恋はつづくよどこまでも 原作ネタバレ。 漫画『恋はつづくよどこまでも』ネタバレ!最終回まで丸わかり!

恋はつづくよどこまでも|ドラマ原作あらすじネタバレを紹介!最終回は?

恋はつづくよどこまでも 原作ネタバレ

TBSの恋愛ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の原作(5巻と6巻)のあらすじとネタバレ完結編です。 1巻からのあらすじは「」をご覧ください。 上条周志は佐倉七瀬をカラオケやボーリングに連れ回したあげく、発作を起こして倒れてしまったので、佐倉七瀬は上条周志を勤務先の病院へ運んだ。 すると、使用人が飛んできて、「周志様はこんなプライバシーの無い一般病棟にいらしていい方では無い」と言い、転院させると言った。 なんと、上条周志は上条財閥グループの御曹司なのだという。 しかし、上条周志は「ここに入院する」と言い、そのまま入院し、佐倉七瀬を専属の看護婦に指名した。 佐倉七瀬は呼吸器科で、上条周志が入院しているのは循環器科だったことから、天堂浬は「うちの大事な戦力なので抜けられると困る」と言い、断った。 しかし、上条周志は、駄目なら病院を買収して天堂浬を左遷すると言うので、佐倉七瀬は上条周志の専属になることを引き受けた。 すると、上条周志は「やっと見つけた。 好きに慣れそうな人」と言い、天堂浬の目の前で佐倉七瀬にキスしたのだった。 さて、天堂浬は呼吸器科に戻ると、「俺のせい?保留に出来ただろ」と罵倒すると、佐倉七瀬は天堂浬がキスされた事について怒らない事に腹を立て、呼吸器科を出て行き、上条周志の専属ナースとなった。 その後、佐倉七瀬と天堂浬は、上条周志に振り回されるが、佐倉七瀬は呼吸器科へ戻り、さらに天堂浬との愛を深めるのだった。 さて、天堂浬が法事で休みを取るとういうので、佐倉七瀬も休みを取って付いていき、法事の後で合流し、旅館に泊まることにした。 このとき、宿泊客の女子が、天堂浬はイケメンなのに連れている女性が不細工なので、天堂浬はブス専なのではないかと噂した。 それを耳にした佐倉七瀬は、楽しみにしていた旅行なのに、急に自信を無くして落ち込んでしまった。 佐倉七瀬の苦悩を知った天堂浬は、「皮一枚剥げば、理科の人体模型だ。 アレを見たら、皮一枚の美醜に拘る方がどうかしている。 つまり、俺はお前の価値は、そんなところにあるんじゃないって言ってるんだ」と告げ、「今度こそ、お前を楽しませるつもりだったのに」と謝罪した。 すると、佐倉七瀬は気持ちを切り替え、「余り時間はないけど、一緒に遊びたい」と言い、天堂浬と出かけて、残りの時間を楽しんだ。 その日の夜、佐倉七瀬が「私の見た目で、良いと思うところは1つもありませんか?」と尋ねると、天堂浬は「美醜には拘らないと言ったが、お前の皮なら、お前のだから全部好きだ」と答えたのだった。 天堂浬の実家は病院を経営しているのだが、天堂浬も姉・天堂流子も病院を継ぐ気がなかった。 しかし、両親は許さず、姉・天堂流子に婿養子を取って病院を継がせようとしており、姉・天堂流子は失踪したらしい。 さて、天堂浬の身の回りの世話をしていた姉・天堂流子が失踪したので、佐倉七瀬は姉・天堂流子の代わりに世話をすると言い、天堂浬に同棲を提案したが、即答で完全拒否された。 落ち込んだ佐倉七瀬が同僚に相談すると、来生医師が、結婚を意識させると、男は重いと思うものだと教えた。 