正月 しめ飾り。 4種類のしめ縄の意味・飾り方は?神棚・正月の注連縄の向きや場所も

正月のしめ飾りの意味としめ縄との違いは?玄関の飾り方と位置

正月 しめ飾り

「お正月にすることは?」「正月行事の意味は?」改めて問われるとわからないことばかり。 由来を知るとお正月の過ごし方がよくわかります そもそも、お正月とは何でしょう? 本来「正月」は1月の別称ですが、一般的には正月行事をする間ととらえ、 1月1日~1月7日(地方によっては15日、または20日まで)の「松の内」や、一連の正月行事を終え「正月事終い」の日とされる 1月15日(地方によっては20日)の「小正月」までを指すことが多いです。 多くの方がお正月を家族で過ごし、当たり前のようにおせちを食べたり、お年玉のやりとりをしたりしていますが、ひとつひとつの物事にも大切な意味が込められており、由来を知るとなるほどと思うはず。 伝統的な日本の正月行事は、年神様をお迎えするために成立しました 昔から、元旦には「 年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。 年神様は祖霊神であり、田の神、山の神でもあるため、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされていて「 正月様」「 歳徳神(としとくじん)」ともいいます。 その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。 それはまるで、私たちが大事なお客様をおもてなししているようにも思えて、おもしろいですよ。 年越しそばは、薬味のネギにも意味があります 年越し蕎麦は、細く長く長寿であるよう願い、大晦日に食べます。 江戸の町人の間で慌ただしい月末に手っ取り早く食べられるそばを好んだ「晦日そば」という風習が大晦日にだけ残ったもので、日本各地で細く長く長生きできる「寿命そば」、運がよくなる「運気そば」、金運上昇の「福そば」、苦労ごとと縁が切れる「縁切りそば」といった呼び名やいわれがついて親しまれるようになりました。 薬味のネギは、疲れをねぎらう意の「労ぐ(ねぐ)」、祈るという意の「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いしたり清めたりする神職の「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけ、1年間の頑張りをねぎらい、新年の幸せを祈願する意味があります。 除夜の鐘 大晦日は、年神様を寝ずに待つ日とされていました。 その前にお祓いをするために、寺院では深夜零時をまたいで除夜の鐘を108回打ち、108つあるという人間の煩悩を祓います(十二か月と二十四節気と七十二候を合わせた数で108という説もあります)。 神社では罪や穢れを清める「大祓(おおはらえ)」「年越しの祓」を行います。 初日の出 左義長の由来の通り、今でも青竹を組んで焼きます 左義長とは、1月15日の小正月に正月飾りや書き初めを燃やす行事で、その煙に乗って年神様が天上に帰ってゆくとされています。 「左義長」は、三毬杖(さぎちょう)という青竹で正月飾りを焼いたことに由来しますが、「どんど焼き」「とんど」など各地に様々な呼び名があります。 この火で焼いたお餅などを食べると無病息災で過ごせる、書き初めの火が高く上がると字が上達するなどと言われています。 このように年神様を見送って正月行事も無事終了となるので 、1月15日を「正月事終い」といい、15日までを「松の内」とする地方もあります。 このように、一連の由来を知っておくと、心豊かに過ごせそう! 新年もよい年となりますように…….

次の

お正月の準備【しめ飾り編】いつからいつまで飾る?由来や意味は?

