ペイン アンド グローリー。 ペイン・アンド・グローリー|サツゲキ|DINOS CINEMAS

アルモドバル監督の私物が衣装やセットに『ペイン・アンド・グローリー』メイキングカット

ペイン アンド グローリー

主人公を演じるのは、かつてアルモドバルと共に世界に羽ばたいたアントニオ・バンデラス。 生命力あふれる野性的な色気でスターになった彼が、ここでは歳を重ねて枯れた魅力を振りまく。 彼が第72回カンヌ国際映画祭男優賞に輝き、また第92回アカデミー賞にノミネートされたことでも注目の作品だ。 映画監督のサルバドール(アントニオ・バンデラス)は老境に入り、心身共に疲弊して新しい仕事に取り掛かることができないでいる。 世界的に成功を収め、スタイリッシュな住居で美しい絵画や装飾品に囲まれてひとり暮らしているのだが、体調は悪いしどうにも憂鬱だ。 そんなある日、シネマテークで32年前の出世作の特別上映が決まり、舞台挨拶への出演を依頼された彼は、演技をめぐって喧嘩別れしたままだった主演俳優アルベルト(アシエル・エチェアンディア)との再会を果たす。 なんとか和解したふたりだが、すぐに人生を立て直せるわけではない。 サルバドールは体の痛みとヘロイン依存に引きずられながら、貧しいけれど発見に満ちていた少年時代、性の目覚めや若き日の恋を回想する。 そうしているうちに思いがけない出会いが導かれ、彼の人生はふたたび動きはじめるのだった。 現在のドタバタに少年時代の回想が挿入され、物語は気まぐれに、まったくの偶然によって進行する。 文章だったらもっと論理的な整合性や説明を求められそうな展開も、目の保養になるものが画面を埋めているから許されるのは映画ならではだ。 人生の終章にさしかかった男がじたばたする話だが、どこかのんきで明るい。 せせこましい現代日本の日常をしばし忘れて、色あざやかなアルモドバルのスペインに浸ることができる。 とりわけ現在のサルバドールが住むマドリードの家のインテリアや調度品は、「稼ぎはこの家と絵につぎ込んだ」とセリフで言うだけあって、まるでモード誌のグラビアのような完成度。 ブルーのタイルの壁に赤い棚のキッチン、かわいくて胸が苦しい。 思い出の中の「貧しい洞窟暮らし」も、現実は不便でつらいことが多かったのだろうけれど、映像に収まると十分おしゃれに感じられる。 川で女たちが歌いながら洗濯をする日常も、豊かなものに見えてしまう(絶対に重労働なのに)。 70年代末にようやく民主化されたスペインの苦難の歴史を思うと、「過去の美化には要注意だぞ」と警戒心もわいてくるけれど、自分からは距離があるからか、そもそも作りものっぽいからか、わりと穏やかな気持ちで目の前のきれいな追憶に身を任せることができた。 日本の映画やドラマの「貧しくても心が豊かだった昭和」みたいな表現には、たいてい「んなわけないだろ! 」とハラハラしたり頭にきたりしてしまうのだけれど……。 アルモドバルは今年69歳、バンデラスは60歳。 イーストウッド90歳、スコセッシ77歳が現役の映画界にあっては、「老人映画」の新人だ。 長く作品を撮り続けてきたから、人前に姿を晒し続けてきたからこそ育まれた観客との親密な距離感がある。 彼らがこの先もっと大胆にユニークな映画を作り続けてくれたらいいな、と期待が膨らんでくる。 たとえば自分がこの先まだ何十年か生きられるのなら、そのときは老いたペネロペ・クルスがワガママを言いまくるような映画で爆笑したり、できたらいいなあと思うのだ。 文:野中モモ 『ペイン・アンド・グローリー』は2020年6月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー.

