結界 センサー。 デジタルカメラ考 その1 Foveonセンサーで判ったコト

トライヴァース <トライディガー>|ダイアクロン オフィシャルサイト|タカラトミー

結界 センサー

荒れた道もここに極まれり なんて言いたくなる程の荒れ様です。 県道になにがおこったのか? 車どころかバイクの走行もかなわぬ 超険道です。 地図によっては違うルートが 県道表記されていたりして、 色々混乱しているようです。 犬山市の西部からスタートした県道16号線は 入鹿池(いるかいけ)の南岸を通り 里山の田んぼの中を抜けていきます。 地元の人しか利用しないような、 細い道をしばらく走ると、未舗装路があらわれます。 舗装された道はまだ先まで続きますが、 目的の県道16号線はダートの方です。 舗装路を右折、橋を渡って50メートルぐらいで 険道の入り口に到着です。 画面右側の暗闇の向こうには 砂防ダムがあって ささやかなダム湖が出来ています。 もうすでに車の走行はムリっぽいです。 けっこうな坂道です。 なぜか坂の途中に木が数本置いてあります。 まるで結界のようです。 それを踏み越えて進んだ先は、 一体どんなとんでもない道が 横たわっているのでしょう。 結界の先は、道の上に沢ができてます。 注意して歩かないと靴が泥だらけになります。 で、この水は先の 砂防ダムの所に流れ込むのですが、 本来の川を通らず、なぜか道の上を流れてます。 おかげで路面はでこぼこに削られて さらに通行困難の度合いを増して行きます。 たいていの人はここで諦めそうですが、 かまわず突破します。 路上河川をすぎると ヘアピンカーブで180度方向転換。 ここにはなぜか、車の部品が落ちてた。 やっと道がまともになったと思ったのもつかの間。 路上河川は県道を限界まで削り取っています。 コーナーの所では、外側がより削られて ウォータースライダーみたいです。 大雨になれば浮き輪に乗って 川下りができたりして… 私の勝手な想像ですのでまねしないように。 ってゆうか、出来ないよね。 そんなコト。 ここなんかきれいに削られて まるでV字谷みたいです。 なぜこんなに見事な谷が出来るのかと言えば、 県道の付近一帯、 もろい砂礫層という地質だからです。 上を歩くだけで簡単に崩れるほどです。 そんな柔らかい土地なので ちょっとした水の流れでも こんなになってしまうのでしょう。 ここが道だなんて信じられます? 私にはムリ。 現在の名古屋市なんかは水の底だった訳です。 その東海湖は古木曽川から流れ込んだ土砂によって、埋まって消えてしまいました。 木曽山地から流れ込んだチャートや花崗岩の礫は粘土層の上に堆積しました。 その堆積した砂礫層を東海層と言います。 この辺はその東海層の北端にあたります。 ここでは路面の砂礫層が削られて、その下の粘土層が露出しています。 この粘土は木節粘土や白粘土などと言った種類で、写真の複雑な縞模様はそういう粘土が交互に堆積して出来た物でしょう。 ちなみにこの粘土は、陶器などの原料として使える程の良質な物なので、岐阜県側にはそれを掘るための採土場があります。 本来の路面があった所に 「愛知県」と掘られた杭が沢山ありました。 ここが県道だという証拠ですね。 でも2本も刺してあるのって、 ここが県道だって事を 信じてもらいたいからでしょうか? 私にはムリ。 ミニ渓谷です。 写真で見ると中々きれいな風景ですが、 きれいさが増すたび 道路としての機能は低下していきます。 もうすでに道としての意味すら 失っています。 逝っちゃった県道。 上り坂が終わる所になぜか 道の真ん中にブロックが… 誰かが悪あがきでもしたんでしょうか。 溝をブロックでふさいでるように見えます。 県道はここで中央自動車道にぶつかって 左に曲がって直線になります。 目の前のフェンスは高速道路との境界です。 走っている車が見える程接近してます。 さっきまでの静寂がうそのようです。 むこうは現役バリバリ、 こちらはもう死にそう。 ここから内津峠パーキングエリアの所まで県道が続きます。 今回はとりあえずここまで。 内津峠PAの手前で県道は北に向かい そのまま県境を越えて岐阜県に入るのが 16号線のルートですが、 地図上ではその途中までしか 県道表記がされていません。 それより先は林道が延びています。 ここから見ても、延々と溝が続いていますね。 赤い車が道ばたに引っかかっています。 高速道路から吹っ飛んできたのかしら? [2004年5月現在].

次の

【結界とは】実は街中結界だらけ!?