それを知った佐倉七瀬は悩んだが、どうしても力になりたいと思い、合鍵を使って天堂浬の部屋の掃除をしていると、天堂浬が帰宅し、「もうこんな事はするな」と怒った。 佐倉七瀬が「結婚をアピールしているわけじゃない。 重くてすみません。 もう2度としません」と謝って帰ろうとした。 すると、天堂浬は「やっぱりこうなる」と呆れて、佐倉七瀬を引き留め、「俺はお前に世話をして貰うために付き合ってるわけじゃない。 家事好きでもないのに、無理をする必要は無い」と告げた。 それを聞いた佐倉七瀬は「だったら、代わりに何か仕事をください。 飢えてるんです。 先生のために何かやること」と頼むと、天堂浬は「だったら、ただ俺の側に居るという仕事はそうだ」と告げた。 すると、佐倉七瀬は「分かりました。 ずーっと先生の側に居ます。 同棲はしないというのは分かりました。 その代わり」と言ってキスを求めると、天堂浬は「キス以上はしなくていいのか?」と言い、キスしたのだった。 ある日、失踪していた姉・天堂流子が見つかった。 姉・天堂流子は、彼氏と暮らしており、結婚するつもりなので、実家の病院は継ぐ気は無いのだと言う。 佐倉七瀬が天堂浬に「先生はどうして実家を継がないのですか?病院なら別にいいのでは?」と尋ねると、天堂浬は「俺は現場に居たいんだ。 それに経営には向かない」と答えた。 それを聞いた佐倉七瀬は、天堂浬には留学の夢がある事を思い出し、留学のチャンスが来たら、笑顔で天堂浬を送り出せるのだろうかと思った。 そのようななか、産休に入った医師の後任として、若林ミオリが呼吸器科にやってくる。 若林ミオリは、天堂浬の死んだ恋人にソックリだったので、天堂浬は激しく動揺する。 そのようななか、若林ミオリは、天堂浬が佐倉七瀬と交際している事を知ると、ある事実を天堂浬に明かす。 なんと、若林ミオリは、天堂浬の死んだ恋人・若林ミノリの妹で、離島で医師をしていたが、姉・若林ミノリと同じような人を助けるため、呼吸器科へと移り、アレンシュタイン症候群の研究をしていた。 それを知った佐倉七瀬は、天堂浬が何を考えているのか分からず、不安になった。 その日の夜、神妙な顔つきの天堂浬が部屋にやってきて、玄関に入るなり、佐倉七瀬を押し倒し、廊下で合体してチョメチョメした。 ところが翌日、天堂浬は「しばらく距離を置きたい。 お前に理由があるわけでは無い。 俺の問題だ」と言い、佐倉七瀬と距離を置いた。 悩んでいた佐倉七瀬は、定期検診に来た上条周志に声をかけられたので、天堂浬が留学するかもしれないことを相談した。 上条周志は「答えは決まってる。 送り出すしかない。 その後、何年かかっても取り戻すんだ」と助言し、自分も佐倉七瀬の事を諦めていないと告白したが、来生医師に邪魔されてしまった。 さて、佐倉七瀬は上条周志の助言を聞いて、「振り出しに戻るだけ」と思い、天堂浬を留学に送り出す事に決めたが、天堂浬は佐倉七瀬を避けるようになっており、話を聞いてもらえなかった。 さて、来生医師は天堂浬に、上条周志が佐倉七瀬に手を出そうとしていた事を教え、「お前が留学したら、どうころぶか分からない。 2人は年も近いし」と告げた。 天堂浬が「お前は何がしたいんだ。 俺をからかってるのか?」と怒ると、上条周志は「俺は七瀬ちゃんの味方なだけ。 生きている人が最優先。 医者として当然の哲学だろ」と答えた。 その後、佐倉七瀬は天堂浬と話をしようとするが、天堂浬は無視して階段を上っていくので、後を追いかけた。 