慰霊碑)に記された(大阪市中央区)での戒名は妙力信女であることから「お妙」などが推測される。 境内 [ ].

次の

露天神社

お初天神

「お初天神」の名で広く知られる当神社、は正式名称を露 天神社(つゆのてんじんしゃ)といいます。 元禄16年(1703年)に当神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。 以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったのです。 誰が告ぐるとは曽根崎の森の下風音に聞え。 取伝へ貴賤群集の回向の種。 未来成仏疑ひなき恋の。 手本となりにけり。 「曽根崎心中」は、元禄16年4月7日に起こった、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当神社の「天神の森」にて情死した事件をもとに、近松門左衛門が劇化したものです。 この作品は当時の人々の間で大評判となり、当神社にも参脂回向の老若男女が大勢押しかけたといわれています。 広く民衆の涙を誘うこの作品はその後も繰返し上演され、今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れています。 なお、昭和47年7月、曽根崎中1丁目の有志によって、恋に殉じた二人を慰霊するための「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立されました。 二人の300回忌の後、氏子の一人が「お初さんのために」と100万円の寄付がありました。 それをきっかけに、地元の商店街などから寄付金が寄せられ、平成16年4月にブロンズ像が製作されました。 創建以来一千三百年の歴史を持つ古社で、「難波八十島祭」旧跡の一社である。 曽根崎・梅田地域の総鎮守として現在も崇敬を集める。 社伝によると、当神社は上古、大阪湾に浮かぶ小島の一つであった現在の地に、「住吉須牟地曽根ノ神」を祀り御鎮座されたと伝えられており、「難波八十島祭」旧跡の一社です。 曽根崎(古くは曽根洲と呼ばれた)の地名は、この御神名によるとされています。 創建年代は定かではありませんが、「難波八十島祭」が文徳天皇の嘉祥3年(850年)にまで遡ることができ、六世紀の欽明天皇の頃には形が整っていたとされることから、当社の起源もその頃と推察されます。 なお、承徳元年(1097年に描かれた「浪華の古図」には、当社の所在が記されています。 南北朝期には「曽根洲」と呼ばれたこのあたり一帯も斬次拡大し、地続きの「曽根崎」と呼ばれるようになりました。 この頃、北渡辺国分寺の住人・渡辺十郎源契や渡辺二郎左衛門源薫ら一族が当地に移住し、田畑を拓き農業を始め、当社を鎮守の神とし曽根崎村を起こしました。 以後、明治7年(1894年)の初代大阪駅、明治38年の阪急電鉄梅田駅開業などとともに地域の発展に拍車がかかり、当社も大阪「キタ」の中心、梅田・曽根崎の総鎮守として崇敬を集めるに至っています。

次の

お初天神について

お初天神

「お初天神」の名で広く知られる当神社、は正式名称を露 天神社(つゆのてんじんしゃ)といいます。 元禄16年(1703年)に当神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。 以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったのです。 誰が告ぐるとは曽根崎の森の下風音に聞え。 取伝へ貴賤群集の回向の種。 未来成仏疑ひなき恋の。 手本となりにけり。 「曽根崎心中」は、元禄16年4月7日に起こった、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当神社の「天神の森」にて情死した事件をもとに、近松門左衛門が劇化したものです。 この作品は当時の人々の間で大評判となり、当神社にも参脂回向の老若男女が大勢押しかけたといわれています。 広く民衆の涙を誘うこの作品はその後も繰返し上演され、今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れています。 なお、昭和47年7月、曽根崎中1丁目の有志によって、恋に殉じた二人を慰霊するための「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立されました。 二人の300回忌の後、氏子の一人が「お初さんのために」と100万円の寄付がありました。 それをきっかけに、地元の商店街などから寄付金が寄せられ、平成16年4月にブロンズ像が製作されました。 創建以来一千三百年の歴史を持つ古社で、「難波八十島祭」旧跡の一社である。 曽根崎・梅田地域の総鎮守として現在も崇敬を集める。 社伝によると、当神社は上古、大阪湾に浮かぶ小島の一つであった現在の地に、「住吉須牟地曽根ノ神」を祀り御鎮座されたと伝えられており、「難波八十島祭」旧跡の一社です。 曽根崎(古くは曽根洲と呼ばれた)の地名は、この御神名によるとされています。 創建年代は定かではありませんが、「難波八十島祭」が文徳天皇の嘉祥3年(850年)にまで遡ることができ、六世紀の欽明天皇の頃には形が整っていたとされることから、当社の起源もその頃と推察されます。 なお、承徳元年(1097年に描かれた「浪華の古図」には、当社の所在が記されています。 南北朝期には「曽根洲」と呼ばれたこのあたり一帯も斬次拡大し、地続きの「曽根崎」と呼ばれるようになりました。 この頃、北渡辺国分寺の住人・渡辺十郎源契や渡辺二郎左衛門源薫ら一族が当地に移住し、田畑を拓き農業を始め、当社を鎮守の神とし曽根崎村を起こしました。 以後、明治7年(1894年)の初代大阪駅、明治38年の阪急電鉄梅田駅開業などとともに地域の発展に拍車がかかり、当社も大阪「キタ」の中心、梅田・曽根崎の総鎮守として崇敬を集めるに至っています。

次の