結界 センサー

そう 『炭』です。 この『炭』というのは、 ある特定の周波数を封入できる性質を持っています。 同じ周波数をずっと封入しているので 化石の生きていた年代を 「放射性炭素年代測定法」によって 調べることができるのも、この原理によるものです。 つまり 炭素は情報が残るということです。 この性質を利用して、 古来の日本人は、いわゆるゴマ焚きのような お作法によって、 浄化の周波数を『炭』に 封入していきました。 これを、 形状としてのエネルギーが非常に高い、 『前方後円墳』の形に沿って配置していくことで、 非常に強度の高い結界が出来上がります。 しかしこれでは、 横平面的な結界にしかならないので、 さらに、 『はにわ』を並べることによって、 結界を強化していきます。 そして、 その周りに、 「小堀」という水蒸気の結界を作るんです。 こうして、 横、2次元平面的に広がる効果だけでなく、 縦横、3次元立体的にも効果が及ぶ、 完全なる聖域としての 『結界』を作り上げています。 「結界」は古来よりごく限られた人にしか できなかった技術である上に、 技術を再現して、ゴマ焚きのようなお作法を施したとしても、 現代人は、 「頭の三角」により脳がノイズまみれなので、 炭などに正しい周波数を打ち込むこともできないんです。 この『結界』テクノロジーは普通にすると、 なんせ、張るのが難しい。。 しかし、 もう難しいことをさらに難しくやる時代は 終わりだと思っています。 というより、 人間本来、できてしまうことです。 『サキアフの結び』によって 自分で 『結界』を張れるようになります。 しかも、 3秒で。 炭すら必要ありません。 毎日を過ごす場を完全浄化し、 神社のような「聖域」にすることができます。 ネガティブエネルギーは 一切寄せ付けません。。 天皇陵でも施されているレベルの結界を 日常で施すことが可能になります。

次の

憑依されやすい場所 1

結界 センサー

木の枝結界 スペースクリアリング > > > 木の枝結界 木の枝結界 植物の枝や葉っぱは、ふたつに切り離してしまっても、 元くっついていた仲間同士、お互い交信をしているのだと教えてくれたのは、 植物の超能力を研究しておられたでした。 一枚の葉っぱを半分に切り、 根本の部分をLBS(リーフ・バイオ・センサー)という機械のセンサーのところに置き、 もう半分の先っぽの部分を外の土の上に置いておくと、 センサーには、その先っぽの部分があるその土地の情報をキャッチするんだと 私に語ってくださいました。 人間の心の状態、自然の有様を最も如実に反映する音の世界でも、 この植物の持つエネルギーの流れを利用している人がいます。 私が世界最高のオーディオ職人だと考える の貝崎静雄さんは、 木材でラックやスピーカー、床板等を作る際は、 その切り出した順番を「戸籍簿管理」をし、 最もその木材のエネルギーが流れやすい順序と方向で 製品を組み立てていきます。 このエネルギーの方向性と順序を無視しても、 物理的に計測できる値はほとんど、あるいはまったく変わりません。 けれども人間の耳には音楽の鮮度、エネルギー感の違いとして ハッキリ感じ取ることができます。 これは人間の耳というセンサーが優秀であること、 そして音という情報の中には、 深い精神的なメッセージをも含んでいるということです。 薬師寺の西塔を再建したことで有名な宮大工は、 「堂塔建立の用材は木を買わず山を買え」と語られました。 木は一本一本その生育条件によって 日の当たる場所で育った木、日陰の傾斜地で育った木、 それぞれ癖があり、その癖を見極め、 適材適所、それらの癖がお互い最も活かし合えるように使うことが、 長い年月風雪に耐えうる社寺を建てる条件だとのことでした。 新潮社 2005-07 売り上げランキング : 9514 おすすめ平均 木のいのち木のこころ これはおすすめ 繰り返して読んでしまう名著です by この植物のエネルギーの流れを利用して、 家の中、土地全体に結界を張ることができます。 結界とは、ある領域内をエネルギーの高い状態にすることです。 方法はきわめて簡単です。 長い木の枝を五つに切り、その枝を根本から順番に、 下図のように五角形を描くように家の中や土地に配置するのです。 順番は反時計回り、 枝は必ず根元から先端方向に順番通りでなくてはなりません。 向きも反時計回りで間違わないようにそろえてください。 五角形は、循環の理である五行の意味合いがあります。 上の図は作図が下手でいびつになっていますが、 五つの枝が流れ通りであれば、きれいな五角形である必要はありません。 これは簡単でお金のかからないものですが、 これまで何カ所かで行って、その効果の大きさは確認しています。 ただエネルギーを循環して回す方法なので、 その元々の空間がものが散らかっていて気が乱れた場所の場合、 その乱れた気がさらにかき乱されるということも考えられます。 ほこりだらけの部屋の窓を開けて風を入れると、 風でほこりが舞い上がってしまうのと同じ原理です。 まずはきちんとスペースクリアリングをし、 部屋の気を整えてから実施してください。 車の中にも同様に、この配置で木の枝を置くと、 その車内空間がより一層快適になり、 燃費にも影響を与えるかもしれません。 私たち人間が命を持っているように、 一本一本の植物もまた命を持っています。 そしてその命が切り離されてしまっても、 その部分部分で小さな命を保っていて、 その小さな命同士、お互い交流を続けているのです。 2010. 25 Thurseday Link Free Copyright 2010 Sakai Nobuo All right reserved.

次の