そのとき、佐倉七瀬が足を踏み外して階段から転落しそうになったので、天堂浬は佐倉七瀬をかばい、一緒に階段から転落した。 佐倉七瀬は天堂浬を心配したが、天堂浬は佐倉七瀬を心配して抱きしめ、「薄情だと言われようが、2度と手に入らないものより・・・。 俺はもうこの温もりを手放せない」と思った。 そのとき、佐倉七瀬は「留学に行ってください。 このままだと私がスッキリしないの。 先生は元カノさんと決着を付けないと駄目なんです。 だから、もう行かないでなんていいません」と言い、天堂浬を抱きしめた。 すると、天堂浬は留学を決めたのだった。 しかし、同僚の看護婦にそのことを話すと、「アンタはまだ25歳だから余裕なのよ」「向こうで働くなんて言い出したらどうするの」と言われたので、佐倉七瀬は「そうなったら自分もアメリカで働く」と答えた。 すると、同僚が「調べてみなさい」と呆れたので、アメリカで看護婦として働く方法を調べると、看護留学やTOEIC700点が必要など、ハードルが高かった。 さて、天堂浬は5月後にアメリカ留学に出発することが決まると、残りの時間は出来るだけ恋人らしい事をしたいと言い、佐倉七瀬を花火に誘った。 天堂浬は、花火を見ていた佐倉七瀬がTOEICの本を持っているのを見て、「付いてくるつもりか?」と尋ねると、「先生が戻ってこない時は。 でも、勉強が全然、手に付かない。 今の職場が好きだと気付いちゃったんです」と答えた。 すると、天堂浬は、自分の目的は日本で治療することなので、取り越し苦労だと言い、必ず戻ってくる事を約束した。 そのとき、急に雨が降り出したので、花火は中止となり、2人はずぶ濡れになって近くのラブホテルに駆け込んで、一緒にお風呂に入った。 そして、天堂浬は「お前はウイルスだ。 俺の中で増殖して、共存している。 さっき言った日本に戻ってくる理由は本当だが、なにより、俺はお前と離れることが出来ないからだ」と言い、お風呂の中で佐倉七瀬とチョメチョメしたのだった。 ある日、佐倉七瀬は、あまり話したことの無い同期の看護師・仁科(男)から声をかけられ、天堂浬の留学について尋ねられた。 それを切っ掛けに、佐倉七瀬は仁科と話す機会が増え、仁科からセミナーに誘われたので、スキルアップのために仁科と一緒に参加することにしたのだった。 天堂浬は、佐倉七瀬が他の男と頻繁に話している事が気に食わず、「俺の恋人だという自覚を持て」と注意したが、佐倉七瀬は「先生以外の男性はカボチャやナスに見える」と言い、心配しないように言った。 しかし、佐倉七瀬はセミナーの参加を止めることにして、仁科に事情を説明すると、仁科は豹変し、「天堂先生ってさ、どんな風に君をかわいがるの?」と言い、佐倉七瀬に迫った。 そこへ、天堂浬が現われて佐倉七瀬を助け、「どいつもこいつも勝手に手を出しやがって。 これは俺の宝物だ」と宣言すると、仁科は呆れて「目が腐ってる。 宝物だなんて。 僕は佐倉さんなんて狙っていない。 僕が好きなのは天堂先生、貴方です」と告白した。 仁科は天堂浬が留学するという噂を聞いたので、情報を得るために佐倉七瀬に近づいただけで、佐倉七瀬を女性という目では見ていなかったのだ。 天堂浬は男性に告白されて動揺しながらも、「悪いけどそっちの方は・・・」と断ると、仁科は「分かっています。 今更、先生とどうこうなりたいとは思っていません。 留学のご無事をお祈りしております」と言い残し、爽やかに去って行った。 「」へ続く。

