アマチュア 相撲。 アマチュア相撲◇主要大会情報 : ▼中学相撲

公益財団法人 日本相撲連盟

アマチュア 相撲

国内競技団体は日本相撲連盟。 国際競技団体(IF)は国際相撲連盟。 かつては、プロの相撲は、義務教育を終えたばかりで入門するものであり、上級の学校に進学した場合は、大相撲入りすることはほとんど考えられませんでした。 しかし、進学率の向上や実業団相撲の縮小化、学校でのクラブ活動・体育科目としての相撲普及率の減少による指導者としての進路の減少などの要因で、最近では、アマチュア相撲で一定の実績を上げた選手がプロ入りするなど、大相撲とのつながりが深くなっています。 しかし競技人口は柔道や剣道などに比べるとかなり少なく、トップレベルの選手と草相撲レベルの選手の競技人口が逆転しているという、逆ピラミッド型のいびつな構造となっているのが特徴です。 世界相撲選手権大会(Sumo World Championships)は、相撲の世界大会のことで、国際相撲連盟が主催している大会です。 男子は1992年から、女子は2001年から原則として毎年世界各地で開催されております。 2001年からは、男女とも同一会場で同時開催となっております。 個人戦と団体戦(国別対抗)があり、階級別で争われ、Light Weight(軽量級)、Middle Weight(中量級)、Heavy Weight(重量級)、Open(無差別級)の4階級に区分されております。 歴代の優勝者には、角界入りした選手も多く含まれております。 ここ大浜公園相撲場においても、2006年 第14回大会 に開催され、多くのアマチュア相撲ファンが魅了されました。 女子相撲 女子相撲は、1996年に誕生した女子が行うアマチュア相撲競技です。 相撲を世界のスポーツとするためにオリンピックの正式競技にすることを目標にしており財団法人日本相撲連盟が、オリンピック競技となるには女子での普及実績が重要なため、女子相撲の普及促進を目指すことになりました。 しかし女子が相撲を行うことに抵抗感がある人が日本には多いこともあり、これを「新相撲」と名づけ、相撲とは違う競技かの様に装い、1996年に連盟の加盟団体として日本新相撲連盟を発足させました。 1996年に大阪で第1回全国新相撲選手権大会が行われたのが日本における新相撲の全国大会の最初であり、以降第2回と第3回は1月に、それ以降は毎年9月に大阪府堺市で全国大会が開催されております。 また日本だけでなく世界にも広まってきており、特にヨーロッパが盛んで、1999年にはドイツで初めての国際大会が開催されました。 現在では毎年秋に世界女子相撲選手権大会が開催されております。

次の

私たちの知らない「もう一つの相撲」~テレビ中継はない、豊穣なる「相撲」の世界

アマチュア 相撲

「大相撲とアマチュア相撲は別のもの」 国際大会を主催している日本女子相撲連盟の竹内晋さく理事長(「さく」は山冠に乍)は、「大相撲とアマチュアは別のもので、とやかく言える立場じゃない」と前置きした上で、今回の大相撲の騒動を「残念だなとは思うけど、どうしようもない話」と話す。 「アマチュア相撲では男も女も関係なしで土俵に上がれますから、もうはっきり言ってね、『同じ土俵に男が上がれない、女が上がれない』と言うことは、もう世界のスポーツとしては多分通用しないんですよ」 アマチュア相撲で「女性は不浄だから土俵に上がれない」という概念は存在するか聞くと「そんなことは思ったこともない」と竹内理事長は断言する。 「生理やらで不浄だからって言うじゃないですか。 おばさんはみんな、『じゃああんた誰から産まれてきたん?』て言うのを何回も聞いたことある。 うまい切り返しだなと思う」 女子選手が勢いよくぶつかり合う姿を見ながら、竹内理事長はつぶやく。 「試合を見るとね、女性も男性もやっぱり人間で一緒だなというふうに思うようになってきた、最近」 自身も相撲を取っていた竹内理事長は、女子の負けん気と迫力に驚嘆している。 「男よりもっと真剣なんですよ。 柔道やレスリング経験者からの転向が多く、それらの技を相撲の技に変えて使いますから、新しい技を作ってくれますわ。 男性の場合はレスリングや柔道からの転向っていうのが少ないんですよ」 「女子がいなかったら、アマチュアの相撲は国体からも排除されそうなくらい厳しい」と竹内理事長が話すように、相撲にとって今では欠かせない存在となっている。 多くの選手たちは、「大相撲とは関係ない」と自分たちのスポーツを切り離しているため、大相撲と同じ土俵に上がりたいという気持ちも特にないという。 彼女たちが夢する晴れ舞台は大相撲なんかではない。 オリンピックなのだ。 柔道から相撲に転向した香港の麥家寶選手は、国際相撲連盟の運動委員会も務めている。 15年以上も相撲を取っている彼女は柔道にないスピードの速さに魅了され土俵に立ち始めた。 「柔道の試合だと、3〜5分くらいですが、相撲だと10秒で終わってしまう。 勝っても、『もう終わったの?』と思うくらい速いんです。 瞬時に物事を決めなくちゃいけないのがすごく楽しいです」 土俵の女人禁制については「大相撲とスポーツである女子相撲はまったく別の基準を持っている」という見方をしている。 「アマチュア相撲が注力しているのは国際化で、オリンピック競技の種目に選ばれることがゴール。 スポーツだからこそ、私たちには阻むものがありません」 男子も女子も全員アマチュア相撲選手になれる。 国内外の選手たちは、スポーツとしての相撲の可能性を見出し、相撲選手の人口を増やす活動をしている。 「伝統は伝統だから変わることはできない。 でも、女子相撲は変わることができる。 私たちは、相撲の未来を見ているんです」.

