シャボン 玉 液 手作り。 【シャボン玉液の作り方】食器用洗剤を使ってお家で簡単に作ってみました!

手作りシャボン玉液は子供でも安全な浴用固形石鹸で!砂糖も混ぜよう!

シャボン 玉 液 手作り

ストロー以外のものでも、さまざまなシャボン玉の道具を作ることができるようです。 実際に、ママたちが手作りしたシャボン玉の道具の作り方と、それを使った遊び方を聞いてみました。 ストローを使ったシャボン玉の道具 ストローを使ったシャボン玉の道具の作り方や工夫したポイントを、ママたちに聞いてみました。 作り方 「ストローの片側を、先から2、3cmのところまで等間隔に切り込みを入れて、シャボン玉の吹き具を作りました。 普通のストローをそのまま使うより、子どももシャボン玉が作りやすくなったと喜んでいました」(4歳児のママ) ストローに切り込みを入れて開くだけで、簡単にシャボン玉用の道具ができるようです。 ママと二人で遊ぶときだけでなく、大勢で遊びたいときなど、吹き具がたくさん必要な場合でもすぐに作ることができるかもしれません。 子どもがハサミを使える場合は、ママといっしょに手作りすることも楽しめそうですね。 工夫したポイント 「ハサミで切った花びらの部分がなるべく同じ幅になるように切り方を工夫しました。 切り込みの深さを揃えることで、うまくシャボン玉が作れると聞いたので、ペンで目印をつけてから均等に切り込みを入れました」(4歳児のママ) 「シャボン玉液を吸い込まないための工夫をしました。 ストローの吹口から3cmほど下のあたりに、吸い込み防止用の小さい穴を2箇所ほど開けました」(3歳児のママ) ママたちは、ストローを使ってシャボン玉の道具を作るときは、切り方を等間隔にしたり、シャボン玉液を吸い込まないための工夫をしたりしたようです。 ストローを何本も束ねて一度にたくさんのシャボン玉ができるように工夫して遊んだというママの声もありました。 ストロー以外のものを使った道具の作り方 ストロー以外でも、身近なものを使ってシャボン玉の道具を作ることもできるようです。 実際に、ストロー以外のものを使ってシャボン玉の道具を作ったママたちに作り方を聞いてみました。 ハンガー iStock. 輪の部分を丸い形に整えるだけで完成するので簡単です」(5歳児のママ) 「ハンガーを引っ張りながら輪の部分を丸くします。 輪の部分に隙間なく毛糸を巻くなど工夫をすると、シャボン玉が作りやすくなりました。 シャボン玉がうまく作れると、人がなかに入れるので、大人もいっしょに楽しめます」(6歳児のママ) 針金のハンガーでもシャボン玉の道具が作れるようです。 丸く形を整えるとき、ハンガーの形がいびつだったり、毛糸が途中で途切れていたりするとシャボン玉が割れやすくなってしまうかもしれません。 