次の

ペイン・アンド・グローリーの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ペイン アンド グローリー

背中の痛みや膝の炎症などさまざまな体調不良を抱えた上、母親も他界し、生きる気力すら失った世界的映画監督のサルバドール(アントニオ・バンデラス)。 痛みを和らげるためヘロインに溺れる中、恋人との別れを描いた自伝的な脚本が舞台で演じられることに。 その舞台を偶然見た、かつての恋人から称賛の声をかけられ、なくした愛の痛み(ペイン)と、忘れていた栄光(グローリー)に満たされる。 監督・脚本はスペインの奇才と呼ばれたペドロ・アルモドバル。 本作は、「欲望の法則」(1987年)、「バッド・エデュケーション」(2004年)に続く3部作の第3章にあたる。 いずれの作品も映画監督が主人公だ。 「フィクションと人生は表裏一体。 人生には常に痛みと欲望が伴う」(監督)という。 サルバドールには監督自身が投影されている。 体の痛みを抱えながら孤独の中に生きるサルバドールを、バンデラスが繊細に演じ、カンヌ国際映画祭の主演男優賞受賞。 19日から東京・TOHOシネマズシャンテ、大阪ステーションシティシネマなどで全国公開。 1時間53分。

次の

ペイン・アンド・グローリーはつまらないアルモドバル映画!感想

ペイン アンド グローリー

スペインが誇る名匠が、アントニオ・バンデラスを主演に迎え手がけた『ペイン・アンド・グローリー』が現在公開中だ。 彼の自伝的作品とも言える本作で、主人公の母親を、アルモドバルのミューズとして多くの作品に出演してきたペネロペ・クルスが演じている。 そんな彼女のキャリアを振り返るうえで欠かせない存在がアルモドバルだ。 十代で映画デビューした彼女は、97年公開の『ライブ・フレッシュ』で初めて彼の監督作に参加。 バスで出産する妊婦を演じ、冒頭わずかの出演にもかかわらず強い印象を残している。 『ペイン・アンド・グローリー』で主人公の母親を生き生きと演じたペネロペ・クルス [c]El Deseo. ペネロペ・クルスの滲み出る母性 [c]El Deseo. 約6年ぶりのアルモドバル作品となる本作でも、クルスの存在感は健在だ。 主人公は著名な映画監督として知られているが、引退同然の日々を送るサルバドール バンデラス。 創作意欲が湧かず、持病による頭痛や背中の痛みに苦しむ彼は、幼い頃の母ハシンタ クルス との思い出に浸っていた。 いつも気丈で貧しい暮らしでも前向きだった記憶の中の母。 しかし、その最愛の人は4年前に亡くなり、サルバドールはいまだ立ち直れずにいた。 近所の主婦たちと川で楽しそうに洗濯! [c]El Deseo. サルバドールのバックグラウンドを見ても、アルモドバル自身が投影されているのは明らか。 そんな彼の実の母親とも言うべきキャラクター、ハシンタの若い頃をクルス、老年時代を同じくアルモドバル作品の常連俳優であるフリエタ・セラーノが演じている。 特にクルスは、歌いながら川で洗濯する太陽のようなまぶしさ、毒っ気のある言葉を並べながらも息子の幸せを願う包容力で彼女を表現。 本作での彼女は戦後の母親で、身なりも貧しく、髪型もひどい。 私はそういう女性たちと一緒に育ってきました。 本作では、ペネロペの魅力をすべてはぎ取りましたが、それでも、彼女の美しさが強烈ににじみ出ています」と絶賛している。 現実的で毒のある言葉を並べることも [c]El Deseo. 人生の最終章を意識した主人公が、自らの過去を振り返り、栄光や痛みにも向き合うことで、再スタートへの道を模索していく。 誰にでも起こりうるこのような局面では、サルバドールのように母親や家族との記憶がふと甦るのかもしれない。 たくましくも美しい母ハシンタを生き生きと力強く演じたクルスは必見の価値ありだ。

次の