次の

恋はつづくよどこまでもドラマ最終回ネタバレ!結末を原作漫画から考察予想!

恋はつづくよどこまでも 原作ネタバレ

以下、恋はつづくよどこまでもの第1巻のネタバレになります。 佐倉七瀬は看護師の国家資格を取得し、念願の 日浦総合病院に就職します。 勤務の初日に憧れの医者である 天堂浬に再開し、先生に会いたくて看護師になったことを伝えます。 5年前、七瀬が学生の時に天堂に初めて出会いました。 七瀬は倒れていたおばあさんに応急手当をし、救急車につきそっていく天堂を見送りました。 道で倒れていたおばあさんを見つけたのは七瀬です。 その時の天堂は七瀬の頭をなぜながら、医者としてお礼を言い優しく微笑んでくれました。 彼のあの時の笑顔に再開したくて七瀬は頑張ったのですが天堂は全く覚えていませんでした。 しかも、頭がおかしいのかとまで言われてしまいました。 そのエピソードは院内の看護師たちに伝わり、七瀬は『 勇者』とあだ名されます。 天堂は看護師の間でも性格がキツイと評判が悪く、彼に告白した七瀬は命知らずだと思われたのです。 女性関係もだらしないという噂です。 そんなわけで、 天堂の担当している呼吸器科は一部の『合う』看護師さんだけが勤務していて、人手は足りていませんでした。 そして看護師が昼休憩に入ったとたんナースコールがあり、天堂と七瀬は病室に駆けつけます。 しかし 新米の七瀬はミスをし、天堂の逆鱗に触れてののしられます。 ショックをうけ七瀬はその晩友人と飲みグチをこぼします。 その帰り道、 心肺が停止している男性を見つけます。 七瀬は心臓マッサージをして彼を助けようとします。 そこへ天堂が通りがかり、彼の指示をうけ男性を助けることに成功します。 天堂は5年前の出来事を思い出し、看護師になったことを褒めます。 七瀬は嬉しさのあまり天堂に抱きつこうとしましたが、彼に殴られます。 さすがに七瀬は天堂に 嫌い宣言をし、その場を立ち去ります。 しかし、天堂はマンションまでついてきます。 彼は同じマンションのとなりの部屋の住人でした。 日浦総合病院に就職してから、数日が経ちました。 七瀬はマンションの出入り口で女性に呼び止められます。 服にタグがついていたのです。 ある日居酒屋で友人とふたりで飲んでいると、 マンションで出会った女性に再開します。 その女性と七瀬は意気投合し、一緒にマンションに帰ります。 彼女の入っていた部屋は天堂の部屋でした。 七瀬の次の研修先は外科でした。 毎日大量の血や行われる手術をみていたため、七瀬は食欲がなくなり自分の部屋の前で倒れます。 再び目が覚めると天堂の部屋でした。 あの女性が倒れていた七瀬を見つけてくれたのです。 その女性は 天堂のお姉さん、天堂流子でした。 天堂はすぐに七瀬が脱水で倒れたのを見抜き、食事をとらせます。 食事をとり落ち着くと、 七瀬は人の命と向き合い自信を無くしていたことを話します。 天堂は辞めてしまえと言います。 しかし七瀬の辞めたくないという意思を知り、天堂の態度は変わります。 どうしても行く先が無かったら、呼吸器科に来るように言います。 天堂をちょっと見直す七瀬でした。 七瀬の次の研修先は小児科でした。 