人が入れるくらい大きなシャボン玉ができると、子どもも喜びそうですね。 ペットボトル iStock. 切り口がギザギザにならないように丁寧な切り方をすることが、上手にシャボン玉を作るポイントです。 シャボン玉液を付けてペットボトルの飲み口から息を吐くと、大きめのシャボン玉が作れました」(4歳児のママ) 「ペットボトルをカットし、切り口にガーゼを2重にかぶせてビニールテープなどで固定します。 ガーゼの部分にシャボン玉液をつけて吹くと、もこもこした泡がたくさんできて面白いシャボン玉ができました」(6歳児のママ) ペットボトルを使ってシャボン玉の道具を作ったママもいるようです。 底を切るだけでシャボン玉の道具が簡単に作れるようなので、気軽に手作りすることができそうです。 ペットボトルの切り口は、子どもがケガをしなように、ギザギザの部分を削るなどの工夫をするとよいかもしれません。 モール 「割り箸などの持ち手の先に、星やハートの形にしたモールをつけて、シャボン玉の道具を作りました。 子ども好きな形をモールで作ると喜んで遊んでいます」(4歳児のママ) 「モールで花の形を作ってシャボン玉遊びをしました。 モールの細かい毛にはシャボン玉液がつきやすく、シャボン玉も作りやすいです」(3歳児のママ) モールを使って、シャボン玉の道具を手作りすることもできるようです。 モールは、簡単に曲げることもでき好きな形が作れるので、子どもといっしょに作ることも楽しめそうですね。 シャボン玉で遊ぶときに気をつけること 子どもから目を離さないようにする 「シャボン玉液を間違って吸い込んでしまうかもしれないと思い、子どもがやる前に、大人が先に吹き方の見本を見せて目を離さないように見守りました」(2歳児のママ) 「シャボン玉液を持ちながら遊んでいる最中に、周りに気を取られてシャボン玉液をこぼしてしまうことがありました。 飛び散ったシャボン玉液が目や口に入らないように声掛けしながら遊ぶようにしていました」(3歳児のママ) シャボン玉で遊ぶときは、子どもから目を離さないように見守り、声掛けをしながら遊んでいるママもいるようです。 子どもが小さいうちは、吹き具などにシャボン玉液をつけるのは大人がやるようにしたというママの声もありました。 遊ぶ場所や時間帯を選ぶ 「河川敷や公園などでシャボン玉遊びをするときは、近くで飲食中の人がいないか確認してから遊んでいます」(4歳児のママ) 「家が住宅街にあるので、近くの家で外に洗濯物を干している時間帯をなるべく避けたり、風向きを気にしながら遊ぶようにしています」(6歳児のママ) シャボン玉をする場所や時間帯に気をつけて遊んだというママもいました。 風の強さや風向きによってはシャボン玉が遠くまで飛んでいくこともあるかもしれません。 周囲への配慮も忘れずに楽しめるとよさそうです。 身近な道具でシャボン玉を楽しもう.

