奇妙な果実。 Bizarre fruit 奇妙な果実 北見えり 動画

奇妙な果実♪とは・・・。: ~Bell Boite~詩の宝石箱。

奇妙な果実

以下は、記事の抜粋です。 米南部サウスカロライナ州下院は7月9日、議会議事堂の前庭に掲揚していた「南北戦争」(1861~65)時代の南軍旗を撤去する法案を賛成94、反対20で可決した。 上院はすでに可決されている。 同州チャールストンの黒人系教会で9人を射殺した白人の犯人が、南軍旗を白人至上主義の象徴とみなしていたことから、撤去を求める声が相次いでいた。 採決前の討議は前日から約13時間にわたって行われた。 一部の共和党議員が最後まで抵抗し、可決に必要な3分の2以上の賛成が得られるか微妙な情勢だった。 降ろされた南軍旗は、地元の軍事博物館などで保管される。 オバマ氏が大統領になったアメリカでもまだまだこんなことがあるとは、、、考えているうちに「奇妙な果実(Strange Fruit)」が頭に浮かびました。 「奇妙な果実(Strange Fruit)」は、1930年8月にトーマス・シップ(Thomas Shipp)とエイブラム・スミス(Abram Smith)のリンチ殺人事件が新聞報道されたことをきっかけに、ユダヤ人ルイス・アレン(Lewis Allan)作った曲です。 以下は、その歌詞の日本語訳です(元の歌詞は)。 南部の木には奇妙な果実がなる 葉には血が、根にも血を滴たらせ 南部の風に揺らいでいる黒い死体 ポプラの木に吊るされている奇妙な果実 美しい南部の田園に 飛び出した眼、苦痛に歪む口 マグノリアの甘く新鮮な香り そして不意に 陽に灼ける肉の臭い カラスに突つかれ 雨に打たれ 風に弄ばれ 太陽に腐り 落ちていく果実 奇妙で悲惨な果実 ニューヨークのクラブで歌っていたビリー・ホリデー(Billie Holiday)が、1939年からこの歌をレパートリーに加え、ステージの最後に必ずこの曲を歌うようになったそうです。 1915年生まれのビリー・ホリデーは24歳の時、この歌で有名になりましたが、1964の公民権法(Civil Rights Act)の制定を待たず、1959年に44歳の若さで亡くなりました。 人種差別、性差別、麻薬、アルコールなどと闘い続けた人生でした。 下の【閲覧注意】動画は、実際の「奇妙な果実」を含む白人の黒人に対するリンチの写真を集めたものです。 バックにビリー・ホリデーが歌う「奇妙な果実」が流れます。 最近、読んだ本 関連サイト 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より• に より• に 山口英代 より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ビリーホリデイ「奇妙な果実」:Billie Holiday

奇妙な果実

その時受けた強烈な印象のタイトルの歌が、今も脳裏を離れない。 あなたは聴いたことがあるだろうか?JAZZ界では有名な『奇妙な果実』というビリー・ホリデイの歌である。 この歌は、タイトルのもつ意味深な含みが、そのまま、歌詞に現れていた。 私たち日本人には到底、想像もできない社会的問題が礎にある。 やはり、黒人の人種差別問題だ。 果実といえば、キレイだが、この果実は、死体だ。 それも、木に吊るされた黒人の死体。 その光景を腐った果実として捉えた所に、鳥肌がたった。 こんな歌詞を、日本では、歌にするだろうか?それが、ヒットすることも凄いが、メッセージ性を持つ歌の威力は、時を越え、今も生きていく。 ここに、YouTubeで、この歌がUPされていたので紹介しておく。 彼女が淡々と黙々と語るように歌い上げる詩のフレーズに耳を傾けてもらいたい。 そうして、この歌が生まれてきたプロセスや、彼女のルーツを辿るとなおさら、その意味が大きく広がっていくことだろう。 どう感じるかは、この歌を聴いたあなたにお任せする。 ただ、これも、人災だと私は考える。 人が人を差別するがゆえの、虚しい現実であることに間違いはない。 :YouTube動画で流れるテロップの邦訳歌詞と微妙に違うので比較してみるのも一考だ。 嗚呼、そうだ。 なぜか、この番組が心に突き刺さるように、残っていたか、いま、わかった。 この時のナレーションは、つい最近、亡くなった俳優・原田芳雄さんだった。 彼の太い渋い声が私の胸の奥を揺さぶって、時々揺り起こさすんだ。 そうだ、きっと。 揺り籠から墓場まで。 奇妙な果実 Southern trees bear strange fruit (南部の木には奇妙な果実がなる) Blood on the leaves and blood at the root (葉には血が、根にも血を滴たらせ) Black bodies swinging in the southern breeze (南部の風に揺らいでいる黒い死体) Strange fruit hanging from the poplar trees. (ポプラの木に吊るされている奇妙な果実) Pastoral scene of the gallant south (美しい南部の田園に) The bulging eyes and the twisted mouth (飛び出した眼、苦痛に歪む口) Scent of magnolias sweet and fresh (マグノリアの甘く新鮮な香りが) Then the sudden smell of burning flesh. (突然肉の焼け焦げている臭いに変わる) Here is a fruit for the crows to pluck (カラスに突つかれ) For the rain to gather for the wind to suck (雨に打たれ 風に弄ばれ) For the sun to rot for the trees to drop (太陽に朽ちて 落ちていく果実) Here is a strange and bitter crop.

次の

奇妙な果実(Strange Fruit)

奇妙な果実

ビリー・ホリデイ Billie Holiday - 奇妙な果実とその背景 (Strange Fruit:Lewis Allen 1939) ビリー・ホリデイのレパートリーとして有名なアメリカの人種差別を告発する歌。 「奇妙な果実」とは、木にぶら下がる黒人の死体。 アメリカ南部の黒人に於ける人種差別を歌ったもので、歌詞の内容は暗く陰惨だ。 当時、南部を中心とした黒人へのリンチ・暴行は当時のアメリカでは、日常のようにあった、深刻な時代であった。 人種差別への告発、悲しみと怒りが、ビリー・ホリデイの歌にこめられている。 当時の映像を見て欲しい、それは、ビリー・ホリデイが、本当に悲しそうに、あるいは言葉にすることさえも苦痛に歌う。 それが、後の公民権法の成立の結びつきの、1つにも挙げられることも確かだろう。 合衆国の抱える問題は多様にして過大だ。 c Billie Holiday Strange Fruit Southern trees bear strange fruit, Blood on the leaves and blood at the root, Black bodies swinging in the southern breeze, Strange fruit hanging from the poplar trees. Pastoral scene of the gallant south, The bulging eyes and the twisted mouth, Scent of magnolias, sweet and fresh, Then the sudden smell of burning flesh. Here is fruit for the crows to pluck, For the rain to gather, for the wind to suck, For the sun to rot, for the trees to drop, Here is a strange and bitter crop. Strange Fruit 奇妙な果実:訳詞) 南部の木は、奇妙な実を付ける 葉は血を流れ、根には血が滴る 黒い体は南部の風に揺れる 奇妙な果実がポプラの木々に垂れている 勇敢な南部(the gallant south)ののどかな風景、 膨らんだ眼と歪んだ口、 マグノリア(モクレン)の香りは甘くて新鮮 すると、突然に肉の焼ける臭い カラスに啄ばまれる果実がここにある 雨に曝され、風に煽られ 日差しに腐り、木々に落ちる 奇妙で惨めな作物がここにある.

次の