次の

日本大学相撲部

アマチュア 相撲

概要 [ ] 出身大学別で最多のアマチュア横綱がOBにおり、で活躍しているが多数存在する。 過去に大相撲では、2018年10月8日に死去した第54代が卒業生にいる。 アマチュア相撲界の強豪。 卒業生の一部は 入りも果たしている。 まわし(ユニホーム)の色は、伝統の黒色に(スクールカラー)の文字、「日大」(にちだい)である。 大学出身者の幕内力士の人数がに抜かれた時期もあったが、昨今幕内力士の数がまた増えつつある。 関取昇進を果たした際には記念として校章入りの化粧まわし、、祝い金が贈呈される。 ロゴマークである「エヌ・ドット」が制定された2007年に十両昇進した市原に対してのみ、校章の代わりに同マークがデザインされた化粧まわしが贈られた。 大学駅伝の襷の色がピンク色なので大学のはピンク色と勘違いされるが創立当初から緋色である。 出身者 [ ] 横綱 [ ]• - 昭和45年卒 平成30年死亡 70歳没 大関 [ ]• - 平成11年卒 平成22年解雇 関脇 [ ]• - 昭和47年卒• - 昭和49年卒• - 昭和56年卒• - 平成10年卒 小結 [ ]• - 昭和60年卒• - 昭和62年卒• - 平成2年卒• - 平成2年卒• - 平成4年卒• - 平成8年卒 現在、コーチ• - 平成11年卒• - 平成15年卒• - 平成16年中退• - 平成23年卒(現役)• - 平成25年卒(現役) 前頭 [ ]• - 昭和50年卒• - 昭和63年卒• - 平成元年卒• - 平成4年卒• - 平成4年卒• - 平成5年卒• - 平成8年卒• - 平成11年卒• - 平成16年卒• - 平成18年卒• - 平成19年卒• - 平成19年卒• - 平成19年卒• - 平成20年卒(現役)• - 平成24年卒• - 平成24年卒(現役)• - 平成24年卒(現役)• - 平成26年卒(現役)• - 平成26年卒(現役)• - 平成27年卒(現役) 十両 [ ]• - 昭和55年卒• - 昭和56年卒• - 平成5年卒• - 平成7年卒• - 平成8年卒• - 平成9年卒• - 平成9年卒• - 平成10年卒• - 平成16年卒• - 平成19年卒• - 平成20年卒(現役)• - 平成27年卒(現役)• - 平成28年卒(現役)• - 平成29年卒(現役)• - 平成30年卒(現役) 幕下以下 [ ]• - 昭和42年卒• - 昭和54年卒• - 昭和62年卒• - 昭和62年中退• - 平成6年卒• - 平成6年卒• - 平成6年卒• - 平成13年卒• - 平成13年卒• - 平成13年卒• - 平成16年卒• - 平成17年卒• - 平成18年卒• - 平成20年卒(現役)• - 平成26年卒(現役)• - 平成28年卒(現役) 大相撲入りしなかった著名人 [ ]• - 昭和44年卒(日本大学相撲部元監督・現理事長)• - 昭和58年卒(相撲部前監督・現同校校長、相撲部総監督) 脚注 [ ]• 参考 2013年04月26日• - 日本大学新聞 2007年11月30日• 相撲部は平成12年に退部• 大相撲廃業後に入学 外部リンク [ ]•

次の