インフル 死者。 「アメリカのインフルは新型コロナだった説」は本当か?(忽那賢志)

新型コロナ、インフルやエボラと比べた危険度は

インフル 死者

・中国が報告している死亡者数はウソで、致死率は90% ・新型コロナウイルス感染症は空気感染する などです。 前者は間違いなくデマであり、それは中国以外で発生している症例の致死率を見ても明らかです。 空気感染をするという証拠も今のところありません(エアロゾルで感染する=空気感染、ではありません)。 新しく出てきた感染症(新興感染症)では、分かっていないことがたくさんあるがゆえに、このようなデマが拡散しやすいという性質があります。 このような記事も出ています。 今シーズンのアメリカにおけるインフルエンザによる死者数が1万人を超えて猛威を奮っているが、これは実はこの中に新型コロナウイルス感染症が紛れており、それが死者数の増加に繋がっているのかもしれない、という論旨です。 書いているのはフリーランスの麻酔科医の方のようです。 医師が書いているといかにも正しいように思いがちですが、医師が書いた記事だからといって(特に専門外の医師が書く記事は)必ずしも正しい内容とは限りません(なので私も感染症以外の記事は書かないようにしています)。 アメリカでのインフルエンザの患者の正体は、新型コロナウイルス感染症ではなくやはりインフルエンザです。 この記事を読んで「アメリカに旅行に行って大丈夫なの?」と心配される方もいるかもしれませんが、間違いなくアメリカよりも日本の方がずっと深刻な状況です。 アメリカのインフルエンザによる死者数は増えていない アメリカのインフルエンザによる入院者数の推移(CDCより) 「インフルエンザでの死者数が1万人を超えている」と聞くと、今シーズンは特に多くの方がインフルエンザで亡くなっているように聞こえますが、実際には過去と比較して増えているわけではありません。 図はインフルエンザによる入院者数ですが、今シーズンは例年と同じくらいの入院者数であり、ここ数年で最も多い2017-2018シーズンを大きく下回っています。 、アメリカにおける今シーズンのこれまでの死者数は16000人と推計しています。 昨シーズンのインフルエンザによる死者数は34000人です。 過去10年で最も死者数の多い2017-2018シーズンは61000人です。 2010-2011シーズン以降、アメリカでインフルエンザの死者数が10000人を超えていないシーズンはありません。 ですので、タイトルの『死者1万人超「米国インフル猛威」』自体がややミスリーディングと言えます。 臨床診断だけでなくインフルエンザの型も一定の割合で調べられている また前述の記事では、 「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。 症状(特に初期)だけではインフルエンザと新型コロナの区別は困難だ。 出典: とありますが、アメリカでも全例ではないにせよ、これも例年のペースと変わりません。 この一定数の検査診断はインフルエンザ感染者全体を代表するものであり、もしインフルエンザと診断されている患者の中に別の疾患が紛れ込んでいればこの検査陽性率や患者数に変化が現れるはずです。 アメリカにおけるインフルエンザの検査陽性率と型別陽性例数(CDCより) つまり、今シーズンのこれまでの推移からは特にインフルエンザ以外に未知の感染症が増えている気配は感じ取れません。 というか、いくら新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの初期症状が似ているからといって、経過や画像所見が異なりますから、インフルエンザではない謎の呼吸器感染症が増えていたらさすがにアメリカの医療者も気づきますよ。 中国は41例で気づいたんですから。 例えば1例、2例くらいがインフルエンザに紛れて臨床診断されている可能性は否定しませんが、現時点ですでにアメリカ国内で新型コロナウイルス感染症が蔓延している可能性はないでしょう。 日本にも同様の仕組みがありますが、アメリカでも原因不明の肺炎が集団発生すればすぐに原因調査される仕組みがあります。 CDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたわけは? 前述の記事ではCDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたのは、新型コロナウイルス感染症がアメリカ国内で蔓延している可能性があるため、と読み取れますが、実際にはそうではなく、これはCDCの検査体制が整ったことを意味しており、インフルエンザ患者の中に新型コロナウイルス感染症患者が紛れていることを懸念してのことではありません。 確かにハワイで感染したかもしれない日本人の症例が報告されており、ハワイでは新型コロナウイルス感染症が拡大している可能性はあるかもしれませんが、それとアメリカ国内でのインフルエンザの死者数とを結びつけて考えるのは無理があります。 CDCがインフルエンザの死亡者数について警鐘を鳴らしているのは、まだアメリカ国内で流行していない新型コロナウイルス感染症を心配するよりも、毎年多くの死者を出していてワクチンで予防可能なインフルエンザの感染対策もしっかりと行うことの重要性を伝えたかったためと思われます。 そして、手洗いや咳エチケットが重要なことはインフルエンザも新型コロナウイルス感染症も同じです。 というわけで、デマに惑わされないように注意しましょう。