次の

超簡単でコスパ最強! 子どもが喜ぶ“シャボン玉液”の作り方3つ(2017年6月28日)|ウーマンエキサイト(1/3)

シャボン 玉 液 手作り

Amazonの情報を掲載しています まずは、シャボン玉液を入れる容器を用意します。 使い捨てのプラスチックのコップが便利ですが、風にあおられると倒れてしまう可能性もあるので、安定感があるものを選ぶのがベスト。 使い終わったガラスのドレッシング容器をきれいに洗って使ってもいいですし、100均のプラスチックのコップは持ち手がついているのでシャボン玉専用として使うのにもおすすめです。 最初にシャボン玉液を入れる容器を準備しましょう。 シャボン玉液の作りで用意するもの2:水またはぬるま湯 容器を準備したら、次はいよいよシャボン玉液を作っていきます。 シャボン玉は水分の中にホコリや不純物が含まれていると割れやすくなってしまうので、水は一度沸騰させてからさまして使うのがポイントです。 水またはぬるま湯を200ml程度用意して、あらかじめ準備しておいた容器に入れます。 Amazonの情報を掲載しています 水またはぬるま湯に洗剤を入れたら、泡がたたないようにゆっくり全体をかき混ぜましょう。 優しく全体が混ぜ合わさるように、容器の中で「の」の字を書いて混ぜます。 これから吹くストローで混ぜてもOK!透明なので分かりづらいという人は、色がついた液体洗剤を使うと混ざったかどうかチェックすることができます。 混ぜ終わったらストローをシャボン玉液につけて吹いてみましょう。 ひと工夫で割れないシャボン玉も可能 シャボン玉液の作り方は非常に簡単です。 材料も家庭にあるもので準備できますし、材料をそろえてすぐにシャボン玉で遊ぶことも可能! でも、作っては消え、そして割れてしまうので子供が飽きてしまうことも少なくありません。 ここからは応用編として割れないシャボン玉液の作り方をご紹介したいと思います。 上記の水またはぬるま湯に液体洗剤を混ぜるというところまで終わったら下記の材料を入れます。 途中までの作業は一緒なので多めに作って違いを見ても面白いのではないでしょうか。 準備ができたところで早速見ていきましょう。 Amazonの情報を掲載しています 次は、洗濯のりについてです。 今では見かける機会が少なくなりましたがドラッグストアーにいけば買うことができます。 この洗濯のりを水またはぬるま湯に混ぜれば、割れないシャボン玉液の完成です。 洗濯のりを使う量は、水8:洗濯のり1の割合です。 8:1というのは分かりづらいので下記で具体的な分量について最後に記載しています。 ごく少量でも割れないシャボン玉液を作ることができるのでぜひやってみてください。 「少量しか使わないならもったいないのでは?」と思うかもしれませんが、洗濯のりは、スライムや、スーパーボール、スノードームなど子供のおもちゃも作ることができる万能アイテムです。 余った洗濯のりで何を作ろうか考えるのも楽しいのではないでしょうか。 【全体の目安となる量】 水200ml:食器用洗剤10m:洗濯のり:25ml 割れないシャボン玉づくりにおすすめ:はちみつ Amazonの情報を掲載しています グリセリンと同様、保湿効果が期待できるヒアルロン酸は、シャボン玉の水が蒸発するのを防ぐ効果があります。 混ぜる分量は小さじ1杯程度でOK! ヒアルロン酸が含まれている化粧水でもできるので、今使っているスキンケアアイテムをチェックしてみてみましょう。 【全体の目安となる量】 水200ml:食器用洗剤10m:ヒアルロン酸:小さじ1杯程度 おまけ:永遠に割れないくるくるレインボー 身近な材料で割れないシャボン玉ができますが、ここからは番外編です。 永遠に割れないシャボン玉があるとしたら気になりますよね。 こちらは竹ひごにプリズムテームを丸くつけたもので、竹ひごを回すとシャボン玉のようなきれいな円を描くことから子供たちに人気があります。 きれいな丸い輪は見ていても飽きず引き込まれていきます。 簡単に作れるので、こちらもぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか。 シャボン玉づくりの水と材料の分量割合は? いろいろな材料をご紹介してきましたが、 シャボン玉づくりの基本になるのは水またはぬるま湯と液体洗剤で、水200mlに対して液体洗剤が10mlです。 これに素材をブレンドしていきますが、作っているメーカーや配合されているものによって、分量に違いが出てきます、あくまでも目安なので、親子で実験しながら、割れにくいベストな量を調べるのも楽しいのではないでしょうか。 次のページではシャボン玉づくりに便利なアイテム、シャボン玉液の保存期間、遊ぶときの注意点をご紹介します。

次の

シャボン玉液の作り方。洗濯のりなし、安全で割れない方法はコレ!