七瀬は子供達にも懐かれ、同期の仁志流星にも勧められたこともあり、 小児科に希望を出そうかと迷います。 小児科に1年も入院している白浜杏里ちゃんを車椅子で散歩していると、天堂に出会います。 杏里は天堂に憧れていて、彼がいることを知っていて毎日そこへ通います。 天堂もまた、杏里がそこに来ることを知っていて待っていました。 ある日、杏里は散歩にいかなくなり、ベランダから飛び降りようとします。 入院が無期限になってしまったことを知ったのです。 杏里はあやまってベランダから滑ってしまいます。 その現場に居合わせた七瀬は夢中で手をつかみました。 なんとか掴むことは出来ましたが、杏里はぶら下がった状態です。 杏里は恐怖と向き合い、怖くなり助けてと叫びます。 天堂もやってきて、杏里は無事に引き上げられます。 七瀬は天堂を医者として好きだと意識して 呼吸器科に希望をだすことを決意します。 七瀬は呼吸器科に勤務することになり、看護師たちに歓迎されます。 今では、 魔王とあだ名されている天堂は七瀬をしごきます。 天堂のしごきは患者の為だと思い頑張りますが、さすがに患者のセクハラには耐えられませんでした。 ある日夜勤の見回りの時、セクハラをする患者に引きずり込まれます。 困っていると天堂がやってきます。 いつもは患者には優しい天堂が、魔王へと豹変します。 患者は怒って訴えるといいますが、二人共何があったのかととぼけてしまいます。 さらに、 あなたの病状はそんなに軽くないということを伝えます。 真っ青になる患者をしりめに、二人は病室を後にします。 七瀬は入院中の患者に告白されます。 恋愛感情は無かったのですが、患者の病状に影響しないかと返事をどうしようか迷っていました。 はっきりと返事ができないまま、その患者は亡くなってしまいます。 はじめて親しい患者が亡くなりショックを受けた七瀬は、仕事が手に付かなくなります。 仕事を休み、天堂のお姉さんと天堂の部屋でお酒におぼれます。 そこへ帰って来た天堂は、酔いつぶれた七瀬を怒鳴ります。 七瀬は泣きながら逆切れします。 このままでは壊れてしまうと思った天堂は、 治療だといって七瀬に口づけをします。 確かに、 命を預かる職業をそんな理由で選ぶのは不純かもしれません。 でもそんなこと普通は口に出して言いませんよね! なかなか変わった人のようです 笑 その後も七瀬は、 冷たく振る舞う魔王天堂と優しさを見せる天使天堂に振り回されます。 そして、たまにスカッとして気持ちいいケンカをしてくれます。 七瀬は勤務しているうちに、 天堂は患者さんに誠実であるがゆえに、キツイ性格なのだということが分かってきます。 天堂も七瀬には一目置いているようです。 チームはこんなに可愛い七瀬を見てほっこりしています。 温まりますよ😻白衣もチラ見せです!あの方の白衣姿。。。 想像すると。。。 かといってケンカばかりではなく、二人で患者を助けるシーンが何回かあったりしてそれがまた感動なんですよね~! 男の人が心肺停止になった時に心臓マッサージをして助けたり、 命を絶とうとしたし少女の腕をふたりで引き上げて助けたりします。 一番心に残ったシーンは、やはり 七瀬が自暴自棄になり泣いて叫んでいた時、天堂がキスをしたシーンですね。 それに対する反論のようにも思えます。