次の

なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味 怖いのは新型コロナだけじゃない

インフル 死者

新型コロナウイルスの感染者数・死者数の推移 新型コロナウイルスは2019年12月末に中国の武漢ではじめて感染が確認された。 それからわずか67日の3月7日には世界の感染者数が10万人に達した。 驚異的な広がりを見せる新型コロナウイルスの感染者数・死者数の推移がこちら。 日付 感染者数 死者数 2月1日 11,791人 259人 3月7日 100,842人 3,456人 3月19日 209,500人 8,784人 3月23日 324,290人 14,396人 4月3日 1,035,380人 53,693人 4月7日 1,310,930人 73,139人 4月10日 1,567,590人 93,706人 (数値はWHOと各国当局の発表に基づきAFPがまとめたもの) これは検査をして陽性になった感染者数なので、実際はこの数値の何倍もの感染者がいるかもしれない。 死者数も「ただの肺炎による死亡」とされた人が実は新型コロナウイルスだった可能性もあり、実際はもっと多いと思われる。 WHOはパンデミックにあたるフェーズ6を発表した。 WHOは途中から発表を中止したため、感染者数は不明。 死者数は約18,500人。 しかし数年後、米疾病対策センターが当時の新型インフルエンザでの死者は約28万人に上っていた可能性があると発表した。 感染者数 死者数 新型コロナウイルス 現在進行形で増加 現在進行形で増加 SARSウイルス 8096人 774人 2009年新型インフルエンザ 不明 28万人? 季節性インフルエンザ 約10億人 数十万人 スペイン風邪 5億人 5000万人以上 世界的に流行した4大感染症 次に、人類の脅威となった4大感染症についても紹介したい。 ペスト(黒死病) ペスト菌の感染で発症する感染症。 なんどか大流行しているが、14世紀に大流行した。 当時の人類の約2割に上る1億人以上が死亡したとされる。 現在も根絶されていない。 2013年には783人が発症し、126人が死亡した。 コレラ コレラ菌の感染によって発症する感染症。 根絶されておらず、未だに大規模な流行を繰り返している。 WHOの発表によると、世界では毎年130万~400万人が発症し、21,000人~143,000人が死亡しているという。 近年では2010年のハイチ地震をきっかけに大流行し、1万人以上が死亡した。 黄熱病(黒吐病) 蚊が媒介する黄熱ウイルスで発症する感染症。 黒い色のゲロを吐くことから黒吐病とも呼ばれる恐るべき感染症。 根絶されておらず、WHOによると毎年84,000~170,000人が発症し、6万人が死亡しているという。 天然痘 天然痘ウイルスに感染することで発症する感染症。 人間にしか感染しないという特徴があるため有効に対処ができ、人類がはじめて撲滅に成功した感染症となる。 (逆に動物由来とされ変異しやすい新型コロナウイルスは撲滅が非常に困難といえる) 紀元前1000年以上前から人類を苦しめてきたため、累計の感染者数・死者数も計り知れない。 …が、有効なワクチンが広がり、WHOは1980年5月8日に「天然痘根絶宣言」を発表した。 新型コロナウイルスの予防方法 人類が完全に根絶できたのは天然痘だけ。 毎年インフルエンザも流行しているし、恐らく新型コロナウイルスも根絶するのは不可能に近いだろう。 今後、 人類は新型コロナウイルスの脅威にさらされながら生きていくことになる。 経済活動の在り方、社会生活の様式が、これをきっかけに大きく変わる可能性がある。 では改めて、新型コロナウイルスの予防方法を紹介しよう。 …といっても、新型コロナウイルスは治療法も確立されていないので、その対策はインフルエンザとほぼ同じ。 外出時はマスクを着用する• なるべく人ごみの中を出歩かない。 帰宅したらしっかりとうがいと手洗いをする• しっかりと栄養を摂り、しっかりと眠る• 微熱や咳などの体調不良が発生したら、迅速に医療機関を受診する• 密閉空間・密集場所・密接場面の3密を避ける これらをしっかりと守るのが大切ですね! 関連記事:.

次の

日本でインフルエンザによる死亡者数が増加 米国の傾向ともシンクロ

インフル 死者

[画像のクリックで拡大表示] 感染症が流行するたびに、こうした話題が持ち上がるのも無理はない。 衛生当局も一般市民も、公衆への総合的なリスクに基づいて自らの優先順位を決定する。 例えば、世界保健機関(WHO)は2月5日、流行発生からわずか1カ月余りの新型コロナウイルス対策に、6億7500万ドル(約740億円)を支出する計画を立ち上げたと発表し、加盟国に資金援助を要請した。 それに対して、2018年8月からアフリカ中央部で猛威を振るっているエボラ熱の対策費用に関しては、WHOが加盟国から集めた金額は、この3分の1ほどだ。 症状の重さや社会的・経済的な影響も勘案 こうした感染症の危険度を互いに比較するには、複雑な計算が必要だ。 感染のしやすさ、致死率、症状の重さ、地域の封鎖に伴う社会的・経済的な影響の大きさなどを勘案することになるからだ。 (参考記事: ) 単純に致死率を比較するだけでは、どれが最悪の感染症かを判断しがたい場合もある。 例えばインフルエンザは、従来型のものであれH1N1のような新型のものであれ、感染者は何百万人にも上りうるが、死亡に至る割合は比較的低く、そのうち0. 現時点で、新型コロナウイルスの感染者数はSARSを大きく上回っている。 致死率でいえばインフルエンザの20倍ほどということになる。 新型ウイルスの脅威は早期に終息するだろうと予測する科学者もいる一方、中東で2012年から流行が続いているMERSではそうなっていない。

次の