シャボン 玉 液 手作り

家庭の台所にあるアイテムだけで作れるシャボン玉液の材料で、砂糖を加えることで割れにくくなります。 また、液体の食器用洗剤は界面活性剤35%以上の物がおすすめです。 さらに、ぬるま湯は1度沸騰させたお湯を冷まして作りましょう。 洗濯のりを入れたシャボン玉液は、割りにくさがアップします。 また、液体食器用洗剤は界面活性剤が35%以上含まれている物、洗濯のりは界面活性剤を含むPVA成分が入ったアイテムを使うのがおすすめです。 ぬるま湯は1度沸騰させましょう。 固形の石けんを使う場合は、カッターナイフやハサミ、包丁などを使って、溶けやすい様に削っておきましょう。 より安全な手作りシャボン玉液を作りたい方は、無添加石けんや精製水を使うのがおすすめです。 液体や粉末でも作れます。 手作りのシャボン玉液を使ってシャボン玉遊びをすると、お金をあまりかけずに遊べます。 下記記事では、お金をあまり使わない遊びを13個紹介しています。 また、お金をかけないで楽しみたい方にぴったりな遊びやお金をかけずに遊べる場所なども紹介していますので、お金をかけずに楽しみたい大人の方も必見の内容です。 多くの家庭のキッチンにある材料を使い、比較的素早く作れるシャボン玉液なので、すぐにシャボン玉遊びをしたい場合にもぴったりな作り方と言えます。 グラニュー糖がおすすめで、砂糖をよく溶かすことがポイントです。 簡単な手作りシャボン玉液の材料(砂糖使用)• ・液体食器用洗剤 5ml• ・ぬるま湯 100ml• ・砂糖 5g 液体食器用洗剤・ぬるま湯・砂糖のシャボン玉液の作り方• 1水を沸騰させて、冷ましてぬるま湯を作りましょう。 21を容器に入れ、砂糖を加え、かき混ぜて砂糖をしっかりと溶かします。 32に容器に液体の食器用洗剤を入れ、泡立てない様に優しくかき混ぜて冷めると完成です。 洗濯のりを加えると割れにくいシャボン玉液が完成できます。 また、シャボン玉は界面活性剤が膜を作っていますので、洗濯のりにも界面活性剤を含むPVA(ポリビニルアルコール)が入っているとより割れにくいです。 簡単な手作りシャボン玉液の材料(洗濯のり使用)• ・液体食器用洗剤 10ml• ・洗濯のり(PVA含有) 50ml• ・ぬるま湯 100ml 液体食器用洗剤・洗濯のり・ぬるま湯のシャボン玉液の作り方• 1水を沸騰させてから冷まし、ぬるま湯を作りましょう。 2 1を容器に入れ、洗濯のり(PVA含有)を入れてしっかりと混ぜ合わせましょう。 32に液体の食器用洗剤を加え、泡立てない様に優しく混ぜ合わせて冷めると完成です。 石けんは、固形・液体・粉末など、どんな種類でも使用可能です。 しかし、石けんの種類によってシャボン玉液の仕上がり具合が異なるので、ストローなどでシャボン玉ができるかどうかをチェックしながら作りましょう。 簡単な手作りシャボン玉液の材料(石けん使用)• ・石けん (固形1. 5g・粉5g・液体10ml)• ・ぬるま湯 100ml• ・砂糖 5g 石けん・ぬるま湯・砂糖のシャボン玉液の作り方• 1水を沸騰させ、冷ましてぬるま湯を作っておきます。 2固形石けんを使う場合は、カッターナイフなどで石けんを削っておきましょう。 3容器に1・砂糖を入れ、砂糖が溶けるまでしっかりと混ぜ合わせます。 43に石けんを入れて、溶けるまで混ぜて冷めると完成です。 とろみのあるグリセリンを加えると、シャボン玉液が割れにくくなります。 ポイントは、最初にグリセリン&ぬるま湯をしっかりと混ぜ合わせてから、食器用洗剤や石けんを加えることです。 グリセリンと洗濯のりを併用すると、さらに割れにくいシャボン玉液レシピが完成できます。 洗濯のりと同量のグリセリンを使い、最初に洗濯のり・グリセリン・ぬるま湯をしっかりと混ぜ合わせてから食器用洗剤や石けんを加えて混ぜましょう。 手作りシャボン玉液の作り方でも紹介した砂糖の替わりにガムシロップを使いましょう。 また、市販のシャボン玉液にガムシロップを加えても割れにくくなります。 その場合は、シャボン玉液とガムシロップを4:1の割合で混ぜます。 水1Lに対して粉末ゼラチンを5gの割合で混ぜ入れ、ゼラチンが溶けるまで約20分混ぜ合わせましょう。 続いて、食器用洗剤を300ml程度加えて混ぜ合わせると完成です。 