正月 しめ飾り

スポンサーリンク しめ飾りを取る日・下げる日は? しめ飾りを捨てたり処分する前に、まずはいつしめ飾りを取るのか? しめ飾りを取る日は、 7日が良いとされています。 7日には七草粥を頂く家庭もあると思いますが 食べない人も多いですが 、その七草粥を食べた後が良いとされています。 七草粥は朝食べると良いとされているので、午前中いっぱいに下げる・取ると良いとされています。 忘れてしまった場合は、7日の内なら大丈夫です。 神社なども午前中に行くのが良いとされていますが、しめ飾りも午前中が良いですね。 ですが、7日目でも地域によっては小正月などもあります。 小正月は15日ですが、4日、14日、15日、20日に取る地域もあるそうです。 分からない場合は7日でよいかと思います。 しめ飾りの処分方法 お正月のしめ飾りの処分方法は2つあります。 1つめが神社やお寺での処分方法 2つめが自宅での処分方法 この2つそれぞれについてご紹介します。 神社やお寺で処分してもらう方法 昔の風習で1月15日にしめ飾りの「 どんと焼き」というものがありました。 これは神様へのしめ飾りをお返しして、祈祷して、焚き上げという意味がありました。 しめ飾り以外にも、門松やお守りなんかもありますね。 これは昔は正しい処分方法だったのですが、今の常識は変わっています。 というのも、どんと焼きをすることでかまわずしめ飾りを燃やすところで「ダイオキシン」が発生するなど環境問題が起きることから、どんと焼きをやらなくなった地域が増えているそうです。 ですが、しめ飾りの処分を忘れても近くの神社やお寺でも預かってくれるのだそうです。 処分してもらえないということはないと思いますが、一応近隣の神社やお寺に確認してみると良いですね。 自宅でのしめ飾りの処分方法 お清めすればOK 何ゴミ? 近所に神社やお寺がない場合は、自宅での処分方法になります。 ゴミの分類としては「 燃えるゴミ」で処分して大丈夫です。 ですが、ただくしゃくしゃっと他のゴミと一緒に捨てるには失礼になってしまいますので『 しめ飾りをお清め』をして正しく処分をすることが大切になってきます。 この時、一つまみですべて塩をかけるのではないく、左に塩をパラっと、右に塩をパラっと、最後に左に塩をパラっと実際には計3回塩を一つまみずつかけていきます。 新聞紙を引くのは、この塩をかけて最後につつむためです。 この新聞紙でくるんだしめ飾りは、他のゴミにいれず、 しめ飾り1個に対して1袋にいれて捨てるという処分方法が、失礼に当たらないお正月のしめ飾りの捨て方になります。 お正月のしめ飾りの捨て方や処分方法は以上となります。 今年から正しいしめ飾り・お正月飾りの捨て方をしてみてはいかがでしょうか?.

次の

しめ縄としめ飾りの違い!何が違うのか詳しく解説します!