次の

恋はつづくよどこまでも10話最終話ネタバレ感想口コミ!結末は留学からの結婚⁈

恋はつづくよどこまでも 原作ネタバレ

是非この機会にParaviに会員登録して、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」を無料で視聴しましょう! 関連記事 恋はつづくよどこまでも ドラマ 第4話のあらすじは? 循環器内科の仕事にも慣れてきた佐倉七瀬(上白石萌音)が患者の退院を見送った矢先、心不全の患者・鶴岡恵子が緊急搬送されてくる。 馴れない緊急対応に成す術なく落ち込む七瀬だったが、デスク業務に戻るとそこには七瀬を労うメモが…。 皆に優しい来生晃一(毎熊克哉)からのメモだと思っていたが七瀬だが、来生は自分が書いたメモではないという。 しかし、自宅のポストにまでメモが残されていることから、天堂浬(佐藤健)の姉でマンションの管理人も務める流子(香里奈)はストーカーの仕業ではないかと指摘。 流子が七瀬の身を案ずる一方で、七瀬を心配するそぶりをまったく見せない天堂。 そんな天堂の姿に、来生は七瀬のボディガードを買って出るが……。 一方、心不全で入院中の恵子の手術が決まる。 しかし恵子は手術は受けたくないと拒否し、そんな恵子の態度に戸惑う七瀬はその理由を探ることに。 生き別れた娘の結婚式を間近に控えており、どうしても出席したいという恵子の気持ちを知った七瀬は、先輩ナースの根岸茉莉子(平岩紙)にある提案をする。 恋はつづくよどこまでも ドラマ 第4話のネタバレは? 第4話は主人公佐倉が退院する患者田沢に、お手製の減塩食事BOOKを渡した所から始まる。 その後救急で運ばれてきた鶴岡と出会い、救急対応ができないと落ち込んでいたところにとあるメモが佐倉のノートに貼り付けてあった。 『君の頑張り、いつも見てますよ』 こんな優しいことをするのは医師である来生だとその時は話がまとまり、業務を終え帰宅したところに佐倉の自宅ポストにまたメモがあり 『お疲れさまゆっくり休んで』 たまたまマンションのエレベーターで来生と出会し確認したところ、このメモは来生ではなかった。 天堂の部屋で、佐倉、来生、天堂、流子の4人でこれはストーカーの仕業だという話が繰り広げられていた。 そこでストーカー対策として来生が佐倉の送迎を任され『恋人っぽく振る舞ってあげて』と流子に言われる。 翌日から佐倉と来生は出勤を共にした。 来生がオペの説明をしていると鶴岡はオペを拒否する。 担当医である来生は佐倉から理由を聞きなるべく鶴岡の意向に沿う形で治療を進めると決断。 それを聞いていた天堂は納得できない様子だった。 結婚式の1週間前鶴岡の容体と結婚式に出席したいという意向を汲んでカテーテル治療を行おうと来生が判断したその日に鶴岡に発作がおき、食事を届けるため居合わせた佐倉が救急対応をし鶴岡は容体を持ち直した。 この発作から来生が手術を行うという判断を下したが、佐倉はどうしても結婚式に出席させてあげたいという思いから医師を集め必死に説明を行うが却下される空気が流れる中天堂からの提案が決め手となり良い方向に向かった。 結婚式当日大変ではあるが天堂と共に行動できることを喜び佐倉は鶴岡を式場へと連れて行く。 無事鶴岡は10分だけであるが娘と再会し病院へと戻る。 携帯を忘れたことに気が付き式場に引き返す佐倉と、病院へ戻る天堂。 ナース達の間でこんなメモが落ちていたと見せられた。 『会って話したい今日、必ず会いに行くよ』 それを見て全てを悟った天堂は式場へと急ぐ。 佐倉は式場で待ち伏せしていた田沢と揉み合いになっていたが天堂が間一髪助けに入る。 天堂と揉み合った末田沢は取り押さえられたがその拍子に工事現場の鉄パイプが天堂目掛け落ちてくるのを佐倉が庇い頭から出血してしまう。 搬送中意識が薄れ行く中佐倉は思いの丈を天堂にぶつけたが、佐倉は2針縫っただけだった。 搬送中の約束を守ってほしいとねだると最後に不意打ちのキスで第4話は終了した。 天堂先生を好きでいる為にも、まずは看護師として立派になるという目標を神様に報告しに行きました。 流子とおみくじを引き、今後の恋愛運と仕事運を確認します。 病院では救急患者が運び込まれ、手術をしなけれは助からない状態でした。 娘の結婚式に出られれば手術を受けるという患者に佐倉さんと天堂先生が付き添います。 その帰り道に佐倉さんがストーカーに襲われてしまい、ストーカーと天堂先生が揉み合ううちに建築機材が落ちてきてしまいます。 天堂先生をかばった佐倉さんは頭を怪我して救急車に運ばれました。 無事に病院で処置を受けた帰り道、佐倉さんは救急車の中で約束したキスをしてもらいました。 恋はつづくよどこまでも ドラマ 第4話の感想は? 第4話で、式場から帰ってきた鶴岡が佐倉を大好きになってしまったと言っていた時に来生が同意していたのでものすごく意味深だと思いました。 来生は佐倉が気になり、酒井は恐らく来生が気になる。 そして天堂は佐倉が気になる。 第5話では各々の恋愛模様に変化が見られそうで楽しみです。 また、回を追うごとに佐倉がナースとして葛藤しながらも成長していく姿にも心打たれるものがあるので第5話でもまたさらに天堂をまっすぐ追いかけながらもナースとして頑張って行く佐倉に期待したいです。 Paraviで恋はつづくよどこまでも ドラマ 第4話を無料視聴しよう! 今回は恋はつづくよどこまでも ドラマ 第4話の無料動画・見逃し配信やネタバレ・感想について調査しました! 恋はつづくよどこまでも ドラマ はParaviで地上波放送後に見逃し配信されているので、ドラマを視聴したい方はParaviに会員登録しましょう! Paraviではオリジナルストーリー「まだまだ恋はつづくよどこまでも」も毎週独占配信されますので、テレビでドラマを視聴した方もそうでない方にもおすすめです! そして、Paraviであれば2週間の無料会員期間があるので、登録から2週間以内に退会すれば料金は一切かかりません。 また、サービスが気に入ったのであれば、継続するのも良いでしょう! Paraviでは「恋はつづくよどこまでも」以外にも出演者関連作品や人気ドラマも視聴できるのは嬉しいですね! この機会にParaviに無料会員登録して、「恋はつづくよどこまでも」を無料で楽しんじゃいましょう!•

次の