ガムシロップを1つ加えるのもおすすめです。 ストローの吸い口の片側にハサミなどで縦に切り込みを数カ所入れ、広げて使うとシャボン玉を付ける吸い口を間違う心配も少なくなります。 また、ストローを何本かまとめてテープなどで固定すると、たくさんのシャボン玉が一気に噴き出て楽しいです。 使い切ったラップやホイルの芯をきれいに洗うか拭いて乾燥させると、割れないシャボン玉を飛ばすのにも活用できます。 少し大きく口を開く必要があるので、お子さんが使う場合は事前に使えるかどうかチェックしましょう。 モールは針金と糸が一体になっており簡単に加工できます。 また、大きなシャボン玉を作りたい場合にもおすすめの道具で、モールを使って好みの大きさの輪っかを作ると完成です。 モールは、100円均一店でも取扱いしている場合があります。 また、モールで輪っかを作った後で、輪っか部分にモールをぐるぐると巻き付けると、さらにシャボン玉液の付きが良くなります。 さらに、モールを数本使って大きな輪っかを作ると、大きなシャボン玉が作れますので、お子さんも大喜び間違いなしです。 モールは、丸だけでなく三角や四角など好きな形が作れる点も魅力です。 細い針金を用意し、ハサミなどで好きな長さにカットしましょう。 金魚すくいの道具の様な形に、針金で輪っかを作り、持ち手部分を作ります。 続いて、シャボン玉液がしっかり付く様に、輪っか部分にモールや針金、毛糸などを巻き付けて完成です。 また、怪我の予防のために針金の先端やねじった部分などを、防水テープなどで巻くのがおすすめです。 また、針金ハンガーを使って作るのもおすすめで、針金ハンガーの引っかける部分を持ち手にして使いましょう。 針金ハンガーを使う場合も、輪部分にモールや毛糸、針金などを巻くのがポイントです。 まず、不要になったうちわの紙部分のみをハサミやカッターナイフなどを使ってはがしていきましょう。 うちわの骨組みだけになったら、洗って乾燥させると完成です。 うちわの骨組みを使ったシャボン玉は一度にたくさんのシャボン玉が作れます。 プラスチックのうちわの骨組みは、洗って何度も利用できるのでおすすめです。 また、うちわの骨組みを使ってシャボン玉を作る場合は、大きな容器に入れたシャボン玉液に骨組み全体をくぐらせてから、ゆっくりと骨組みを動かしてシャボン玉を作りましょう。 割れないシャボン玉を飛ばすのにおすすめの道具は、100円均一ショップの手芸コーナーなどで入手できるアイテムも多いです。 下記記事では、人気100円均一ショップ「セリア」の人気手芸用品を紹介していますので、シャボン玉を飛ばす道具を作るためにセリアを訪れる方や手芸好きの方などはぜひご覧ください。 手作りシャボン玉液の保管方法や保存期間は? 手作りシャボン玉液の保管方法|密閉容器に入れて涼しい場所で保管 手作りシャボン玉液の保管方法は、密閉容器に入れて涼しい場所で保管します。 また、直射日光のあたる場所は避け、風通しの良い場所で保管するのがおすすめです。 冷蔵庫などもおすすめですが、誤飲しない様に工夫して保存しましょう。 手作りシャボン玉液の保存期間|数日程度 手作りシャボン玉液の保存期間は、数日程度です。 市販のシャボン玉液は、未開封であれば長期間保存できます。 しかし、手作りのシャボン玉液は防腐剤などが入っていませんので、当日か数日中に使いきるのがおすすめです。 また、保存する場合は、誤飲をしない様に大きな注意書きやラベルを貼るなど工夫して保存しましょう。 割れにくい手作りシャボン玉液を作ってシャボン玉遊びを楽しもう 割れにくい手作りシャボン玉液は、コスパに優れているだけでなく、入っている物が分かるので安心して利用できます。 また、いろいろな手作りシャボン玉液レシピを試して、割れない・割れにくいシャボン玉液を探してみるのもおすすめです。 手作りシャボン玉液作りに挑戦したことがない方は、ぜひ1度試しに作ってください。 手作りのシャボン玉液は比較的簡単に作れるので、誰でも挑戦しやすいと言えるでしょう。 下記記事では、誰でも真似しやすい簡単にできる面白い遊びを26個紹介しています。 また、室内でできる面白い遊びや大人数でできる楽しいゲームなども紹介されていますので、室内で遊びたい方や大人数で遊びたい方なども必見です。

次の