正月 しめ飾り

「 正月飾りっていつからいつまで飾るものなの?」 「 関東と関西で飾り付けの時期が違うってどういうこと?」 今回は、ちょっとわかりにくい 「正月飾りの時期」についてまとめてみました。 年末が近づくと、スーパーでも正月飾りが販売され始めますよね。 でも、毎年わたしは時間のあいた時に飾り付けしちゃったりしてます。 実は、正月飾りには 飾り付けの最適な日にちがあったり、「 この日だけはNG!」みたいな日もあるんです!縁起を担ぐための正月飾りが、もしかしたら「 縁起の悪い日」に飾り付けしちゃってるかもしれないんです。 そんな悲しい事態にならないためにも、しっかりと飾り付けの時期をまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。 スポンサードリンク 正月飾りを飾る日:12月30日 正月飾りを飾る日で間に合うのが12月30日です。 30日と言う数字も縁起は悪くないですが、飾る時期としてはチョット遅いのでもう少し早めに準備したいですね。 30日は晦日(みそか)と呼ばれ、旧暦12月は30日までしかなかったため、この日が年内最後の日でした。 旧暦で考えると年明け前日の飾りは縁起が悪いので、やっぱり28日が最適な日ですね。 正月飾りを飾る日に12月29日と31日は厳しい! 29日も大丈夫っぽく感じますが、これも数字の関係で 「29」が「苦しい、二重苦」などを連想させる数字ということから、正月飾りを飾る日には避けたい日です。 大晦日の12月31日は元旦の前日で 「一夜飾り」と言われ、お正月にやってくる歳神様に対して失礼だと考えられています。 一夜飾りは葬儀と通じるものがあるので縁起が悪いのです。 だから年末には「12月28日か30日」あたりの日にちを覚えておきましょう 参考ページ 鏡餅は歳神様の宿る依代として用意されるもので、それを食べることで健康や繁栄を願いました。 鏡開きがどうしてこの日にちになったのか、その由来や意味についてまとめてるので、ぜひ読んでみて下さい! 鏡餅の鏡開きが関東や関西で違う? 正月飾りはいつからいつまで飾るかというのは、一般的には12月28日~1月7日で間違いないと思います。 でも鏡餅を飾る時期は 関東と関西によって違いがあって、ちょっとややこしい。 それは先程の松の内の日が関係してくるのですが、実はこの松の内が関東と関西で違うんですね。 関東は1月7日• 関西は1月15日 このように大きく差があります。 これは江戸時代から大きく違いがあったようで、松の内の詳細も「」でまとめてますが、地方によってどんな違いがあるのか知りたいですよね。 では、北海道や東京、名古屋や大阪などでは正月飾りはいつからいつまで飾るのか、チョット覗いてみましょう! スポンサードリンク 北海道の正月飾りはいつまで飾るの? 北海道での正月飾りはいつまで飾るのか? 北海道では関東と同じく1月7日の松の内までで、鏡開きも1月11日で関東と同じスタイルです。 すべてを縁起物で揃える「おせち料理」がありますが、普通は新年を迎えて食べますよね。 でも北海道や東北では「新年を迎えるためにおせちを食べる」ので、大晦日に食べていたようですよ。 東京の正月飾りはいつまで飾るの? 関東を代表する 東京での正月飾りは、1月7日の松の内までで鏡開きも1月11日です。 全国的に関東の飾り時期と同じ地域が多く、江戸時代から今のような期間となっています。 愛知 名古屋 の正月飾りはいつまで飾るの? 愛知 名古屋 の正月飾りは、関東と関西の間にあるという事で、地域によって分かれるところもあるようです。 名古屋ではないですが三重県のあたりで関東と関西の文化が合わさるような場所もあるようですね。 テレビ番組のケンミンショーでもやってましたが、お雑煮が関東風か関西風かも三重県に分かれるところがあるようです。 京都の正月飾りはいつまで飾るの? 京都は関西の中の一つですが、こちらでは 1月4日が過ぎるともう正月飾りを外す習慣がある地域も存在するようです。 どうしてこのようになったのか由来は定かではないようですが、3が日のみ正月飾りを飾るのですね。 スポンサードリンク 正月飾りの意味とは何なの? 正月飾りの代表的なものに• しめ飾り(しめ縄)• 鏡餅 この3つがありますよね。 他にも羽子板や破魔矢などもあります。 まあ本格的な門松は普通の家庭で用意するのはしんどいし、片付けも難しいのであまり多くないですが、鏡餅やしめ飾りはスーパーでも小ぶりの可愛いものとか売ってますよね! お正月には歳神様が家にやってきて、一年の健康や一家の繁栄をもたらしてくれます。 その神様をお迎えするために正月飾りが必要となるのです。 では、それぞれの 正月飾りの意味について簡単に説明していきますね。 しめ飾りの種類や意味とは? しめ飾りは、しめ縄に様々な種類の縁起物の飾りをつけますよね。 その装飾の種類はいろいろありますが 橙:代々家が続く 裏白:後ろめたい暗いことがない、清廉潔白 昆布:喜ぶの「こぶ」 ゆずり葉:子孫が途絶えない 末広(扇):末広がりに広く繁栄する このようにしめ飾りの装飾にもそれぞれ意味があります。 これらの飾りは「鏡餅」を飾る際にも同じように使われますね。 鏡餅の場合は、他にも四方紅や柿串があったり、地方によっては海老が乗ってたりいろいろあります。 このしめ飾りの意味は、自分の家が歳神様(としがみさま)をお迎えする準備が整った、神聖な場所だという証として玄関に飾るわけです。 歳神様は元旦にやってきて、1年間家族を災いや不幸から守ってくれる神様です。 しめ飾りがあることで、歳神様が安心して家に入ってくれるわけですね。 参考ページ お年玉が「お餅」から「お金」に変わった理由などもわかりますよ! あとがき 正月飾りはいつからいつまで飾るのか? 関東と関西、北海道や名古屋など地域でどう変わっていくのか?正月飾りの門松や鏡餅、しめ飾りのそれぞれの意味も含めまとめましたがいかがでしたか。 正月飾りの時期は地域や家によっても違いがありますが、だいたいのケースで1月7日までという事を覚えておけばいいと思います。 年賀状とかも7日までですし、スタンダードになりつつありますね。 これらの正月飾りも外し終わったら処分しないといけません。 「でも、神様をお迎えしたりするものって、どうやって処理したらいいの?」• 「普通にごみ箱に捨てるのも何だし…」 と、ちょっと扱いに困ってしまいますよね。 その正月飾りの処分方法について「神社で焚き上げしてもらう方法」や「自宅での捨て方」などをこちらのページにまとめています。

次の